調査のチカラ TOP > タグ一覧 > キャッシュ

「キャッシュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年1月23日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

【2018年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果

アプリではお得なキャンペーンをお知らせします 【2019年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果【2019年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果キャッシュレスを促進するサービスはどれぐらい普及したのか?キャッシュレス化の促進が叫ばれている現在、気になるのは「実際にどれだけの人がキャッシュレスの支払い方法を利用しているか」です。AI-creditでは、「支払い方法に関する調査」を行いました。2019年

2018年12月26日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

3人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答

sound lab : vol. 213人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答 その理由の影に3つの「不安」キャッシュレスの動きが加速しています。それを後押しするのは2019年10月からの消費税増税です。消費税が10%に引き上げられ消費が落ち込むことを避けたい政府は、キャシュレス決済の消費に対し、5%のポイント還元することでキャッシュレス化を推し進めたい考えを発表しました。そこで、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)

2018年12月18日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2018年12月6日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「消費税増税」に関する調査

増税後に削減するもの女性1位「衣料品」男性1位「削減予定なし... 増税後に削減するもの女性1位「衣料品」男性1位「削減予定なし」 7人に1人が増税を聞き増税前の旅行を予定~エアトリが「消費税増税」に関する調査を実施~ 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女1337名を対象に「消費税増税」に関する調査を実施しました。【調査背景】 

2018年12月4日アスマークフィードバック数:0大型消費/投資

銀行口座とカードに関するアンケート調査

銀行口座とカードに関するアンケート調査「キャッシュレス化に賛成」が48.4%、一方で「電子決済は怖い」人は反対派店舗での買い物におけるキャッシュレスの割合は4.2%「キャッシュレス化に賛成」が48.4%、一方で「電子決済は怖い」人は反対派 調査概要一都三県在住20~59歳男女、有職、*スペシャルパネル(金融パネル)でメガバンクの口座保有者に配信 Q2.あなたがメインバンク・サブバンクをQ1で回答した銀行に決めた理由をお知らせください。(それぞれ複数選択可)■メインバンク・サブバンクを選ん

2018年10月16日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードについてのアンケート

検索【頻繁に利用するクレカの還元率を知らない人が多数! 】クレジットカードについてのアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、ウォレットアプリKyash(キャッシュ)を提供する「株式会社Kyash」(代表取締役:鷹取 真一)と共同で「クレジットカードについてのアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。 クレジットカードについてのアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在

2018年9月3日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年8月2日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年7月23日楽天★フィードバック数:0ライフスタイル

夫婦のお財布調査2018

〈全国の既婚者400人に聞いた、「楽天市場 夫婦のお財布調査2018」〉“貯まる家庭”と“貯まらぬ家庭” 家計金融資産に最大670万円の差 -「貯まる家計」に見えた、共通ポイント利用傾向とキャッシュレス決済の活用-楽天市場では、配偶者と同居している30-40代の既婚者男女400人を対象に、「家計の管理」に関する意識調査を実施しました。その結果、家計金融資産は、月収の多寡に関わらず、「共通ポイント」の利用と「キャッシュレス決済」の活用によって大きく差がついていることが明らかになりました。 【1】夫

日本と海外における決済に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 日本と海外における決済に関する調査 2018 / 02 / 20 現金以外の手段で決済を行うキャッシュレス化が国際的に進んでいます。クレジットカード、電子マネー、スマートフォン決済など、さまざまな決済手段が存在するなか、

2018年4月5日KDDIフィードバック数:0社会/政治

「さよなら現金」意識調査2018

60代女性「現金至上主義ではない」が8割。「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」7割。~『「さよなら現金」意識調査2018』を発表~2018年4月4日KDDIは、2018年3月2日から3月5日の4日間、全国の15歳~79歳の男女1,000名を対象に『「さよなら現金」意識調査2018』を実施しました。クレジットカードや電子マネーなど、現金のやり取りを伴わない電子決済の利用が拡大している中、近年はフィンテックにより革新的な技術が生まれ、日常生活でのキャッシュレス化は以前にも増して進んでいるといえます

2018年3月27日NTTドコモフィードバック数:0大型消費/投資

世代・地域で異なる「クレジットカード」事情を調査

~世代・地域で異なる「クレジットカード」事情を調査~ 就職氷河期世代VSバブル世代 「キャッシュレス」感覚の違いとは? 選ぶ際のポイントは、全ての世代で「ステータス」よりも「おトクさ」を重視する傾向に 47都道府県ランキング…日本一の「ゴールドカード県」は兵庫、「キャッシュレス県」は三重!  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、電子マネー「iD」および「dポイントカード」機能が一体となった、おトク・便利・安全にご利用いただけるクレジットカード「dカード GOLD(R)」を展開しておりますが、

観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取組に関する調査 

観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取組に関する調査 日本クレジットカード協会(略称JCCA、会長 久保 健 三井住友カード株式会社 代表取締役社長兼最高執行役員)は、2014~2016年度にわたって継続的に観光立国実現に向けた取り組みを推進して参りましたが、2017年度は、「民泊」による長期滞在型観光を軸とした地域経済活性化およびキャッシュレス推進に焦点を当てて、「民泊とキャッシュレスを両輪とする地域を巻き込んだ観光立国推進に向けて」という調査報告書を取りまとめました。1.民泊新法

2018年3月5日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

生活者に選ばれている電子マネーとは?利用実態を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

日本と海外における決済に関する調査

日本と海外における決済に関する調査2018 / 02 / 20株式会社クロス・マーケティング 日本とドイツは現金決済アメリカはクレジットカード、中国はスマートフォン決済が主流全体で「現金決済が減った」約3割 -日本と海外における決済に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に「日本と海外における決済に関する調査」を実施しました。調査背景・目的現金以外の手段で決済を行うキ

2018年1月24日クレカッティフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレスに対する国内の意識を徹底調査

キャッシュレスが日本で遅れている3つの原因と今後の課題点キャッシュレスに対する日本の現状を徹底考察!最近、電子マネーやApple Payなど、現金を持ち歩かなくてもお買い物ができるようになってきましたよね。 確かに、以前に比べて電子決済を身近に感じることが多くなったね。 でも、どうしてこんなに急激に電子決済が進んでいるのでしょうか。 じゃあ、今回は日本のキャッシュレスについて解説していくね! 東京オリンピックのある2020年には、キャッシュレス化率を40%へ上げる方針を政府

2018年1月12日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

「お金に関する生活者意識調査」

博報堂生活総合研究所 「お金に関する生活者意識調査」結果を発表「キャッシュレス社会」に賛成49%:反対51%。賛否は真っ二つ。 男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。【全体】 賛成49%≒反対51% 【男性】 賛成59%>反対41% 【女性】 賛成39%<反対62%今、お金にまつわる環境は、電子マネーや仮想通貨といった新しいお金の誕生や、個人が直接取引できるサービスの登場などで急速に変化しています。しかし、こうした環境変化に生活者がどう向き合っているのかを把握したものは、あまり見当

ユーロモニター『世界の観光都市Top100 2017版』を発表 ユーロモニターインターナショナル

ユーロモニター『世界の観光都市Top100 2017版』を発表 世界の旅行市場を牽引するアジアのキートレンドは「キャッシュレス化」 報 道 資 料『Top 100 city destinations ranking 2017版』を発表~世界の旅行市場を牽引するアジアのキートレンドは「キャッシュレス化」~ユーロモニターインターナショナルはこの度、英国ロンドンにて開催されている旅行業界における世界最大級のイベント、World Travel Market London (WTM)にて『Top 100

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

グローバル調査により「キャッシュレスシティ」がもたらす経済的恩恵が浮き彫りに 2017年10月11日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ — Visa Inc.(NYSE:V)は本日、Visaが委託し、Roubini ThoughtLab(ルビーニ・ソート・ラボ)が独自に調査した、世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響の結果を発表しました。本調査では、調査を実施した100都市において、カードやモバイルといった電子決済の利用拡大により年間で最大4,700億米ドルの純便

2017年3月8日愛知県フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済等に関するアンケート調査

「キャッシュレス決済等に関するアンケート調査」を実施しました  2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、キャッシュレス決済の環境整備が進むと予想されている一方で、新たなキャッシュレス決済(サーバ型プリペイドカード等)の手段を悪用した消費者トラブルも発生しています。こうした状況を踏まえ、被害の未然防止・拡大防止に向けた消費者の意識、行動などを把握し、今後の施策の参考とするため、キャッシュレス決済に関わる内容を中心としたアンケート調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。平

2016年5月30日三井住友VISAカード★フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードの選び方・使い方に関する調査

ステータスの高いクレジットカードとは?その特徴やメリットを解説クレジットカードの裏話ステータスの高いクレジットカードとは?その特徴やメリットを解説クレジットカードを選ぶ基準は、「年会費」「ポイント還元率」「デザイン」など、人それぞれです。しかし、クレジットカードはただのアイテムではなく、持ち主の社会的地位をイメージさせる部分もあります。そのため、人前で出したときに恥ずかしくないよう、クレジットカードのステータスを重んじる人は多いようです。ここでは、クレジットカードのステータスに関する基礎知識を解

2015年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードショッピング市場に関する調査結果 2014

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています クレジットカードショッピング市場に関する調査結果2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてクレジットカードショッピング市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年7月~12月2.調査対象:国内の主要クレジットカード発行会社、スマートフォン決済ソリューション提供事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリングを併用<クレジットカードショッピング市場とは>本調査におけるクレジットカード

2014年7月16日第一生命保険フィードバック数:0ビジネス

投資とキャッシュをつなぐ成長戦略 ~コーポレートガバナンス改革の意図~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年2月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

企業活動の分析です。

拡大する企業の「投資」

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達拡大する企業の「投資」 ここから本文です拡大する企業の「投資」企業の投資有価証券に対する支出が堅調、ネットで設備投資を上回るサマリー◆大企業のバランスシートに占める投資有価証券の割合が上昇している。上場企業のキャッシュ・フロー計算書を集計したところ、近年、投資有価証券の取得に伴う支出が高水準で推移していることが確認された。◆投資有価証券は企業が政策的に保有する有価証券を指すが、これが増加している主因は、海外子会社・関連会社の設立(取得

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ