「キャップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

缶コーヒーの利用に関するアンケート調査(第12回)

缶コーヒーの利用に関するアンケート調査(第12回) ■缶コーヒー飲用者は全体の7割弱。週1本以上飲用者は全体の2割強、男性40~50代で各4割弱。缶コーヒー飲用者が最も好んで飲む甘さは「微糖、低糖」が4割強。「無糖」は約36%で、男性での比率が高い傾向。■缶コーヒーの選定基準は「味」が飲用者の5割強、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」などが各3~4割。購入時に「だいたい同じ銘柄を買うことが多い」が飲用者の4割弱、「タイプはだいたい同じだが銘柄・メーカーはあまり決まっていない」「

2015年6月9日日本証券経済研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

CB発行+自社株買い=リキャップCB

トップレポート・コラムコラムCB発行+自社株買い=リキャップCB ここから本文ですCB発行+自社株買い=リキャップCB転換社債型新株予約権付社債(CB)は、発行時には債券として発行するが、途中で株式に転換することが可能である、債券と株式の両方の側面を併せ持つ金融商品である。例えば、A社の株価が現在1,000円だとして、転換価額1,250円、ゼロクーポンのCBが250億円発行されたとする。投資家がこのCBを購入した場合、保有期間中に株価が1,250円を超えれば、株式に転換することで当初払い込んだ投

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ