「キリン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年1月29日ランスタッドフィードバック数:0マーケティング

「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社

【ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~】結果発表は2/16(木)勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る調査 上位候補20社を公表ランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:猿谷哲)は、勤務先として魅力のある企業を世界共通基準で測る「ランスタッドアワード2017~エンプロイヤーブランド・リサーチ~」の上位候補20社を公表します。本調査は、世界共通基準のもと「エンプロイヤーブランド(企業魅力度)」の高い企業を調査・表彰する試みです。2000年にベルギ

2015年5月29日ヴァリューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

ブランドサイトのアクセス分析です。

ビール・発泡酒・新ジャンルの公式サイト訪問者数ランキング

先頭へ末尾へ調査データ 2015年05月28日~ 人気の公式ブランドサイトは「スーパードライ(アサヒビール)」、「クリアアサヒ(アサヒビール)」、「金麦(サントリー)」ビール・発泡酒・新ジャンルの公式サイト訪問者数ランキングインターネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ビール・発泡酒・新ジャンルの公式ブランドサイトの訪問者数ランキングを作成し、分析しました。 分析概要全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユ

自宅でのビール飲用についての調査です。

「家ビール」に関するアンケート

●ビールに最も合う料理は「鶏の唐揚げ」がダントツ●自宅で最もよく飲むのは「スーパードライ」「一番搾り」「ザ・プレミアム・モルツ」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「ビール」についてアンケートを行い、自宅におけるビールのストック、ビールの飲み方、よく飲む銘柄等についてまとめました。調査は2014年11月14日〜11月28日にかけて実施し、20代以上のDIMSDRIVEモニター6,160人から回答を得ています。Tweet ● 1割の人が、「必ず毎日」自宅でビ

ビールの購買理由です。

ビール系飲料の5月の購買理由

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 「〜ビール系飲料の5月の購買理由〜売れ筋上位10ブランドで全体の52.4%を占める!新発売のブランドが躍進!?」をリリース致しました。 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 「〜ビール系飲料の5月の購買理由〜売れ筋上位10ブランドで全体の52.4%を占める!新発売のブランドが躍進!?」をリリース致しました。2013年06月21日報道

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 炭酸飲料(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ炭酸飲料飲用者は9割弱、週1回以上飲用者4割強。直近1年以内の飲用銘柄は「コカ・コーラ」「三ツ矢サイダー」「コカ・コーラ ゼロ」が上位3位 飲用シーンは「のどが渇いたとき」「スカッとしたいとき」が上位。「お風呂あがり」「気分転換したいとき」「休憩中・休み時間」「暑いとき」「おやつのとき」が各2〜3割で続く 選定時の重視点は「味、飲み口」「価格」に続き「商品ブランド」「メーカー名」「カロリーゼロ」「飲み慣れている」「甘さ控えめ」の順で多い。コ

2011年11月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ビールメーカーのイメージ 品質・親近感は「キリン」がトップ、独自性では「アサヒ」

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ普段飲むビール類は「ビール」が半数弱、「新ジャンルビール」「発泡酒」が各3割強 最も『品質・技術が優れている』『親近感がある』と思うビールメーカーは「キリン」「アサヒ」がトップ2 最も『独自性がある』と思うビールメーカーは「アサヒ」がトップで、「サントリー」「キリン」が続く 最も『利益を追求するだけでなく社会的な責任を果たしている』と思うビールメーカーは「サントリー」「キリン」「アサヒ」が各2割弱だが、「いずれもない」が4割みられる

2009年8月12日価格.comフィードバック数:6ライフスタイル

ビール、発泡酒、第三のビール -この夏飲みたいのは?

普段よく飲むお酒の種類を聞いた。もっとも多かったのは「ビール」で70.3%の割合を占めている。次いで「発泡酒」「第三のビール」が、ほぼ50%程度の割合で2位、3位となった。以上、3種類のビール系飲料は、男性・女性問わずよく飲むと答えた人の割合が大きいが、それ以降の順位となると、男性と女性での嗜好の違いが如実に表れる。まず男性で多いのは「焼酎・泡盛」で全体の42.2%。次いで「ワイン」(29.7%)、「チューハイ」(29.5%)となり、さらに「日本酒」(27.5%)と続く。これに対して、女性では、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ