「ギリシャ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか

ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 証券市場 > ギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したかギリシャ問題が混迷 それでも冷静に対処した株式市場-暗黙の”落とし所”を察したか 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールで

2015年6月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

何が問題か?叩かれるギリシャの年金制度~日本の年金制度より高い評価も!?~

何が問題か?叩かれるギリシャの年金制度~日本の年金制度より高い評価も!?~ | ニッセイ基礎研究所 何が問題か?叩かれるギリシャの年金制度~日本の年金制度より高い評価も!?~ 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら このところ、ギリシャの債務再編をめぐる記事が新聞紙面を賑わせています。同国が抱える債務の返済スケジュールは、今月末に対IMFに15億ユー

ギリシャ支援6月末失効へ:なぜ協議は決裂したのか?これからどうなるのか?

ギリシャ支援6月末失効へ:なぜ協議は決裂したのか?これからどうなるのか? | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ支援6月末失効へ:なぜ協議は決裂したのか?これからどうなるのか? 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 27日、ユーログループは、支援機関側が「改革プログラム」の最終案の賛否を問う国民投票を7月5日に実施する方針を表明したギリシ

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?

トップレポート・コラム経済分析欧州遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか? ここから本文です遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?次の脅威は「Spexit」や「Italexit」。ギリシャ情勢の今後の見通しロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆2015年6月25日、緊急のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が前日に続きブリュッセルで開催され、ギリシャへの第2次支援プログラムの最終合意について協議が行われた。債権団側は、ギリシャの新改革案に対する修正案(対

2015年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ問題の本質的解決は無理、欧州への政治不満連鎖

ギリシャ問題の本質的解決は無理、欧州への政治不満連鎖

なぜギリシャ危機は終息しないのか~ 求められる「ソルベンシー問題」への支援 ~

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

ともに追い詰められたギリシャと支援国~ギリシャのユーロ圏離脱以外には乏しい選択肢~

2015年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ECB国債買い入れ型量的緩和は順調にその効果を発揮?

トップレポート・コラム経済分析欧州ECB国債買い入れ型量的緩和は順調にその効果を発揮? ここから本文ですECB国債買い入れ型量的緩和は順調にその効果を発揮?ECBは独裁者と化したのかロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆2015年4月15日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開催し、政策金利である主要オペ金利(短期買いオペ:売出し条件付き債券買いオペ=レポ)を0.05%に据え置く決定をした。さらに上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中

2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題

トップレポート・コラム経済分析日本回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題 ここから本文です回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題サマリーユーロ圏に関する朗報の一つは、スペインや、ポルトガルなど財政問題で揺れていた南欧諸国の一部で、過去数四半期にわたり実質成長率がプラス成長を続けていることである。またユーロ圏全体としても、来年にかけて成長率が上向くことが予想される。ただ、それでもリーマン・ショック前のGDP水準のピークと比べ、14年第4四半期時点で、スペインは5.9%、ポルトガルは6.8%、イタリ

2015年3月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2015年3月)景気拡大のすそ野の広がりに期待~世界経済の不確実性が緩和~ ◆ギリシャのユーロ圏離脱というリスクが遠のいたことは、当面の世界経済、金融市場の不確実性の緩和に貢献している。ギリシャ支援の延長が問題の先送りにすぎないことは確かだが、今回の一連の交渉は、ギリシャ、EUともにギリシャのユーロ圏離脱回避に高いプライオリティを置いていることを示した。4月末、4か月後などのイベント

2015年2月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「チキン・ゲーム」を終えて~ギリシャ支援合意の評価と今後の情勢展望~

「チキン・ゲーム」を終えて~ギリシャ支援合意の評価と今後の情勢展望~

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ ここから本文です欧州経済見通し 追い風を無駄にするなかれ原油安とユーロ安に加え、ECBが量的緩和策の実施を決定サマリー◆ユーロ圏の2014年10-12月期GDP成長率は前期比+0.3%に加速し、2014年年央の景気停滞を抜け出しつつある。2014年通年では+0.9%と3年ぶりのプラス成長となった。10-12月期の成長率押し上げに貢献したのはドイツとスペインで、共に前期比+0.7%に成長率が加速した。他方でフランス(同+0

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を ここから本文です新興国マンスリー(2015年2月)ギリシャ問題に注視を~広範な金融緩和開始は好材料~サマリー◆ECBの量的緩和は新興国にとっては好材料であろう。特に、米国が金利引き上げに動く場合、新興国からの資本流出圧力の緩和に資すると期待される。◆これまでの原油価格の急落、多くの新興国でも開始された金融緩和などの効果により、2015年の世界経済の成長率は緩やかな加速が見込まれる。その際、最大のリスクはギ

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年初120円台半ばでスタートしたドル円相場は調整局面入りし、月半ばには一時115円台まで円高が進んだ。原油安の悪影響への懸念

2015年1月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャと、その南欧国債への影響

ギリシャと、その南欧国債への影響

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~

ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ、総選挙へ~SYRIZA勝利≠ユーロ離脱~ 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月25日のギリシャの議会選挙が迫ってきた。最大野党SYRIZA勝利の観測は、年明け後の世界的株価下落の一因となったが、その後の影響は12年に比べて限定的だ。足もとのユ

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か?経常黒字の消滅-日本はギリシャの二の舞か? 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。2007

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か?

経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? | ニッセイ基礎研究所 経常黒字の消滅~日本はギリシャの二の舞か? 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。2007年度には24.3兆円もの黒字があったが、その3%程度に縮小しており、黒字金額が名

2014年6月12日東峰書房フィードバック数:0エンタテインメント

6月20日(金)日本時間7:00キックオフ日本vsギリシャ戦 観戦について最もあてはまるものをお選びください

6月20日(金)日本時間7:00キックオフ日本vsギリシャ戦 観戦について最もあてはまるものをお選びください2014/06/08選択肢関心がないので観戦の予定がない関心はあるが仕事(もしくは学校)のため最後まで観戦できない会社(もしくは学校)で最後までテレビ観戦する会社(もしくは学校)を遅刻してテレビ観戦する会社(もしくは学校)を休んでテレビ観戦するそもそも最後までテレビ観戦後出勤(もしくは登校)すれば間に合う会社(もしくは学校)が、もともとその日休みなのでテレビ観戦する専業主婦、自営業等、時間

2014年5月22日ビデオリサーチ★フィードバック数:0エンタテインメント

ビデオリサーチによる調査です。

2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会~日本・ギリシャ・ブラジル・イタリア4カ国意識調査~

ニュース 2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会~日本・ギリシャ・ブラジル・イタリア4カ国意識調査~2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会~日本・ギリシャ・ブラジル・イタリア4カ国意識調査~ニュース お問い合わせ

ギリシャ支援要請から4年-フル稼働した新たなガバナンスの試金石となるフランスとイタリア-

ギリシャ支援要請から4年-フル稼働した新たなガバナンスの試金石となるフランスとイタリア- | ニッセイ基礎研究所 ギリシャ支援要請から4年-フル稼働した新たなガバナンスの試金石となるフランスとイタリア- 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ギリシャ政府がEU・IMFに支援を要請してから間もなく4年になる。危機の拡大局面では金融安全

2014年3月20日経済協力開発機構★フィードバック数:0社会/政治

OECDのレポートです。

図表で見る社会 2014

不平等と社会の分裂に対処する行動が早急に求められる2014/03/18所得不平等と社会の分裂が高まっており、政府が社会で社会的弱者への支援を早急に増やす方策を取らない限り、その状態が固定化してしまうと、OECDの新報告書、「図表で見る社会 2014」は述べています。本報告書によると、世界経済は徐々に改善しているものの、多くの国で取られている中期的な緊縮財政措置により、経済危機が原因で社会から脱落した人々を救済することが困難になると見られています。障害者、家族、失業者などへの給付に充てられる公的支

「それでもギリシャはユーロ圏を離脱する」というシナリオ

「それでもギリシャはユーロ圏を離脱する」というシナリオ

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

ギリシャ向け与信が大きく減少

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ギリシャ向け与信が大きく減少 ここから本文ですギリシャ向け与信が大きく減少BIS 報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2012年12月末の国際与信残高は25兆4,156億ドルと、前期(2012年9月末)に比べ▲313億ドル(前期比▲0.1%)となり、僅かな減少となったものの、ほぼ横ばいの水準にある。ECBによる無制限の国債買取策等が金融市場の安心感につながり、そして、その効果が持続していることが大きな要因と思われる。◆与信側(銀行

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

特集データ

お知らせ