調査のチカラ TOP > タグ一覧 > クラウド利用

「クラウド利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年1月31日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査

ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率を調査~ERPのSaaS利用率は財務・会計で2.8%、人事・給与5.0%で横ばいが続く、CRM・SFAのSaaS利用率は28.0%と順調に上昇~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の民間企業を対象として郵送アンケート調査を実施し、ERP及びCRM・SFAといった業務ソフトウェアの利用状況を明らかにし、SaaSの利用率について分析した。 SaaSの利用率と次回システム更新時のSaaS導入予定1.調査結果概要2018年7月から11月に

2017年1月16日リザーブリンクフィードバック数:0企業情報システム

人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果

>> 人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果人事・総務担当者に聞いた!クラウド導入の課題と成果優秀な人材を確保する取り組みの一つ「ワークライフバランス」は、クラウドシステムの浸透と共に広く認知されるようになりました。インターネットとPC・スマホなどのデバイスがあればどこからでもアクセスでき、作業を共有できるクラウドシステムは、働く時間や場所を選ばない在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務などのテレワークの普及を後押しする仕組みとして注目されています。またクラウドシステムはワ

2016年10月6日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

2016年09月29日■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型の利用率は17.2% ■ 設立1年未満の中小企業・団体では、クラウドの利用率が5割超 ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が36.6%で首位 ■ クラウド会計ソフトの導入メリットは情報の集約管理とコスト削減  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月29日、国内法人におけるクラウド会計ソフト(※1)の導入実態について調査結果を発表した。この調査は、従業員300人以下の中小企業等5,015社を対象にWebアンケートを実

2016年4月7日MM総研フィードバック数:0ビジネス

クラウド給与計算ソフトの利用状況調査

2016年03月29日■ 給与計算ソフト利用者のうち、クラウド型の利用は12.5% ■ 給与計算ソフト購入者の2割以上がクラウド型を選択 ■ 「freee」がクラウド給与計算ソフトで首位、約4割のシェアを獲得 ■ クラウド給与計算ソフトの導入メリットは、セキュリティの向上とコスト削減  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は3月29日、国内におけるクラウド給与計算ソフト(※1)の利用状況に関して調査結果を発表した。この調査は、従業員300人未満の中小企業等4,168社を対象にWebアンケート

2016年1月20日MM総研フィードバック数:0ビジネス

クラウド会計ソフトの利用状況調査

2016年01月18日■ 個人事業主の会計ソフト利用率は33.2%、その内、クラウド会計ソフトは8.1% ■ クラウド会計ソフトの事業者別シェアは弥生が50.5%、Freeeが24.9% ■ 起業・独立直後や事業継続年数が若い事業者ほど、クラウド利用意向が高い  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は、個人事業主(2万2,125事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、クラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。調査結果から、会計ソフトを利用している個人事業主は33.2%で、そのうち、イン

2015年2月9日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

業務パッケージの利用とクラウド化に関する共同調査

レポート/ケーススタディ ソリューション 企業情報 最新情報 お問い合わせ パッケージのクラウド化が業種や企業規模を問わず進展へ 「持たずに済ませたい」期待感の中で「セキュリティ」と「コスト」がカギに 「業務パッケージの利用とクラウド化に関する共同調査」日経BPコンサルティング、日経BPイノベーションICT研究所、オービックビジネスコンサルタント、OSK、PCA調べ2015年02月09日株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、株式会社日経BP並びに業務パッケージ・ベンダー各社と共同で、

2014年4月9日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRのホワイトペーパーです。

IT基盤再構築のためのクラウド・コンピューティング~ビジネス成果獲得のためのクラウド活用指針~

ビジネスへの貢献度を向上させるため、IaaSを活用して全社IT基盤を再構築すべきである ―ITRが、クラウド・コンピューティングの活用意義とアプローチを解説したホワイトペーパーを発行―2014年4月9日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は2014年4月9日、低コストの企業ITを実現するIT基盤を構築するために、クラウド・コンピューティングを活用することの意義とアプローチを示した『IT基盤再構築のためのクラウド・コン

2009年5月26日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データセンターに割高感 2割はクラウド利用に前向き

データセンターに割高感 2割はクラウド利用に前向き

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ