調査のチカラ TOP > タグ一覧 > クラフトビール

「クラフトビール」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

クラフトビール常飲者の実態調査について

トッププレスルームミッションビールオンラインショップよなよなの里 本店よな友ピースプロジェクト公式ビアレストランヒストリービールづくり会社概要採用公式SNSお問い合わせENGLISHお知らせクラフトビール常飲者の実態調査について 株式会社ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は、クラフトビール常飲者を対象としたクラフトビールの実態調査を実施しました。ビール系市場全体の出荷量が13年連続で縮小する中、近年はクラフトビールがブームとなり、その出荷量は2011年から5年間で毎年平均120%の成長を続け

宴会・飲み会の締めに関する意識調査

トッププレスルームミッションビールオンラインショップよなよなの里 本店よな友ピースプロジェクト公式ビアレストランヒストリービールづくり会社概要採用公式SNSお問い合わせENGLISHお知らせ【自主調査報告】日本の宴会文化における問題点と「手締め」の効果について 株式会社ヤッホーブルーイングは、「宴会・飲み会の締めに関する意識調査」を実施しました。これにより、日本の宴会文化が抱える問題点と、日本伝統の「手締め」による締め感醸成の効果といった、日本の宴会文化の現状が明らかになりました。ヤッホーブルー

2016年10月5日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第7回 地ビールメーカー動向調査

公開日付:2016.09.28 大手メーカーがビール需要の低迷に陥る中、2016年1-8月累計の全国主要地ビールメーカーの出荷量は前年同期を1.1%上回った。2010年に調査を開始以来、主要地ビールの累計出荷量は毎年前年を上回っており、地ビールが着実に消費者のすそ野を広げている事がわかった。国内ビール大手5社の2016年1-6月累計のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の出荷量は前年同期比1.5%減で、消費者の節約志向や酎ハイ人気など好みの多様化で上半期は4年連続で過去最低を更新した。こ

2016年7月6日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

ビアガーデン・ビアテラスに関する調査レポート ぐるなび

[株式会社ぐるなび] ,ビール デート 女子会 ビアガーデン レストラン 外食 真夏日 ビアテラス クラフトビール

2016年7月4日キリンビール★フィードバック数:0ライフスタイル

“夏の風物詩”「ビアガーデン」に関する調査

「キリンビール大学」レポート “夏の風物詩”「ビアガーデン」に関する調査について~1人あたりの平均予算は2年連続で増加~ キリン株式会社キリン株式会社(社長 磯崎功典)では、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」を運営しています。これは、ビールの楽しさ・奥深さをお客様にお伝えすべく2001年7月に開講したもので、美味しいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、様々な学部・施設があり、24時間365日通学できます。 今回は、全国の20歳以上の男女を対象に、「ビアガーデン」

花見で人気だったビールランキング2016

花見で人気だったビールランキング2016!ようやく暖かくなってきた今日この頃。桜の花も咲き乱れ、週末には花見を楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。東京ではすでに散ってしまいましたが、東北や北海道はまだまだこれから花見を楽しめる時期かと思います。最近ではこの桜の季節を狙って海外から日本の桜を見に訪れる外国人旅行者も急増しています。そんな世界に誇る日本のお花見文化ですが、その風物詩の場で最も飲まれているビールって何なのか、独自に調査してみました。最も多く飲まれたのは・・・あのおめでたいビール銘

2016年3月31日酒文化研究所フィードバック数:0大型消費/投資

花見に行きたい名所・食べたいお弁当ベスト10

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 花見に行きたい名所・食べたいお弁当ベスト10発表【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】酒飲みが花見に行きたい名所・食べたいお弁当ベスト10【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】  東京の桜の開花予想日ももう間近です。そこで今回は花見に関連して行ってみたい名所、用意するお酒や弁当などについて伺いました。満開は月末から来月上旬でいよいよ桜前線が駆け上がっていきます。(回答者は『さけ通信』の読者モニターで「ほとんど毎日酒を飲む」という方

2015年9月1日LifeHackリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

ビール業界の変化に伴う生活意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 生活者のライフスタイルや消費の動向を調査するリサーチ機関、LifeHackリサーチでは、月に1回以上ビールを飲む全国の20~60代の男女1000人を対象に、ビール類に関する意識調査を行いました。 ビール業界の変化に伴う生活意識調査国内出荷量が10年連続で減少する中、高級路線の台頭などで変わるビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)へのニーズ  生活者のライフスタイルや消費の動向を調査するリサーチ機関、LifeHackリサーチでは、月に

2015年3月17日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査

2015/3/17“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査地ウイスキー、クラフトビール、着実な成長 〜 国内酒類市場は縮小続くも、新興勢力が台頭 〜はじめに若者のハード・リカー離れ、健康志向、第三のビールやプライベート・ブランド商品に象徴される根強い低価格志向。国税庁調べの酒類出荷量(国産+輸入、国税庁調べ)によれば、酒類全体の出荷量は2010年に900万klの大台を割り込んで以来、低迷が続いている。特に、ビール、清酒、焼酎の三大カテゴリーにおいて、その傾向が顕著だ。 しかし、その一方で“地

2014年11月28日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】人気が定着してきたクラフトビール

【酒飲み1000人に聞く酒飲みのミカタ】人気が定着してきたクラフトビール

2013年7月8日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

今日からあなたも地ビール通! おすすめ国産地ビール(クラフトビール)ランキング

新着ランキングランキングカテゴリ一覧ランキングタグ一覧 ランキングに参加しよう! 高橋幸宏(サディスティック・ミカ・バンド、YELLOW MAGIC ORCHESTRA) 喜多郎(ファー・イースト・ファミリー・バンド) お問い合わせ 本サイトはAmazon.co.jpアソシエイトに参加しています。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ