「クロス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年2月6日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第13回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第13回) ■2019年の生活に満足できた人は全体の5割強、女性での比率が高い。男性30~50代では満足できなかった人が5割強と高い。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱、男性30代での比率が低い。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の4割弱、「収入が少ない・減った」「出費がかさむことがあった・支出が多かった」が各2割前後。■経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目は「

2019年11月12日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

冷凍食品の利用に関するアンケート調査(第9回)

冷凍食品の利用に関するアンケート調査(第9回) ■冷凍食品利用者は全体の8割強。週1回以上利用者が5割弱。利用場面は「夕食」が利用者の5割強、「昼食」4割強、「お弁当」「食事を簡単に済ませたい」「すぐ食べたい」「料理を作るのが面倒」「おかずの品数を増やしたい」が各20%台。■冷凍食品利用理由は「すぐにできあがる」「保存がきく」「手順が簡単」「調理や後片付けの手間が省ける」が利用者の各4割強~5割、「少量必要なときに便利」が3割強。■冷凍食品1回以上購入者は3割弱。購入する冷凍食品は「麺類」

2019年3月19日マイボイスコムフィードバック数:0エンタテインメント

パチンコに関するアンケート調査(第6回)

パチンコに関するアンケート調査(第6回) ■パチンコ・パチスロのいずれか実施者は全体の約9%。パチンコをしている人は約8%、経験者は5割強。パチスロをしている人は約5%、経験者は3割弱。いずれも過去調査より減少傾向。■パチンコ・パチスロいずれか実施者のうち、パチンコ店の週1~2回以上利用者は5割弱。店の選定基準の上位は「立地」「プレイしたい機種の台数の多さ」「稼働率」など。女性では「店への入りやすさ」「清潔感」などの比率が高い傾向。■パチンコ・パチスロをする理由は「気分転換」が、いずれか実

2019年2月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回)

くらしと節約に関するアンケート調査(第12回) ■2018年の生活に満足できた人は全体の5割強、女性での比率が高い。男性30~50代では満足できなかった人が各6割と高い。自分が幸せだと思う人は全体の6割弱、男性30代での比率が低い。■昨年経費を節約した人は5割強。節約の理由は「将来の生活に備えて」が節約をした人の4割弱、「収入が少ない・減った」「出費がかさむことがあった・支出が多かった」が各2割。■経費を節約した項目の上位は「食料品」「外食」「衣料品」など。今後節約を心がけたい項目は「食料

2019年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

ATMの利用に関するアンケート調査

■直近1年間の送金方法は「インターネットバンキングでの振込・振替」「ATMでの振込・振替」が各4割強、「窓口での振込・振替」が1割強。店頭で最も多く利用する支払い方法は「現金」が5割強、「クレジットカード」が3割強、「電子マネー」が1割強。■直近1年間に「金融機関の店舗内・併設のATM」利用者は8割強、「コンビニATM」が4割強、「スーパー」は2割強。直近1年間ATM利用者のうち「月2~3回」利用者は4割強、「月に1回」は3割弱。利用頻度が3年前と比べて増えた人は1割強、減った人は2割弱、「変わ

2019年2月14日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

味噌に関するアンケート調査(第3回)

■味噌が好きな人は全体の8割強。味噌を料理に週4~5回以上使う人は4割、週1回以上利用者が7割弱。東北や北陸は、利用頻度が高い傾向。■使う味噌のタイプは、「米みそ・こうじみそ」が味噌使用者の6割弱、「合わせみそ」「赤みそ」「白みそ」「だし入り」が各20%台。北海道では「白みそ」、中部では「赤みそ」「八丁味噌」、中国や九州などでは「合わせみそ」の比率が高い。■使う味噌の種類は「1種類」が味噌使用者の5割強。2種類以上使用者は全体の4割強で、中部での比率が高い。■味噌購入時の重視点は「味」「価格」の

2019年1月16日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

冷え性に関するアンケート調査(第3回)

■冷え性の人は全体の4割強、男性3割弱、女性6割強。「軽度」が2割強、「中程度」が2割弱、「重度」が約4%。冷えを感じる時期は「冬」が8割弱、「秋」が3割強、「一年を通して」が2割弱。■冷え性の人が悩まされる部位は「手先、指先」「足先」が各6~7割、「足首」「足全体」「おなか」「おしり」「腰」などが各10%台で、末端や下半身の比率が高い。重度の冷え性の人では「足全体」「足首」「おしり」などの比率が高い。■対策としては「体を温める食材をとる」「お風呂は湯船につかる」「厚着、重ね着、重ね履き」が冷え

2018年12月17日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

外食に関するアンケート調査(第6回)

■昼食や夕食に外食する人は9割弱。月1回以上外食者は昼食6割強、夕食5割強。昼食の外食頻度は男性で高い傾向。■外食する人の、1回あたりの支出額は、昼食は「800~1,000円未満」、夕食は「1,000~1,200円未満」がボリュームゾーン。昼食の支出額は2013年以降高価格帯の比率が増加傾向。■外食する場面は、昼食を外食する人では「平日の昼」が5割弱、「休日の昼」「外出のついで」「遊びに行く・レジャー」などが各3~4割。夕食を外食する人では「休日の夜」が5割弱、「外出のついで」「平日の夜」「家族

2018年11月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

朝の時間の過ごし方に関するアンケート調査(第4回)

朝の時間の過ごし方に関するアンケート調査(第4回) ■平日朝の起床時間は「6時台」が4割弱、「5時台」「7時台」が各2割強。休日は「6時台」「7時台」「8時台」が各2~3割。高年代層では起床時間が早い傾向。■起きてから出かけるまでにすることは「トイレ」「食事」「飲み物を飲む」「歯磨き、うがい」などが各7~8割。「新聞」「折込チラシ」「テレビ」「パソコン」などは高年代層、「携帯電話、スマートフォン、タブレット端末」「メールやSNSなどをチェック」などは女性若年層での比率が高い。■平日の朝、出

2018年11月12日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

夕食に関するアンケート調査(第5回)

■平日の夕食は、自宅で自分や家族が作ったものを食べる人が5~6割、「買ってきたものを食べる」「外食をする」が各20%台。「一人で食べる」は夕食を食べる人の3割強で、過去調査と比べ増加傾向。■平日に夕食を食べ始める時間は「19時台」「18時台」が各3~4割。夕食にかける時間は「15~30分未満」が5割弱、「30分~1時間未満」が3割強。■平日の夕食のメニューで重視していることは「食べたいものを食べる」「自分や家族の好みに合う」「栄養バランスが良い」「季節感のあるメニューである」「毎日の献立に変化が

2018年9月4日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ライフスタイルに関するアンケート調査(第4回)

ライフスタイルに関するアンケート調査(第4回) ■時間的なゆとりがある人は全体の6割弱、経済的なゆとりがある人は3割弱。交友・交流関係が広いと思う人は2割弱で、過去調査と比べ減少傾向。■現在の生活で満足しているものは「食生活」「家庭生活」「住生活」が各4割弱、「趣味や生きがい」「自分の自由になる時間」「健康」「安全・安心に暮らせる環境」「人間関係」が各3割弱。■幸せを感じるために重要だと思うのは「健康」「所得・収入」が各6割強、「人間関係」「家庭生活」「資産・貯蓄」「趣味や生きがい」「食生

2018年8月20日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ライフスタイルに関するアンケート調査(第4回)

ライフスタイルに関するアンケート調査(第4回) ■時間的なゆとりがある人は全体の6割弱、経済的なゆとりがある人は3割弱。交友・交流関係が広いと思う人は2割弱で、過去調査と比べ減少傾向。■現在の生活で満足しているものは「食生活」「家庭生活」「住生活」が各4割弱、「趣味や生きがい」「自分の自由になる時間」「健康」「安全・安心に暮らせる環境」「人間関係」が各3割弱。■幸せを感じるために重要だと思うのは「健康」「所得・収入」が各6割強、「人間関係」「家庭生活」「資産・貯蓄」「趣味や生きがい」「食生

2018年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

サラダに関するアンケート調査(第4回)

■サラダを1日1回以上食べる人は全体の4割弱。サラダを食べる人のうち「自分や家族が調理」は8割弱、「市販のサラダ」「カット野菜を買ってきて調理」が3~4割。サラダを食べる理由は「おいしい」「健康に良い」「野菜をたくさん摂取できる」「野菜が好き」「食物繊維をとりたい」「食事の栄養バランスをとる」などが各4~5割。■好きなサラダのタイプは「ポテトサラダ」「グリーンサラダ」が各5割、「トマトサラダ」「マカロニサラダ」「大根サラダ」「ツナサラダ」などが各4割。野菜以外で好きな具材は「ハム、生ハム」「卵」

2018年6月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

朝食に関するアンケート調査(第8回)

■朝食を「毎日食べている」は全体の7割強、若年層で頻度が低い傾向。朝食時間は「6~10分以内」「11~15分以内」がボリュームゾーン。食べない時の理由は「時間がない」「おなかがすかない」が各10%台、「前日に食べすぎ・飲みすぎ」「食べる習慣がない」「少しでも長く寝ていたい」が各1割弱。■朝食に「家で調理・準備したもの」を食べる人は、朝食を食べる人の8割強。「パン類」は7割強、「ご飯類」は5割強、「ヨーグルト」「卵や卵料理」「味噌汁」「果物」などが各3~4割。飲み物では「コーヒー、コーヒー系飲料」

消費動向に関する定点調査(2018年5月度)

「クレジットカード金額」「音楽配信ダウンロード」の利用増加。景気回復意識も上昇が続き見通しは明るい傾向 消費動向に関する定点調査(2018年5月度) 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「消費動向に関する定点調査(2018年5月度)」を実施しました。 ■調査背景・目的本調査は、現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とし、200

2018年4月27日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

百貨店の利用に関するアンケート調査(第6回)

百貨店の利用に関するアンケート調査(第6回) ■百貨店の半年に1回以上利用者は5割強、月1回以上利用者は2割強。利用率は過去調査と比べ減少傾向。身近にあるとした場合に最も利用してみたい百貨店は、全体では「伊勢丹」「高島屋」が1割強、「三越」「大丸」が各6~7%。■他の店舗ではなく百貨店を利用するのは「デパ地下を利用する時」「菓子折り、お土産、差し入れなど購入時」が各3~4割、「プレゼント(お祝い品以外)購入時」「飲食店・レストラン街利用時」「日本国内の地方物産展開催時」「バーゲンセールで安

2018年4月16日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回)

ロボット掃除機に関するアンケート調査(第3回) ■ロボット掃除機所有者は約8%。利用のきっかけ・理由は「掃除が楽になりそう」「テレビや新聞・雑誌で見た」「店頭で商品を見かけた」「面白そう・興味があった」「効率よく掃除をしたい」などが所有者の各2~3割。■ロボット掃除機の利用の仕方は「従来型の掃除機をメイン、ロボット掃除機をサブ」が所有者の3割強、「留守中にロボット掃除機を使う」「ロボット掃除機をメイン、従来型の掃除機をサブ」が各2割。利用頻度は、週2~3回以上が利用者の5割強。■ロボット掃

2018年4月12日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

インターネットバンキングの利用に関する調査(第19回)

インターネットバンキングの利用に関するアンケート調査(第19回) ■インターネットバンキング現在利用者は全体の6割強、過去調査より減少傾向。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などが利用者の各8割。■最頻利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、ソニー銀行主利用者で5割弱、住信SBIネット銀行主利用者、ゆうちょ銀行主利用者で各4割弱。■インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が利用者・経験者の7割弱、「信頼できる」「24時間リアルタイムで利用が可能」「銀行

2018年3月20日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

におい対策・香り付けに関するアンケート調査(第3回)

におい対策・香り付けに関するアンケート調査(第3回) ■においに敏感な人は全体の7割弱。自分や他人のにおいで嫌なものは「口臭」が7割強、「たばこのにおい」「加齢臭」「香水・化粧品、整髪料など」「ワキ」などが各4~5割。■普段行っているにおい対策は「歯磨きをこまめに・念入りに」「まめにシャワー・入浴」「頭皮を清潔に」「制汗剤・シートなど」「歯磨き粉」などが各3割。身体や衣類に香りがつくよう意識している人(全体の3割弱)では、「衣類用洗剤などで衣類に香り付け」「香りのよいシャンプーや石鹸などで

入浴に関するアンケート

入浴に関するアンケート2018 / 02 / 06株式会社クロス・マーケティング 日本人の9割はお風呂好きお風呂に欠かせないのは「追い炊き機能」自宅では入浴しないが銭湯・温泉を楽しむ人も -入浴に関するアンケート- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「入浴に関するアンケート」を実施しました。調査結果 (一部抜粋) 入浴が好きな人は全体の9割を占め、大多数の人が入浴好きであることが判明。

日本と海外における決済に関する調査

日本と海外における決済に関する調査2018 / 02 / 20株式会社クロス・マーケティング 日本とドイツは現金決済アメリカはクレジットカード、中国はスマートフォン決済が主流全体で「現金決済が減った」約3割 -日本と海外における決済に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に「日本と海外における決済に関する調査」を実施しました。調査背景・目的現金以外の手段で決済を行うキ

日本人の9割はお風呂好き!銭湯や温泉を楽しむ人も

日本人の9割はお風呂好き!銭湯や温泉を楽しむ人も | CROMEGANE【くろめがね】 | リサーチ・市場調査・マーケティング 「くろめがね」はクロス・マーケティングが調べたさまざまな情報の入り口です!あなたが気になる情報もあるかも?ぜひご覧くださいませ!詳細データの無料ダウンロードも可能です。 日本人の9割はお風呂好き!銭湯や温泉を楽しむ人も 寒い日に、疲れたときに、入りたくなるお風呂。日本人の入浴意識について調査しました!寒い日が続く毎日。日も暮れて、疲れた体で家路を急ぐなか、思

2018年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

チョコレートに関するアンケート調査(第4回)

チョコレートに関するアンケート調査(第4回) ■チョコレートを週1回以上食べる人は全体の5割、女性での比率が高い。チョコレートを食べる場面は「おやつ」「甘いものが欲しくなった時」が上位2位、「ちょっと一息つきたい時」「仕事や勉強・家事の合間」「疲れている時」が続く。■好きなチョコレートのタイプは「ミルク・クリームチョコレート」「ビター・ブラックチョコレート」が各5割、「ナッツ入り」「生チョコレート」が各3~4割。「トリュフ」「生チョコレート」などは、女性20代での比率が高い。■市販のチョコ

2018年のおせちに関する調査

2018年のおせちに関する調査2017 / 12 / 06株式会社クロス・マーケティング 2018年 日本のお正月手作りおせち派は年々減少だが、個食より家族で同じものを食べたい意向多数 -2018年のおせちに関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「2018年のおせちに関する調査」を実施しました。調査背景・目的日本の正月の伝統料理であるおせち。近年ではおせちを手作りするのではなく

2018年1月5日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

フリマアプリに関するアンケート調査

■フリマアプリ登録者は全体の1割強、認知率は7割弱。登録者は女性20・30代では各3~4割。フリマアプリ登録者・経験者が直近1年間に利用したのは「メルカリ」が7割強、「ラクマ」「フリル」「ヤフオク フリマ出品」が各2割。■直近1年間フリマアプリ利用者のうち、直近1年間出品経験者は5割、購入経験者は6割強。女性20・30代では出品・購入経験者が各7割。■フリマアプリ選定時の重視点は「購入時の支払い手数料が安い・無料」が登録者・経験者の4割強、「購入・出品手続きが簡単」「販売手数料が安い・無料」「利

「RDIT」による衆議院議員選挙予測調査

「RDIT™」による衆議院議員選挙予測調査の実施2017 / 11 / 17株式会社クロス・マーケティング クロス・マーケティング調査手法RDIT™を用いて選挙結果を予測衆議院選挙2017選挙期間中の変動をとらえる -選挙トレンドつかむ「アザー・キャスティング方式」と総得票数比率に近似する「好ましい政党」- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、業務提携をしているRIWI Corporation(リーウィーコーポレーション 本社:カナダオンタ

地方創生に関するアンケート

地方創生に関するアンケート2017 / 11 / 14株式会社クロス・マーケティング 全体の4人に1人が移住意向あり移住にはゆったりした暮らしを求める傾向働き先や日常生活の快適さが課題か -地方創生に関するアンケート- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「地方創生に関するアンケート」を実施しました。調査結果 (一部抜粋) 地方移住・二拠点居住に意向がある(実行予定・関心がある、検討して

2017年12月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

胃腸薬の利用に関するアンケート調査(第6回)

胃腸薬の利用に関するアンケート調査(第6回) ■胃腸薬利用者は全体の約45%、月1回以上利用者は2割弱。利用場面は「胃もたれ」「食べすぎ」「胃痛」が利用者の各4割。■市販の胃腸薬選定時の重視点は「効能・効果」に続き、「効き目のはやさ」「飲みやすさ」「価格」などが上位。参考情報源は「テレビ番組・CM」「商品パッケージの説明」「販売店の店頭の情報」「家族や友人の意見」などが各2~3割で上位。■市販の胃腸薬購入場所は「(独立したチェーン店舗の)ドラッグストア」が利用者の7割、「(スーパーなどの店

2017年11月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ワインに関するアンケート調査(第7回)

■ワイン飲用者は全体の6割弱。「年に数回」が2割強でボリュームゾーン。「自宅で飲むことの方が多い」はワイン飲用者の約3分の2、高年代層での比率が高い。■ワイン飲用シーンは「親しい友人や家族と一緒に」が飲用者の5割強、「料理に合わせて」「ひとりでゆったりとした気分で」「季節行事の時」「記念日」などが各20%台。自宅で飲むことが多い層では「ひとりでゆったりとした気分で」「季節行事の時」、外食で飲むことが多い層では「大勢で集まる」「おしゃれなレストラン」などが2~3位。■ワイン購入場所は、「スーパーマ

若者の海外旅行に関する調査

若者の海外旅行に関する調査2017 / 10 / 17株式会社クロス・マーケティング 3年以内の海外旅行経験者は約2割経験の有無で今後の意向も大きく異なる -若者の海外旅行に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する18歳~29歳の男女を対象に「若者の海外旅行に関する調査」を実施しました。調査背景・目的18~29歳の若者を対象に、直近3年間の海外旅行経験や、経験有無別の今後の海外旅行意向など、海外旅行に対す

食意識に関するアンケート

食意識に関するアンケート2017 / 09 / 25株式会社クロス・マーケティング 食事に気遣う人は「栄養バランス」を最も意識食の制限に対する悩みの対応方法は、雑誌・ネットで情報取得する人が約4割で最多 -食意識に関するアンケート- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~59歳の男女を対象に「食意識に関するアンケート」を実施しました。調査結果 (一部抜粋) 普段の食生活に気を遣っている人800人に、どのような

消費動向に関する定点調査(2017年5月度)

消費動向に関する定点調査(2017年5月度)2017 / 06 / 07株式会社クロス・マーケティング 「給与所得」調査開始後、初めてプラスに景気は「良くなると思う」が微増続く -消費動向に関する定点調査(2017年5月度)- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「消費動向に関する定点調査(2017年5月度)」を実施しました。調査背景・目的本調査は、現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費

2020年 東京オリンピックに関するアンケート(2017年度版)

2020年 東京オリンピックに関するアンケート(2017年度版)2017 / 05 / 29株式会社クロス・マーケティング 東京オリンピック開催 賛成派は約5割「景気回復・レベルの高い競技観戦」を期待しつつ、「犯罪の増加・財政負担」を不安視する声も -2020年 東京オリンピックに関するアンケート(2017年度版)- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「2020年 東京オリンピックに関

2017年3月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度東京都下水道局 広報広聴アンケート調査

平成27年度東京都下水道局 広報広聴アンケート調査結果についてこの度「平成27年度東京都下水道局広報広聴アンケート(東京の下水道に関するアンケート)調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。 この調査は、都民の下水道に関する認知度・関心度等を把握し、今後の広報事業を展開する基礎資料とするものです。調査概要東京都23区内に居住する満20歳以上の男女 住民基本台帳からの無作為抽出3,000人 下水道のイメージ、下水道に関する認知度・関心度など 調査結果のポイント日常の情報入手経路について

お花見に関するアンケート

お花見に関するアンケート2017 / 03 / 21株式会社クロス・マーケティング 桜のシーズン到来!2人に1人は今年のお花見実施意向あり“桜並木をお散歩”するスタイルが人気! -お花見に関するアンケート- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京・神奈川・千葉・埼玉に在住する20歳~69歳の男女を対象に「お花見に関するアンケート」を実施しました。調査結果 (一部抜粋) 今年お花見を予定している人は12%、行いたいと思っている人は44%とな

2016年11月2日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

モテるかどうか、飲むお酒で決まる!? モテ男は「焼酎」「ウイスキー」、モテ女は「ワイン」が好きだった

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・交際経験ゼロの男女、3人に1人がお酒を「まったく飲まない」 ・モテ男は「焼酎」「ウイスキー」、モテ女は「ワイン」が好き調査詳細前回、お酒を飲む頻度や好きなお酒と年収との関係について調査したレポートを公開しました。今回はお酒を飲む頻度や好きなお酒の種類がこれまでの交際人数と関係があるかどうか、調べてみました。・交際経験ゼロの男女、3人に1人がお酒を「まったく飲まない」 男女別に交際したことがある人数を聞き、お酒を飲む頻度とクロス集計した結果が

2016年のハロウィーン事情

2016年のハロウィーン事情2016 / 10 / 26株式会社クロス・マーケティング ハロウィーン関連予定がある人の2人に1人がパーティやイベントに参加日本での普及は「良いと思う」33%「良いと思わない」26% -2016年のハロウィーン事情- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、二府二県(大阪、京都、兵庫、奈良)に在住する18歳~49歳の男女を対象に「2016年のハロウィーン事情」について調査を実施

コミュニケーションロボットによる接客に関する調査

プレスリリース「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング コミュニケーションロボットによる接客に関する調査 報道関係各位平成28年5月31日株式会社クロス・マーケティング コミュニケーションロボットの接客体験者は1割未満“技術面のぎこちなさ”解消で利用意向アップなるか-コミュニケーションロボットによる接客に関する調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住す

飲酒・日本酒に関する調査

プレスリリース「飲酒・日本酒に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 飲酒・日本酒に関する調査 報道関係各位平成28年3月28日株式会社クロス・マーケティング 日本酒ブーム継続中か今後日本酒を飲んでみたい20代女性は約4割<飲酒・日本酒に関する調査> 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に「飲酒・日本酒に関する調査」を実施しました。 調査結果 (一部抜粋) 男女別

2015年11月25日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

クロスジェネレーションを求める新型50・60代

NEWS新大人研レポート No.21 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑤ クロスジェネレーションを求める新型50・60代 2015年11月18日若者世代とは交流・協力し、それだけでなく若者世代をサポートしたい。「大人世代と若者世代がお互いの良さを認め合いつつ、交流・協力し、新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」「大人世代が若者世代を応援して、若者世代から新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」が共に7割強に。年代が高くなるにつれ、この傾向が強くなっている。博報堂新しい大人文化研

サブスクリプション型音楽配信サービスの実態調査

プレスリリース「サブスクリプション型音楽配信サービスの実態調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング サブスクリプション型音楽配信サービスの実態調査 報道関係各位平成27年10月13日株式会社クロス・マーケティング 日本でもブレイクなるか?-サブスクリプション型音楽配信サービスの実態調査-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に「サブスクリプション型音楽配信サービスの実態調査」を実施しました。調

2015年9月25日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire Appier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表Appier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査(2015年上半期)」の結果を発表■複数デバイス利用率が最も高く、広告到達の可能性が高いGolden Wednesday(黄金の水曜日)!■日本におけるiOS利用率は78%と圧倒的! AI(人工知能)を活用したクロスデバイスターゲティング広告を展開するテクノロジー企業App

関西・東海地方における新聞購読に関する調査

プレスリリース「関西・東海地方における新聞購読に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 関西・東海地方における新聞購読に関する調査 報道関係各位平成27年6月24日株式会社クロス・マーケティング 「世の中の動きを知るため」が約4割で最多<関西・東海地方における新聞購読に関する調査> 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関西二府二県(大阪・京都・奈良・兵庫)、東海三県(愛知・三重・岐阜)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「関西・

2015年5月19日サポタントフィードバック数:0マーケティング

動画活用状況調査(2015年ECサイト編)

Fit + Technology + I 働くをもっと自分らしく自由に働く人々の多様な価値観に「フィット(Fit)」する自由な働き方を得られる場を提供する。クロス・コミュニケーショングループが持つ「テクノロジー(Technology)」を用い、「私(I)」の持つ価値を最大限に発揮でき、変化していくライフスタイルに合わせて最適なキャリアを紡ぎ上げていく「O(環)」を作り出す。時間や場所に捕らわれたこれまでの働く文化を変革する志しとしてサービス名称に想いを込めました。 IT・Web業界で活躍する人材

断食に関する調査

プレスリリース「断食に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 断食に関する調査 報道関係各位平成27年5月13日株式会社クロス・マーケティング 約8人に1人が断食・ファスティングを経験<断食に関する調査> 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「断食に関する調査」を実施しました。 調査結果(一部抜粋) 20~60代の断食、もしくはファスティング経験者は13.2%と、大多数の人は

2015年3月31日サポタントフィードバック数:0マーケティング

モバイルフレンドリー対応状況を独自調査(2015年ECサイト編)

Fit + Technology + I 働くをもっと自分らしく自由に働く人々の多様な価値観に「フィット(Fit)」する自由な働き方を得られる場を提供する。クロス・コミュニケーショングループが持つ「テクノロジー(Technology)」を用い、「私(I)」の持つ価値を最大限に発揮でき、変化していくライフスタイルに合わせて最適なキャリアを紡ぎ上げていく「O(環)」を作り出す。時間や場所に捕らわれたこれまでの働く文化を変革する志しとしてサービス名称に想いを込めました。 IT・Web業界で活躍する人材

話題のアーモンドミルクについての調査です。

第3のミルクに関する調査

プレスリリース「第3のミルクに関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 第3のミルクに関する調査 報道関係各位平成27年3月25日株式会社クロス・マーケティング アーモンドミルク・ライスミルクの認知度は低め<第3のミルクに関する調査> 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京都に在住する18歳~59歳の男女を対象に、「第3のミルクに関する調査」を実施しました。 調査結果 アーモンドミルクの内容認知度(言葉・内容ともに知っていると回答)

2014年11月2日統計数理研究所★★★フィードバック数:0社会/政治

国民性調査です。

日本人の国民性 第13次全国調査

1953年以来5年ごとに「日本人の国民性調査」という社会調査を継続実施しています。 このサイトは「日本人の国民性調査」と、関連したその他の調査研究を紹介するものです。単純集計やクロス集計の結果を表とグラフにまとめてあります。 よくあるご質問とそれに対するお答えをまとめてあります。 関連した調査研究へのリンクをまとめてあります。

2014年3月19日日本損害保険協会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

リサイクル部品に関するアンケート(第3回)

リサイクル部品に関するアンケート(第3回) 〜前回に引き続き、使用者の9割以上がリサイクル部品の使用に「満足」〜 日本損害保険協会(会長:二宮 雅也)では、リサイクル部品に対する自動車ユーザーの意識や利用実態を把握し、一層の活用を推進するため、2013年10月1日(火)から11月30日(土)のリサイクル部品活用推進キャンペーン期間中に、リサイクル部品に関するアンケートを実施しました。アンケートは自動車ユーザーをはじめとする一般消費者を対象にインターネット等で行い、10代以上の男女10,477人か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ