調査のチカラ TOP > タグ一覧 > グルメサイト

「グルメサイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年12月9日TableCheck★フィードバック数:0社会/政治

コロナ禍の無断キャンセル理由、「体調不良」が急増。Go To Eatオンライン予約、キャンセル少ない傾向

コロナ禍の無断キャンセル理由、「体調不良」が急増。Go To Eatオンライン予約、キャンセル少ない傾向【2020年版】第4回「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」コロナ禍の無断キャンセル理由に「体調不良」急浮上。トップは、例年同様「とりあえず予約」Go To Eat利用者の「無断キャンセル」、通常時より少ない傾向に。還元ポイント獲得のため来店傾向強まる無断キャンセル時の予約手段トップは「グルメサイト」。2位「電話予約」も防止策に課題もっとも有効なキャンセル対策「クレジットカード情報入

2020年10月1日Rettyフィードバック数:0ライフスタイル

「Go To Eat」に関する意向調査を実施。「利用したい」が半数程度

Rettyが本日開始の「Go To Eat」に関する意向調査を実施。「利用したい」が半数程度 〜カギは「感染症対策」と「飲食店支援」〜 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也 / 以下、Retty ) は、農林水産省が主導し2020年10月1日(木)から開始する「Go To Eatキャンペーン」について、全国の20歳以上約1000名の方を対象に調査を実施しました。調査の結果から、Go To Eatキャンペーンの活用

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

マナミナトップリサーチステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析 ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

2015年7月30日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

グルメサイト・アプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > グルメ情報を検索する時に最も利用するのは「スマートフォンのブラウザ」 グルメ情報を検索する時に最も利用するのは「スマートフォンのブラウザ」 MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所と株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は共同調査を行い、第4弾としてスマートフォンを所有する

2014年6月27日Rettyフィードバック数:0ライフスタイル

人気店にはどのような特色があるのか

[Retty株式会社] ,飲食店 メニュー 人気店 グルメ レストラン グルメサイト お店探し グルメアプリ グルメサービス 飲食店 人気

2014年4月28日価格.com★フィードバック数:0ライフスタイル

食べログの調査です。

「増税後の外食費」に関する調査

[株式会社カカクコム] ,ランキング クチコミ カカクコム 増税 食べログ グルメサイト 外食費

ぐるなび、ホットペッパー、食べログの調査です。

グルメサイトに関する4600人アンケート

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 『〜グルメサイトに関する4600人アンケート〜「ぐるなび」「ホットペッパー」の利用シーンは「複数で集まるとき」!「食べログ」の利用シーンは、「慣れない土地で食事をするとき」!利用シーンでグルメサイトを使い分け!』をリリース致しました。 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 『〜グルメサイトに関する4600人アンケート〜「ぐるなび」「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ