「グレード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年11月14日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

工業用PETフィルム市場に関する調査を実施(2018年)

PETフィルムのハイエンド分野で需給逼迫、用途によっては供給不足が深刻に~2017年の工業用PETフィルム市場規模は、前年比102.3%の553,890t~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は2017年から2018年にかけての高機能フィルム市場を調査し、国内外の主要(日本、韓国、台湾)メーカーの工業用PETフィルム出荷量推移、製品セグメント別の動向、参入企業動向を明らかにした。 主要(日本、韓国、台湾)メーカーの工業用PETフィルム 用途別出荷量推移と予測1.市場概況 201

主婦調査です。

主婦の意外な無駄遣いはコレ!増税後のお買い物に関するアンケート

主婦の『変わりたい』を叶える情報メディア – syufeel主婦の意外な無駄遣いはコレ!増税後のお買い物に関するアンケート 消費税が8%に変更されてから、日々の買い物で主婦が購入を控えている商品ついてアンケートを実施しました。意外に不要だった商品とは?これで家計の無駄遣いがわかります!Syufeelでは、100人の主婦の方を対象に『消費税が8%になったことで、普段購入をしている商品の中に購入を考え直したものがあるか?』というアンケートを実施しました。商品が値上がりしたと感じた時、購入回数が減った

東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第3四半期

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)立地改善やオフィス床拡張ニーズの増加を反映し、テナントからの移転の問い合わせ数は前期から増加しましたが、

中小ビル事業の生き残りと成長-テナントのAクラスビル志向が強まる中で

中小ビル事業の生き残りと成長-テナントの大規模優良ビル志向が強まる中で | ニッセイ基礎研究所 中小ビル事業の生き残りと成長-テナントの大規模優良ビル志向が強まる中で 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東京都心部で、高いグレードと広い床面積を持つ大規模優良ビル1)の開発が続いている。昨年は歌舞伎座タワー、ワテラスタワー、お茶の水ソラシティ、東京スクエア

2014年第1四半期オフィス・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン·アンド·ウェイクフィールドは、2014年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q1 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)1. 景況感は改善し、これに呼応してテナントからの移転問い合わせが増加し、幅広い業界で移転がありました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ