調査のチカラ TOP > タグ一覧 > グローバル調査

「グローバル調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月23日ぺガジャパンフィードバック数:0ビジネス

パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表

Pegasystems、パンデミックに対応する企業・組織のデジタル・トランスフォーメーションへの取り組みに関するグローバル調査の結果を発表 ・ 74%が、今般のパンデミックにより予想よりも広範なITギャップが顕在化したと回答• 54%は、顧客を支援するためにより多くのことをすべきだったと認識• 71%が、パンデミックの結果としてDX計画を加速すると回答 Pegasystems Inc. (NASDAQ: PEGA)の日本法人、ぺガジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 宣

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表COVID-19がミレニアル・Z世代に及ぼした影響とは?最新グローバル調査データに基づき日本と世界の意識を比較・解説 今後の経済状況の見通しは他国と比較しても悲観的な日本のミレニアル・Z世代。離職意向は低下し、企業に留まりたいとの考えが増加。将来を不安視する声も増加傾向。 2020年7月6日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、デロイト グローバルが行っているミレニアル・Z世代を対象とした年次調査の最新版となる第

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施 日本企業は、データ分析でのIT部門依存が他国に比較して顕著 79%の社員は、IT部門やビジネスアナリストの支援なしではデータに基づいた意思決定ができない エンタープライズ ソフトウェアの世界的な大手プロバイダーであるMicroStrategy® Incorporated(Nasdaq: MSTR)、並びに日本法人であるマイクロストラテジー・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、プレジデント:印藤公

2019年12月3日Asana Japanフィードバック数:0キャリアとスキル

Asana(アサナ)グローバル調査「仕事の解剖学」

ワークマネジメントプラットフォームのグローバルリーディングカンパニーAsana(アサナ)グローバル調査「仕事の解剖学」日本の働き方の特徴を発表 「1日の仕事の何割を生産的と感じるか」 世界平均70%に対し日本は54%と回答 東京、2019年12月2日 - チーム向けワークマネジメントプラットフォームを提供する業界大手のAsana Japan(アサナ ジャパン)は、世界6か国で実施した働き方に関する調査「仕事の解剖学」について日本の結果を発表しました。「仕事の解剖学」は、職場での時間の使い方を理解

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重 「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」を発行 観戦前の情報収集や、当日の移動、試合後の飲食や観戦後の情報収集など、試合前後の体験への期待も大きいアメリカ、ドイツ。日本はスタジアムでの試合観戦に期待が大きく偏る結果 2019年6月28日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役社長 佐瀬 真人、以下DTC)は、デロイト トーマツのスポーツビジネスグループが有するスポーツビジネスに関する知見とDTCのCus

2018年5月26日ベリタス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データプライバシーに関する消費者調査

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対応した包括的な 360 度アプローチでは、情報がどこにあっても、すべての場所で保護し、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援します。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応しており、デジタルビジネスの推進を強力に支援します

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちら前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法に

2017年10月17日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

健康維持の方法に関するグローバル調査

「健康維持の方法に関するグローバル調査」 - 6割超が家族や友達、ペットと過ごすことが健康維持につながると考え実践していることが明らかに GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、健康維持方法についての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、65%が健康維持のために「十分な睡眠」と「健康的な食事」を実施。・グローバル、日本ともに健康維持に対する意識の高まりが顕著に。  世界17カ国の23,000名に、身体の健康を保つために日常的にどのようなこ

日本企業のデジタル化とCDO

2016年、グローバルでCDO(Chief Digital Officer)を設置している企業は19% PwCネットワークのStrategy&は、グローバルおよび日本のChief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー、以下CDO)に関する調査を行い、『日本企業のデジタル化とCDO』と題するレポートを発行いたしました。CDOはデジタル化に対応するための全社的な変革を担当し、そのミッションは企業の現状を揺り動かし、変革を実現するものです。グローバルおよび日本の調査から

2017年5月8日BROCADE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

グローバル・デジタル・トランスフォメーション・スキル調査

ブロケードのグローバル調査で、ITスタッフの半数以上が今後12か月の業務に必要な「適切な」スキルの不足に悩んでいることが判明デジタル変革スキル競争ではドイツと米国の対応が早く、英国は立ち遅れブロケード(NASDAQ: BRCD)は本日、新しいグローバルデジタル変革スキル調査結果を発表しました。この調査の目的は、世界各国のITリーダーが、自分たちやチームについて、現在および将来の業務ニーズへの対応に適した人材と考えているかどうかを明らかにすることです。調査対象の6つの市場の中で、ドイツがもっともデ

2017年3月31日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

読書頻度に関するグローバル調査

「読書頻度に関するグローバル調査」 - 毎日、本を読む人は30%  GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対し本を読む頻度についての調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、3割が毎日、本を読むと回答。・毎日、本を読む割合が最も高い国は中国。全く読まない割合が高い国はオランダと韓国。  世界17カ国の22,000名に本を読む頻度について尋ねたところ、グローバル(17カ国計)では30%が「毎日・ほぼ毎日」本を読んでいることが明らかになりました。「毎

2017年3月29日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査 2016

ペイパルによる越境 EC グローバル調査 2016 主要32ヶ国のEC市場は約160兆円、日本はアメリカ、中国に次いで3位 PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:曽根 崇、以下「ペイパル」)は、ペイパルと調査会社イプソスによる越境 EC グローバル調査のレポートを公開しました。この調査は、オンラインショッピングおよび越境 EC に関する消費者の行動と意識について、日本を含む世界 32か国の 約28,000 人の消費者を対象に実施されました。EC市場

第6回ミレニアル年次調査

2017年 デロイト ミレニアル年次調査発表多くの衝撃的な出来事に見舞われた2016年を経て、ミレニアル世代の楽観主義に変化が生じていることが、デロイトの年次グローバル調査で明らかになった デロイトが世界30カ国、約8,000人のミレニアル世代を対象として行った「第6回ミレニアル年次調査」では、ミレニアル世代の自信が揺らぎ、自国が向かう方向を楽観視しなくなっていること、また、安定した職を手放す可能性が低下していることがわかります。 2017年2月13日本プレスリリースは2017年1月31日

2016年12月15日赤十字国際委員会フィードバック数:0社会/政治

「戦争のルールは守られているか?」グローバル調査

「戦争のルールは守られているか?」グローバル調査の結果を公開ジュネーブ諸条約への理解とサポートが深まる一方で、拷問の是非に対しては人々の関心のなさが露呈赤十字国際委員会(ICRC)は、戦争に関する様々な課題についての人々の考え方や関心についてグローバルに調査を行い、本日その結果を公表しました。“People on War”と題された本調査によると、「戦争にも制限をかけるべきだ」と考える人々が非常に多かった一方で、戦時下の拷問や一般市民の犠牲については、「仕方がない」と考える人が増加傾向にあるなど

2016年12月9日GfKフィードバック数:0社会/政治

人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査

「人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査」 GfKは17カ国、22,000人に対しボランティア活動などの人の手助けを行う頻度を調査し、結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは約4割が月に1回以上ボランティアなどの人助けを行っていると回答。・日本では1割強にとどまる。  ボランティアなどの人助けをどれくらいの頻度で行っているか、GfKは世界17カ国の22,000名に尋ねました。その結果、 グローバルでは39%の人が月に1回以上の頻度でボランティアなどの人の手助け

2016年11月10日エクスペディアフィードバック数:0大型消費/投資

国別・ホテルのエチケット調査

[エクスペディア・ジャパン] ,マナー エクスペディア エチケット ホテル ハウスキーパー 国際比較 Expedia グローバル調査

2016年8月19日ニールセン★フィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2016年 第2四半期

2016年第2四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期からほぼ横ばいの98ポイントにとどまりました。唯一成長傾向を維持したのは北米地域で、その景況感は3ポイント増加の111となっています。ニールセン消費者景況感調査は、2005年の調査開始以来、四半期ごとに63ヵ国を対象とし、世界中の消費者について、地域の雇用見通し、個人の経済状況、短期的な購買意欲および関連のある経済問題を計測しています。景況感の水準がベースラインの100を上回る場合は楽観傾向を、下回る場合は悲観傾向をそれぞれ意味します。今期レ

2016年7月5日ニールセンフィードバック数:0ビジネス

グローバル 小売成長戦略調査

消費者は、銀行(42%)、調理済み食品(40%)、薬局(39%)などの店内サービスを利用 価格帯の両端で成長: ディスカウントストア(2.6%)、高級食品小売業(6.8%)が成長中買い物の楽しみのひとつは“狩り”に似たワクワク感 ― 全世界の回答者の59%が、時間をかけてセール品を見つけることを楽しんでいる、と回答しました。これは特に北米(68%)と南米(64%)で高くなっています。消費者はお買い得品のとりこです。バーゲンで買い物をする状況を、小売業者や製造業者が作り出しているからかもしれません

2016年5月21日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

消費者景況感調査2016年 第1四半期

アメリカの消費者景況感は回復力が高く110ポイントを維持中国の消費者景況感は2ポイント低下アジアの成長市場の星はインド(134)とインドネシア(117)今調査期間、世界の消費者景況感は最適ベースラインスコアの100下で安定的に推移し、景況感指数はわずかに1%上昇した98に落ち着きました。この数値は、各地域に混在するさまざまなレベルの景況感を反映しています。最新の「ニールセン グローバル消費者景況感調査」によると、消費者景況感は調査を行った市場の33%(61市場1のうち20)で増加しました(201

2016年5月10日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

グローバル・ブランド原産国調査

消費者の約75%が、製品の原産国は最も重要な購入動機のひとつと回答 国のイメージは消費者の購入意思に影響をおよぼす要因のひとつニールセンが発表した『グローバル・ブランド原産国調査』によると、世界の回答者の平均約75%が、ブランドの原産国は、その他の9つの購入動機と同等、またはそれ以上に重要だと答えました。その9つの購入動機には、選択・選別、価格、機能と品質が含まれます。今回の調査は、61ヵ国30,000人以上のオンライン回答者からの40カテゴリーにわたる回答をもとに、グローバル・多国籍ブランド(

2016年4月12日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

家庭の掃除・洗濯に関するグローバル調査

世界の45%が、家事は分担すべき義務(28%)である、または男性の領域(17%)と回答 家事産業に影響を与えているマクロ経済の力に関する洞察が明らかにいつの時代も、ほこりやシミは避けることのできない難敵です。住居や衣服をきれいで清潔に保つために非常に多くの時間が費やされていることは驚くことではありません。ニールセンが実施した、家庭での掃除と洗濯の習慣に関する最新のグローバル調査では、世界の回答者の約3分の1(31%)が毎日掃除をすると回答しており、毎日洗濯する人の割合も同率(31%)となっていま

2016年1月27日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身だしなみに関するグローバル調査

身だしなみを整えるために費やす時間は週4時間 GfKは22の国と地域で27,000人に対して、身だしなみを整える時間とその理由について調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・身だしなみを整える時間が最も長い国はイタリアで週5.6時間。日本は週3.6時間で調査国中3番目に短い。・身だしなみを整える理由は男女間で差異あり。22の国と地域の27,000人に、身だしなみを整えるために費やす時間とその理由について尋ねました。入浴、着替え、化粧、髭剃り、ヘアセットなど身だしなみを整えるために費や

2015年11月30日GfK★フィードバック数:0社会/政治

ストレスの原因に関するグローバル調査

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握し、サイトの品質や利便性を向上するためCookieを使用しています。Cookieの利用に同意いただける場合は、このまま当サイトをご利用ください。 詳細

2015年10月20日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

健康問題に関するグローバル調査

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握し、サイトの品質や利便性を向上するためCookieを使用しています。Cookieの利用に同意いただける場合は、このまま当サイトをご利用ください。 詳細

2015年4月24日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

中国、インド、タイ、米国、日本の比較です。

グローバル調査(マネジャーの国際比較)

2014年度研究プロジェクト グローバル調査(マネジャーの国際比較)新興国の成長に伴い、マネジメント人材が不足する中、海外現地法人では、現地の優れたマネジャーの獲得と活用が課題となっている。 中国、インド、タイ、米国、日本の各国のマネジャーのキャリアとマネジメントの実態を明らかにして、その獲得・活用策を導き出す。中国、タイ、インド、アメリカ、日本のマネジャー約1700人に対するWebアンケート調査「五カ国マネジャー調査」を実施して、各国企業のマネジャーとマネジメントの実態を包括的に把握しました。

2015年4月8日BlackRock★フィードバック数:0大型消費/投資

投資家調査です。

インベスター・パルス・サーベイ(投資家動向調査)の日本における調査結果

Skip to contentブラックロックのパーパスは、より多くの方々が豊かな生活を送ることができるよう、サポートすることです。お客様の資金を預かり運用するフィデューシャリーとして、また金融テクノロジーにおけるリーダーとして、お客様の目標実現に必要なソリューションを提供しています。ブラックロックの運用資産残高は7.32兆米ドル(約789兆円)です(2020年06月末時点、1ドル=107.885円換算)。 ※パーパスとは、企業が何のために存在するのか、企業の社会における存在意義をさします。

2015年3月29日ランスタッドフィードバック数:0キャリアとスキル

「最も働きたい企業」候補の上位10社

世界22の国と地域の22万人が選ぶ 「最も働きたい企業」候補の上位10社決定!日系企業ではソニーが2年連続ノミネート。結果発表は4月23日、ベルギー・ブリュッセルにて総合人材サービス・ランスタッド株式会社の親会社であるランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック、以下ランスタッドHD)は、勤務先として魅力的な企業をグローバル規模で調査・表彰する、ランスタッドアワードの2015年度の調査を実施。世界で最も働きたい企業としてノミネ

2014年9月8日アバナードフィードバック数:0企業情報システム

IT変革を促すトレンドへの企業の対応に関するグローバル調査

グローバル調査: ソーシャル、モバイル、クラウド、ビッグデー...| グローバル調査: ソーシャル、モバイル、クラウド、ビッグデータというトレンドは企業にとって課題であり、かつビジネスチャンスでもあることが明らかに日本はこの変化に適応できず苦戦していると判明 ビジネス・テクノロジー・ソリューションおよびマネージドサービスプロバイダであるアバナード株式会社(以下、アバナード)は、ソーシャル、モバイル、クラウド、ビッグデータといったIT変革を促すトレンドへの企業の対応に関するグローバル調査の結

2014年7月2日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

日本とASEANとの違いを見ています。

第一回「アセアン生活定点」調査

NEWS第一回「アセアン生活定点」調査結果速報 アセアン6カ国6都市 計5,400名に約1,000項目の調査を実施 2014年07月02日「博報堂生活総研」×「博報堂生活総研アセアン」初のグローバル共同調査博報堂生活総合研究所と博報堂生活総研アセアン(※)は、アセアン6カ国【シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム】の生活者の意識と行動を幅広く観察することを目的に、初の共同調査「アセアン生活定点」調査を実施いたしました。当調査は日本で1992年より実施している「生活定点

2012年3月2日A.T. カーニー★フィードバック数:2マーケティング

A.T. カーニーによるレポートです。

高齢化する消費者に関するグローバル調査

ナビゲーション

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ