調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コマース利用

「コマース利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年8月5日ジャストシステムフィードバック数:0ビジネス

サブスクコマース経験率が最も高いのは、20代のEC利用経験者

サブスクコマース経験率が最も高いのは、20代のEC利用経験者 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年6月度) ~新型コロナウイルス流行後、6割以上が「サブスクコマース利用が増えた」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年6月度)』の結果を発表します。本調査

2018年4月3日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」

10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」 『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年2月度)』 ~フリマアプリ「ラクマ」の利用率が約2割に増加~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年2月度)』の結果を発表します。本調査は、

ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査

ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査2017 / 07 / 12株式会社クロス・マーケティング eコマース利用 抵抗なしが9割「C2C」利用経験はアジア各国でも増加傾向 -ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、シンガポール・タイ・インドネシア・日本・中国に在住する20~49歳の男女を対象に「ASEAN3カ国・日本・中国のeコマース利用実態調査」を実施しました。調査背景・目

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、Eコマースに関する調査を行った。 今回は、Eコマースの利用状況を年代や可処分所得、そして利用デバイスなどに関してクロス集計を行った。 ≪調査結果サマリー≫モバイルコマースは若年層、PCコマースは年代が上がるにつれ利用率が高くなる。どの年代においても約35%のユーザーがPCとモバイルの両方を使い分けてインターネットを行っている。可処

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ