調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コミュニティ

「コミュニティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月4日PIAZZAフィードバック数:0ライフスタイル

子育て中・経験者1000人に聞く「子育て中の孤立や孤独に関する調査」

子育て中・経験者1000人に聞く「子育て中の孤立や孤独に関する調査」。67%が孤立や孤独を経験、女性は74%が経験有。No1地域SNS「ピアッザ」調査 孤立や孤独を感じる場面トップは「子どもと二人きりでいる」とき。「ピアッザ」の利用で気が楽になった経験者は約3割、91%が「ピアッザ内で悩みを持つ人がいたら助けになりたい」と回答 PIAZZA株式会社(代表取締役CEO 矢野 晃平)は、地域SNS「ピアッザ」ユーザー(回答者数:1,067名)を対象に、「子育て中の孤立や孤独に関する調査」を202

2020年10月26日PIAZZAフィードバック数:0キャリアとスキル

家庭内リモートワークに関する調査

リモートワークの実施率は6割超。内4割の家にリモートワーク専用のスペースがなく、リモートワークの最頻空間はリビング・ダイニング No1地域SNS「ピアッザ」調査。924名を対象にした家庭内リモートワークに関する調査 PIAZZA株式会社(代表取締役CEO 矢野 晃平)は、地域SNS「ピアッザ」ユーザー924名を対象に、「家庭内リモートワークに関する調査」を実施し、株式会社マーキュリアインベストメント(代表取締役 豊島 俊弘)と共同でレポートを作成いたしました。 1.調査概要調査対象:地域SN

2019年2月13日DMM.comフィードバック数:0マーケティング

”意識高い系”に関する調査

意識が高ければ高いほど成功するわけではない!? 意識が適度に高い「意識ちょい高」さんが恋愛も仕事も成功している! 一般平均より年収が約100万円高く、既婚率も高いことが明らかに。 ~あなたも実は”意識高い系”!?行動・活動のボーダーラインをDMMオンラインサロンが大調査~合同会社DMM.com(本社:東京都港区、最高経営責任者 片桐 孝憲、https://www.dmm.com/ 以下DMM )にて展開するDMMオンラインサロン※(https://lounge.d

2018年4月16日LITALICOフィードバック数:0キャリアとスキル

働く環境とのマッチングが精神・発達障害のある方の職場での「働き続けたい」意欲に影響

【調査発表】働く環境とのマッチングが精神・発達障害のある方の職場での「働き続けたい」意欲に影響 【調査発表】働く環境とのマッチングが精神・発達障害のある方の職場での「働き続けたい」意欲に影響4月からの精神障害者雇用義務化を目前に「LITALICOワークス」を経て就職した精神・発達障害のある方を対象にした調査結果を発表「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川

2018年4月5日NTTアド★フィードバック数:0社会/政治

インバウンドの次なるトレンドとして“おもてなしコミュニティ”の調査を実施

インバウンドの次なるトレンドとして“おもてなしコミュニティ”の調査を実施

アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない

市場調査・マーケティングリサーチならR&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 商品サービスの開発・設計段階から市場導入後の検証だけでなく、ブランド育成にかかわるブランドマネジメントまで、マーケティングプロセスごとに豊富なリサーチ経験があります。お客様の課題解決に向け、多様なマーケティング戦略・テーマに対応します。 R&Dの強み 調査レポート 会社情報 お問い合わせ 調査レポート【Around50調査】アラフィフ女性のホンネを調査 親子の間で「終活」は話題にできない平成29

2017年1月26日オレンジページフィードバック数:0大型消費/投資

移住についての調査

「将来移住したい・計画中」は38.1%、意外に多い!? 少な... 「将来移住したい・計画中」は38.1%、意外に多い!? 少ない!? 移住したい場所TOP3は東京20.2%、北海道11.1%、海外10.4% になるキーワードは「社交性」「地域参加」「仕事」 「オレンページくらし予報」では、全国の女性を対象に「移住」について調査しました。「生まれた土地にずっと住む」ことにこだわらない人が多くなった現代、「移住」が話題に上る機会も増えたようです。移住するならどこがよいか、どんなことを求めてい

第2回超高速開発ツール 伸び率調査

「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表 「第2回超高速開発ツール 伸び率調査」の結果を発表~前回調査と比較し、ライセンス出荷数234%、導入企業数が167%の伸び~ 国内で超高速開発に取り組むユーザー企業とSIer、ツールベンダーが集う「超高速開発コミュニティ」(会長 関 隆明)は2016年7月12日(火)、「超高速開発ツールの伸び率調査 2016 年版」を公開しました。この調査から、4年前と比較した今年の伸び率はライセンス出荷数が234%、導入企業数が167%といずれも高い成

2015年6月17日文部科学省フィードバック数:0キャリアとスキル

コミュニティ・スクールの指定状況(平成27年4月1日)

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度) > コミュニティ・スクール導入・推進状況 > コミュニティ・スクールの導入・推進状況について > コミュニティ・スクールの指定状況(平成27年4月1日) コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度) コミュニティ・スクールの指定状況(平成27年4月1日) 文部科学省では、このたび、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)等の指定状況(平成27年4月1日現在)を取りまとめましたので、公表

2015年5月12日総務省フィードバック数:0社会/政治

「都市部におけるコミュニティの発展方策に関する研究会」報告書

報道資料「都市部におけるコミュニティの発展方策に関する研究会」報告書の公表 「都市部におけるコミュニティの発展方策に関する研究会(座長:河合克義 明治学院大学社会学部教授)」において、この度、報告書がとりまとめられるとともに、本報告書の趣旨を踏まえ、都市部をはじめとしたコミュニティの発展に向けて各地方公共団体において取り組むべき事項について、本日付けで各都道府県総務担当部局長あてに通知しましたので、次のとおりお知らせします。公表資料研究会及び報告書の概要(別紙)「都市部をはじめとしたコミュニティ

2015年2月19日トレンダーズフィードバック数:0マーケティング

「ソーシャルメディアでのコミュニケーション」に関する意識・実態調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 10~20代のソーシャルメディアでのコミュニケーションに関する調査ゆるい“内輪”×外野=“中輪”コミュニティノリツッコミ、大喜利、やじうま…「おもしろさ」を重視リアルでは味わえないコミュニケーションの距離感が魅力?専門家が語る、ソーシャルメディアで変化するコミュニケーション事情注目のサービスに「755」、「MixChannel」 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、このたび、10~20代

2014年8月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第5回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門基礎自治体への期待と不安基礎自治体への期待と不安 第5回 ここから本文です基礎自治体への期待と不安 第5回スマートコミュニティ:持続可能な都市サマリー日本は長年、景気後退局面が続き、2008年の金融危機、2011年の東日本大震災など、地方のみならず都市部においても活力が失われるような事態も発生した。ここで注目されたのが「スマート」という概念である。2000年代に、電力網と通信網を活用してエネルギー需給の効率化と最適化を目指すスマートグリッド(賢い電力網)

2014年7月24日トレンダーズフィードバック数:0マーケティング

20~40代既婚女性に聞く、“ソーシャル・コミュニティ”事情

20~40代既婚女性に聞く、“ソーシャル・コミュニティ”事情

2014年6月30日面白法人カヤックフィードバック数:0エンタテインメント

Lobi神ゲーアワード2014夏

Lobi神ゲーアワード2014夏のべ票の集計から、が決定!!!結果をシェアして、みんなと盛り上がろう! Lobi神ゲーアワード2014 神ゲー大賞に選ばれたのは… アワード運営からのコメントニャニャニャにゃんと!? 衝撃の結果!? …ってことはなく、1位は不動のパズドラ!中間ランキングでも1位だったし、 やっぱり根強い人気にゃ。パズドラユーザーは忠誠心が強いにゃ! そして、僅差で2位に食い込んだのがドラゴンストライクだにゃ!! 神ゲー大賞10位までの結果はこちら ちなみに、2位〜10位まではL

2014年5月1日総務省★フィードバック数:0社会/政治

都市での生活やご近所付き合いについての調査です。

都市部のコミュニティに関するアンケート調査報告書

都市部のコミュニティに関するアンケート調査報告書

ネットエイジア協力の調査です。

「地域のコミュニティと交流」に関する調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト2013年10月03日7割の家庭が「地域で助け合える関係が理想」 ~「地域のコミュニティと交流」に関する調査を行いました~ 日本生協連が、子どものいる20歳~59歳の男女を対象に2013年9月6日~9月12日に実施した、「地域のコミュニティと交流」に関する調査の結果がまとまりましたので、ご紹介します。■調査結果のトピックス○子どものいる家庭の「地域交流の現状」について ご近所付き合いは、「あいさつを交わす程度」が4割

2010年10月19日NTTアドフィードバック数:4マーケティング

コミュニティに関する調査

コミュニティに関する調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ