「コラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月2日おうちパレットフィードバック数:0ビジネス

2021年1月国内58万社のMAツール実装調査を実施 ~上場企業のMAツール導入率は11.3%~

2021年1月国内58万社のMAツール実装調査を実施 ~上場企業のMAツール導入率は11.3%~株式会社Nexal(本社:東京都港区高輪、代表取締役:上島千鶴)は、国内でマーケティングオートメーション(以下「MA」)ツールの導入がどの程度進んだのか調査結果を報告します。本調査は、ベンダー自己申告や一般向けのアンケート調査ではなく、調査時点でWebサイトに対象タグが実装されているか、国内58万社のWebサイトを全て調査・集計した分析結果になります。調査概要1. 調査時期: 2021年1月 ※レポー

2017年11月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2017年9月機械受注 ここから本文です2017年9月機械受注前月の反動減が見られるが、製造業は増加基調サマリー◆2017年9月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比▲8.1%と、3ヶ月ぶりに減少した。製造業が同▲5.1%、非製造業(船舶・電力を除く)が同▲11.1%とともに減少した。製造業は前月の大幅増(8月:前月比+16.1%)の反動が表れたものの、2017年初から緩やかな増加基調を保っている。一方、足下で持ち直しが見られた非製造業について、9月は大幅な

2017年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アメリカ経済グラフポケット(2017年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2017年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2017年11月号)2017年11月6日発表分までの主要経済指標サマリー・GDP・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著

2017年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2017年11月)

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2017年11月) ここから本文です新興国マンスリー(2017年11月)サマリー◆世界経済はすそ野の広い拡大過程にある。IMFはなお残るリスクとして先進国のインフレ率の低さを挙げ、緩和的な金融政策の継続が必要と論じている。しかし賃金上昇率の低さを伴う低インフレに金融政策のみで対応することは、金融緩和が過度に及ぶリスクを高めよう。それは先進国のみならず、新興国にバブルの種を植え付けることにもつながる。◆共産党大会を終えた中国では、安定的で比較的

2017年10月22日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

日本企業の社員の働き方に関する実態調査

特集・コラムここでは、人事・研修ご担当の皆様のお役に立てるよう、幅広いテーマの事例やコラム等、実務に役立つ情報をご案内します。どうぞご期待ください! 個別のソリューションの特長や活用方法、人事・教育の実務に役立つ情報などをご案内します。 各分野のエキスパート、実務家が独自の視点で、人材育成・研修、経営課題にフォーカスします。 各社・各団体の取り組みやソリューションの活用事例をご紹介します。 本学の講師・研究員やセミナー受講者のインタビューを掲載しています。

2017年10月17日産業能率大学フィードバック数:0ビジネス

日本企業における社員の働き方に関する実態調査

特集・コラムここでは、人事・研修ご担当の皆様のお役に立てるよう、幅広いテーマの事例やコラム等、実務に役立つ情報をご案内します。どうぞご期待ください! 個別のソリューションの特長や活用方法、人事・教育の実務に役立つ情報などをご案内します。 各分野のエキスパート、実務家が独自の視点で、人材育成・研修、経営課題にフォーカスします。 各社・各団体の取り組みやソリューションの活用事例をご紹介します。 本学の講師・研究員やセミナー受講者のインタビューを掲載しています。

2016年4月14日発達ナビフィードバック数:0社会/政治

「子育てにおける不安」「子育て情報の入手先」「サービス利用の実態」などについてのアンケート

同じ悩みを持つ保護者はどれくらい?発達ナビ子育て調査より 同じ悩みを持つ保護者はどれくらい?発達ナビ子育て調査より 2016年4月に障害者差別解消法が施行されました。より良い社会をめざして、まずは子育ての実態を知ろうと、LITALICO発達ナビのユーザーの皆さまに「子育てにおける不安」「子育て情報の入手先」「サービス利用の実態」などについてのアンケートにご協力いただきました。364名の方にご協力いただき見えてきた子育て環境についてご報告します。 2016年4月施行の「障害者差別解消法」を知

2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域経済の持続可能性について考える(2) 輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質”

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済地域経済の持続可能性について考える② ここから本文です地域経済の持続可能性について考える②輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質”サマリー◆地域の活性化をもたらす源泉として輸移出があり、輸移出の強化が地域活性化の起爆剤となり得る。◆一方、産業特化を通じた輸移出依存体質は地域経済のリスクを高める要素もある。地域の持続可能性の観点からは、地域の需要を地域の生産で賄えるかという“自給率”で捉えることも重要である。◆労働力不足にともなう地域の生産

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本5月全国消費者物価 ここから本文です5月全国消費者物価コアCPIは前年比ゼロ近傍での推移が続くサマリー◆2015年5月の全国コアCPI(除く生鮮食品)は前年比+0.1%と、市場コンセンサス(同+0.0%)を小幅に上回った。総じて見ると、エネルギー価格の下押し圧力が続く中で、コアCPIの前年比はここしばらくの間ゼロ近傍での推移が続いている。◆2015年6月の東京コアCPI(中旬速報値)は、前年比+0.1%と前月(同+0.2%)からプラス幅が縮小した。財・サービス別

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月消費統計 ここから本文です5月消費統計振れを伴いながらも横ばい圏の推移が続くサマリー◆2015年5月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.1%と増加した。ただし、前月の落ち込みを取り戻すには至らず、家計調査に見る個人消費は振れを伴いながらも横ばい圏で推移している。◆実質消費支出の動きを費目別にみると、「住居」(前月比+17.5%)、「教育」(同+

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年5月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月雇用統計 ここから本文です5月雇用統計就業者の増加により、着実な改善が続くサマリー◆労働力調査によると、2015年5月の完全失業率(季節調整値)は、前月から横ばいの3.3%となった。失業者数は、前月差▲1万人と4ヶ月連続で減少し、就業者数は+19万人と3ヶ月ぶりに増加した。また、非労働力人口は同▲22万人と4ヶ月ぶりに減少した。◆一般職業紹介状況によると、2015年5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から+0.02pt上昇の1.19倍となった。また、新規求

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも

トップレポート・コラム経済分析中国中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも ここから本文です中国:景気は2015年7~9月に下げ止まりも金融緩和効果発現と不動産投資の底打ち・緩やかな回復に期待サマリー◆2015年1月~5月の固定資産投資は前年同期比11.4%増と、1月~4月の同12.0%増から一段と減速し、輸出も5月まで3ヵ月連続で前年割れとなるなど冴えない状況が続いている。◆大和総研は、中国の景気は7月~9月にも下げ止まると見ているが、その後の回復力は強くないであろう。◆地方政府融資平台(

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか? ここから本文です日本経済見通し:日経平均2万円台回復をどう評価するか?日本経済は緩やかな回復を続ける見通しリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 山口 晃 サマリー◆:日経平均株価が2015年4月22日に終値で2万円の大台を回復した。マクロ経済の視点から、今回の株価上昇局面をどう評価すればよいのだろうか?日本の住宅・不動産市場に「バブル」的な過

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月貿易統計 ここから本文です5月貿易統計回復・拡大傾向が一服サマリー◆2015年5月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と9ヶ月連続の増加となった。しかし増加率は前月(同+8.0%)から大きく低下しており、市場コンセンサス(同+3.0%)を下回った。輸入金額は同▲8.7%と5ヶ月連続の減少となったが、5月には赤字になりやすい季節性もあり貿易収支は▲2,160億円と、2ヶ月連続の赤字であった。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見ると、輸出数量が前年比▲

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測大企業非製造業での業況感の改善が続くサマリー◆7月1日に公表予定の2015年6月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は11%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は22%pt(同:+3pt)を予想する。◆製造業では加工・素材業種を問わず、業況感の小幅な悪化が見込まれる。これまで企業収益の改善に大きく寄与してきた輸出が足踏みしていることが業況判断を押し下げた。製

2015年6月11日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ヨーロッパの産業についてのレポートです。

みずほ産業調査 Vol.50 欧州の競争力の源泉を探る ?今、課題と向き合う欧州から学ぶべきことは何か?

みずほ産業調査 Vol.50書誌情報特集:欧州の競争力の源泉を探る–今、課題と向き合う欧州から学ぶべきことは何か– 欧州概観 –欧州の「稼ぐ力」を分析するための着眼点– 欧州グローバルトップ企業の競争戦略欧州製造業の競争戦略はじめに化学 –欧州化学産業が示唆する我が国化学産業の成長戦略の方向性鉄鋼 –我が国各社の欧米系自動車用鋼材市場の攻略に向けて医薬品 –グローバル医薬品市場で生き残るために食品 –「標準化」と「現地化」の組み合わせとパートナーシップ戦略重電 –バリューチェーンの現地化とM&A

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年6月号)2015年6月8日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注弱気のコンセンサスを大幅に上回る良好な結果サマリー◆2015年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.8%となり、市場コンセンサス(同▲2.1%)を上回った。前月に内閣府より公表された見通しでは4-6月期に大幅な減少が見込まれていたことから、機械受注の減少を警戒し弱めのコンセンサスとなっていたが、このような予想を良い意味で裏切る良好な結果であったと言える。◆需要者別

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2015年1-3月期GDP二次速報設備投資が緩やかに持ち直し、一次速報から上方修正サマリー◆2015年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+3.9%(前期比+1.0%)と、一次速報(前期比年率+2.4%、前期比+0.6%)から上方修正された。実質GDPが2四半期連続のプラス成長となり、成長ペースも加速したという構図は一次速報から変わらず、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

経営戦略としての「社員の健康」

トップレポート・コラムコンサルティングレポート健康戦略経営戦略としての「社員の健康」 ここから本文です経営戦略としての「社員の健康」健康戦略推進の重要性と労働損失コスト可視化の意義経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 宮内 久美 サマリー◆「健康経営」の注目度が高まっている。企業の健康戦略とは、社員の健康に対する取り組みをコストではなく企業成長のための投資としてとらえる考え方である。その関心の高まりの背景には、生産年齢人口の減少、データヘルス計画の開始や健康経営銘柄選定などの国の施策の

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月消費統計 ここから本文です4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るいサマリー◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに増加し、緩やかな減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆先

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本4月鉱工業生産 ここから本文です4月鉱工業生産一時的な踊り場入りを示唆する内容サマリー◆2015年4月の生産指数は、前月比+1.0%と3ヶ月ぶりの上昇となった。前月時点での予測調査(同+2.1%)に比べれば下振れしたものの、市場コンセンサス(同+1.0%)どおりの着地である。◆今回の結果は、2014年8月を底とした緩やかな生産の増加傾向を確認させるものであり、今後も緩やかな回復基調が継続するとの判断に変更はない。ただし回復基調はあくまで緩やかであり、予測調査から

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

景気底割れ回避に腐心する中国

トップレポート・コラム経済分析日本景気底割れ回避に腐心する中国 ここから本文です景気底割れ回避に腐心する中国サマリー米国の低調な1-3月期のGDP統計の結果を受け、当社では2015年の米国の実質GDP成長率の見通しを2.8%から2.3%に下方修正した。ただし米国の停滞は一時的なものと予想され、6月の利上げの可能性は低いにせよ、「年内のある時期に利上げ開始が適当」というイエレンFRB議長の発言からも、FRBが金利正常化に着手するタイミングは徐々に近づいている。一方、1-3月期に6年ぶりの低成長とな

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0ビジネス

変化の激しい時代に求められる「経営者」

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画変化の激しい時代に求められる「経営者」 ここから本文です変化の激しい時代に求められる「経営者」サステナブル経営に求められる「経営者」の資質サマリー◆大和総研が先日実施した「第一回企業価値創造に関するトップマネジメント意識調査」によると、これからの経営トップに求められる資質として、「先見性」、「リーダーシップ」、「環境変化対応」、「戦略的思考」という回答が上位を占めた。◆本稿では、これら経営トップに求められる資質が「日本特有のもの

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 反動増は起きているが

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 反動増は起きているが ここから本文です米国経済見通し 反動増は起きているが悪天候などの一時的要因からの回復はまちまちサマリー◆4月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、想定通り、事実上のゼロ金利政策が維持された。声明文と同会合の議事録からは、FOMC参加者は、1-3月期の経済の軟調さを認め、先行きの不透明感が増したことを懸念している。◆FOMC議事録では、やや長期的なドル高や原油安の影響について、輸出が抑制されることや、エネルギー関連産業での投資

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景気底割れ回避に必死の下支え

トップレポート・コラム経済分析中国中国:景気底割れ回避に必死の下支え ここから本文です中国:景気底割れ回避に必死の下支えサマリー◆2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、6年ぶりの低い伸びとなったが、これはあくまでも平均である。地方別には遼寧省同1.9%、山西省同2.5%など重工業依存度や資源・素材依存度の高い一部地方の景気は失速といえる状況に落ち込んでいる。◆その後も中国の景気は一段と減速している。2015年1月~4月の固定資産投資は前年同期比12.0%増と、1月~3月の

2015年5月20日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

開成・灘卒業生にみる「社会リーダー」になるための条件 社会リーダーを育てるために

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所開成・灘卒業生にみる「社会リーダー」になるための条件 第7回 社会リーダーを育てるために 2015年05月19日 本連載コラムの新しさはどこにあったのか本連載コラムでは、開成・灘卒業生を対象に実施した質問紙調査データを用いて、リーダーについて考えてきた。その試みのどこに目新しさがあったのか。一通りの分析を終えたいま、改めて説明すれば、次の2つを強調することができる。第一は、超進学校卒業生に実施した質問紙調査という「データのオリジナリ

2015年5月18日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本3月機械受注 ここから本文です3月機械受注足下は堅調も、先行きには警戒が必要サマリー◆2015年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同+1.5%)を上回った。機械受注の増加傾向が続いていることを確認する良好な結果であった。ただし、4-6月期見通しでは、急減が見込まれており、先行きには不安の残る内容である。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.3%と3ヶ月ぶりに増加し

2015年5月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年5月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年5月号)2015年5月11日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット ここから本文です新興国マンスリー(2015年5月)ドル高収束が新興国にもたらすメリット~歓迎すべき欧州金利の上昇~サマリー◆ユーロ圏を中心に長期金利の上昇が目立っているが、デフレ懸念にベットした極端な金利低下の反動に他ならず、マイナス金利が跋扈する異常事態が解消、少なくとも緩和に向かうのは喜ばしいことである。オーバーキルで景気回復が阻害されるとか、そういう懸念を要する状況ではない。◆また、

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

英国総選挙が終了、Brexitに一歩近づく

トップレポート・コラム経済分析欧州英国総選挙が終了、Brexitに一歩近づく ここから本文です英国総選挙が終了、Brexitに一歩近づく2015年総選挙の結果、保守党勝利のサプライズロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆2015年5月7日、英国では5年に一度の総選挙が実施された。8日午後に発表された最終結果によると、キャメロン首相率いる保守党が、過半数を上回る331議席を確保し第1党の座を守った。この結果、事前の予想では、ハングパーラメント(“宙吊り国

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想 ここから本文です2015年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+1.4%を予想耐久消費財の減少を主因に個人消費が伸び悩みサマリー◆2015年1-3月期のGDP一次速報(2015年5月20日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+1.4%(前期比+0.4%)と、2四半期連続のプラス成長を予想する。ただし、個人消費が減速するなか、民間在庫品増加がGDP全体の押し上げ要因となっており、力強さに欠け

2015年4月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注前月比減少も市場コンセンサスを上回るサマリー◆2015年2月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.4%となったものの、市場コンセンサス(同▲2.2%)を上回った。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+0.9%と2ヶ月ぶりに増加した。企業収益の改善を背景に緩やかな増加傾向での推移が続いている。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲3.6%と4ヶ月ぶりに減少した。ただ

2015年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年4月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年4月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年4月号)2015年4月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に

2015年4月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年4月)アジアインフラ投資銀行への期待

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2015年4月)アジアインフラ投資銀行への期待 ここから本文です新興国マンスリー(2015年4月)アジアインフラ投資銀行への期待~外からの牽制よりも内からの変革~サマリー◆英国をはじめとした欧州勢のアジアインフラ投資銀行(AIIB)への出資表明の意義は大きい。英独仏伊の名目GDP合計は中国のそれを上回っており、当初中国が過半を握ると見られていた出資比率、議決権シェアが大きく変わる可能性が出てきた。その結果、米国や日本が問題視するAIIBのガバ

2015年3月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年2月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産コンセンサス比下振れ、計画は一進一退サマリー◆2015年2月の生産指数は、前月比▲3.4%と3ヶ月ぶりの低下となった。ヘッドラインは市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回り、内訳を見ても幅広い業種で生産が減少するネガティブな内容であった。◆生産と連動性の高い輸出数量は、中華圏の春節の影響により1月に大幅に増加した後、2月に急減しており、こうした動きが生産動向にも影響を与えたとみられる。ただし、生産指数の3ヶ月移動平均

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費統計 ここから本文です2月消費統計春物商材、外食の堅調さを確認サマリー◆2015年2月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.8%と増加した。ただし振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲1.4%と減少した。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、2月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.7%と5ヶ月ぶりに増加した。内訳を見ると、「各種商品小売業」(同+4.0%)、「織物・衣服・身

2015年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計春節が輸出を押し下げサマリー◆2015年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と6ヶ月連続の増加となったものの、増加幅は前月(同+17.0%)から大きく縮小する結果となった。季節調整値で見た輸出金額も前月比▲7.0%と9ヶ月ぶりの減少となり、これまで続いてきた増加基調が足踏みした形である。◆ただし、1月の輸出の急増および、2月の減少は中華圏における春節が影響しているとみられる(中国向け輸出金額は1月:前年比+20

2015年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年3月号)2015年3月9日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に

2015年3月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注前月比減少も持ち直しの動きは継続サマリー◆2015年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲1.7%となったものの、市場コンセンサス(同▲4.0%)は上回った。前月の増加幅に比べると、減少幅は限定的であり、均してみると機械受注は持ち直しの動きを続けている。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比▲11.3%と2ヶ月ぶりに減少した。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、2ヶ月

2015年3月9日NTTレゾナント★フィードバック数:0ライフスタイル

病気とQ&Aサイトです。

病気に関するQ&Aサービスの利用状況についてのアンケート調査

病気に関するQ&Aサービスの利用状況についてのアンケート調査 結果発表 ~30代女性の約3割は病気の悩みを相談できる相手が誰もいない! 病気の悩みは1人で抱えず、インターネットQ&Aサービスを利用してみよう~ 2015年3月9日報道発表資料NTTレゾナント株式会社病気に関するQ&Aサービスの利用状況についてのアンケート調査結果発表 ~30代女性の約3割は病気の悩みを相談できる相手が誰もいない!病気の悩みは1人で抱えず、インターネットQ&Aサービスを利用してみよう~ ポータルサイト「goo」を運営

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP二次速報 ここから本文です2014年10-12月期GDP二次速報設備、在庫の下振れでコンセンサスを下回るサマリー◆2014年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.5%(前期比+0.4%)と、一次速報(前期比年率+2.2%、前期比+0.6%)から下方修正された。一次速報からはほぼ修正されないと見込んでいた市場コンセンサス(前期比年率+2.2%)と比べ下振れしたことに加えて、設備投資が減少に転じるなど、内容として

2015年3月2日大和総研★フィードバック数:0エンタテインメント

確率です。

宝くじは「連番」と「バラ」どっちがお得?

トップレポート・コラムコラム宝くじは「連番」と「バラ」どっちがお得? ここから本文です宝くじは「連番」と「バラ」どっちがお得?考えれば考えるほど買いたくなる不思議現在発売中のグリーンジャンボ宝くじは、グリーンジャンボ史上最高額となる1等と前後賞合わせて6億円が当たる可能性がある。2010年のグリーンジャンボは1等・前後賞で2億円だったと考えると、最高当せん金額は5年前と比べて3倍になっている(図表1)。ジャンボ宝くじなどは、特定の規則に従った10枚のくじが入っている「連番」と「バラ」というセット

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月雇用統計 ここから本文です1月雇用統計失業率は悪化も、内容は悪くないサマリー◆労働力調査によると、2015年1月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.2%pt上昇し3.6%となった。雇用者数は、前月差▲3万人と2ヶ月ぶりに減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲2万人と2ヶ月ぶりの減少であった。単月では悪化した形だが雇用者数・就業者数は前月大幅に増加しており、均してみれば雇用の拡大傾向が続いている。◆一般職業紹介状況によると、2015年

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本1月全国消費者物価 ここから本文です1月全国消費者物価コアCPIの前年比ゼロが視界入りサマリー◆2015年1月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.2%と、市場コンセンサス(同+2.3%)を小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、エネルギーのプラス寄与縮小が続いたことで、前年比+0.2%と前月(同+0.5%)から上昇幅が縮小した。コアCPIの水準は引き続き概ね横ばいで推移していると評価できる一方で、前

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本1月鉱工業生産 ここから本文です1月鉱工業生産足下は堅調、計画は慎重サマリー◆2015年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。ヘッドラインが市場コンセンサス(同+2.7%)を上回る高い伸びとなったことに加えて、内訳を見ても幅広い業種で生産が増加するポジティブな内容であった。生産指数の3ヶ月移動平均値は前月比+1.4%と5ヶ月連続の上昇、上昇幅は前月から拡大しており、2014年8月を底に持ち直しの動きが続いてきた生産は着実に増加基調に向かっ

CCS(二酸化炭素の回収と貯留)の現状と展望

最新オリジナルコラム・論文・イベント開催報告 ON THE MEDIA 雑誌、新聞等に掲載された研究員のコラム・記事など 所在地〒100-6511東京都千代田区丸の内1-5-1(新丸ビル11F) 本サイトに掲載された論文・コラムなどの記事の内容や意見は執筆者個人の見解であり、当研究所またはそのスポンサーの見解を示すものではありません。©The Canon Institute for Global Studies.

2015年2月11日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

ジュニアNISAの創設と投資限度額の拡大

トップレポート・コラム法律・制度税制ジュニアNISAの創設と投資限度額の拡大 ここから本文ですジュニアNISAの創設と投資限度額の拡大平成27年度税制改正大綱各論①~NISA関連サマリー◆2014年12月30日、自由民主党・公明党は「平成27年度税制改正大綱」(以下、大綱)を発表した。本稿は、大綱のうちNISA関連について解説する。◆大綱では、0歳から19歳の未成年者が口座開設できる「未成年者口座」(ジュニアNISA)を創設をすることとした。ジュニアNISAにおける年間投資限度額は80万円で、N

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

今後10年の世界経済

トップレポート・コラム経済分析経済予測今後10年の世界経済 ここから本文です今後10年の世界経済日本経済中期予測(2015年2月)1章サマリー◆今後10年間(2015~24年)の世界経済の平均成長率は3.3%と予測する。◆米国経済は今後10年間で平均2.4%と見込む一方、欧州経済は1.3%にとどまる。◆Fedは2015年Q4から利上げを開始し、引き締めペースは従来よりも緩やかになろう。ただ、日欧の金融緩和が継続している状況下、Fedの政策変更がもたらす影響は増幅される可能性がある。◆デフレ懸念に

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2015年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2015年2月)解説資料デフレ脱却と財政再建、時間との戦いサマリー今後10年の世界経済 p.3(近藤)今後10年の日本経済 p.13(小林)財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは p.29(溝端) このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ