調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コラム入門

「コラム入門」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第6回 ここから本文です水素社会の兆し 第6回地域に広がる水素社会サマリー◆家計に占めるエネルギー支出は、東京や大阪などの大都市部と比較して、地方の負担額がより大きい傾向にある。地域間のエネルギー支出における格差の要因は、灯油とガソリンに係る費用が大きく、特に寒冷地で顕著となっている。将来、水素を日本の主要なエネルギーと位置づける場合、水素が灯油やガソリンなどの代替となり得るかという点もポイントになると考えられる。水素供給イ

2014年7月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第3回 ここから本文です水素社会の兆し 第3回燃料電池自動車のある社会サマリー◆車社会の到来で、ヒトの移動とモノの運搬が広範囲に行われるようになったが、自動車なしでは生活が成り立たない地域を生み出すことにもなった。日本において自動車産業は重要な産業となったが、車社会では環境破壊・エネルギー安全保障問題・地球温暖化などの課題も発生した。◆家族構成・年代・居住地域などによって自動車に求めるものに差異がある。今後の高齢化進展やIC

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

拡大しつつ変容するアメリカ人

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!拡大しつつ変容するアメリカ人 ここから本文です拡大しつつ変容するアメリカ人アメリカ経済を知る! 第14回(最終回) 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー1950年に約1億5,200万人であったアメリカの人口は増加が続き、2010年の国勢調査によると、約3億900万人となっています。この人口は世界第3位で、世界の5%程度に相当します。PRB(Population Reference Bureau)は、「アメリカ

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISANISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す- ここから本文ですNISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-なるほどNISA 第8回(後編)サマリー安定的なリターンを得るための運用手法としては、時間分散・銘柄分散を行うことが有効です。NISAの商品性は時間分散・銘柄分散による運用に適しています。今回は時間分散・銘柄分散による投資手法を解説します。このコンテンツの著作権は、株式会社大

2014年6月23日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISANISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に- ここから本文ですNISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-なるほどNISA 第8回(前編)サマリー高齢化に伴う社会保障費の増大や財政赤字の解消の必要性を考えると、今後も社会保障制度を持続していくためには、消費税率のさらなる引き上げや年金支給額の引き下げなどが必要と考えられます。こうした負担を踏まえると、これから社会に出ようとする若者は、親や祖父

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第1回 ここから本文です水素社会の兆し 第1回水素社会への期待サマリー◆化石燃料の消費には限界が懸念され、地球環境への影響がさらに深刻になることも危惧されている。エネルギーのS+3E実現に向けた取り組みの一つに水素の有効活用がある。4月に公表されたエネルギー基本計画には、安定供給と地球温暖化対策に資する水素の有効活用が盛り込まれ、水素社会実現に向けた動きが活発になっている。◆欧米でも、水素社会実現に向けた産官学連携の組織が立

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門なるほどNISA政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄- ここから本文です政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編)サマリー近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。

2014年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

連邦政府の財政の概要

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!連邦政府の財政の概要 ここから本文です連邦政府の財政の概要アメリカ経済を知る! 第13回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー第11回では大統領制と連邦議会について、第12回では三大教書について説明をしてきました。今回は、連邦政府の財政の概要を見ていきます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、

2014年5月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第2回 ここから本文です社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第2回海外のSRI市場サマリー欧米では、機関投資家を中心にSRI市場が拡大しているのに対し、日本におけるSRIは個人向けの商品が中心であり、機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず世界のSRI市場の規模を概観し

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第7回複数の視点で評価する~渋谷区立渋谷本町学園・地中熱ヒートポンプ~サマリー井戸水は一年を通して、ほぼ一定の水温を保っていることから、周りの気温と比べると夏は冷たく冬は暖かく感じます。これと同様に、地中の温度も地上と比べると、夏は冷たく冬は暖かいという差が存在します。こうした下水・河川・地中などの温度差エネルギーや工場などか

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門基礎自治体への期待と不安基礎自治体への期待と不安 第1回 ここから本文です基礎自治体への期待と不安 第1回地方分権改革:国から地方へサマリー日本の地方自治制度は、明治維新の新政府による廃藩置県、戸籍法制定、市制町村制の実施等に始まり、第二次世界大戦後には、新憲法制定に伴い、それまでの中央集権制度を改め、地方の自主性や自立性を高める方向にあるといえよう。しかし、「三割自治」という言葉に象徴されるように、地方自治体の裁量範囲が限られていることや国の関与が引き

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回 余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第4回余剰と時間差の有効活用~東京都・葛西給水所~サマリー水道水は、ダム-河川-浄水場(飲める水になるように処理)-給水所を通って、ビルや家庭などの利用者に届きます。ただし、浄水場や給水所が利用者のいる場所より低い場合は水が自然に流れないため、ポンプを使って圧力をかけて配水・給水を行っています。水力発電は、水の落ちる勢いという

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界との繋がりを示す国際収支統計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!世界との繋がりを示す国際収支統計 ここから本文です世界との繋がりを示す国際収支統計アメリカ経済を知る! 第9回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー国際収支統計とは、一定期間における国の国際取引を記録した統計です。言わば複式簿記のようなものであり、国際収支統計によって、個人や企業、政府機関を含めた、一国と他国との投資や財・サービスの取引が分かります。国際収支統計は、国際通貨基金(IMF:Internation

2013年12月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのか

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのか ここから本文です日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのかおカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第11回サマリー前回は日本と海外の間のおカネの流れについて説明しました。今回は日本・米国・欧州(ユーロ圏)を比べることで、日本のおカネの流れの特徴を解説します。とりわけ、企業にまつわるおカネの流れに焦点を当てたいと思います。このコンテンツの著

2013年12月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

対外資産、負債のレポートです。

世界一の純資産国、日本。その実態は!?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方世界一の純資産国、日本。その実態は!? ここから本文です世界一の純資産国、日本。その実態は!?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第10回サマリー前回、株式を中心としたお金の流れについて紹介しました。今回は、日本と海外の間のお金の流れを資金循環統計などから明らかにしたいと思います。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

株式は誰のもの?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方株式は誰のもの? ここから本文です株式は誰のもの?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第9回サマリー前回、中央銀行(日本銀行)を巡るお金の流れについて説明しました。今回のテーマは「株式」です。普段、日経平均など株価の推移に関する報道を目にすることも多いかと思います。資金循環統計からは、誰がどれだけの株式を保有し、売買しているのか、について知ることができます。なお、資金循環統

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価は経済の体温計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!物価は経済の体温計 ここから本文です物価は経済の体温計アメリカ経済を知る! 第8回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー消費者が購入する商品やサービスの価格は常に変動しており、日常生活と密接な関係があります。たとえば、ガソリンの値段が下がれば、値段が下がったことで余ったお金を他の消費に回すこともできます。企業にとっても、原材料の価格が下がれば生産コストが低下するため収益環境の改善につながります。このように、物

2013年12月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国債保有が膨らむ中央銀行

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国債保有が膨らむ中央銀行 ここから本文です国債保有が膨らむ中央銀行おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第8回サマリー前回、日本の政府が抱える借金、主に国債を中心としたお金の流れについてについて説明しました。今回は、資金循環統計でも特殊な位置づけにある中央銀行(すなわち日本銀行、以下、日銀)を取り巻くお金の流れについて注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰

2013年11月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

経済に循環を生む設備投資

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!経済に循環を生む設備投資 ここから本文です経済に循環を生む設備投資アメリカ経済を知る! 第7回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー企業の生産活動に関係の深い設備投資は、個人消費と同様にアメリカ経済を見る上で非常に重要なポイントです。2012年の実質GDPにおける設備投資の割合は12%程度と大きくありませんが、老朽化した生産設備を更新するため設備投資は循環的な動きを示し、アメリカ経済の景気循環を形成する一つの

2013年11月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国の借金1,000兆円。誰が貸している?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国の借金1,000兆円。誰が貸している? ここから本文です国の借金1,000兆円。誰が貸している?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第7回サマリー前回は企業をテーマとして、お金のやりくりを見ました。今回は政府について見てみることにします。日本の政府の借金は1,000兆円規模となっていますが、このお金は一体どこからきているのでしょうか。このコンテンツの著作権は、株式会社大和

2013年11月22日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門見て、聞いて、ちょっと未来を考える見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回 ここから本文です見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第1回下水と電力の関係~葛西水再生センター~サマリー下水道は、家庭や工場から排出された汚水を処理することで、快適な生活環境を確保し水質を保全しています。また、雨を速やかに排除して街を浸水させない役割もあります。主な施設は、下水道管、下水道管から汚水を汲み上げるポンプ所、水再生センターの3つです。今回は、東京都江戸川区にある「葛

2013年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業は本当にお金を溜め込んでいるのか

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方企業は本当にお金を溜め込んでいるのか ここから本文です企業は本当にお金を溜め込んでいるのかおカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第6回サマリー前回は銀行がどのような役割を果たしているのか、預金をどのように運用しているのかを説明しました。今回は「企業(民間非金融法人企業)」がテーマです。企業が事業を行う上で、工場を建てたり、従業員を雇ったり、設備を揃えたり、様々な場面でお金が必

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業の景況感を表すISM指数

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!企業の景況感を表すISM指数 ここから本文です企業の景況感を表すISM指数アメリカ経済を知る! 第6回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー企業の景況感を知るための経済指標はいくつかありますが、代表的なものとして、非営利団体の全米供給管理協会(ISM :Institute for Supply Management)が発表するISM指数が挙げられます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著

2013年11月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

銀行はキューピッド!?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方銀行はキューピッド!? ここから本文です銀行はキューピッド!?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第5回サマリー前回は、保険会社を巡るおカネの流れについて説明しました。今回は、銀行の経済での役割と銀行を巡るおカネの流れに注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

代表的な2つの住宅価格指数

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!代表的な2つの住宅価格指数 ここから本文です代表的な2つの住宅価格指数アメリカ経済を知る! 第5回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー住宅は人々にとって一生で最も高額な買い物であり、最大の財産となり得ます。そのため、住宅価格の変動は、住宅を所有している人にとっても、住宅をこれから購入する人にとっても、常に気になるものです。第4回では住宅市場を住宅建設や販売から見ました。そこで、今回は価格面に注目します。この

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

表情が変わる保険会社のお金

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方表情が変わる保険会社のお金 ここから本文です表情が変わる保険会社のお金おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第4回サマリー前回、日本の年金を通じてどのようにおカネが流れているのかということについて説明しました。今回は、保険会社を巡るおカネの流れについて注目します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年金は金融資産ですか?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方年金は金融資産ですか? ここから本文です年金は金融資産ですか?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第3回サマリー前回は「資金循環統計」とはどういうものであり、そこからどのようなことを読みとることができるかについて説明しました。今回は、「年金」という主体に注目します。年金のおカネがどのように流れているのかということと、年金制度と資金循環統計の関係について説明します。このコンテ

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカンドリームを表す住宅市場

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!アメリカンドリームを表す住宅市場 ここから本文ですアメリカンドリームを表す住宅市場アメリカ経済を知る! 第4回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリーアメリカンドリームとは何でしょう?アメリカでは、住宅を所有することもアメリカンドリームの一つと言われてきました。人々にとって住宅は一生で最も高額な買い物であり、最大の財産になり得ます。アメリカ経済においては、2012年の実質GDPに占める住宅投資の割合が3%程度と

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

お金の流れの地図=資金循環統計とは?

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方お金の流れの地図=資金循環統計とは? ここから本文ですお金の流れの地図=資金循環統計とは?おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第2回サマリー前回、「資金循環統計」を用いて、日本の家計が1,600兆円に近い金融資産を持っていて、どのような中身かを紹介しました。これと同時に、家計の金融資産がどこに流れているのかについても簡単に触れました。資金循環統計とは、日本のお金の流れを表し

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

個人消費を動かす消費者マインド アメリカ経済を知る! 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!個人消費を動かす消費者マインド ここから本文です個人消費を動かす消費者マインドアメリカ経済を知る! 第3回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー第1回では、個人消費に影響を与える労働市場の状況を捉えるために、雇用統計の見方について説明しました。今回は、個人消費に影響を与えるもう一つの重要な要因として消費者マインドについて見てみます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案

2013年10月16日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

金融資産についての調査データです。

日本人一人当たり1,250万円の資産?!

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日本人一人当たり1,250万円の資産?! ここから本文です日本人一人当たり1,250万円の資産?!おカネはどこから来てどこに行くのか —資金循環統計の読み方— 第1回サマリーこのシリーズでは、日本のお金の流れをわかりやすく解き明かしていきたいと思います。この際、手掛かりとして資金循環統計という統計を用いていきます。資金循環統計とは何なのかは次回説明しますが、一言でいえば、お金の流れを包括的に表した地

2013年10月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

小売売上から個人消費を見よう

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!小売売上から個人消費を見よう ここから本文です小売売上から個人消費を見ようアメリカ経済を知る! 第2回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリーアメリカのGDPの約7割を占め、経済全体の動向を左右する個人消費の動向は、小売売上高を通じて、ある程度把握することができます。当月の速報値は翌月中旬に発表され、データ公表のタイミングが早いため、特に注目されます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作

2013年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済を知る! 第 1 回 カギ握る雇用統計

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門アメリカ経済を知る!カギ握る雇用統計 ここから本文ですカギ握る雇用統計アメリカ経済を知る! 第1回 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー本連載では、アメリカ経済を見る上で重要な経済指標、政策、社会制度をご紹介することで、アメリカを身近に感じて頂けたら幸いです。グラフなどを用いてわかりやすくお伝えできるよう心がけます。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年8月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第7回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第7回 ここから本文です入門 欧州経済 第7回欧州委員会 経済予測サマリーEUの行政執行機関である欧州委員会は、定期的に“European Economic Forecast”という経済予測を発表しています。これは、欧州委員会の経済・金融総局(Economic and Financial Affairs; ECFIN)が主にEU、ユーロ圏、EU加盟各国について、実質GDP成長率、インフレ率、失業率などの見通しを示したもので、

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第6回 ここから本文です入門 欧州経済 第6回Ifo景況感指数とZEW景況感指数サマリー今回は、ユーロ圏最大の経済規模を持つドイツの景気の先行きをみる上で重要なデータである、Ifo景況感指数(Ifo Business Climate Index)とZEW景況感指数(ZEW Indicator of Economic Sentiment)についてご説明します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、

2013年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第5回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第5回 ここから本文です入門 欧州経済 第5回ECBの欧州危機への対応サマリー欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)は、現在欧州が陥っている「欧州危機」に対して様々な対策を行っています。欧州危機の起源はパリバ・ショックと呼ばれる出来事です。それ以降、ECBは従来の金融政策に加えて、非伝統的な金融政策を導入しています。非伝統的政策とは、金融危機や財政危機によって健全な銀行ですら資金調達が難しくなっ

2013年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第4回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第4回 ここから本文です入門 欧州経済 第4回欧州中央銀行(ECB)とはサマリー欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)とは、単一通貨ユーロを採用しているユーロ圏の金融政策を担う中央銀行のことで、EUの主要機関の一つです。本稿ではECBの概要をご紹介します。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない

2013年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第2回 ここから本文です入門 欧州経済 第2回EUとユーロ圏サマリー皆さんは欧州へ旅行に行った経験があるでしょうか? 日本の旅行者に人気の高い欧州の国々(フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど)では、国が異なっても「ユーロ」という通貨が使用でき、驚いたことはないでしょうか。しかし、例えばユーロスターでパリからロンドンへ移動してみて、「英国ではユーロが使えない!?」と慌てて為替の両替をした経験はないでしょうか?同じ欧州の国々

2013年7月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

みんなの年金について考えよう 第2回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門みんなの年金について考えようみんなの年金について考えよう 第2回 ここから本文ですみんなの年金について考えよう 第2回年金制度の保険料の仕組みサマリー前回は、年金制度の全体イメージを確認する中で、公的年金制度は、賦課方式の仕組みであるため、保険料は年金給付のための大切なお金であるということを説明しました。今回は、その保険料の仕組みについて、もう少し具体的に解説しましょう。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳

2013年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第1回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第1回 ここから本文です入門 欧州経済 第1回EU成立の経緯サマリー欧州連合(European Union;EU)とは、欧州連合条約により設立された地域統合体で、2013年6月現在加盟国は27か国に及んでいます。2012年の名目GDPは米国と同程度で日本の2.8倍、人口は米国の1.6倍で日本の3.9倍の規模を誇ります。これほどまでに多くの国が参加する地域統合は他に類を見ません。欧州の歴史を振り返ってみると、二度の世界大戦をは

2013年6月26日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第7回(最終回) ここから本文です静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)水のこれからサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降

2013年5月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

静かに広がる水のリスク 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第6回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第6回水への取り組みサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、融

2013年5月7日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 第3回 ここから本文です再生可能エネルギーの地産他消に求められる合意形成 第3回考え方の相違点と背景サマリー地域で消費するエネルギーを地域で創る「再生可能エネルギーの地産地消」を目標に掲げる自治体が増えているが、再生可能エネルギー導入には、「コスト」、「規制」、「系統連系」、「合意形成」等の課題がある。中でも、他地域へのエネルギー供給が可能な大規模施設の場合

2013年4月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

水を取り巻く状況の変化についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第5回 水と時の流れ

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第5回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第5回水と時の流れサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、融雪

2013年3月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治

静かに広がる水のリスク 第4回 水の力とふるまい

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第4回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第4回水の力とふるまいサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ