調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コラム経済

「コラム経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注機械受注は1-3月期も増加を続ける見込み。サマリー◆2014年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+13.4%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+7.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても2ヶ月ぶりの増加となっており、前月一時的に減少したものの、機械受注は増加基調にあることが確認された。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+13.4%と

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年3月)ウクライナ危機の敗者はロシア

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年3月)ウクライナ危機の敗者はロシア ここから本文です新興国マンスリー(2014年3月)ウクライナ危機の敗者はロシア~進む「フラジャイル5」の死語化~サマリー◆プーチン政権の本質はポピュリズムにあり、ロシアに「経済よりも政治」を貫く余裕はない。「ウクライナ危機」が「ロシア危機」に転化するリスクは回避しよう。◆「ウクライナ危機」が「ウクライナ危機」に留まる限り、新興国全般へのインパクトは軽微である。むしろ最近は、インド、インドネシアなど

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

「新興国の時代の終わり」再考

トップレポート・コラム経済分析新興国「新興国の時代の終わり」再考 ここから本文です「新興国の時代の終わり」再考~中国の高度成長終焉の含意~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリーリーマン・ショックに至る「新興国ブーム」は中国という資源利用効率の悪い新興大国が高度成長の最終段階を迎える中で起きた特異な事例と捉えるべきであり、その再現は期待しがたい。中国の高度成長が終焉を迎えつつあるのは、人口動態上の必然だからである。ただし、中国における人口構成の成熟化は、同国が集中的にた

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑

トップレポート・コラム経済分析欧州EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑 ここから本文ですEUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆ウクライナではヤヌコビッチ政権が崩壊し、野党トゥルチノフ大統領代行がEU加盟を目指す旨発表しているが、国内での親欧州派・親ロシア派間の対立が続き情勢は依然として不透明である。◆ウクライナ暫定政権がEU加盟を熱望している背景はEU域内の労働市場が開放される点にあると考えられるもの

2014年2月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.2)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.2) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.2)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年2月4日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

すでにシェール革命の恩恵は始まっている

トップレポート・コラム経済分析米国すでにシェール革命の恩恵は始まっている ここから本文ですすでにシェール革命の恩恵は始まっている関連する設備投資や雇用者数は速いペースで増加サマリー◆シェール革命とは、新たな採掘技術の確立により、従来資源が取り出せなかった岩盤から天然ガスや原油などが取り出せるようになったことである。米国内における資源の生産拡大が見込まれる。◆シェールガス・オイルの採掘増によって、燃料の輸出増、輸入減が生じ、すでに貿易赤字額の縮小圧力が強まっている。また、シェール関連とみられる設備

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:安定成長に突入か

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカGDP:安定成長に突入か ここから本文ですアメリカGDP:安定成長に突入か2013年10-12月期の実質GDP成長率は3.2%増サマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率3.2%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。2013年通年では財政の逆風により、2012年から成長率が鈍化した。◆個人消費は、雇用・所得環境の改善や資産価格の上昇により引き続き増加した。また、設備投資は悪天候により下振れ懸念が生じたが、増加ペ

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.1)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.1) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.1)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

トップレポート・コラム経済分析米国これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に ここから本文ですこれからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響サマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油輸入の減少が輸入全体の増加を抑え、貿易収支の赤字幅は縮小した。シェール革命の恩恵が現れ始めたと言えるだろう。◆エネル

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない ここから本文です新興国マンスリー(2014年1月)2014年の新興国:問題はテーパリングではない~先進国の後追い的景気回復へ~サマリー◆近年の新興国経済の停滞の主たる背景となってきたのは、第一に中国の成長鈍化、第二には、新興国の先進国頼み的な経済体質の継続にあった。改めて確認すべきは新興国の成長鈍化は2011年から継続してきたのであり、「テーパリング」騒ぎはせいぜい追加的な悪材料

2013年12月22日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

来年の米国経済についてのレポートです。

2014年の米国経済見通し

トップレポート・コラム経済分析米国2014年の米国経済見通し ここから本文です2014年の米国経済見通し政策不透明感の後退で安定成長ながら上ぶれ余地もサマリー◆2014年の米国経済は、政策不透明感の後退に伴い、民間部門を中心とした2%台後半の安定的な成長を見込む。政策の後押しが得られれば、企業活動が活発化し、雇用、消費、住宅の各部門の自律的な回復ペースが加速して、上ぶれする余地もあるだろう。◆2013年の米国経済は、政治対立と金融政策の不透明感に振り回されつつも、民間部門は底堅く推移した。政治対

2013年12月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.12)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.12) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.12)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月貿易統計 ここから本文です11月貿易統計輸出数量は2ヶ月連続の増加。アジア向け主導で持ち直しサマリー◆2013年11月の貿易統計は、輸出金額が前年比+18.4%と9ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+18.0%)を上回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+11.6%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+6.1%と2ヶ月連続で前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。輸出金額を季節調整値で見ると、前月比▲0.2

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:不透明感低下した米国の金融政策

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:不透明感低下した米国の金融政策 ここから本文ですFOMC:不透明感低下した米国の金融政策資産買い入れ規模(QE3)の縮小開始が決まるサマリー◆12月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3の資産買い入れ規模を、2014年1月から縮小することが決定された。月あたりの購入額が100億ドル減額される。背景は、財政の逆風にもかかわらず、雇用環境や個人消費などの改善が続いたことだと考えられる。◆声明文の現状認識に大きな変更はなく、

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「好循環実現のための経済対策」の評価~2014年度のGDPを0.51%押し上げ

トップレポート・コラム経済分析日本「好循環実現のための経済対策」の評価~2014年度のGDPを0.51%押し上げ ここから本文です「好循環実現のための経済対策」の評価~2014年度のGDPを0.51%押し上げ概ね想定通りの内容。消費税増税の影響は相当程度緩和される見込みサマリー◆2013年12月5日、安倍内閣は「好循環実現のための経済対策」を閣議決定した。事前報道の通り、5兆円を超える大規模なものとなったが、消費税増税による経済への下押し圧力を緩和する事業は半分程度であり、残りの半分は成長戦略の

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか ここから本文です新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか~新興国が株高に乗れないわけは?~サマリー◆米国を中心に先進国の株価が上昇基調にある中、多くの新興国はその流れに乗れていない。これは、金融市場でリスク・オンに転換したにもかかわらず新興国がその恩恵を受けていないのではなく、リスク・オンに転換するに足る世界経済の改善が進んでいないことを意味していよう。◆まず

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

脱アジアが鍵になる中国のFTA

トップレポート・コラム経済分析中国脱アジアが鍵になる中国のFTA ここから本文です脱アジアが鍵になる中国のFTA~TPP参加も一つの戦略に~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国がアジアにおける覇権のリバランスを図っている。中国は、それを再度リバランスすることに焦点を定め、経済大国の米国に対抗すべく日中韓FTAの締結交渉を進めており、その核心は日中経済の結合強化だった。一方で、中国は2013年5月に米国からTPP交渉への参加を打診されており、それに応える形でTPP

2013年11月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.11)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.11) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.11)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月貿易統計 ここから本文です10月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりの増加となったものの、伸び悩みが続くサマリー◆2013年10月の貿易統計は、輸出金額が前年比+18.6%と8ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+16.2%)を上回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+13.6%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+4.4%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。輸出金額を季節調整値で見ると、前月比+1

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策対応の変化

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 政策対応の変化 ここから本文です米国経済見通し 政策対応の変化民主・共和両党の対立点と新しい金融政策が始まるのかサマリー◆オバマケアの一部である保険取引所に不具合が生じ、共和党は攻勢を強める余地ができた。民主党サイドは、地方選で一部勝利を収め、実績作りとしてオバマケアの先送りは避けたいだろう。2014年秋の中間選挙が視野に入りつつあり、年末以降に予定される財政問題の節目に向けて、再び両党の対立が先鋭化する懸念がある。◆イエレン副議長が、次期FRB

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復 ここから本文です欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復ECB、BOEは揃って緩和的な金融政策の長期化を表明サマリー◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったあと、7-9月期も同+0.1%とかろうじてプラス成長となった。7-9月期は内需中心の回復で、外需は貢献しなかったと推測されるが、牽引役のドイツで輸出向け受注が改善してきており、今後は輸出の持ち直しが期待される。一方、ユーロ圏の雇用情勢はいまだ改善

2013年11月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:民需が経済回復の主役

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカGDP:民需が経済回復の主役 ここから本文ですアメリカGDP:民需が経済回復の主役2013年7-9月期の実質GDP成長率は2.8%増サマリー◆2013年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率2.8%増となり、2011年4-6月期から続くプラス成長を維持した。民需の増加率はわずかに低下したものの、引き続き米国経済を押し上げる構図に変わりはない。◆個人消費は、雇用者数の増加ペース、株価の上昇率の鈍化、それに伴う期中における消費者マインドの低下局面により増加

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか ここから本文ですFOMC:QE3の縮小開始決定は大きく先送りか10月の金融政策は現状維持で、2014年6月のQE3縮小決定を見込むサマリー◆10月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で政策変更はなく、資産買い入れ規模は維持された。現行政策を維持する理由も9月のFOMCと変わらず、今後も経済指標と経済見通しに従うとされた。◆声明文も大部分に変更はなく、全体の経済活動は緩やかに拡大していると

2013年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.10)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.10) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.10)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策不透明感VS民間部門

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 政策不透明感VS民間部門 ここから本文です米国経済見通し 政策不透明感VS民間部門自律的回復は続くが、財政問題が長引き繰り返されることは懸念材料サマリー◆10月1日以降、一部の連邦政府機関が閉鎖された。債務上限問題を含め、土壇場で妥協案が成立したため当面の問題は回避され、経済的な影響はネガティブながら軽微なものと考えられよう。ただし、年末年始にかけて、再び話題になる可能性は高い。財政政策の不透明感は続くだろう。◆次期FRB議長にイエレン副議長が指

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済 ここから本文です新興国マンスリー(2013年10月)米国依存型回復に向かう新興国経済~リスク・オフのピークは越えたか~サマリー◆米国経済の回復があって初めてリスク・オフからオンへの転換が実現し、新興国経済の回復の素地が整う。引き続き、新興国は米国頼みの状況だが、米国はリスクの温床でもある。さしあたりの焦点は、米国景気の回復期待に翳りがさしていることである。これがリスク・オンへの転換のハードル

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国都市化の課題

トップレポート・コラム経済分析中国中国都市化の課題 ここから本文です中国都市化の課題サマリー◆2009年末の経済工作会議で、中国政府は初めて‘城市(城鎮)化’(都市化、城は都市を意味する)という用語を使用したが、2012年末の同会議で改めて城市化を新指導体制の重点経済政策のひとつと位置付けた。2020年までを見越した「城鎮化中長期規画(計画)」は2011年に作成が開始されており、今年中の公表が目指されている。そのねらいは言うまでもなく、①消費を拡大し、投資・外需主導の高成長から消費主導の持続的成

2013年9月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

来春の消費税増税後の焦点

トップレポート・コラム経済分析日本来春の消費税増税後の焦点 ここから本文です来春の消費税増税後の焦点逆進性の問題にどう対処すべきかサマリー◆政府は2014年4月の消費税増税を予定通りに実施する方向で最終調整に入った模様である。安倍首相は10月上旬に増税実施の最終判断を行う見込みであるが、法律通りの増税スケジュールが変更される可能性は低い。社会保障制度の持続性を高め、財政健全化を進めるための消費税増税ではあるが、増税である以上は景気の悪化は避けられない。問題は景気がどの程度悪化するかである。201

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 財政政策の話題再び

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 財政政策の話題再び ここから本文です米国経済見通し 財政政策の話題再び底堅いがQE3の規模を維持させた金利上昇と財政問題は懸念材料サマリー◆財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳出の強制削減への対応、債務上限問題などの議論が行われなければならない。シリア情勢など議会で議論すべき課題は多いにもかかわらず、ねじれ議会の下では、課題は山積したままである。◆金利上昇と財政問題の不透明感などを背景に、9月は金融政策に変更はなかった。資産買い入れ

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 景況感改善が道しるべ ここから本文です欧州経済見通し 景況感改善が道しるべユーロ圏では「ドイツとその仲間たち」が先行回復へサマリー◆4-6月期のユーロ圏経済は7四半期ぶりに前期比プラス成長となった。個人消費、政府消費、固定資本形成、輸出が揃ってプラス成長となったことが成長に貢献した。企業と消費者の景況感改善が9月まで続いており、今後も景気回復が継続すると見込むが、7月の鉱工業生産は前月比-1.5%と落ち込み、輸出や小売売上高の持ち直しも遅々として

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.9)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.9) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.9)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意

トップレポート・コラム経済分析中国中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意 ここから本文です中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意サマリー◆国務院は2013年7月以降、バラック地域の住宅補修、省エネ環境保護、情報消費、鉄道、大気汚染防止、高齢者向けサービス、都市インフラなどに関する政策を矢継ぎ早に発表している。しかし、これを以て、中国が投資を牽引役とする力強い景気拡大路線に舵切りを行ったと判断するのは早計である。◆この時期に政策が矢継ぎ早に発表されたのは、中国政府が景気下振れリスク軽減に配

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の可否を検証する

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税の可否を検証する ここから本文です消費税増税の可否を検証する1997年とは大きく異なる経済環境が消費税増税の下地にサマリー◆8月12日に公表された2013年4-6月期GDP一次速報は前期比+2.6%と3四半期連続のプラス成長となった。国内経済が極めて堅調に推移していると判断できる結果であったと言えよう。◆消費税増税1年前の経済が強いことだけで消費税増税の環境が整ったと判断すると、1997年4月の消費税増税も正当化されることになる。しかし、1997年には

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ ここから本文です新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ~アップサイドリスクも~サマリー◆米国の量的金融緩和の巻き戻しは、同国経済の好転という実体的裏づけを伴いながら、数年に亘って行われる。その間、最近見られるリスク・オフが継続するのであれば、いずれ少なからぬ新興国が外貨の流動性危機に見舞われることになろう。しかし一方、米国の景気回復は市場にリスク・オンへの転換を促す要因である。

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期

トップレポート・コラム経済分析米国意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期 ここから本文です意見が分かれ明示的ではないQE3縮小時期7月30~31日開催のFOMC議事録サマリー◆7月30日~31日開催のFOMCでは現行の金融政策が維持され、当該FOMCの議事録が公表された。いわゆるQE3(量的緩和策第3弾)の年内縮小開始はほぼ確定的になったとみられるが、FOMCメンバー内で引き続き意見が分かれ、開始時期は明らかにはならなかった。◆2013年前半の経済情勢の評価は、労働市場の改善などが指摘されたが

2013年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.8)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.8) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.8)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 動き始めた景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 動き始めた景気回復 ここから本文です欧州経済見通し 動き始めた景気回復個人消費が牽引して4-6月期成長率はユーロ圏、英国ともに上振れサマリー◆ユーロ圏の4-6月期GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)と予想を上振れした。内訳は未発表だが、7四半期ぶりのプラス成長には個人消費と政府消費が貢献したと推測される。背景には、失業懸念後退と景気・所得見通し改善を理由とする消費者マインドの持ち直しが存在する。7月の新車登録台数が前年比プラスの伸

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策の逆風が強まるか

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 政策の逆風が強まるか ここから本文です米国経済見通し 政策の逆風が強まるか近づく財政問題論議、QE3 縮小開始、FRB の人事サマリー◆4-6月期の実質GDP速報値は、財政問題の逆風の割に国内の民間需要は堅調だった。当面は緩やかな自律回復の継続が想定されるが、財政問題や、金融政策の今後、FRBの議長や理事人事などは、多くが9月以降に結果が出る予定である。◆議会の夏休みは9月第2週に明ける予定で、財政問題では、10月以降の新たな会計年度の予算、歳出

2013年8月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

改革に火が付いた中国、TPP検討も?

トップレポート・コラム経済分析中国"改革"に火が付いた中国、TPP検討も? ここから本文です"改革"に火が付いた中国、TPP検討も?北京出張を踏まえて中国のFTA戦略を考察するサマリー◆モデレートな成長が続く中国では、政府の“改革熱”が一層加速している。習近平政権となって初めて迎える年末の中央経済工作会議に向け、習・李両首脳の地方視察は熱を増していた。中小企業支援のために金利の自由化や税制改革を並行して行い、社会保障の意味も含め農村部ではインフラ整備(=都市化)は投資関連統計で確認され始めるなど

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ ここから本文ですFOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へQE3終了後のゼロ金利解除時期を見越した市場との対話が始まるサマリー◆7月30日から31日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では現行の金融政策を維持。事実上のゼロ金利政策と、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)の買い入れ規模の継続が決まった。◆声明文では、米国経済の現状評価がやや慎重になった。懸念材料として、これまでの財政問題に加え、住宅ローン

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.7)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.7) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.7)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係 ここから本文です米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係金利上昇後の経済動向の確認と財政論議の必要性サマリー◆FRBの金融政策の先行きが注目されるが、金利上昇後の米国経済がどうなるかの動向確認のほか、財政問題などの政策イベントが控える。10月以降の新たな会計年度の予算、歳出強制削減への対応、債務上限問題などの議論が行われなければならない。◆雇用者数の過去分が上方修正され、量的な拡大ペースは速かったことが確認された。さ

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州:若年失業者の憂慮すべき増加

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州:若年失業者の憂慮すべき増加 ここから本文です欧州:若年失業者の憂慮すべき増加「学校は出たけれど」サマリー◆EUにおける若年失業率は憂慮すべき高さとなっている。2013年6月のEU首脳会議でも若年失業者問題が主要議題として取り上げられ、対策案への合意もみられた。しかし、次世代を担う若者が現実に直面している危機の大きさに比べ、あまりにも小さな対策予算の規模を憂う声もある。◆若年失業率が高い原因として経済の低迷、教育と労働市場のミスマッチ、労働市場の硬直性などが

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の落とし穴?―期待インフレ率と金利の関係

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の落とし穴?—期待インフレ率と金利の関係 ここから本文です「異次元緩和」の落とし穴?—期待インフレ率と金利の関係QE3縮小の動きに伴い、期待インフレ率の上昇は名目金利の上昇要因にサマリー◆期待インフレ率と金利の関係が注目されている。日本銀行は、名目金利の低下と、期待インフレ率の上昇という、相反する目標を目指しており、両立は不可能であると指摘する声がある。一方で、期待インフレ率の上昇が、実質金利の低下につながることで、実体経済を押し上げるという意見も

2013年6月24日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:目先の成長よりも構造改革を優先

トップレポート・コラム経済分析中国中国:目先の成長よりも構造改革を優先 ここから本文です中国:目先の成長よりも構造改革を優先中国出張報告サマリー◆6月第1週に、中国の北京・天津で現地の政府系シンクタンクや日系企業などを訪問する機会を得た。以下ではそこで得られた知見を踏まえ、中国経済の現状と政府の対応、そして今後の見通しについて報告する。◆習近平総書記が打ち出した倹約令が消費にもたらす影響について、現地のヒアリングでは、地方政府が開催する投資プロジェクトの説明会後に設けられていた宴席がなくなった話

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2013.6)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.6) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.6)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年6月21日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:ネット市場が示唆する成長余力

トップレポート・コラム経済分析中国中国:ネット市場が示唆する成長余力 ここから本文です中国:ネット市場が示唆する成長余力等身大の経済活動が導く消費市場の多様化サマリー◆2013年前半の中国の景気は回復の足取りが重い状態が続いている。しかしながら、これは等身大の成長へと調整したい習近平新政権の思惑も含まれており、一段と老朽化した設備の廃棄を指示したり、投資依存型の成長を反省し、投資を厳選したりするなど、成長の鈍化を容認する姿勢を見せている。消費では新政権の意向で倹約令が出され、地方政府の高級官僚御

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半 ここから本文です米国経済見通し 消費と住宅が支える年後半政策論議は秋以降に本格化も不透明感払拭は困難かサマリー◆6月開催のFOMCでは現行の金融政策は維持されたが、バーナンキ議長によって、いわゆるQE3による資産買い入れ規模の縮小が2013年後半から始まる可能性が指摘された。やや楽観的な見通しに基づいており、経済環境次第では再考を迫られる可能性もある。◆雇用環境は緩やかな改善が続き、財政緊縮の逆風にもかかわらず個人消費も

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC:QE3は年後半から縮小か

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3は年後半から縮小か ここから本文ですFOMC:QE3は年後半から縮小か2013年12月会合での縮小決定を見込むサマリー◆2013年4回目のFOMCが実施され、政策金利を「異例の低水準」とする事実上のゼロ金利政策と、いわゆる「QE3(量的緩和第3弾)」が継続された。◆米国経済は引き続き緩やかな改善ペースを維持しており、FOMCメンバーの雇用の見通しが上方修正された。FOMCメンバーによる利上げ見通しでは開始時期を2015年とする者が増え、一層の意見

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏 ここから本文です欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏英国では住宅販売業者の景況判断が一段と改善サマリー◆ユーロ圏経済は2013年1-3月期まで6四半期連続で前期比マイナス成長となり、特に最近2四半期は輸出と投資の落ち込みが目立った。ただ、月次統計では2月以降、輸出と生産に持ち直しの動きが出てきている。中国などエマージング諸国の景気回復の足取りは鈍いが、米国経済は堅調で、世界経済も徐々に回復してくると見込まれる。ユーロ圏経

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ