調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コラム経済

「コラム経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる ここから本文です新興国マンスリー(2013年2月)景気回復の確度が高まる~ただし投資主導には時間が必要か~サマリー◆世界の各所で景況感の改善が続いており、経済の先行きにかかわる不確実性の低下が、投資などの需要を刺激する効果も期待できる局面に入っている。米中の景気の明るさが増していることが大きいが、中でも米国では生産や消費ではなく、上下サイクルの長い住宅市場が改善していることが景況感を支えている。◆欧州で

2013年2月5日大和総研フィードバック数:4社会/政治

転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響 ここから本文です転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響円安だけでインフレ目標を達成することは困難サマリー◆日銀は「物価安定の目標」を導入したが、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。とはいえ、政府との共同声明が発表され、「当面は1%」という目途が明示されなくなったという点で一つの転換点であることも事実である。◆実物経済と金融が表裏一体であることを考えれば、政府にも同等の責任があり、政府がデフレ問題の責

2013年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

欧州経済アップデート(2013.1)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2013.1) ここから本文です欧州経済アップデート(2013.1)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2013年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

米国経済見通し 続く財政問題の不透明感

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 続く財政問題の不透明感 ここから本文です米国経済見通し 続く財政問題の不透明感雇用環境の改善は道半ばサマリー◆いわゆる「財政の崖」は、急激な財政緊縮という意味では、2013年初に回避された。だが、2月末にかけて先送りされた歳出の強制一律削減と連邦債務の上限引き上げ、さらに2013会計年度の予算などの財政に絡んだ論点がなおも存在する。◆中長期的な財政再建の方針も明確ではなく、「崖」回避に際して一部増税が行われたが歳出削減は手つかずに近い。こうした議

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆し ここから本文です欧州経済見通し 厳冬から見えた春の兆しユーロ圏企業景況感は2か月連続で改善サマリー◆ユーロ圏経済は2012年10-12月期に大きく冷え込んだと推測される。中国向けなどの輸出が失速したことを受け、企業が在庫調整のために生産を落としたとみられる。ただ企業景況感は11月に続き、12月も改善した。米国の景気が緩やかながら拡大していることに加え、中国も景気改善へ転換点を迎えたとみられることが、景況感改善を後押ししてい

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済 ここから本文です新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~サマリー◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減していることも大きいが、先進国の金融緩和強化の波及効果が、新興国の景気回復に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

特集データ

お知らせ