調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コラム金融資本

「コラム金融資本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貸出支援基金の現状と今後

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達貸出支援基金の現状と今後 ここから本文です貸出支援基金の現状と今後順調に増加する貸付残高、再延長・拡充はあり得るかサマリー◆2015年1月、日本銀行の金融政策決定会合で貸出支援基金の延長・拡充が決定した。具体的な内容は、①2015年3月31日に設定されていた新規貸付の受付最終期日を1年延長すること(それに伴い基金の廃止日等も1年延長)、②対象金融機関毎の上限を1兆円から2兆円へ、貸付残高の上限を7兆円から10兆円にそれぞれ引き上げるこ

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

観光立国と日本の「稼ぐ力」(1)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資観光立国と日本の「稼ぐ力」① ここから本文です観光立国と日本の「稼ぐ力」①訪日外国人旅行拡大の動きサマリー◆2013年の訪日外国人旅行者数は、前年から約200万人増加して1,000万人を突破した。訪日旅行の拡大により、旅行収支にも大幅な改善がみられており、観光立国の実現により日本の「稼ぐ力」が高まることが期待される。◆前年からの増加率は、タイ、香港、台湾、マレーシア、シンガポールなどのアジアの国・地域で高くなっている。これらの国・地域では、観光・レ

2014年7月29日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済の面から温暖化を見ています。

地球規模の経済リスクとしての気候変動問題

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs地球規模の経済リスクとしての気候変動問題 ここから本文です地球規模の経済リスクとしての気候変動問題緩和(CO2削減)だけでは不十分。異常気象への「適応」が急務。サマリー◆世界の環境問題を考えるうえで、気候変動は今や世界的な課題となり、緩和(低炭素化)と適応(異常気象への対応)の両面の対応が求められている。しかし日本ではエコカーやスマートシティなど低炭素化は注目されているが、適応策はほとんど議論されない。◆科学的には2100年までに世界の地

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

取引時間拡大で市場の厚みは増すか

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達取引時間拡大で市場の厚みは増すか ここから本文です取引時間拡大で市場の厚みは増すか質の高い資本市場構築の観点からは慎重な検討必要大和総研 顧問 岡野 進調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 サマリー◆東京証券取引所は、2014年2月に「現物市場の取引時間拡大に向けた研究会」を設置し、夜間取引や夕方取引など取引時間拡大に係る論点整理に取り組んでいる。◆取引時間拡大は、取引所の機能拡充策としてわかりやすいのは確

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ESG投資

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGsESG投資 ここから本文ですESG投資~倫理としてのSRIから企業価値評価の手段として~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリー環境や社会的な取り組みを投資の判断基準に加えたESG投資の世界市場は2012年で13.6兆ドル、運用金融資産の22%に上っている。市場拡大を支えているのは主に欧米の公的年金である。彼らは、気候変動などの地球環境問題の深刻化などから、投資の際に企業の財務的側面に加えて環境や労働人権などの取

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

貯蓄から投資へ 実現のために企業が果たすべき役割

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達" 貯蓄から投資へ" 実現のために企業が果たすべき役割 ここから本文です" 貯蓄から投資へ" 実現のために企業が果たすべき役割『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー“ 貯蓄から投資へ” は、個人金融資産を預貯金からリスク性資産へシフトさせ、日本の持続的な経済成長のために有効活用しようとする試みである。“ 貯蓄から投資へ” が実現するための経路の一つに“ 企業の成長期待”・“ リスク資産の期待収益率向上” が

2014年2月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

企業活動の分析です。

拡大する企業の「投資」

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達拡大する企業の「投資」 ここから本文です拡大する企業の「投資」企業の投資有価証券に対する支出が堅調、ネットで設備投資を上回るサマリー◆大企業のバランスシートに占める投資有価証券の割合が上昇している。上場企業のキャッシュ・フロー計算書を集計したところ、近年、投資有価証券の取得に伴う支出が高水準で推移していることが確認された。◆投資有価証券は企業が政策的に保有する有価証券を指すが、これが増加している主因は、海外子会社・関連会社の設立(取得

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へ ここから本文です先進国向け与信は回復、新興国向け与信は選別へBIS報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年9月末の国際与信残高は25兆4,308億ドルと前期差+4,089億ドル(前期比+1.6%)で4四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)からみると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀、米銀共に与信残高を増加させた。最も大きく増加したのは欧州の銀行である。◆与信受入側では、前期に比

2014年1月8日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

公的機関の株式保有動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体公的機関の株式保有動向 ここから本文です公的機関の株式保有動向日本銀行が売却開始を2年延長、見えなくなった出口戦略サマリー◆日本株式を保有している公的機関として、日本銀行、銀行等保有株式取得機構、預金保険機構の3つが挙げられる。株式の保有は期限付きであり、3法人とも将来的には全て処分することを予定している。◆株式市場への影響を考慮し、3法人は2008年10月に株式の市中(取引所市場)売却を凍結している。日本銀行は2014年3月末まで売却凍結

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資本流入と資本規制

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達資本流入と資本規制 ここから本文です資本流入と資本規制~ASEAN主要国のケース~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリーアジア通貨危機以降、ASEAN4の金融資本市場は大きく発展し、資本流入規模も拡大した。アジア通貨危機前、リーマン・ショック前・後で比べると、徐々に資本流入規模が拡大し、リーマン・ショック後が最も多くなった。リーマン・ショック後で最も多いのが証券投資であった。国別ではEUと米国からの株式投資

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと家計資産

トップレポート・コラム金融資本市場分析資産運用・投資主体アベノミクスと家計資産 ここから本文ですアベノミクスと家計資産~「貯蓄から投資」の実現メカニズムを考える~『大和総研調査季報』 2013年夏季号(Vol.11)掲載調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー「アベノミクス」への期待から、家計の金融資産に変化の兆しが現れている。これまで「貯蓄から投資」が進まなかった背景には、「期待収益率の低迷」「所得環

2013年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み ここから本文ですASEAN銀行セクターの自由化・統合の取組み道のりは長いが、後発ASEAN の銀行セクター発展には必要な取組みサマリー◆ASEAN は経済共同体構築の一つの取組みとして、銀行セクターの自由化・統合の取組み(各国の規制の緩和・調和化等)を計画・実施している。◆周知のように、ASEAN は経済発展度合い、産業構造が多様であるため、金融セクターの発展度合いも一様ではない。共通の特

2013年6月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

英国のエンジェル税制導入の効果

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達英国のエンジェル税制導入の効果 ここから本文です英国のエンジェル税制導入の効果日本においてもエンジェル投資促進の議論をサマリー◆エクイティ型クラウド・ファンディングの活用が進む英国であるが、個人投資家が起業段階のベンチャー企業への投資を支える仕組みとして、エンジェル税制が整備されている。◆英国はエンジェル税制の導入によって、投資家の裾野が広げられた可能性がある。◆日本においても投資額にほぼ相当する金額が所得控除できるなどのエンジェル税

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2012年度の企業の資金調達動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達2012年度の企業の資金調達動向 ここから本文です2012年度の企業の資金調達動向全体的には低迷するも、医療・福祉業など成長分野の資金需要は旺盛サマリー◆2012年度の企業部門における資金調達は、銀行借入やCPの発行などによる調達には増加がみられたものの、増資や社債発行など資本市場を通じた資金調達は低調であった。また、銀行借入の増加も一部大企業が銀行から支援を受けた影響が大きいことから、企業活動が活発化したことに伴う資金需要の増加とは

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4 ここから本文ですベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.42000年代:産業構造・社会制度の転換期サマリー◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第4回では、米国並みのベンチャー振興策が整備された20

2013年3月8日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.3

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.3 ここから本文ですベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.31990年代:金融ビッグバン、ベンチャー振興へアクセル全開サマリー◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第3回では、ベンチャー振興が飛躍的に

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中小企業金融のリスク偏在を考える

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達中小企業金融のリスク偏在を考える ここから本文です中小企業金融のリスク偏在を考える『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリー中小企業の資本構成は過去30年で大きく変化している。企業間信用の割合が減少し、自己資本の割合が増加している。金融機関からの借入も、長期の割合が増えている。とはいえ、中小企業の資金調達手段および調達先は大企業と比べれば限られている。そのため、1990年代後半および2000年代後半の金融危機の際

2013年2月13日大和総研★フィードバック数:3ビジネス

1970年代以降の日本のベンチャー振興の振り返りです。

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.1

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.1 ここから本文ですベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.11970年代:経済成長にはベンチャー企業が必要と気づくサマリー◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第1回では、日本においてベンチャー振興策

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ