「コラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2015年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2015年2月)解説資料デフレ脱却と財政再建、時間との戦いサマリー今後10年の世界経済 p.3(近藤)今後10年の日本経済 p.13(小林)財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは p.29(溝端) このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わな

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計雇用環境が大幅な改善サマリー◆労働力調査によると、2014年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下の3.4%となった。雇用者数は、前月差+49万人と3ヶ月ぶりに増加し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+43万人と3ヶ月ぶりの増加となった。今後、緩やかに景気拡大が続く中、雇用者数・就業者数は、増加基調が続く見込みだ。◆一般職業紹介状況によると、2014年12月の有効求人倍率(季節

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想 ここから本文です2014年10-12月期GDP一次速報予測~前期比年率+3.3%を予想耐久財の持ち直しが個人消費を下支えサマリー◆2014年10-12月期のGDP一次速報(2015年2月16日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+3.3%(前期比+0.8%)と、3四半期ぶりのプラス成長を予想する。◆個人消費は前期比+0.9%と2四半期連続の増加とみている。ボーナスの増加や物価の下落が実質所

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本12月鉱工業生産 ここから本文です12月鉱工業生産持ち直しの動き続く、生産計画も底堅いサマリー◆2014年12月の生産指数は、前月比+1.0%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+1.2%)をわずかに下回った。ただし、生産指数の3ヶ月移動平均値は4ヶ月連続の上昇となっており、生産は持ち直しの動きが続いている。また、製造工業生産予測調査では、前月に引き続き強気の生産計画が示されている点も考慮すれば、非常に底堅い結果であったと判断できる。◆12月の生産指数

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:日本経済は、2014年1月をピークに景気後退局面入りしたとみられるものの、今回の景気後退は極めて短期間で終了した可能性が高い。2015年以降も、日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続する

2015年1月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2015年1月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2015年1月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2015年1月号)ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリーGDP雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害

2015年1月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し失業率は低下

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し失業率は低下 ここから本文です米雇用者数は着実に増加し失業率は低下2014年12月の米雇用統計:賃金は低下したが一部の業種では上昇サマリー◆12月の非農業部門雇用者数は前月から25.2万人増加し、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。失業率は5.6%と前月から0.2%ポイント低下したが、主に労働市場から退出した人が増えたことに因る。◆業種別の雇用動向は、サービス業で主に企業向けサービスと教育・医療で雇用が増

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0ビジネス

円安の波及効果と企業収益に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本円安の波及効果と企業収益に与える影響 ここから本文です円安の波及効果と企業収益に与える影響波及効果を考慮すれば、円安は中小企業にもプラスの効果サマリー◆円安傾向が続いてきたことで、足下では輸入価格の上昇など円安のデメリットに対する懸念が高まっている。本レポートでは、円安が企業収益に与える影響を確認するとともに、その波及経路に着目しつつ、企業規模や産業によって影響がどの程度異なるのかを検証する。◆大企業製造業では輸出金額が輸入金額を上回っているのに対して、中小企業

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0ビジネス

変化の激しい時代における新たなサステナブル経営のあり方

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画変化の激しい時代における新たなサステナブル経営のあり方 ここから本文です変化の激しい時代における新たなサステナブル経営のあり方競争戦略成功のカギとしてのサステナブル経営サマリー◆多面的なステークホルダーを意識した長期志向の経営を目指す「サステナビリティ」は従来、ともすれば本業とは別の活動として、企業による社会貢献あるいは慈善行為的な印象と結び付けられて語られてきた。◆しかし、海外の先進事例を見ると、新たなバリューを生み出すための

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

偽輸出と偽輸入のモグラ叩き

トップレポート・コラム経済分析中国偽輸出と偽輸入のモグラ叩き ここから本文です偽輸出と偽輸入のモグラ叩き今月の視点サマリー2012年11月~2013年4月にかけて、本来ならほぼ同じ動きをするはずの中国の対香港輸出と香港の対中国輸入の差が急拡大した。中国の対香港輸出の一部は「偽輸出」とみられ、輸出を隠れ蓑にホットマネーが香港から中国に大量に流入、主に広東省の不動産購入に向かったと推察される。2013年3月には、「偽輸出」とみなしうる金額が中国の輸出に占める割合は、実に15.3%に達した。同年5月以

2014年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年12月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年12月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年12月号)2014年12月8日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリー実質GDPの推移雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要

2014年12月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本10月機械受注 ここから本文です10月機械受注5ヶ月ぶりの減少も、均せば上向きの動きが続くサマリー◆2014年10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲6.4%となり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回る結果となった。5ヶ月ぶりの減少となったものの、均せば方向感としては上向いており、機械受注は持ち直しの動きを続けているという当社の判断に修正を迫るほどではない。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比▲5.5

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)

トップレポート・コラム法律・制度税制消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版) ここから本文です消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算サマリー◆安倍首相の消費税再増税先送りの発表を受けて、2013年12月に発表した「消費増税等の家計への影響試算」を改訂した。◆消費税率の10%への引き上げ時期が2015年10月から2017年4月に先送りされることで、2016年の家計の実質可処分所得は上方修正されるが、2015年に

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は大幅に増加

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は大幅に増加 ここから本文です米雇用者数は大幅に増加2014年11月の米雇用統計:インフレ率を押し上げるほどではないサマリー◆11月の非農業部門雇用者数は前月から32.1万人増加し、失業率は前月と同じ5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を大幅に上回り、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主に企業向けサービスと小売で雇用が増えた。非耐久財製造業など、これまで雇用が伸

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観予測 ここから本文です12月日銀短観予測大企業製造業、大企業非製造業とも業況感の悪化を見込むサマリー◆12月15日に公表予定の2014年12月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(同:▲1pt)を予想する。◆先行きの業況感は総じて改善を示すとみている。製造業では、「自動車」についてはこれまで業況感を下押ししていた国内新車販売に底入れの動き

2014年12月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年12月)原油価格下落のメリット・デメリット

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年12月)原油価格下落のメリット・デメリット ここから本文です新興国マンスリー(2014年12月)原油価格下落のメリット・デメリット~アジア、米国、EUの景気を後押し~サマリー◆原油価格の下落に拍車がかかっている。それは原油の純輸入国に実質的な減税効果をもたらすが、地域的に見るとそのメリットを一番多く受けるのはアジアである。先進国も総じてメリットが大きい。それは欧州や日本の景気を下支えし、米国の景気回復をより確固としたものとする効果を

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本10月鉱工業生産 ここから本文です10月鉱工業生産実績、見通しとも良好、生産は持ち直しサマリー◆2014年10月の生産指数は、前月比+0.2%と2ヶ月連続の上昇となった。前月からの低下を見込んでいた市場コンセンサス(同▲0.6%)から上振れした形であり、ポジティブな結果であった。製造工業生産予測調査による11月、12月の生産計画についても、いずれも増加を見込む良好な内容であり、2014年初から減少傾向となってきた生産は、持ち直しの動きが見られている。◆10月の生

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費統計 ここから本文です10月消費統計個人消費は持ち直しの動きが続くサマリー◆2014年10月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.9%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+1.3%と増加した。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計を見ると、10月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲1.4%と3ヶ月ぶりに減少した。内訳をみると、「織物・衣服・身の回り品小売業」(同▲8.4%)

2014年11月25日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

各国の移民についてのレポートです。

移民問題グローバルレポート

トップレポート・コラム経済分析日本移民問題グローバルレポート ここから本文です移民問題グローバルレポート受け入れ国、送り出し国、そして日本サマリー本レポートのポイント日本米国ドイツ英国カナダオーストラリアインド中国フィリピン このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論

トップレポート・コラムコラム日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論 ここから本文です日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論下のグラフは、2008年以降の日本、米国、ユーロ圏の実質国内需要の推移を示している。米国の内需は順調に回復し、来年の半ばあたりの利上げが視野に入りつつある。日本はアベノミクスで景気回復が明確になったが、消費税増税で4-6月期の内需が大幅に減少、続く7-9月期もマイナス成長を脱することができなかった。事実上、景気は一時的にせよ後退局面に陥ったことになり、来年10

2014年11月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

地方の人口減少についての調査です。

人口減少時代の地方創生の鍵は雇用創出

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生人口減少時代の地方創生の鍵は雇用創出 ここから本文です人口減少時代の地方創生の鍵は雇用創出サマリー◆政府の人口減少対策の基本理念を示した「まち・ひと・しごと創生法案」など地方創生関連2法案が今国会中に成立する見通しとなった。現在、「まち・ひと・しごと創生本部」において、人口減対策について国や自治体が取り組む「総合戦略」と、50年後を見越した「長期ビジョン」の策定を進めているところである。◆地方の人口減少を考えるにあたって、人口動態を正確に把握

2014年11月13日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本9月機械受注 ここから本文です9月機械受注製造業・非製造業とも堅調な結果サマリー◆2014年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+2.9%となり、市場コンセンサス(同▲1.0%)を大幅に上回る結果となった。4ヶ月連続の増加であり、機械受注は増加傾向となっている。◆需要者別に受注を見ると、製造業は前月比+12.0%と2ヶ月ぶりに増加した。内訳をみても幅広い業種で増加しており、良好な結果であったと言える。非製造業

2014年11月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年11月号)2014年11月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 土屋 貴裕 サマリー実質GDPの推移雇用環境個人消費住宅市場企業動向物価動向輸出入・経常収支金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える ここから本文です米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える2014年10月の米雇用統計:過去分の上方修正で堅調さ維持サマリー◆10月の非農業部門雇用者数は前月から21.4万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回ったが、過去分の上方修正によって、20万人以上の雇用増加は9ヵ月続いていることになった。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主にレジャー・娯楽

2014年11月10日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

10月段階での状況です。

2015年度新卒採用に関する企業調査(2014年10月1日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年9月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月雇用統計 ここから本文です9月雇用統計内容は悪くないが、雇用環境の改善ペースは鈍化傾向サマリー◆労働力調査によると、2014年9月の完全失業率(季節調整値)は、前月から+0.1%pt上昇し、3.6%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が悪化しているが、内容はそれほど悪くない。雇用者数は、前月差+20万人と大幅に増加し、増加傾向が続いている。また、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+4万人と2ヶ月連続の増加となった。◆一般職業紹介状況に

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう

トップレポート・コラム経済分析米国予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう ここから本文です予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう2014年7-9月期の実質GDP成長率は3.5%と予想を上回るサマリー◆2014年7-9月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比3.5%増となった。悪天候からの反動で高成長となった4-6月期の伸びは下回るが、市場の事前予想を上回った。◆需要項目別で見て、GDPの押し上げに寄与したのは、個人消費のほかに純輸出と政府支出となった。いずれもGDPを持続的に押

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+2.8%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2014年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+2.8%を予測 ここから本文です2014年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+2.8%を予測月次の“ゲタ”による個人消費の増加が全体を底上げサマリー◆2014年7-9月期のGDP一次速報(2014年11月17日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+2.8%(前期比+0.7%)と、2四半期ぶりのプラス成長を予想する。◆個人消費は前期比+0.9%と2四半期ぶりの増加を見込んでいる。個人消費は4月を底に、5月

2014年10月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本9月鉱工業生産 ここから本文です9月鉱工業生産コンセンサスを上回る良好な結果、持ち直しへの期待高まるサマリー◆2014年9月の生産指数は、前月比+2.7%と2ヶ月ぶりの上昇となり、市場コンセンサス(同+2.2%)を上回る良好な結果であった。今回の結果だけで生産の底打ちを判断するのはやや早計だが、製造工業生産予測調査による10月、11月の生産計画も底堅く、これまで減少傾向となってきた生産が持ち直しに向かうことを期待させる内容と言える。◆9月の生産指数を業種別に見る

2014年10月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する日本経済は緩やかな回復軌道へ。ただし、4つのリスクに要注意調査本部 専務取締役 調査本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 久後 翔太郎 永井 寛之 サマリー◆今後の日本経済は緩やかな回復軌道へ:2014年10月7日、内閣府は景気の基調判断を従来の「足踏み」から「下方への局面変化」へと下方修正した。現時点で、当社は、2014年1~3月期以降、日本経済

2014年10月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年10月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年10月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年10月号)2014年10月6日発表分までの主要経済指標サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行

2014年10月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み ここから本文です米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み2014年9月の米雇用統計:利上げ開始時期を特定できる判断は困難サマリー◆9月の非農業部門雇用者数は前月から24.8万人増加し、失業率は前月から0.2%ポイント低下して5.9%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を上回り、失業率は市場予想よりも低下した。◆業種別の雇用動向は、8月に減少した小売業の雇用者数が増加に転じ、一時的な雇用の減少であったことが確認された。主

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性 ここから本文です新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性~ドル高には効用も~サマリー◆先進国・地域の景況感のばらつきが目立っており、それは各国・地域の投資率の強弱に対応している。特にユーロ圏の投資停滞が顕著であり、世界経済は一段と米国頼み的状況が強まりつつある。現在のところ、新興国の景況感の強弱も、米国との距離感などから決まっているが、米国頼みの持続性に危うさが見え始めている。◆一方、最

2014年10月3日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

統合型リゾートの経済効果です。

統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果 ここから本文です統合型リゾート(IR)開設の経済波及効果建設の効果は約5.6兆円、運営の効果は年間約2.1兆円と試算サマリー◆秋の臨時国会におけるIR推進法案の成立見通しを踏まえると、わが国においてカジノが合法化される可能性が高いと見込まれる。◆本稿ではIRを横浜、大阪、沖縄の3箇所に開設し、それぞれシンガポールと同規模のものを建設し、同程度の収益を上げると仮定した場合の経済効果を試算した。◆その結果

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計消費の動向予測です。

2025年にかけての家計消費について

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画2025年にかけての家計消費について ここから本文です2025年にかけての家計消費について2025年の消費主体は誰か?経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 サマリー◆消費構造は世帯主年齢により変化するが、消費支出が最大になるのは50歳代の世帯である。◆家族形態においては、2025年にかけて単独世帯の増加が予想される。◆家族形態により消費構造や消費支出の水準が異なる。◆消費支出は緩やかに増加し、2020年頃にピ

2014年9月19日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

「日中韓3か国企業調査」から考える「女性活躍」の今とこれから 後編(1/2)【第7回 企業と社会、そして人~『これからの経営』を考える~】

特集・コラムここでは、人事・研修ご担当の皆様のお役に立てるよう、幅広いテーマの事例やコラム等、実務に役立つ情報をご案内します。どうぞご期待ください! 個別のソリューションの特長や活用方法、人事・教育の実務に役立つ情報などをご案内します。 各分野のエキスパート、実務家が独自の視点で、人材育成・研修、経営課題にフォーカスします。 各社・各団体の取り組みやソリューションの活用事例をご紹介します。 本学の講師・研究員やセミナー受講者のインタビューを掲載しています。

2014年9月11日花王フィードバック数:0ライフスタイル

『20代のこだわり美容男子の意識と実態』調査

対話と調査から⾒えてきた⽣活者のおもいを伝える「くらしの現場レポート」。専⾨家のアドバイス「達⼈コラム」とあわせてご覧ください。 これ以前のレポートは、以下のテーマ別メニューまたはライブラリーからご覧ください。

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

希望をつないだ新成長戦略

トップレポート・コラム経済分析日本希望をつないだ新成長戦略 ここから本文です希望をつないだ新成長戦略~改革メニューは示されたが雇用面で課題~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載サマリー2014年6月に成長戦略の改訂版である「『日本再興戦略』改訂2014—未来への挑戦—」(以下、新成長戦略)が閣議決定された。今回の新成長戦略では、昨年6月の成長戦略では踏み込めなかった岩盤規制と呼ばれる農業や医療において比較的思い切った改革メニューが示され、昨年の成長戦略よりも高く評価できる内

2014年8月22日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

2025年の人口動態についてのレポートです。

人口動態から見た2025年問題

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画人口動態から見た2025年問題 ここから本文です人口動態から見た2025年問題2025年の人口動態はどのようなものか?経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 ◆少子高齢化にともなう人口減少問題のメルクマールとして、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年が注目されている。◆2025年は人口における次のボリューム層である団塊ジュニア世代が全て50歳代になる年でもある。◆50歳代は消費および労働

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「加速」もしないし「失速」もしない

トップレポート・コラム経済分析中国中国:「加速」もしないし「失速」もしない ここから本文です中国:「加速」もしないし「失速」もしない7.5%成長達成のための景気下支え策が続くサマリー◆2014年6月に若干上向いた内需関連の主要経済指標は、7月には再び減速した。例えば、7月の小売売上(名目)は前年同月比12.2%増と、6月の同12.4%増から伸びが若干鈍化した。実質も同様に6月の同10.7%増⇒7月は同10.5%増となった。習近平総書記が主導する綱紀粛正の影響で2013年に大きく減速した飲食収入は

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年8月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年8月号)2014年8月6日発表分までの主要経済指標サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です

2014年8月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ ここから本文です新興国マンスリー(2014年8月)成長パフォーマンスの乖離は明確化へ~米欧主導の景気拡大を、どう活かすか~サマリー◆IMFの世界経済見通し(改訂版)では、2014年の世界全体の成長見通しが下方修正されたものの、米・欧主導型で2015年に向けて回復の度を強めるというシナリオは維持された。新興国ではロシア、メキシコ、南ア、ブラジルの成長見通しが大きく下方修正されている。◆米国の景

2014年7月24日花王フィードバック数:0ライフスタイル

『消費税8%増税前後の購買行動とそのおもい』調査

対話と調査から⾒えてきた⽣活者のおもいを伝える「くらしの現場レポート」。専⾨家のアドバイス「達⼈コラム」とあわせてご覧ください。 これ以前のレポートは、以下のテーマ別メニューまたはライブラリーからご覧ください。

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本5月機械受注 ここから本文です5月機械受注市場予想を大幅に下回るネガティブな内容サマリー◆2014年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲19.5%と2ヶ月連続で減少した。市場コンセンサス(同+0.7%)を大幅に下回っており、ネガティブな内容であった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲18.6%と、2ヶ月連続で減少した。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲17.8%と3ヶ月ぶりに減少に転じた。外需は

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の労働市場は堅調な量的改善が続く

トップレポート・コラム経済分析米国米国の労働市場は堅調な量的改善が続く ここから本文です米国の労働市場は堅調な量的改善が続く2014年6月の米雇用統計:ただし質的改善は道半ばサマリー◆2014年6月の非農業部門雇用者数は前月差28.8万人増と、前月(同22.4万人増)から増加幅が拡大し、6ヵ月平均も再び20万人台へ。雇用の量的改善は着実に進んでいることが示された。◆労働参加率は横ばいであったが、就業者数が増加したことにより、失業率は6.1%と前月から0.2%ポイント低下した。長期失業者の減少も進

2014年7月3日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事側の調査です。

2015年度の新卒採用担当者1,000名への実態調査 【6月1日状況】

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月消費統計 ここから本文です5月消費統計5月時点では反動減からの回復は鈍いサマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年5月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲3.1%と、大幅に減少した4月に引き続き減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.6%と増加したものの、増加幅は想定よりも小さい。◆5月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+4.6%と2ヶ月ぶりに増加した。駆け込み需要の反動減からの回復により、すべての

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期の米国GDPは大幅下方修正

トップレポート・コラム経済分析米国1-3月期の米国GDPは大幅下方修正 ここから本文です1-3月期の米国GDPは大幅下方修正サービス消費の再推計が主因サマリー◆2014年1-3月期GDPの3次推計値が公表され、前期比年率2.9%減と2次推計値(同1.0%減)から大幅に下方修正された。◆下方修正の主因は、新たなデータを利用して推計を行ったサービス消費のうち、特に医療支出に関わる部分の修正であった。2次推計値まではオバマケアの効果を正確に捉えられなかったとみられる。◆2014年の発射台である1-3月

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:景況感改善もいつか来た道?

トップレポート・コラム経済分析中国中国:景況感改善もいつか来た道? ここから本文です中国:景況感改善もいつか来た道?預金準備率一部引き下げの効果は小さく、財政支出急増は一時的かサマリー◆5月のHSBCの製造業PMIは49.4と、5ヵ月連続して拡大と縮小の分岐点である50を下回ったとはいえ、4月の48.1からは大きく改善。5月の国家統計局の製造業PMIは50.8と、こちらは2月の50.2をボトムに改善傾向にある。これは4月以降、当局が矢継ぎ早に発表した景気下支え策によってセンチメントが改善したため

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測大企業製造業の業況判断は改善、設備投資は前年比+0.7%を予想サマリー◆7月1日に公表予定の2014年6月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は18%pt(前回調査からの変化幅:+1pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は17%pt(同:▲7pt)を予想する。消費税増税後の反動減で、非製造業は大幅な悪化が避けられない。一方、国内企業の設備投資の活発化などを背景に、製造業では改善が示される

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ