「コラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:不動産市場はどうなる?

トップレポート・コラム経済分析中国中国:不動産市場はどうなる? ここから本文です中国:不動産市場はどうなる?価格下落の長期化回避が鍵。安定最優先で問題を先送りか?サマリー◆中国の住宅販売に急ブレーキがかかっている。2014年1月~5月の住宅販売金額は前年同期比10.2%減と2013年の前年比26.6%増から一転して減少した。住宅販売面積・金額は、住宅価格に3ヵ月~9ヵ月程度先行する傾向があり、今後、住宅価格がさらに調整することを示唆している。不動産投資の減速や住宅販売の不振は当然のことながら景気

2014年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアがウクライナ向けガス供給をストップ

トップレポート・コラム経済分析欧州ロシアがウクライナ向けガス供給をストップ ここから本文ですロシアがウクライナ向けガス供給をストップウクライナ問題が再燃か?ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆6月16日、ロシア (ガスプロム社) は、ウクライナ(ナフトガス社)向け天然ガス輸出料金の支払いを前払い制度に移行し、事実上ウクライナ向けガス供給を停止した。ナフトガス社の未払い分のうち、モスクワ時間の6月16日の朝10時までに求められていた19.5億ドルの支払

2014年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本5月貿易統計 ここから本文です5月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりに減少、輸入数量も減少が続くサマリー◆2014年5月の貿易統計によると、輸出金額は前年比▲2.7%と15ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲1.3%)を下回った。輸出数量が同▲3.4%と2ヶ月ぶりに前年を下回ったことが減少の主因。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲1.2%と2ヶ月ぶりの減少となった。◆輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は大和総研による)、前月比▲2.1%と2ヶ月

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年6月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年6月号)2014年6月9日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注減少幅は小さく、増加基調に変化なしサマリー◆2014年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲9.1%と2ヶ月ぶりに減少したものの、市場コンセンサス(同▲10.8%)を上回った。前月大幅に増加した反動で減少したが、減少幅は想定より小さく概ね良好な結果であったと捉えている。機械受注は、均してみると増加が続いているといえよう。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲9.4

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

危機収束局面に移行したユーロ圏

トップレポート・コラム経済分析欧州危機収束局面に移行したユーロ圏 ここから本文です危機収束局面に移行したユーロ圏~金融部門健全化と景気回復持続が課題~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリーギリシャの財政悪化を発端とするユーロ圏危機は拡散局面から収束局面に移行し、マーケットの最大の関心事ではなくなった。とはいえ、危機脱却のための取り組みは、まだ完了したわけではない。残されている課題は、金融システムの健全性回復と金融危機に備えた体制強化、および持続的な景気回復の2つとなろ

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスです。

「異次元の金融緩和」1年間の中間評価

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元の金融緩和」1年間の中間評価 ここから本文です「異次元の金融緩和」1年間の中間評価~波及経路の確認と実体経済への影響について~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリー「異次元の金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和の導入から1年が経過した。本稿では、初めに、量的・質的金融緩和と過去の金融政策の違いについて説明した上で、量的・質的金融緩和が想定している3つの波及経路が機能しているか否かを確認する。結論として、3つの波及経路のうち

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月消費統計 ここから本文です4月消費統計駆け込み需要の反動で大幅減サマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年4月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲13.3%と、消費税率引き上げによる駆け込み需要の反動から大幅に減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲13.8%と大きく減少している。◆4月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲13.7%と4ヶ月ぶりに減少した。駆け込み需要の反動減の影響が大きく、すべての業種

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本4月鉱工業生産 ここから本文です4月鉱工業生産生産は一旦減速も底堅い推移を見込むサマリー◆2014年4月の生産指数は、前月比▲2.5%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲2.0%)を下回った。消費税増税後の減産は概ね想定通りであり、大きなサプライズはない。なお、出荷指数は同▲5.0%と3ヶ月連続で低下し、在庫指数が同▲0.5%と2ヶ月ぶりに低下したことから、在庫率指数は同▲1.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆4月の生産指数を業種別に見ると、全15業

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は良いことです

トップレポート・コラムコラム人手不足は良いことです ここから本文です人手不足は良いことです労働需給が次第にタイトになり、人手不足に悩む企業が増えているようだ。3月の完全失業率は3.6%に低下。性別では男性が3.7%、女性が3.4%と、前回の景気回復期でもっとも失業率が改善した水準に男女とも並んだ。失業者数は雇用情勢が大きく悪化した2009年7-9月期から2014年1-3月期までに122万人減少し、237万人となった。このまま労働市場が引き締まっていけば、やがて広範囲で賃金は上がり始めるはずだが、

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 悪天候からの回復に格差

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 悪天候からの回復に格差 ここから本文です米国経済見通し 悪天候からの回復に格差2015年以降の不透明な政策要因が見通せるには時間がかかるサマリー◆足下の経済指標は、住宅着工や耐久財受注など悪天候の反動で押し上げられたものもあれば、小売売上高や鉱工業生産のように反動増が一服したものもあった。他にも、引き続き軟調な住宅販売など、経済指標の回復は一様ではない。◆しかし、雇用の量的改善は続いており、個人消費も増加傾向にある。軟調な住宅市場にも緩やかな改善

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月貿易統計 ここから本文です4月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりの増加、駆け込みの影響剥落で輸入は急減サマリー◆2014年4月の貿易統計によると、輸出金額が前年比+5.1%と14ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+4.8%)をわずかながら上回った。輸出価格は前年比+3.0%と、上昇幅が前月(同+4.4%)から縮小するなかで、輸出数量が同+2.0%と2ヶ月ぶりに前年を上回った点はポジティブに評価できる。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比+0.6%と2ヶ月ぶ

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

トップレポート・コラム経済分析新興国成長資金獲得に向けたアジアの金融協力 ここから本文です成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へサマリー◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

2014年5月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

超高齢社会における介護問題

トップレポート・コラム政策分析社会保障超高齢社会における介護問題 ここから本文です超高齢社会における介護問題人材・サービス不足がもたらす「地域包括ケア」の落とし穴サマリー◆厚生労働省によると日常生活に制限のある「不健康な期間」の平均が、男性9.13年、女性12.68年だという(2010年時点)。今後、ますます介護のニーズは高まるだろう。◆2014年3月下旬、特別養護老人ホーム(特養)の入所申込者数(いわゆる待機老人数)が2013年度に52.4万人と発表された。特養は費用負担が比較的軽く、認知症な

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年5月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年5月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年5月号)2014年5月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月消費統計 ここから本文です3月消費統計駆け込み需要で大幅増加、先行きは消費者マインドの回復がポイントサマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年3月の実質消費支出は季節調整済み前月比+10.8%と、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって大幅に増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+9.9%と同様に増加している。幅広い品目で駆け込み需要が発生したことに加え、前月大雪の影響で消費できなかった分が後ずれしたことも

2014年4月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年3月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本3月鉱工業生産 ここから本文です3月鉱工業生産生産は一旦減速サマリー◆2014年3月の生産指数は、前月比+0.3%と2ヶ月ぶりの上昇となったものの、市場コンセンサス(同+0.5%)を下回った。大雪の影響があった2月の減少に鑑みると3月の増加幅は小幅に留まっており、生産は増加傾向が続くものの、そのペースは減速している。なお、出荷指数は同▲1.2%と2ヶ月連続で低下し、在庫指数が同+1.8%と8ヶ月ぶりに上昇したことから、在庫率指数は同+2.6%と2ヶ月連続の上昇と

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか

トップレポート・コラム法律・制度税制配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか ここから本文です配偶者控除の改正で女性の働き方は変わるか「103万円の壁」を取り除くために必要なこととはサマリー◆年間の給与収入が「103万円」または「130万円」の範囲に収まるよう就労調整を行っている女性は多く、これが女性の活躍推進を妨げているとされ、「103万円の壁」、「130万円の壁」と言われている。安倍首相は税・社会保障上のこうした問題について見直すよう指示し、2014年4月14日の政府税制調査会において検討が

2014年4月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本経済の見通しです。

日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか? ここから本文です日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対策の効果などから、引き続き拡大する見通しである。当社は、実質GDP成長率に関して、2013年度が前年度比+2

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月貿易統計 ここから本文です3月貿易統計輸出数量は一進一退の動きが続くサマリー◆2014年3月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+1.8%と13ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+6.5%)を下回り、輸出の低調な推移を表す結果であった。輸出価格は前年比+4.4%と、上昇が続く一方で、輸出数量が同▲2.5%と2ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出の押し下げ要因となっている。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりの減少となった。◆輸

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長

トップレポート・コラム経済分析中国綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長 ここから本文です綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長当面の頼みの綱は輸出増加サマリー◆2014年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.4%と、2012年7月~9月の7.4%以来の低成長となった。主要経済指標は軒並み減速している。3月の輸入は前年同月比11.3%減となったが、特定品目ではなく多くの品目の輸入が減少していることは、内需減速で企業在庫が積み上がっている可能性や、中小企業の資金繰り悪化が輸入にまで影

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年4月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年4月号)2014年4月15日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2014年4月11日産業能率大学★★フィードバック数:0ビジネス

ビジネスパーソンの仕事意識や能力についての調査です。

ビジネスパーソン調査(報告書サマリー)

特集・コラムここでは、人事・研修ご担当の皆様のお役に立てるよう、幅広いテーマの事例やコラム等、実務に役立つ情報をご案内します。どうぞご期待ください! 個別のソリューションの特長や活用方法、人事・教育の実務に役立つ情報などをご案内します。 各分野のエキスパート、実務家が独自の視点で、人材育成・研修、経営課題にフォーカスします。 各社・各団体の取り組みやソリューションの活用事例をご紹介します。 本学の講師・研究員やセミナー受講者のインタビューを掲載しています。

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(4)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題④ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題④波及経路Ⅲ:ポートフォリオ・リバランス効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第四弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、ポートフォリオ・リバランス効果について分析する。◆現時点では超過準備への付利と政府による国債発行の長期化という要因が、ポートフォリオ・

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(3)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題③ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題③波及経路Ⅱ:イールドカーブの押し下げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第三弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、イールドカーブの押し下げ効果について分析する。◆イールドカーブの押し下げには、量的・質的金融緩和による大規模な国債購入が影響し、大きな成

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題② ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる一方、中長

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用者数の増加ペースは再び加速

トップレポート・コラム経済分析米国雇用者数の増加ペースは再び加速 ここから本文です雇用者数の増加ペースは再び加速2014年3月の米雇用統計:雇用環境はまだら模様サマリー◆2014年3月の非農業雇用者数は前月差19.2万人増であり、悪天候の影響が和らいで雇用者数の増加ペースは再び加速した。民間部門に限ればリーマン・ショック前の雇用者数を上回ったことから、雇用の量的改善は進んでいる。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連など一部に雇用者数の増加幅の縮小が見られたが、前月に減少していた小売業などが増加に

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(1)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題① ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題①2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化サマリー◆2014年4月に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎える。本稿は、量的・質的金融緩和の効果と課題についてまとめたレポートの第一弾である。本稿では、2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化について分析する。◆マーケットの短期金利のパスの予想からは、2012年の衆議院選挙の前後で、「時間軸の長

2014年4月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状_月刊版2014年4月号

新着情報マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析2 役割に虫眼鏡をあててみた」を公開しました。 マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析1 キャリア曲線を5つに分類してみた」を公開しました。

2014年3月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本2月鉱工業生産 ここから本文です2月鉱工業生産大雪の影響もあり生産は下振れサマリー◆2014年2月の生産指数は、前月比▲2.3%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を下回った。消費税増税前の駆け込み需要に向けた生産の増加が見込まれるなか、予想に反して生産が減少した点はネガティブである。ただし、2月の生産の減少は、大雪による流通網の混乱や操業停止による影響が相当程度あったとみられ、均せば生産の増加基調が続いているという判断に変更はない。◆2月

2014年3月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

あらためて東京オリンピックのレガシーを考える

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生あらためて東京オリンピックのレガシーを考える ここから本文ですあらためて東京オリンピックのレガシーを考える2020年の大会で何を遺産(レガシー)として残せるのかサマリー◆「オリンピック・レガシー(遺産)」とは「オリンピックが開催都市と開催国にもたらす長期的・持続的効果」の概念である。2000年のシドニー大会以降、国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピック・レガシーを重要視するようになった。そこで、今回はこれまでの関連レポートを振り返りな

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

上場株式の相続税評価額に関する試算

トップレポート・コラム法律・制度税制上場株式の相続税評価額に関する試算 ここから本文です上場株式の相続税評価額に関する試算納税者不利としないためには、時価の70%を評価額とすべきサマリー◆上場株式や株式投資信託の相続時の評価額は、原則として時価により評価される。しかしながら、実際には相続時から相続税の納付期限までの10ヵ月間で株価は大きく変動するケースもある。本稿では、過去30年間の日次の株価指数を用いて検証した。◆相続発生日の株価と相続税納付期限日の株価を比較すると、46%程度の確率で相続発生

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか? ここから本文です日本経済見通し:消費税増税の影響をどう捉えるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年10-12月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.2%(前回:同+2.3%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、2015年度

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:「無理」をした成長率維持へ

トップレポート・コラム経済分析中国中国:「無理」をした成長率維持へ ここから本文です中国:「無理」をした成長率維持へ明確な回復感はなく、問題も先送りサマリー◆2013年の中国経済は地方政府債務やシャドーバンキングが急膨張するなか、従来型の投資主導で7.7%成長となった。この3月の全人代では2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後に据え置かれた。中国は2014年も形は多少変わるとしても、やはり「無理」をして成長率を維持することを選んでしまったのである。◆3月13日に行われた記者会見で李克強首

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計輸出数量は3ヶ月ぶりに前月から増加、貿易収支赤字幅は縮小サマリー◆2014年2月の貿易統計は、輸出金額が前年比+9.8%と12ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+12.4%)を下回ったものの、良好な結果と判断している。輸出価格が前年比+4.2%と、上昇幅が前月から縮小した一方で、輸出数量が同+5.4%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが、輸出の押し上げ要因となっている。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比+2.8

2014年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:人民元変動幅拡大の効果は?

トップレポート・コラム経済分析中国中国:人民元変動幅拡大の効果は? ここから本文です中国:人民元変動幅拡大の効果は?当日のボラティリティの増大サマリー◆中国人民銀行は2014年3月15日、人民元の対米ドル為替レートの変動幅を当日朝当局が発表する基準レートの±1.0%から±2.0%に拡大すると発表した。しかし、基準レートの決定は当局の思惑次第となっており、基準レートに対するその日一日の変動幅拡大によってもたらされるのは、当日のボラティリティの増大である。◆人民元の対米ドル基準レートの設定には、中国

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年3月号)2014年3月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貿易収支赤字の要因(2)~空洞化が赤字拡大の主因

トップレポート・コラム経済分析日本貿易収支赤字の要因②~空洞化が赤字拡大の主因 ここから本文です貿易収支赤字の要因②~空洞化が赤字拡大の主因空洞化の影響で貿易収支赤字は7兆円程度拡大サマリー◆2013年の貿易収支は11.5兆円の赤字となり、過去最大の赤字幅を記録した。本レポートは、その要因を分析するレポートの第2弾である。◆貿易収支赤字幅の拡大には様々な要因があるが、筆者は空洞化が赤字幅拡大のもっとも大きな要因であると考えている。リーマン・ショック以降、日本の輸出金額と海外現地法人の売上高の動き

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

2014年3月7日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状_月刊版2014年3月号

新着情報マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析2 役割に虫眼鏡をあててみた」を公開しました。 マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析1 キャリア曲線を5つに分類してみた」を公開しました。

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:リスク要因としての成長率7.5%目標

トップレポート・コラム経済分析中国中国:リスク要因としての成長率7.5%目標 ここから本文です中国:リスク要因としての成長率7.5%目標サマリー◆2014年3月5日から開催されている中国の第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第2回会議では、李克強氏が首相に就任して初めての政府活動報告を行い、注目された2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後となった。◆実質GDP成長率目標の7.5%設定は2012年から3年連続であり、潜在成長率の低下が指摘されるなか、マーケットは目標が引き下

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(2)

トップレポート・コラム経済分析新興国経済成長は貧困削減に役立つか?(2) ここから本文です経済成長は貧困削減に役立つか?(2)-理論と実際-サマリー◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

経済の好循環実現に向けた賃金の見方

トップレポート・コラム経済分析日本経済の好循環実現に向けた賃金の見方 ここから本文です経済の好循環実現に向けた賃金の見方~実質賃金と名目賃金の視点~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー日本経済においては、1990年代後半以降、賃金の低迷が続いている。実質賃金の低迷には、企業の収益性が消費者物価との対比で低下し続けたことが大きく影響している。名目賃金の低迷は、後払い的な要素のある賃金決定慣行と、賃金上昇を販売価格に転嫁しにくいと考える日本の企業風土が影響している。実質

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本1月鉱工業生産 ここから本文です1月鉱工業生産駆け込み需要に備えた高い伸びだが、3月には減速見込みサマリー◆2014年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。今回の結果は市場コンセンサス(同+2.8%)を上回る非常に高い伸びであり、生産の増加基調を確認させる内容であった。◆1月の生産を業種別に見ると、全15業種中、11業種が前月から上昇しており、幅広い業種で生産が増加した。なかでも、前月時点の製造工業生産予測調査で高い伸びを見込んでいた輸送

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年1月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月雇用統計 ここから本文です1月雇用統計完全失業率は横ばいも就業者数は大幅減サマリー◆2014年1月の完全失業率(季節調整値)は3.7%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月差▲2万人、就業者数は同▲30万人と減少した。非労働力人口は前月差+33万人と増加した。◆2014年1月の有効求人倍率(季節調整値)は1.04倍と前月から0.01pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数、有効求人数ともに前月から増加した。有効求人倍率に先行する新規求人倍率は1.63倍

2014年2月28日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状(季刊版)2014年冬号

新着情報マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析2 役割に虫眼鏡をあててみた」を公開しました。 マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析1 キャリア曲線を5つに分類してみた」を公開しました。

2014年2月27日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

生保業界の現状です。

日本の生命保険業界の現状(2)~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融ビジネス・金融IT日本の生命保険業界の現状②~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~ ここから本文です日本の生命保険業界の現状②~リスクベースの国内生命保険の経営とその現状~その②:生命保険市場の動向サマリー◆日本の生命保険業界は、国内市場の構造的な変化により顕在化したリスクへの対応に迫られている。◆構造的な変化とは、需要側では、主に国内の人口の減少、人口構成の変化による生命保険ニーズの変化。供給側では、競争環境の変化として、新規参入の増加、販売チ

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性 ここから本文です次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性道州制導入の今後の論点と影響サマリー◆第二次安倍政権は、経済政策を優先課題として取り組んでいるが、国土強靱化等にある程度目途がついたこともあり、道州制導入推進が次の内政上の大きな課題としてクローズアップされてくる可能性がある。◆道州制に関して、自民党は基本法案の骨子案を提示し、日本維新の会及びみんなの党は基本法案を国会に提出しているが、いずれの案も道州

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月貿易統計 ここから本文です1月貿易統計輸出の伸びは想定を下回り、貿易収支赤字幅は単月で過去最大にサマリー◆2014年1月の貿易統計は、輸出金額が前年比+9.5%と11ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+12.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格は前年比+9.7%と、上昇が続いている。一方で、輸出数量が前年比▲0.2%と4ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出金額の下振れ要因となった格好である。輸出金額を季節調整値で見て

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

アベノミクスの2年目の評価と課題

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスの2年目の評価と課題 ここから本文ですアベノミクスの2年目の評価と課題日本経済中期予測(2014年2月)第2章サマリー◆消費者物価上昇率が2%に届かない中、日銀による金融緩和は基本的に継続されると見込んでいる。金利の抑制効果を通じて国内景気を押し上げるとみられるが、その効果は限定的であろう。金融政策だけでインフレ目標を実現することは難しく、合わせて成長戦略の実行が必要である。◆安倍政権の成長戦略の評価はB(良)の下くらいである。成長率を高めるために必

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ