「コラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

今後10年の世界経済と日本経済

トップレポート・コラム経済分析経済予測今後10年の世界経済と日本経済 ここから本文です今後10年の世界経済と日本経済日本経済中期予測(2014年2月)第1章サマリー◆米国の底堅い成長が見込まれるなか、メインとなるリスク要因は、予測期間中盤に想定される先進国の金融政策の変更であり、新興国経済は大きな影響を受ける可能性がある。一方で、米国・欧州ともに個別の構造問題を抱えており、注視する必要があるだろう。◆今後10年間の日本の実質経済成長率は年平均1.5%の見込みだが、前半・後半でややパターンが異なる

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2014年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2014年2月)解説資料牽引役不在の世界経済で試される日本の改革への本気度サマリーこのコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩

2014年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年10-12月期GDP一次速報 ここから本文です2013年10-12月期GDP一次速報市場予想からは下振れしたが、内容は悪くないサマリー◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.3%)と4四半期連続のプラス成長となったものの、市場コンセンサス(前期比年率+2.8%、前期比+0.7%)を大きく下回った。個人消費が大きく下振れしたことが市場予想を下回った最大の要因である。ただし、民間在庫を除く全ての需要項目が前期から増加

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本12月機械受注 ここから本文です12月機械受注製造業、非製造業とも大幅減で市場予想を下回るサマリー◆2013年12月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲15.7%と3ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲4.0%)を大幅に下回る結果となった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲17.3%と2ヶ月ぶりに減少した。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲17.2%と3ヶ月ぶりに減少した。◆外需は前月比+8.6

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年2月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年2月号)2014年2月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年2月)それでも「新興国危機」はない

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年2月)それでも「新興国危機」はない ここから本文です新興国マンスリー(2014年2月)それでも「新興国危機」はない~ネガティブ・サプライズは収束へ~サマリー◆アルゼンチン・ペソの急落が市場のリスク・オフを呼び覚まし、南ア・ランドやトルコ・リラを下落させた。一方、一頃“Fragile five”と括られたインド・ルピーは堅調を保っている。市場の正常な選別機能が、混乱の波及・伝播に歯止めをかけることとなろう。◆IMFの世界経済見通しの久

2014年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済成長は貧困削減に役立つか?(1)

トップレポート・コラム経済分析新興国経済成長は貧困削減に役立つか?(1) ここから本文です経済成長は貧困削減に役立つか?(1)-理論と実際-サマリー◆本レポートでは、長らく開発援助の現場およびアカデミクスで議論されてきた、経済成長は貧困削減に役立つのか、成長が所得分配に与える影響をどう考えるのか、そもそも所得格差の是正や貧困削減に資する経済成長とはどのように考えるべきなのかといった問題について、これまでの議論をサーベイ・整理するとともに、特に中国のケースに焦点を充てつつ、実際に経済成長の過程で貧

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本12月鉱工業生産 ここから本文です12月鉱工業生産幅広い業種で上昇、駆け込み需要に向け先行きも大幅な増産計画サマリー◆2013年12月の生産指数は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.3%)をわずかに下回ったものの、生産の増加基調が続いていることを確認させる内容であった。出荷指数も同+0.6%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同▲0.4%と5ヶ月連続で低下となった。◆12月の生産を業種別に見ると、全15業種中、13業種が前月か

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計完全失業率は3.7%と想定を上回る改善サマリー◆2013年12月の完全失業率(季節調整値)は3.7%となり、前月から0.3%pt改善した。就業者数は前月から4万人の減少、失業者数は同20万人の減少、非労働力人口は同22万人の増加となった。2013年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.03倍と前月から0.03pt上昇した。◆就業者数(季節調整値)は、前月差▲4万人と4ヶ月ぶりに減少した。内訳を見ると、「建設業」は前

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計耐久財中心に堅調な結果。駆け込み需要は徐々に広がりを見せる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年12月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.7%と、前月から減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.5%と2ヶ月連続で増加している。新車販売が引き続き好調であることを踏まえると、12月の個人消費は堅調な増加が見られたと考えてよいだろう。◆経済産業省

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:一定ペースでの資産買い入れ規模縮小

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:一定ペースでの資産買い入れ規模縮小 ここから本文ですFOMC:一定ペースでの資産買い入れ規模縮小頻繁な変更を必要としないフォワードガイダンスが必要にサマリー◆1月28日から29日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で、資産買い入れ規模を縮小することが、2会合連続で決定された。月あたりの購入額がさらに100億ドル減額される。投票権を有する地区連銀総裁が変わったが、反対票はなかった。◆声明文における景気の現状認識は、悪天候などのかく乱要因はあっ

2014年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計輸出数量は3ヶ月ぶりに前月比減少、2013年は過去最大の貿易赤字にサマリー◆2013年12月の貿易統計は、輸出金額が前年比+15.3%と10ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+18.0%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+12.4%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+2.6%と3ヶ月連続で前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。輸出金額を季節調整値

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

内需主導の景気拡大と貿易赤字

トップレポート・コラムコラム内需主導の景気拡大と貿易赤字 ここから本文です内需主導の景気拡大と貿易赤字貿易赤字の拡大傾向が続いている。2013年11月の貿易赤字額は1兆2,941億円と、1979年の統計開始以来、3番目の赤字幅となった。また、赤字幅が2ヶ月連続で1兆円台となったのは統計開始以来初めてのことである。貿易赤字の拡大傾向が続いている最大の理由は、2012年末以降、円安傾向が続いているにもかかわらず輸出数量がそれほど伸びていないことであろう。円安が進むと、円建て換算の輸入価格が上昇するた

2014年1月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 一本調子ではない安定成長

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 一本調子ではない安定成長 ここから本文です米国経済見通し 一本調子ではない安定成長政策不透明感は後退し、成長率上振れの期待もトップの発言に注目サマリー◆債務上限問題は残っているが、2014年度予算が成立し、財政問題は米国経済の下振れ要因としては、限定的な存在になりつつある。11月の中間選挙に向けて、オバマ大統領の一般教書演説などを通して政策方針を見極める季節になってきた。◆QE3における資産買い入れ規模が縮小され始めた。今後のQE3縮小ペースと利

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

外国人旅行者数1,000万人突破に見る観光政策と外交政策

トップレポート・コラムコラム外国人旅行者数1,000万人突破に見る観光政策と外交政策 ここから本文です外国人旅行者数1,000万人突破に見る観光政策と外交政策2013年12月25日、日本政府観光局は、訪日外国人旅行者数が初めて年間1,000万人を突破したと発表した(2013年年初~12月20日までの累計)。日本政府がビジット・ジャパン・キャンペーンを開始した2003年の訪日外国人旅行者数は521万人に過ぎなかったことを考えると、10年間でほぼ倍増させることに成功している。10年間に行ってきた様々

2014年1月16日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

データから読み解く~「次世代リーダーの選抜型育成」の現状と課題~

特集・コラムここでは、人事・研修ご担当の皆様のお役に立てるよう、幅広いテーマの事例やコラム等、実務に役立つ情報をご案内します。どうぞご期待ください! 個別のソリューションの特長や活用方法、人事・教育の実務に役立つ情報などをご案内します。 各分野のエキスパート、実務家が独自の視点で、人材育成・研修、経営課題にフォーカスします。 各社・各団体の取り組みやソリューションの活用事例をご紹介します。 本学の講師・研究員やセミナー受講者のインタビューを掲載しています。

2014年1月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2014年1月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2014年1月号)2014年1月10日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2014年1月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

オリンピックの経済効果とビジネスチャンス

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生オリンピックの経済効果とビジネスチャンス ここから本文ですオリンピックの経済効果とビジネスチャンスサマリー◆2020年の夏季五輪が東京で開催されることが決まった。開催決定直後の建設・不動産関連株価は急騰し、早速経済効果に注目が集まっており、東京都を始め、民間機関からも独自の経済効果が算出されている。◆五輪の開催は、国内の幅広い産業に効果をもたらすと考えられるが、その出現時期は大きく、①開催前、②開催中、③開催後の3つのフェーズに分けられる。ビ

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

人民元の国際化とオフショア市場を巡る争奪戦

トップレポート・コラム経済分析中国人民元の国際化とオフショア市場を巡る争奪戦 ここから本文です人民元の国際化とオフショア市場を巡る争奪戦サマリー1.優先された金融システムの強化・健全化2.資本取引自由化の進展度合い3.急増する人民元建て貿易決済4.人民元建て対内・対外直接投資の解禁5.相次ぐ通貨スワップ協定締結の目的6.地位高まる香港オフショア人民元市場7.オフショア人民元市場を巡る争奪戦【参考①】注目される深圳市前海への越境人民元貸出とは?【参考②】上海自由貿易試験区と人民元の国際化このコンテ

2013年12月15日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティについての白書的資料です。

平成24年版 働く女性の実情

平成24年版 働く女性の実情 表紙・まえがき・目次等(PDF:620KB)I 働く女性の状況第1章 平成24年の働く女性の状況(PDF:991KB)第1節 概況第2節 労働力人口、就業者、雇用者の状況第3節 労働市場の状況第4節 労働条件等の状況第5節 短時間労働者の状況第6節 家内労働者の就業状況第2章 仕事と介護の両立〜離職せず働き続けるために全体版(PDF:1,442KB)【分割版はこちら】第1節〜第2節(PDF:611KB)第3節(PDF:863KB)第4節〜コラム(PDF:430KB)

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年12月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年12月号)2013年12月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本10月機械受注 ここから本文です10月機械受注製造業は6ヶ月ぶりの減少も非製造業が全体を押し上げサマリー◆2013年10月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+0.6%と2ヶ月ぶりに増加し、概ね市場コンセンサス(同+0.7%)通りの結果となった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲0.2%と6ヶ月ぶりの減少となった。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比+11.5%と2ヶ月ぶりに増加した。◆外需は前月比▲16

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費統計 ここから本文です10月消費統計一時的に悪化したが、11月以降個人消費は増勢を強める見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年10月の実質消費支出は季節調整済み前月比0.0%と、前月から横ばいとなった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲3.0%と3ヶ月ぶりに減少している。◆経済産業省「商業販売統計」によると、10月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲1.0%と3ヶ月ぶりに減少した。1

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月雇用統計 ここから本文です10月雇用統計建設業の就業者数が3ヶ月連続で増加サマリー◆2013年10月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月と同水準であった。失業者数は前月から3万人の増加、非労働力人口は同16万人の減少となった。就業者数は前月から8万人増加した。10月の有効求人倍率(季節調整値)は0.98倍と前月から0.03pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月ぶりに前月から減少、有効求人数は13ヶ月連続の増加となった。有効求人倍率に先

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

トップレポート・コラム法律・制度税制NISA創設の背景と活用法 ここから本文ですNISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬 サマリー2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済転換の鍵を握る地方政府

トップレポート・コラム経済分析中国中国経済転換の鍵を握る地方政府 ここから本文です中国経済転換の鍵を握る地方政府サマリー◆習近平・李克強体制となった中国では、客観的なマクロ経済の諸条件に加え、前政権下で積み残された問題をハイライトすることによって、新政権としての独自性を示し、求心力を高めたいという側面もあってか、中国経済が様々な点から見て今転換期を迎えており、構造改革を進めていく、あるいはいかざるを得ない時期にさしかかっているという認識を強く打ち出すようになっている。注目された11月の三中全会で

2013年11月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年11月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年11月号)2013年11月11日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転

2013年11月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP1次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年7-9月期GDP1次速報 ここから本文です2013年7-9月期GDP1次速報前期からは減速したが、4四半期連続のプラス成長サマリー◆2013年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.9%(前期比+0.5%)と4四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+1.7%、前期比+0.4%)をわずかに上回った。各需要項目とも概ね事前予想に沿った内容となったが、民間在庫品増加の寄与が前期比+0.4%ptと大きかったことが、市場予想から上振れし

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本9月機械受注 ここから本文です9月機械受注非製造業が全体を押し下げるも、製造業は堅調な推移サマリー◆2013年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲2.1%と2ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回った。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、3ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+4.1%と5ヶ月連続の増加となった。非製造業(船舶

2013年11月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

強弱入り乱れる雇用環境

トップレポート・コラム経済分析米国強弱入り乱れる雇用環境 ここから本文です強弱入り乱れる雇用環境2013年10月の米雇用統計:金融政策の決定的な判断材料にはならずサマリー◆2013年10月の非農業雇用者数は9月から増加幅が拡大し、前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は17万人程度と緩やかな増加が続いている。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門も緩やかながら増加幅が拡大しつつある点は前向きに評価できる。政府部門は緊縮財政

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年9月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月雇用統計 ここから本文です9月雇用統計就業者数が大幅に増加サマリー◆2013年9月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月から0.1%pt改善した。失業者数は前月から9万人の減少、非労働力人口は同9万人の減少となった。就業者数は前月から19万人増加した。9月の有効求人倍率(季節調整値)は0.95倍となり前月と同水準であった。内訳を見ると、有効求職者数は4ヶ月ぶりに前月から増加、有効求人数は12ヶ月連続の増加となった。有効求人倍率に先行する新規求人倍率

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本9月鉱工業生産 ここから本文です9月鉱工業生産市場予想からは下振れするも、緩やかな増加基調継続サマリー◆2013年9月の生産指数は、前月比+1.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.8%)を下回ったものの、3ヶ月移動平均値は2ヶ月ぶりの上昇となっており、生産は緩やかな増加基調にあるという判断に変更はない。◆9月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種が低下となった。上昇した業種を見ると、輸送機械工業、電子部品・デバイ

2013年10月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月消費統計 ここから本文です9月消費統計7-9月期の個人消費は横ばい圏での推移となる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年9月の実質消費支出は季節調整済み前月比+1.6%と2ヶ月ぶりの増加となった。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+1.3%と2ヶ月連続で増加している。9月の個人消費は、堅調に増加したと捉えている。◆経済産業省「商業販売統計」によると、9月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+1.8%と

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?

トップレポート・コラム法律・制度税制所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは? ここから本文です所得拡大税制の恩恵を受けられる企業とは?「民間投資活性化等のための税制改正大綱」の解説その2サマリー◆平成25年10月1日、自由民主党および公明党は「民間投資活性化等のための税制改正大綱」(以下、大綱)を発表した。本稿では、大綱のうち、所得拡大促進税制について解説する。◆大綱では、所得拡大促進税制の適用期限を2年延長するとしている。また、適用要件のうち基準事業年度(通常の3月決算法人は、平成24年度)比

2013年10月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:金融引き締めではない(メモ)

トップレポート・コラム経済分析中国中国:金融引き締めではない(メモ) ここから本文です中国:金融引き締めではない(メモ)金融引き締めではなく、日常的な流動性調整サマリー◆一部で中国が金融引き締めに転じるとの懸念が広がっている。しかし、資金流入などにより、市場で流動性がだぶつけばそれを吸収するためのオペを行うのは当然である。基本的には、中立の金融政策が維持されているとみるべきであろう。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の成長鈍化はなぜか?

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国の成長鈍化はなぜか? ここから本文です新興国の成長鈍化はなぜか?中国の趨勢成長率鈍化のインパクトサマリー◆最近の新興国悲観論には行き過ぎの面もあるが、中期的な成長率に対する慎重な見方が増えていることには相応の根拠がある。実際、2000年代の「新興国ブーム」は出来過ぎであり、その再現の可能性は低い。◆「ブーム」期の特徴は、新興国全体の経常収支の黒字拡大と投資主導型高成長が並存したことである。それを可能にしたのが、資源・一次産品価格の上昇、そして中国の高成長

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

トップレポート・コラムコンサルティングレポート地方創生都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 ここから本文です都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義サマリー◆本年3月20日、阪神三宮駅の全面改良工事が完成した。これにより、アクセス性向上、乗り換え時間短縮、列車の速達性向上などの利便性が向上し、周辺の再開発等により、駅周辺地域が活性化することが期待されている。◆この事業は都市鉄道利便増進事業の適用第一号であり、現在、他に相鉄・JR直通線及び相鉄・東急直通線の2つの事業が都市鉄道利便増進事業の適用を

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年10月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年10月号)2013年10月7日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本8月機械受注 ここから本文です8月機械受注非製造業が良好な結果サマリー◆2013年8月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+5.4%と3ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+2.5%)を上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+0.8%と4ヶ月連続の増加となった。「石油製品・石炭製品」が前月比+223.2%と大幅

2013年10月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年8月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本8月雇用統計 ここから本文です8月雇用統計非労働力人口の大幅な減少が失業率を押し上げサマリー◆2013年8月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.3%pt悪化した。失業者数は前月から21万人の増加、非労働力人口は同15万人の減少となった。就業者数は前月から3万人減少した。ただし、雇用者数が前月から7万人増加していることを考慮すると、就業者数の減少は「自営業主・家族従業者」の減少が要因である。8月の有効求人倍率(季節調整値)は0.95倍となり前月

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本8月鉱工業生産 ここから本文です8月鉱工業生産生産は増勢鈍化も、先行きの生産計画は強気サマリー◆2013年8月の生産指数は、前月比▲0.7%と2ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲0.3%)を下回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの低下となり、生産の増勢は鈍化している。出荷指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続の上昇となり、在庫指数は同▲0.1%と3ヶ月ぶりの低下となった。◆8月の生産を業種別に見ると、前月から上昇した業種が7業種、低下が7業種、横ば

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退

トップレポート・コラム経済分析中国中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退 ここから本文です中国:輸出改善による景気下振れリスクの減退8月に生産関連が回復サマリー◆中国の主要経済指標では、2013年6月をボトムに生産関連の回復が目立つ。鉱工業生産は6月の前年同月比8.9%増から8月は同10.4%増と、2012年12月以来の2桁増となった。生産の回復は、輸出改善によるところが大きい。固定資産投資は1月~6月の前年同期比20.1%増から1月~8月は同20.3%増と0.2%ポイントの加速にとどまり、

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本8月貿易統計 ここから本文です8月貿易統計輸出数量は緩やかな増加サマリー◆2013年8月の貿易統計は、輸出金額が前年比+14.7%と6ヶ月連続の増加となり、概ね市場コンセンサス(同+14.5%)に沿った内容となった。輸出金額の季節調整値は前月比+2.2%と2ヶ月ぶりの増加、3ヶ月移動平均値では9ヶ月連続の増加と、輸出金額の増加傾向が続いている。◆輸出数量指数を季節調整値で見ると(季節調整は大和総研による)、前月比+1.2%と、3ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量は

2013年9月20日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を検討しています。

消費税増税と消費者マインド・物価予想

トップレポート・コラム経済分析日本消費税増税と消費者マインド・物価予想 ここから本文です消費税増税と消費者マインド・物価予想過去も駆け込みと反動減の反面、増税前にマインドが低迷し増税後に改善、物価上昇予想にも増税は影響サマリー◆最近消費者マインドの低下を示す指標が表れているが、1989年の消費税導入時や1997年の税率引上げ時の状況を見ると、消費税導入・税率引上げ前には景気動向とは逆に消費者マインドが悪化した一方、駆け込み需要が発生した。導入・引上げ後は、直後に消費自体は反動減が生じたものの、消

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年9月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年9月号)2013年9月6日発表分までの主要経済指標ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 笠原 滝平 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本7月機械受注 ここから本文です7月機械受注コンセンサスを下回るも良好な結果サマリー◆2013年7月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲0.0%と2ヶ月連続で減少し、市場コンセンサス(同+2.4%)を下回った。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+4.8%と3ヶ月連続の増加であった。「パルプ・紙・紙加工品」が前月

2013年9月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口

トップレポート・コラム経済分析日本量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口 ここから本文です量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口過去の非伝統的金融政策との比較から得るインプリケーションサマリー◆本稿では、量的・質的金融緩和と過去の非伝統的金融政策との違いを明確にしたうえで、その違いが出口戦略に与える影響について考察する。◆同じ量的な指標を操作目標としている量的・質的金融緩和と量的緩和政策であるが、そのオペレーションの内容は供給する資金の量と期間という2つの点で大きく異なる。◆

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費者物価 ここから本文です7月消費者物価物価上昇に広がりの兆しサマリー◆2013年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.7%となり、市場コンセンサス(同+0.6%)を上回った。コアCPIの上昇幅が拡大した主な要因は、エネルギーの押上げ寄与が拡大したこと。これは、エジプトの政情不安を背景に原油価格が上昇したことに加えて、前年の裏の効果もあって「灯油」、「ガソリン」の上昇幅が拡大したため。◆また、他の財・サービスに関して見ても、サービ

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本7月鉱工業生産 ここから本文です7月鉱工業生産市場予想からは下振れしたが、持ち直し傾向を確認サマリー◆2013年7月の生産指数は、前月比+3.2%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+3.6%)を下回ったものの、前月の大幅な落ち込みを取り戻す高い伸びであり、生産の持ち直し傾向が確認される内容であった。出荷指数は前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となり、在庫指数は同+1.5%と上昇したことから、在庫率指数は同▲0.5%と2ヶ月ぶりの低下(改善)となった

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年7月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月雇用統計 ここから本文です7月雇用統計製造業の就業者数が2ヶ月連続で増加サマリー◆2013年7月の完全失業率(季節調整値)は3.8%となり、前月から0.1%pt改善した。就業者数は前月から1万人の増加、失業者数は3万人の減少、非労働力人口は2万人の増加となった。7月の有効求人倍率(季節調整値)は0.94倍となり前月から0.02pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月連続で前月から減少、有効求人数は10ヶ月連続の増加となった。◆就業者数(季節調整値)は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ