「コラム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年4月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米住宅市場に変調か

トップレポート・コラム経済分析米国米住宅市場に変調か ここから本文です米住宅市場に変調か供給サイドのボトルネックと今後への期待と不安サマリー◆これまで改善してきた住宅市場関連統計は、2012年の年末あたりからやや軟調に推移。一本調子の改善ではなく、販売が軟調にもかかわらず価格が上昇した。◆住宅価格の上昇は、ファンドからの資金流入が伝えられている住宅需要拡大や、供給側のボトルネックとしての在庫不足と、業者向けの住宅関連与信の不足などが挙げられる。◆世帯数の増加ペースが加速し、住宅の新規需要が高まっ

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注2ヶ月ぶりの増加となったが、基調は弱いサマリー◆2月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+7.5%と2ヶ月ぶりのプラスとなり、市場コンセンサス(同+6.9%)を上回った。ただし、基調を確認するために3ヶ月移動平均で見ると、2ヶ月連続のマイナスとなっていること、民需の60%以上を占める非製造業からの受注が低位で推移していることなどから、機械受注は弱含みが続いているとみている。◆需要

2013年4月9日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル海外

米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的? ここから本文です米雇用環境の改善ペース鈍化は一時的?2013年3月雇用統計:財政問題による影響がじわりサマリー◆2013年3月の非農業雇用者数は前月差8.8万人増、9ヶ月ぶりに10万人台の増加幅を下回り、市場予想も大幅に下回った。過去2ヶ月分は6.1万人の上方修正であったが、3月の増加幅縮小を補うほどではなかった。◆分類別にみると、政府部門は再び減少に転じた。歳出の強制削減が決まったことなどにより今後も雇用削減ペースは加速す

2013年4月2日大和総研フィードバック数:6社会/政治

注目されない輸出価格の上昇

トップレポート・コラムコラム注目されない輸出価格の上昇 ここから本文です注目されない輸出価格の上昇昨年末以降の円安の進展にもかかわらず、輸出数量は依然緩やかな減少が続いている。しかし一方で、輸出金額は昨年10月を底に持ち直しており、それは取りも直さず、輸出価格が大幅に上昇しているためである。景気を考える上では実質ベースの動きが重視され、輸出価格への注目度はそれほど高くないが、足下の円建て輸出価格の動向を見てみると、急激な円安を背景に、実は過去最高水準まで上昇している。円安によって国内における相対

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月雇用統計 ここから本文です2月雇用統計失業率は悪化も、改善基調は継続サマリー◆2月の完全失業率(季節調整値)は4.3%となり、前月から0.1%pt 悪化した。失業者数は前月から5万人増加したものの、就業者数は9万人の増加となった。2月の有効求人倍率(季節調整値)は0.85 倍となり前月と同水準であった。今月の失業者数の増加は、労働市場の改善を写し、非労働力人口の労働力化が進んだことが一部寄与したと考えられる。そのため、雇用関連統計を総じて見ると、改善基調が引

2013年4月1日大和総研フィードバック数:3社会/政治

2月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費統計 ここから本文です2月消費統計個人消費の大幅増加が続くサマリー◆実質消費支出は前年比+0.8%と2ヶ月連続のプラスとなった。季節調整値で見ても前月比+2.2%と2ヶ月連続の増加、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+1.5%と3ヶ月連続の増加となった。昨年がうるう年であったにもかかわらず消費金額は前年比で増加しており、供給側の統計である小売販売金額も増加が続いている。消費者マインドも高水準での推移が続いており、2

2013年3月27日大和総研フィードバック数:3社会/政治

日銀新体制に期待される金融政策の中身

トップレポート・コラム経済分析日本日銀新体制に期待される金融政策の中身 ここから本文です日銀新体制に期待される金融政策の中身債務デフレ要因を払拭していくことがポイントサマリー◆2013年3月20日、日銀新体制が始動、金融緩和の追加策が注目される。◆実質金利を欧米並みのマイナスにするまで金融緩和を続けることが必要。◆金融政策決定のうえで、資産市場動向を勘案していくことの重要性が増していく。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計金額ベースでは持ち直し傾向続くも、輸出数量は依然低迷サマリー◆2013年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けると、円安の効果もあり輸出価格が前年比+15.0%と大幅に上昇する一方で、輸出数量が同▲15.5%と大幅に落ち込んだことが下押し要因となった。◆ただし、①前年の2012年がうるう年だったこと、②中国の春節

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調 ここから本文ですFOMC:資産買い入れ規模は流動的と強調今後は財政問題と資産買い入れの「効果」と「コスト」に注目サマリー◆2013年2回目のFOMCでは、政策変更はなく、事実上のゼロ金利政策とQE3の資産買い入れ規模が維持された。声明文では、経済活動が緩やかな成長に戻ったと現状認識を上方修正した。◆Fedメンバーによる金利見通しでは、利上げのタイミングを2013年と予想する者が一人減り、2014年と予想する者が一人増えた

2013年3月20日大和総研フィードバック数:2社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」の効果もあり、景気回復局面へ「欧州ソブリン危機」再燃などのリスク要因に要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、201

2013年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2013年3月号)

トップレポート・コラム経済分析米国アメリカ経済グラフポケット(2013年3月号) ここから本文ですアメリカ経済グラフポケット(2013年3月号)2013年3月15日発表分までの主要経済指標 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻

2013年3月18日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

米国のFTA戦略

トップレポート・コラム経済分析米国米国のFTA戦略 ここから本文です米国のFTA戦略輸出倍増に向けた米国の取組み 土屋 貴裕ニューヨークリサーチセンター 上野 まな美 サマリー◆安倍首相の訪米時に関心が高まったTPP はオバマ政権と米議会でも重要課題である。オバマ政権は2010年に輸出倍増戦略を掲げ、官民での輸出倍増に向けた取組みの一環としてFTAの活用が挙げられている。◆米国は、カナダ、メキシコ、韓国など、すでに20ヵ国とのFTAを締結、発効させている。米国の輸出は拡大基調にあり、FTA締結国

2013年3月14日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

英国:「開かれた国」は維持可能か?

トップレポート・コラム経済分析欧州英国:「開かれた国」は維持可能か? ここから本文です英国:「開かれた国」は維持可能か?ジレンマを抱えた移民政策サマリー◆英国連立政権による移民政策は、優秀な人材のみを歓迎する姿勢を明確にすることで純移動者数の大幅な削減を目指すものである。しかし、移民の増加に対する国民の懸念を和らげるためタフなアプローチを掲げながらも、開かれた国であることをアピールしなければならないジレンマに直面するなど、移民政策の多面性を浮き彫りにしている。このコンテンツの著作権は、株式会社大

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

大量更新期を迎える上下水道

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済大量更新期を迎える上下水道 ここから本文です大量更新期を迎える上下水道官民連携と取捨選択が持続性向上に重要サマリー◆公共インフラの維持補修や更新投資は、日常生活を安全・安心なものとするための今後の大きな課題である。生活者としての日常に密着している上下水道は、わが国では地方公営企業が運営しているものがほとんどで、2010年度における地方公営企業運営による水道の普及率は97.3%、下水道は86.9%となっている。◆水道管は1970年代、下水道管は199

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用環境は改善ペースが加速

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境は改善ペースが加速 ここから本文です米雇用環境は改善ペースが加速2013年2月雇用統計:今後は労働参加率の変動に注目サマリー◆2013年2月の非農業雇用者数は前月差23.6万人増、2ヶ月ぶりに20万人台の増加幅となり市場予想を上回った。過去2ヶ月分の雇用者数は合計では1.5万人の下方修正であったが、昨年末から雇用者数の増加ペースが加速していることからポジティブな内容と捉えている。◆分類別にみると、政府部門は引き続き減少した。今後も歳出の一律削減が決まっ

2013年3月7日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

中国:持続的安定成長を強調

トップレポート・コラム経済分析中国中国:持続的安定成長を強調 ここから本文です中国:持続的安定成長を強調矛盾・問題点はそのまま次期政権に引き継ぎサマリー◆3月5日に開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議では、10年間にわたり首相を務めた温家宝氏が首相として最後の政府活動報告を行った。経済・社会における矛盾と問題については、発展の不均衡・不調和・持続不可能という問題が依然として際立っていることなどが列挙されたが、そのほとんどは以前より指摘されてきた矛盾・問題であり、これらはそのまま習

2013年3月6日大和総研★フィードバック数:6キャリアとスキル

男女の差に注目しています。

日本の女性就業率は欧州より低い?

トップレポート・コラム経済分析欧州日本の女性就業率は欧州より低い? ここから本文です日本の女性就業率は欧州より低い?注目すべきは就業率の男女差サマリー◆日本において今後の生産年齢人口が大幅に縮小していく中、女性の労働力の一層の活用が期待されている。そこで、本レポートを通じて女性の活躍が目覚ましい欧州の就業状況について考察し、日本の状況との比較をしてみたい。◆日本の女性就業率はEU諸国と比較して、それほど低くない。しかし男女の就業率の差に注目すると、EU諸国に比べて非常に大きな男女差が見られる。特

2013年3月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国共産党新指導部の特徴と経済政策

トップレポート・コラム経済分析中国中国共産党新指導部の特徴と経済政策 ここから本文です中国共産党新指導部の特徴と経済政策~安定第一。5年後に改革志向が強まるか?~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリー2012年11月15日の第18期党中央委員会第1回全体会議で、習近平氏を総書記とする中国共産党新指導部が誕生した。最高指導部を形成する中央政治局常務委員人事では、経済通の王岐山氏が、序列6位の中央紀律検査委員会書記に就任し、経済分野の担当から外れた。何よりも「安定」が最優先

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月貿易統計 ここから本文です1月貿易統計輸出は下げ止まるも、やや物足りない印象サマリー◆2013年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+6.4%と、8ヶ月ぶりの増加に転じ、市場コンセンサス(同+5.6%)を上回った。輸出金額を季節調整値で見ても前月比+3.6%と3ヶ月連続の増加となっており、輸出は下げ止まりつつあると言える。ただし、輸出数量は同▲6.0%と前年割れが続いている。鉱工業生産等の国内景気は輸出数量との連動性が高いことに鑑みると、国内景気を牽引する程

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方公共団体の財政面の現状

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済地方公共団体の財政面の現状 ここから本文です地方公共団体の財政面の現状強い地方を作るための足元再確認サマリー◆わが国が直面する諸課題に対応するためには、総合的な国力の増強が重要であり、国力増強の基礎は各地域が強くなることにある。その前提として、本稿では地方公共団体の財政面に焦点をあて、まずは大枠の現状把握を試みた。◆地方公共団体純計の普通会計と国の一般会計を過去約四半世紀さかのぼって比較すると、歳入規模は地方公共団体純計の方が大きい年度が大半である

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計底堅い推移が続くサマリー◆2012年12月の家計調査によると、実質消費支出は前年比▲0.7%と2ヶ月ぶりのマイナスとなった。季節調整値は前月比▲0.7%と2ヶ月連続の減少、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.3%と2ヶ月ぶりの増加となった。個人消費は底堅い推移を続けていると判断できる。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計の結果を見ると、2012年12月の小売業名目販

2013年1月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計輸出に下げ止まりの兆しサマリー◆2012年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲5.8%となり、市場コンセンサス(同▲4.2%)を下回った。ただし、輸出金額の季節調整値は前月比+2.4%と2ヶ月連続の増加となっており、これまで減少傾向が続いてきた輸出に下げ止まりの兆しがみられている。◆12月の輸入金額は、前年比+1.9%と2ヶ月連続で前年を上回った。輸入数量は前年比0.0%であったが、円安によって輸入価格が同+1.

2013年1月20日大和総研フィードバック数:5社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか? ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」をどう捉えるか?安倍政権の成立の影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に改訂リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆安倍政権成立の影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に改訂:当社は、2012年12月26日(水)に、安倍政権が成立した影響などを考慮し、経済見通しを暫定的に上方修正した。改訂後の実質GDP予想は

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ

トップレポート・コラム経済分析中国中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ ここから本文です中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ2012年のジニ係数は0.474と警戒ラインを上回るサマリー◆国家統計局によると、2012年の中国の実質GDP成長率は7.8%だった。成長率の8%割れは1999年の7.6%以来13年ぶりである。四半期ベースの実質GDP成長率は、7月~9月まで7四半期連続の成長率鈍化となったが、10月~12月にようやく上向いた。景気は2012年7月~9月に底を打ち、今後は緩やかに

2013年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

11月機械受注 内・外需ともに堅調

トップレポート・コラム経済分析日本11月機械受注 ここから本文です11月機械受注内・外需ともに堅調サマリー◆11月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比+3.9%と2ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を上回った。基調を3ヶ月移動平均で見ると、3ヶ月ぶりの増加に転じており、これまで続いてきた減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆業種別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。パルプ・紙・紙加工品の大幅増は、大型案件等

2013年1月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

米国の雇用環境は緩やかに改善

トップレポート・コラム経済分析米国米国の雇用環境は緩やかに改善 ここから本文です米国の雇用環境は緩やかに改善2012年12月の雇用統計:失業率は7.8%で横ばいサマリー◆2012年12月の非農業雇用者数は前月差15.5万人増となり、市場予想とほぼ同じ増加幅であった。2012年は1年間で183.5万人の雇用者数が増加した。2011年とおおむね同じ増加幅であり、雇用の加速を示す1年ではなかったが、雇用環境は緩やかに改善していると言えるだろう。◆失業率は前月から変わらず7.8%となった。ただし、より詳

2011年8月11日総務省★★フィードバック数:78マーケティング

情報通信白書が発表されました。

平成23年「情報通信に関する現状報告」(平成23年版情報通信白書)

報道資料平成23年「情報通信に関する現状報告」(平成23年版情報通信白書)の公表 総務省は本日、平成23年「情報通信に関する現状報告」(平成23年版情報通信白書)を公表しました。情報通信白書は、我が国の情報通信の現況、情報通信の政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成しており、今回で39回目となります。今回の白書では、第1部で東日本大震災における情報通信の状況について記載した上、第2部を特集「共生型ネット社会の実現に向けて」とし、社会への情報通信の浸透

2009年7月13日総務省★★★フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

今年も情報通信白書が発表になりました。

情報通信に関する現状報告(情報通信白書)

報道資料平成21年「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)の公表総務省は本日、平成21年「情報通信に関する現状報告」(平成21年版情報通信白書)を公表しました。平成21年版情報通信白書は、国民に広く利用される白書を目指して、様々な工夫を行っています。特集テーマは「日本復活になぜ情報通信が必要なのか」とし、世界的な経済危機の中で、情報通信政策の観点からいかに日本再生に貢献できるのかを分析しました。平成21年版情報通信白書は、これまでの白書と3つの点で異なります。第一は、広く一般から公募した表紙

2009年1月5日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

リクルートが中途採用の暗い見通しを発表しています。

中途採用見通し調査2009

新着情報マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析2 役割に虫眼鏡をあててみた」を公開しました。 マルチサイクル・デザインの時代のコラム「分析1 キャリア曲線を5つに分類してみた」を公開しました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ