調査のチカラ TOP > タグ一覧 > コーヒー飲用

「コーヒー飲用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

缶コーヒーの利用に関するアンケート調査(第12回)

缶コーヒーの利用に関するアンケート調査(第12回) ■缶コーヒー飲用者は全体の7割弱。週1本以上飲用者は全体の2割強、男性40~50代で各4割弱。缶コーヒー飲用者が最も好んで飲む甘さは「微糖、低糖」が4割強。「無糖」は約36%で、男性での比率が高い傾向。■缶コーヒーの選定基準は「味」が飲用者の5割強、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」などが各3~4割。購入時に「だいたい同じ銘柄を買うことが多い」が飲用者の4割弱、「タイプはだいたい同じだが銘柄・メーカーはあまり決まっていない」「

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒー飲用者は全体の7割弱、過去調査より減少傾向。週1本以上飲用者は全体の2割強、男性30・40代では各4割強。缶コーヒー飲用者が最も好んで飲む甘さは「微糖、低糖」が4割強「無糖」が3割強。 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」などが続く。 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など、店頭や商品からの情報が続く。

2014年3月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒーを飲む人は7割強で、過去調査と比べて減少傾向。週1本以上飲む人は全体の3割弱、男性30・40代では各半数。WONDA主飲用者、ダイドーブレンド主飲用者では他の層より飲用頻度が高い傾向 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「無糖・微糖などの糖類の量」「タイプ」「価格」の順で多い。「価格」は過去調査に比べ増加傾向 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など

2013年4月1日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 缶コーヒーの利用(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ缶コーヒーを飲む人は7割強で、過去調査と比べて減少傾向。週1本以上飲む人は全体の3割弱、男性30・40代では各半数 缶コーヒーの選定基準は「味」がトップで、「タイプ」「無糖・微糖などの糖類の量」「価格」の順で多い 缶コーヒー選定時の情報源で最も多いのは「テレビ番組・CM」で、「店頭の情報(POPなど)」「商品パッケージの説明」など、店頭や商品からの情報が続く よく飲むタイプは「カフェ・オ・レ、カフェラテ、カプチーノ」「ブラック」が飲用者の各

コーヒーについてのまとまった調査結果です。

コーヒー飲用実態調査

コーヒー飲用実態調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ