調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サービス業

「サービス業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

新型コロナウイルス感染症の中小・小規模企業影響調査(2020年7月)

新型コロナウイルス感染症の中小・小規模企業影響調査(2020年7月)調査結果中小機構 企画部調査課では「新型コロナウイルス感染症の中小・小規模企業影響調査(7月度)」をWebアンケートにて実施しました。令和2年7月29日~31日の間、全国の中小企業・小規模事業者(個人事業主含む)約2,000社から得られました回答を集計し、以下に公表いたします。前年同月比でマイナス影響が発生・発生見込みの合計割合は、前回から3.5 ポイント増の75.9%となりました。「宿泊・飲食業」の業績悪化幅が依然として大きく

2020年8月20日インフォマート★★フィードバック数:0ビジネス

特集レポート:「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響」

特集レポート「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響」ダウンロード 特集レポート:「世界的な新型コロナウイルスの感染拡大による日本経済への影響」 資料ダウンロード 新型コロナウイルスにより、ヒトとモノの動きが制限され経済活動が停滞する中で、各業界にさまざまな影響が出ています。例えば、サービス業ではヒトの動きが制限されたことで、来客数が減少し業績が悪化している店舗が多い一方で、多くの企業はリモートワークが推進されたことでオンライン会議システムなどの需要は高まっている現状

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」

【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」/"部下の成長を感じていない"管理職が5年前の3倍に【管理職1,070人の意識調査】管理職の悩みダントツ1位は「部下の育成」/"部下の成長を感じていない"管理職が5年前の3倍に|新着情報|人材育成・教育研修 累計13,000社260万人以上に人材育成サービスを提供する株式会社ラーニングエージェンシー(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔、以下「LA」)は、2019年12月~2020年3月の期間、管理職1,070人を

2020年7月20日日本M&Aセンターフィードバック数:0ビジネス

コロナ禍、「生き残り」のためのM&A

【アンケート調査】コロナ禍、「生き残り」のためのM&A 新型コロナウィルスは、これまで誰も経験したことのない恐怖やいつ収束するのか、第二波、第三波はいつ起こるのかという不安を生んでいます。4月~6月の間は、未曾有の危機に右往左往していた経営者も、7月に入り今後の経営戦略や次の危機をどう乗り切るか、考えている方も多いかと思います。Withコロナ時代に、企業は自社の経営をどのように考え、どのような戦略で次の危機を乗り切るか。会社・事業の売却もしくは買収について検討したことがある経営者111名を対象に

2020年4月17日BookLiveフィードバック数:0ライフスタイル

BookLive!アンケート「”仕事と気分転換”に関する意識調査アンケート」レポート

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介! BookLive!アンケート「”仕事と気分転換”に関する意識調査アンケート」レポート BookLive! では、卒業式について、ユーザーのみなさんにアンケート調査しました。その結果をご報告いたします!【1】仕事で「行き詰まり」を感じた事はありますか?お仕事で「行き詰まり」を感じた事はありますか?という質問には、約半数の人が「しょっちゅうある(数ヶ月に1回以上)」と答えました。次いで「たまにある(年1回以上)」と答えた人が32.4%、「あまりない」

2020年4月10日リスクモンスター★★フィードバック数:0社会/政治

調査結果発表:第1回 東京オリンピック・パラリンピック延期の影響アンケート(リスモン調べ)

調査結果発表:第1回 東京オリンピック・パラリンピック延期の影響アンケート(リスモン調べ) 調査結果発表:第1回 東京オリンピック・パラリンピック延期の影響アンケート(リスモン調べ) 2020年03月27日 調査結果発表:第1回 東京オリンピック・パラリンピック延期の影響アンケート(リスモン調べ)リスクモンスター株式会社データ工場 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、IOC(国際オリンピック委員会)は、2020年7月24日に開幕する予定だった東京オリンピック・パラリンピックを1年程

2019年8月19日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年7月の全国企業倒産802件

倒産件数が802件 2017年5月以来、2年2カ月ぶりに800件台に急増 2019年7月度の全国企業倒産(負債額1000万円以上)は、件数が今年最多の802件(前年同月比14.2%増)、負債総額は934億円(同17.1%減)だった。は、2017年10月以来、1年9カ月(21カ月)ぶりに2カ月連続で前年同月を上回った。件数が800件を超えたのは2017年5月(802件)以来、2年2カ月(26カ月)ぶり。7月度としては2014年(882件)以来の800件台となったが、1990年以降の30年間では20

2019年7月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年上半期(1-6月)の全国企業倒産3991件

倒産件数が3,991件で29年ぶり低水準、上半期では10年連続で減少 2019年上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が3,991件、負債総額が7,623億6,000万円だった。は、前年同期比3.7%減(157件減)。上半期では10年連続で前年同期を下回り、1990年(2,948件)以来の低水準となった。は、前年同期比2.1%増(157億5,700万円増)の微増で、上半期では2017年(2兆2,104億3,800万円)以来、2年ぶりに増加した。これは負債1,000億

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

2019年 1月報倒産件数は694件、2カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1723億5600万円、3カ月ぶりの前年同月比増加 主要ポイント■倒産件数は694件と、2カ月ぶりに前年同月を上回り、2017年10月(前年同月比10.1%増)以来、1年3カ月ぶりの前年同月比2ケタ増■負債総額は、負債100億円以上の倒産が2件発生したことなどを受け、前年同月比71.5%増の1723億5600万円■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。小売業(158件、前年同月比17.9%増)は2カ月ぶり、

2019年2月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長年齢分析(2019年)

2019/1/29全国社長年齢分析(2019年)社長の平均年齢、59.7歳〜 昭和生まれ社長は建設業、平成生まれ社長はサービス業に多い 〜はじめに日本で“高齢化”が叫ばれるようになって久しい。「平成30年版高齢社会白書」(内閣府)によると、65歳以上の高齢者人口は3515万人で、2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になることが推計されている。高齢化による様々な影響が懸念されているが、企業においても経営者の平均年齢は年々上昇傾向で推移しており、円滑な事業承継が求

2019年1月21日リクルートフィードバック数:0社会/政治

介護サービス業で働く人の満足度調査

プレスリリース記事詳細半数が介護施設での仕事に満足、満足層の8割が勤続意向を表明。IT導入施設で働く職員の個人メールアドレス保有率は2割。満足層と不満層で差-HELPMAN JAPAN 「介護サービス業で働く人の満足度調査」-株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)が行う、日本の介護サービス業の就業人口を増やすためのプロジェクト『HELPMAN JAPAN』は、介護サービス業で働く方の満足度の実態を明らかにするために、全国の介護職従事者を対象に調査を実施いた

2018年4月9日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況-平成30年3月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成30年3月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:踏みとどまる見通し:わずかに上向く2月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-26(前月-27)と2か月連続の悪化からほぼ横ばいとなり、踏みとどまった。今後3か月間(3~5月)の業況見通しDI(当月(2月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-13(前月-15)と2ポイント増加、

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

【2017年(1-12月)】「飲食業」の倒産状況(2017年12月29日現在)

【2017年(1-12月)】「飲食業」の倒産状況(2017年12月29日現在) 公開日付:2018.01.05 2017年(1-12月)の「飲食業」の倒産は速報値で762件(前年639件)に達した。前年より約2割増で推移し、3年ぶりに750件を上回った。負債総額は、負債1億円以上5億円未満の企業倒産が4割増と負債を押し上げ、前年を上回った。ただし、全体では負債1億円未満の小・零細規模が88.8%を占めた。仕入価格高騰や人手不足による人件費増加などのコストアップが影響し、さらに、景気実感の乏しさを

2018年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

【2017年(1-12月)】「人手不足」関連倒産(2017年12月29日現在)

【2017年(1-12月)】「人手不足」関連倒産(2017年12月29日現在) 公開日付:2018.01.05 企業倒産が低水準な推移の一方で、中小企業を中心に人手不足が深刻化している。「人手不足」関連倒産は、「後継者難」型が中心で現状は推移しているが人手不足感が解消されない中で「求人難」型が、2017年(1-12月)では前年より2倍増で推移し、今後の動向が注目される。 2017年12月の「人手不足」関連倒産は速報値で21件(前年同月27件)で、2カ月連続で前年同月を下回った。内訳は、代表者や幹

2018年1月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2017年11月の全国企業倒産677件

倒産件数は677件 都道府県別では3カ月連続で「増加」が「減少」を上回る 2017年(平成29年)11月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は件数が677件、負債総額は1,456億6,300万円だった。は、前年同月比2.3%減(16件減)。3カ月ぶりに前年同月を下回り、11月としては1990年(633件)以来の低水準にとどまった。こうしたなか都道府県別では、前年同月比増加が24道府県、減少が21都県になり、3カ月連続で「増加」が「減少」を上回った。これは、リーマン・ショックがあった200

2017年12月28日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年10月分)について 平成29年11月30日民間工事は、サービス業、情報通信業、その他等が減少したため、対前年同月比1.8%減少し、先月の増加から再び減少した。総計は、同6.7%増加し、3ヶ月ぶりに増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイ

2017年12月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年10月の全国企業倒産733件

倒産件数は733件 6年3カ月ぶりに2カ月連続で前年同月を上回る 2017年(平成29年)10月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は件数が733件、負債総額は958億7,900万円だった。は、前年同月比7.3%増(50件増)になり、2011年7月以来、6年3カ月ぶりに2カ月連続で前年同月を上回った。今年3月以降は、前年同月比増加(3月、5月、7月、9月)と減少(4月、6月、8月)を交互に繰り返してきたが、ここにきて倒産減少の「底打ち」の動きが強まりをみせている。これを裏付けるように、都

製造業とサービス業を対象にIoT実態調査第3弾

PRESS RELEASE2017年10月18日富士通クラウドテクノロジーズ株式会社富士通クラウドテクノロジーズ、IoT実態調査の第3弾を実施~IoT活用企業の64.7%が「期待通り」「期待以上」の効果を実感、全体の期待値は横ばい~ 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:愛川 義政)は、企業におけるIoT活用の実態を把握するため、アンケート調査を実施しました。当社は、今後特に製造業とサービス業においてIoT活用のニーズが高まると考え、両業種のIoT活用実態を把

2017年10月26日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

第2回 全国「労働基準関係法令の違反企業」実態調査

第2回 全国「労働基準関係法令の違反企業」実態調査 公開日付:2017.10.11 厚生労働省が9月15日までに労働基準関係法令(以下、労基関係法)に違反し、企業名を公表した企業数が520社(累計525件)にのぼった。労基関係法の違反企業名の公表は、2016年12月に厚生労働省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策に基づく。厚労省労働基準局監督課が「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として各都道府県の労働局別に2016年10月以降の違反企業を公表している。5月10日の1回目から9月15日までに5回

2017年10月25日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年度上半期(4-9月)の全国企業倒産4,220件

倒産件数は4,220件、年度上半期としては9年ぶりに前年同期を上回る 2017年度(平成29年度)上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,220件、負債総額が2兆1,173億7,800万円だった。は、前年同期比0.09%増(4件増)。年度上半期としては過去20年間で2016年度(4,216件)に次ぐ低い水準ながら、2008年度以来9年ぶりに前年同期を上回った。さらに、年度上半期の原因別では「販売不振」が8年ぶりの増加、負債額別では「負債10億円以上の大型倒産」が

2017年10月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年9月報

2017年 9月報倒産件数は648件、3カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1043億7800万円、3カ月ぶりの前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は648件で、前月比では2.7%減少したものの、前年同月比では4.2%の増加となり、3カ月ぶりに前年同月を上回った。負債総額は1043億7800万円と、前月比で17.6%、前年同月比でも12.1%増加し、3カ月ぶりの前年同月比増加となった■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。このうち、サービス業(161件、前年同月比14.2%増)は2

2017年10月11日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年9月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年9月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。8月の景況業況: 再び上向く見通し: 模様眺め続く8月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲23(前月▲25)と2ポイント増加、再び上向いた。今後3か月間(9~11月)の業況見通しDI(当月(8月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲14(前月▲14)と横ばいで推移し、模様眺めが続いた。業種

2017年8月28日スリールフィードバック数:0社会/政治

両立不安白書

「仕事と子育ての両立不安」 この言葉を聞いて、皆さんは何を想い浮かべるでしょうか。結婚・出産が目前に迫った女性の方や、子育て中の方は、 「うんうん、分かる」と思ってくださるかもしれません。もしかしたら、「また女性の支援の話か」 「自分達も大変なんだけどな」と思われる方もいるかもしれません。この「両立不安」の問題は、日本の中にある「思い込み・固定観念」についてのお話しです。 いかに日本の中で、「働き方」「子育て」「性別役割分担」の固定観念があり、人々が縛られているか。労働力人口が激減し、働き方改革

2017年8月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年7月の全国企業倒産714件

倒産件数が714件 2カ月ぶりの増加で一進一退の推移が続く 2017年(平成29年)7月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が714件、負債総額は1,098億8,500万円だった。は、前年同月比0.2%増(2件増)で、微増ながら2カ月ぶりに前年同月を上回った。低水準な推移に変わりがない中で、7月としては2011年7月(1,081件)以来6年ぶりに前年を上回った。また、3月以降は前年同月比増加(3月、5月、7月)と減少(4月、6月)を繰り返す一進一退の推移で、倒産減少の「底打ち」を

2017年8月9日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年6月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年6月分)について 平成29年7月31日 民間工事は、不動産業、製造業、サービス業等が減少したため、対前年同月比0.1%減少し、 3ヶ月連続で減少した。総計は、同2.3%増加し、3ヶ月ぶりに増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイ

2017年7月19日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

「豊洲」所在企業の実態調査

公開日付:2017.07.06 6月20日、小池百合子東京都知事は懸案の中央卸売市場(築地市場)の移転問題で、築地市場の機能を豊洲に移転させることを表明した。土壌汚染による環境問題に端を発し、2016年11月に移転延期を表明してから様々な議論を巻き起こした市場移転問題。小池知事の「築地は守る・豊洲は活かす」の基本方針で、市場機能の豊洲移転が大きく現実味を帯びてきた。豊洲地区は昭和初期にかけ整備され、歴史は浅い。造船需要の高まりで東京石川島造船所(現:(株)IHI)の造船工場などが設置され、主に工

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年4月の全国企業倒産680件

倒産件数が680件 4月としては27年ぶりの低水準 2017年(平成29年)4月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が680件、負債総額は1,040億6,000万円だった。は、前年同月比2.1%減(15件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回った。前月3月が3カ月ぶりの増加に転じて推移が注目されたが、4月としては1990年(526件)以来27年ぶりの低水準になった。依然として企業倒産は抑制された状況が続いている。これは金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることに加えて、国内景

2017年5月18日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査

「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査 公開日付:2017.05.17 5月10日、厚生労働省労働基準局監督課が、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として法令違反した企業名を初めて公表した。2016年10月1日以降に労働基準関係法令に違反し、書類送検した334件(社数は332社)を同省ホームページ上に掲載している。社名一覧の公表は2016年12月に同省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環で、違反企業は毎月定期的に掲載する。東京商工リサーチでは、今回公表された労働基準関係法令に

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)

2017/4/27新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)IPOの目的、「社内管理体制の強化」「売り上げの拡大」の割合が浮上〜 企業所在地は「東京」が4割で最多も地方企業の割合増加 〜はじめに2016年11月の米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選すると、減税や財政出動、インフラ投資の拡大といった同氏の経済政策への期待からドル高が進んだ。相対的に円安となったことで国内株式市場も上向き、2017年に入ってからも堅調に推移している。そのため2017年のIPOは、前年のLINE、九州旅客鉄道(JR

製造業とサービス業を対象にIoT実態調査 第2弾

PRESS RELEASE2017年4月27日富士通クラウドテクノロジーズ株式会社富士通クラウドテクノロジーズ、製造業とサービス業を対象にIoT実態調査の第2弾を実施~全体の37%がIoT活用を「検討」以上の段階に。推進体制や相談先の確保が引き続き課題~富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:愛川 義政)は、企業におけるIoT活用の実態を把握するため、国内の製造業とサービス業を対象にアンケート調査を実施しました。本調査は、2016年9月に実施した調査の第2弾とな

2017年4月19日マイナビフィードバック数:0ビジネス

2016年度の全国企業倒産状況 - 帝国データと商工リサーチの値を比較

ビジネストップ経営・ビジネス企業IT情報システムセキュリティモバイル開発/エンジニア業務システムSOHO/SMB企業動向マーケティングビジネススキル向上ベンダーコンテンツNETGEARニフクラカゴヤ・ジャパン仮想化ストレージアイ・ユー・ケイRPAGLOVIA きららCTCテクノロジーエンジニア学習支援テクノロジーIT製品比較4月10日、帝国データバンクと東京商工リサーチから2016年度(2016年4月から2017年3月)の全国企業倒産の集計結果が発表された。同年度の倒産件数と負債総額は、帝国デー

2017年4月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年3月の全国企業倒産786件

倒産件数が786件 3カ月ぶりに前年同月を上回る 2017年(平成29年)3月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が786件、負債総額は1,668億100万円だった。は、前年同月比5.3%増(40件増)で、3カ月ぶりに前年同月を上回った。また、都道府県別では、前年同月より増加が22道府県、減少が22都県と拮抗し、地区別では9地区のうち5地区で前年同月を上回るなど、倒産減少傾向の「底打ち」を窺わせた。は、前年同月比5.1%減(90億9,800万円減)で、2カ月連続で前年同月を下回っ

2017年3月31日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年3月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年3月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:引き続き横ばい見通し:回復への期待感、わずかに弱まる2月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲30(前月▲31)と前月とほとんど変化がなく、引き続きほぼ横ばいで推移した。今後3か月間(3~5月)の業況見通しDI(当月(2月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲15

2017年3月31日スターツ出版フィードバック数:0キャリアとスキル

東京女性のホンネ調査“プレミアムフライデー”リアルレポート 第二弾

【働く東京女性1100人の実態を調査】プレミアムフライデーの過ごし方【働く東京女性1100人の実態を調査】プレミアムフライデーの過ごし方|東京女性のホンネ調査 まもなく迎える第2回「プレミアムフライデー」。2017年2月24日(金)の初回は、どれだけの人が普段より早く帰宅できたのか、どのように過ごしたのか・・・。オズモール会員・有職者1100人に事後アンケートを実施し、実態を調査更新日:2017/03/22 「プレミアムフライデー」実際に早く帰れた人はいるの? 「プレミアムフライデー」は職場で

2017年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年2月の全国企業倒産688件

倒産件数が688件 2月としては1991年以来の低水準 2017年(平成29年)2月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が688件、負債総額は1,158億3,400万円だった。は、前年同月比4.8%減(35件減)。2カ月連続で前年同月を下回り、2月としては1991年(677件)以来、26年ぶりの低水準にとどまった。企業倒産は抑制された状況が続いているが、この要因としては金融機関が中小企業のリスケ要請に対応していることに加え、国内景気の緩やかな回復、財務内容に改善の兆しがみえる企業

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年1月の全国企業倒産605件

倒産件数が605件 1月としては1990年以来の低水準 2017年(平成29年)1月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が605件、負債総額は1,284億8,700万円だった。は、前年同月比10.3%減(70件減)。2カ月ぶりに前年同月を下回り、1月としては1990年(455件)以来の低水準にとどまった。産業別件数では10産業のうち9産業で前年同月より減少した中で、唯一増加した「サービス業他」(前年同月比11.8%増)は、6カ月連続で前年同月を上回った。これは飲食業(53→64件

2017年1月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年12月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年12月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。11月の景況業況:13か月ぶりに▲20台に戻す見通し:模様眺めの状態続く11月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲28(前月▲34)と6ポイント増加、13か月ぶりに▲20台に戻した。今後3か月間(12~2月)の業況見通しDI(当月(11月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲

2016年12月24日東京商工会議所フィードバック数:0ビジネス

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年10-12月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年10-12月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年11月4日から11月15日まで、対象は東京23区の中小企業2,509社。調査はWEB、FAXおよび聴き取りで行い、回答数は783社(回答率31.2%)。今回は、付帯調査として「従業員の兼業・副業」を併せて実施しております。【 東京の景況は一部持ち直しがみられる。先行きは改善の見込

2016年10月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年9月の全国企業倒産650件

(2016年10月18日更新)倒産件数が649件、件数・負債総額ともに今年最少 2016年(平成28年)9月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が649件、負債総額は850億6,300万円だった。は、前年同月比3.4%減(23件減)で、2カ月ぶりに前年同月を下回った。今年最少で、9月としては1990年(531件)以来の低水準にとどまった。依然として金融機関が中小企業のリスケ要請に対応しているほか、財務内容に改善の兆しがみえる企業への貸出増も追い風になっているとみられる。は、前年同

2016年10月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年度上半期(4-9月)の全国企業倒産4,217件

(2016年10月18日更新)倒産件数は4,216件、年度上半期では1990年度以来、26年ぶりの低水準 2016年度(平成28年度)上半期(4-9月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,216件、負債総額が6,623億9,200万円だった。は、前年同期比3.9%減で年度上半期としては8年連続で減少した。これはバブル期の1990年度同期(3,070件)に次ぐ、26年ぶりの低水準。依然として金融機関が中小企業のリスケ要請に対応しているほか、財務内容に改善の兆しがみえる企業への貸

2016年7月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年上半期(1-6月)の全国企業倒産4,273件

倒産件数が4,273件 25年ぶりに上半期で2年連続の5,000件割れ 2016年(平成28年)上半期(1-6月)の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が4,273件、負債総額が7,936億300万円だった。は、前年同期比6.4%減(295件減)で、7年連続で前年同期を下回った。上半期として2年連続で5,000件を割り込んだのは1991年以来25年ぶりの低水準。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることや、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引され景気全体が底上げされている

2016年6月29日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年6月調査

東京都中小企業の景況平成28年6月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:わずかに悪化見通し:足踏み状態続く◎5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、わずかに悪化した。今後3か月間(6〜8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲19(前月▲18)とほぼ横ばいで推移し、足踏み状態が続いて

2016年6月21日RJCリサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年電子レジスター調査

RJCリサーチが行った自主調査レポートをまとめています。 この度、電子レジスター(*)の利用状況調査を実施しましたので、調査結果をお知らせします。本調査は2003年以来、毎年継続して実施しております。*電子レジスター・・・POSシステムなどに連動されずに、主に単独で使用されているレジスター1. 『電子レジスターのシェアNo.1は「カシオ」。14年連続でトップ。』単独利用の電子レジスターは「カシオ」が調査を開始した2003年以来、14年連続でトップを維持しています。電子レジスターを単独利用している

2016年5月29日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年5月調査

東京都中小企業の景況平成28年5月24日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。4月の景況 業況:前月より4ポイント改善見通し:改善への期待感が一服◎4月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲31と、前月(▲35)より4ポイント増加とやや改善した。今後3か月間(5〜7月)の業況見通しDI(当月(4月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月 ▲19)とほぼ横ばいとなり、

2016年3月2日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年1月分)について 平成28年2月29日 民間工事は、製造業、不動産業、サービス業等が減少したため、対前年同月比23.1%減少し、先月の増加から再び減少した。総計は、同13.8%減少し、3ヶ月ぶりに減少した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です

2016年2月29日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年2月調査

東京都中小企業の景況平成28年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:3か月連続で悪化見通し:先行き懸念◎1月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、3か月連続で悪化した。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDI(当月(1月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲23(前月▲19)と4ポイント減少、やや後退し先行きが

2016年2月3日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成27年計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成27年計)について 平成28年1月29日 民間工事は、サービス業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年比19.4%増加し、昨年の減少から再び増加した。総計は、前年比1.4%増加し、6年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Read

2016年1月26日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「休廃業・解散企業」動向調査

公開日付:2016.01.22 2015年の休廃業・解散件数は2万6,699件(前年比2.4%減)で、2年連続で前年を下回った。だが、リーマン・ショック後の2009年以降、2万5,000件以上の高水準で推移している。2015年の企業倒産は25年ぶりに9,000件を下回った。この流れと対照的に、後継者難や業績ジリ貧などビジネスモデルの不透明感を払拭できず、事業継続を断念する中小企業が依然として多いことがわかった。本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから休廃業、解散が判明した企業を抽出した。

2015年11月25日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成27年情報通信業基本調査の結果(速報)

報道資料平成27年情報通信業基本調査の結果(速報)総務省及び経済産業省は、我が国の情報通信業全体を包括的に把握するための共管調査として「情報通信業基本調査」の第6回調査結果(速報)を取りまとめましたので、お知らせします。1 結果概要 (1) 情報通信業を営む企業の概要・情報通信業を営む企業(主業か否かを問わず少しでも情報通信業を営んでいる企業をいう。)の数は5,400社、情報通信業に係る平成26年度 売上高は44兆5,651億円(全社の売上高は70兆7,296億円)。うち、2カ年継続回答企業の情

2015年10月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

システム・ソフトウエア開発業者の倒産・経営動向調査

2015/10/27システム・ソフトウエア開発業者の倒産・経営動向調査2015年は9月までに116件、2012年以降減少続く〜 事業者の約4割が東京都に集中 〜はじめに2000年のITバブルを機に相次いで設立されたシステム・ソフトウエア開発業者。近時はクラウドシステムの普及やマイナンバー、法人番号への対応など事業者にとって受注増につながる要素は増えているように映るが、小規模事業者が大半を占める業界であるだけに、情報漏洩への対応などから、大手志向になってしまう傾向が強い。帝国データバンクは、システ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ