調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サービス業

「サービス業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年11月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国増値税改革-三中全会後の課題

トップレポート・コラムコラム中国増値税改革-三中全会後の課題 ここから本文です中国増値税改革-三中全会後の課題(段階的に進められる営改増)中国では周知のように、2012年以来、営業税を増値税に切り替えていく‘営改増’と呼ばれる増値税改革が進められており、財政部長(大臣)自ら「1994年分税制改革最終段階の重要な改革」と発言するなど(9月5日付亜太財経与発展中心)、これが税制改革、ひいては財政改革全体の中の‘重頭戏’、困難だが最も重要な課題と位置付けられている。11月の三中全会後公表された「全面深

2013年11月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年9月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年11月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成25年9月分)について 平成25年10月31日民間工事は、サービス業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年同月比127.1%増加し、6ヶ月連続で増加した。 総計は、前年同月比89.8%増加し、6ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のア

2013年10月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年8月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年9月の全国企業倒産 820件

(負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨)9月の倒産件数は820件 9月としては1990年以来の低水準2013年(平成25年)9月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は820件、負債総額が1,902億200万円だった。倒産件数は、前年同月比11.9%減で、11カ月連続で前年同月を下回った。9月としては、バブル景気時の1990年(531件)以来の低水準にとどまった。企業倒産は、中小企業金融円滑化法の終了に対応した政府の「中小企業金融モニタリング体制」や、低迷して

2013年9月11日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年7月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年8月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年6月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年7月11日経済産業省フィードバック数:27社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年5月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年7月4日中小企業庁フィードバック数:18社会/政治

第132回中小企業景況調査

第156回中小企業景況調査(2019年4-6月期)の結果を公表しました(令和元年6月27日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の経

2013年6月18日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年4月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1ビジネス

デフレ期の成長企業がサービス業の生産性に与えた影響 -なぜ均質で高水準のサービスが社会を疲弊させるのか-

デフレ期の成長企業がサービス業の生産性に与えた影響 -なぜ均質で高水準のサービスが社会を疲弊させるのか- | ニッセイ基礎研究所 デフレ期の成長企業がサービス業の生産性に与えた影響 -なぜ均質で高水準のサービスが社会を疲弊させるのか- 遅澤 秀一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界の中で日本だけがデフレに長く苦しんできた。しかしそうした経済環境の中でも、売上を

2013年5月16日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年2013年3月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年4月15日経済産業省フィードバック数:27社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年2月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業・サービス業ともに底堅さを確認(Asia Weekly (4/1~4/5)) ~インドを取り巻く状況は依然厳しさが続く~

中国、製造業・サービス業ともに底堅さを確認(Asia Weekly (4/1~4/5)) ~インドを取り巻く状況は依然厳しさが続く~

2013年4月4日中小企業庁フィードバック数:19社会/政治

第131回中小企業景況調査の結果

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

2013年3月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成25年1月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年3月8日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2012年1-9月に設立された法人 ~ 福島県は前年比68.8%増で被災3県で最高 「福島」を入れた法人名が急増 ~

2012年1-9月に設立された法人 ~ 福島県は前年比68.8%増で被災3県で最高「福島」を入れた法人名が急増 ~ 公開日付:2013.03.072013年3月11日、東日本大震災から2年を迎える。岩手、宮城、福島の被災3県では復興に向けて新しい法人の設立が加速している。2012年1-9月に全国で新しく設立された法人は7万5,265社(前年同期比9.6%増)だった。一方、被災3県では2,807社(同43.5%増)と増加率は全国平均を大きく上回り、なかでも福島は前年同期比68.8%増で全国3位の増

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 明日の産業

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.45明日の産業有働 洋常務取締役経済調査部長わが国ではおよそ 17%の就業者が製造業で資料1 産業別就業者数(単位:万人)卸・小売業、医療・福祉ほか非製造業の分野で働く人は 80%に達する(資料1)。一方で、過去一年間に決算発表した東証第一部上場企業の金融業, 金融保険業保険業, 1632.6%公務(他に分類されるものを除く), 223働いているが、農業、建設業、運輸・郵便業、サービス業(他に分類されないもの),456複合サー

2013年2月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年12月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~ 公開日付:2013.02.082012年の休廃業・解散件数は2万7,132件に達した。2003年以降の過去10年間で最多で、2012年の倒産件数の2.2倍に達した。2012年の年間倒産は4年連続で前年を下回り、1991年以来21年ぶりの低水準で推移したが、休廃業・解散は高水準が続いている。これは企業を取り巻く環境が厳しく、業績不振や後継者難などから事業継続を断念する企業が水面下で多いことを浮

2013年1月18日経済産業省フィードバック数:27社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年11月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年12月26日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

「全国女性社長」調査 ~ 社長の10人に1人が女性 女性社長率は「西高東低」の傾向 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 「全国女性社長」調査 ~ 社長の10人に1人が女性 女性社長率は「西高東低」の傾向 ~ 全国245万社のうち女性社長は26万4,445人にのぼり、10人に1人の割合となった。女性社長の名前では「和子」社長が最も多く3年連続トップ。都道府県別の女性社長率では、西日本が東日本より比率が高い「西高東低」の傾向がみられた。産業別社数では宿泊業、飲食業、介護事業などを含むサービス業他が最も多く全体の約4割を占めた。出身校では日本大学が3年連続

2012年12月13日経済産業省フィードバック数:28社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年10月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年11月13日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年9月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年11月1日総務省★★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

情報通信業界についてのまとまった調査です。

平成24年情報通信業基本調査の結果(速報)

報道資料平成24年情報通信業基本調査の結果(速報)総務省及び経済産業省は、我が国の情報通信業全体を包括的に把握するための共管調査として「情報通信業基本調査」の第3回調査結果(速報)を取りまとめましたので、お知らせします。1 結果概要(1) 情報通信業を営む企業の概要・情報通信業を営む企業(主業か否かを問わず少しでも情報通信業を営んでいる企業をいう。)の数は5,371社、情報通信業に係る平成23年度売上高は41兆781億円(全社の売上高は62兆4,060億円)。うち、2カ年継続回答企業の情報通信業

2012年10月15日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年8月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年10月4日中小企業庁フィードバック数:18社会/政治

第129回中小企業景況調査の結果

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

2012年9月13日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年7月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年8月15日経済産業省フィードバック数:27社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年6月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年7月10日東京商工リサーチフィードバック数:4ビジネス

2010年度 倒産発生率(普通法人)調査 全国平均0.41% 2年連続で前年水準を下回る

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2010年度 倒産発生率(普通法人)調査 全国平均0.41% 2年連続で前年水準を下回る 2010年度の普通法人倒産発生率は、全国的な倒産減少から全国平均で0.41%(前年度比0.06ポイント低下)となり、2年連続で前年水準を下回った。2010年度は、リーマン・ショック後の世界同時不況に対応した「中小企業金融円滑化法」、「景気緊急保証制度」などの中小企業向け金融支援により倒産が抑制され、全体として倒産発生率が低下した。 本調査は、2

2012年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

2012年(平成24年)6月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が前年同月比16.3%減の975件 6月としては21年ぶりに1,000件を下回る 2012年(平成24年)6月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は975件、負債総額1,816億100万円となった。 倒産件数は、前年同月比16.3%減となり今年最少。また6月としては、1991年(902件)以来、21年ぶりに1,000件を下回った。 負債総額は、

2012年6月13日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年4月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年5月11日東京商工リサーチフィードバック数:42ビジネス

全国261万社の商号調査 ~ 最も多い商号は「アシスト」、漢字のみの商号は減少傾向 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 全国261万社の商号調査 ~ 最も多い商号は「アシスト」、漢字のみの商号は減少傾向 ~ 全国261万社のうち最も多い商号は「アシスト」だった。多い商号のランキングでは、上位13社までをカタカナ商号が占め、この一方で、漢字のみの商号は減少傾向にある。 本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから261万社の商号データを抽出し、分析・集計した。調査時点は2012年4月現在。前回調査は2008年6月に発表。最も多い商号は「アシスト」 

2012年4月28日東京商工リサーチフィードバック数:13ビジネス

2011年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年度「不適切な会計・経理を開示した上場企業」調査 ~ 過去5年間で最多の32社が開示 ~ 2011年度(2011年4月~2012年3月)に「不適切な会計・経理」により財務に影響があったことを開示した上場企業は32社だった。2010年度(24社)より8社の増加で、過去5年間では最多となった。不適切な会計・経理処理は、2011年度はオリンパスや大王製紙など世間の耳目を集めた企業が開示したが、特に10月以降に不適切な会計・経理を開

2012年4月23日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年2月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年4月11日東京商工リサーチフィードバック数:8ビジネス

2012年(平成24年)3月度 全国企業倒産状況

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ (負債総額1,000万円以上の倒産を集計、%は小数点2位以下切捨) 倒産件数が前年同月比1.8%減の1,161件 「返済猶予」利用後の倒産が21件 2012年(平成24年)3月度の全国企業倒産件数(負債額1,000万円以上)は1,161件、負債総額が3,339億3,100万円となった。 倒産件数は、前年同月比1.8%減で、3月としては2005年(1,140件)に次いで最近20年間で2番目に少ない件数だった。震災の被災地の東北は前年

2012年4月5日中小企業庁フィードバック数:19社会/政治

第127回中小企業景況調査の結果の公表

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

2012年3月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成24年1月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年2月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年12月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2012年2月1日国土交通省フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成23年計)

建設工事受注動態統計調査(大手50社調査 平成23年計)について 平成24年1月31日民間工事は,製造業,サービス業等が増加したため,前年比5.5%増加し,2年連続増加した。 総計は,前年比4.0%増加し,2年連続増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat

2012年1月30日厚生労働省フィードバック数:29キャリアとスキル

外国人雇用状況の届出状況(平成23年10月末現在)

平成24年1月27日【照会先】職業安定局 派遣・有期労働対策部外国人雇用対策課課長 山本 麻里課長補佐 宮田 昌幸(代表電話) 03-5253-1111(内線5642)(直通電話) 03-3502-6273 外国人雇用状況の届出に基づき、平成23年10月末現在の届出状況を集計し、公表するものです。【ポイント】(1) 外国人労働者を雇用している事業所数は116,561か所(前年同期比7,801か所、7.2%増)。(2) 外国人労働者数は686,246人(前年同期比36,264人、5.6%増)

2012年1月18日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年11月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年12月28日総務省フィードバック数:29社会/政治

「サービス産業動向調査」平成23年10月分結果(速報)

ここから本文です。サービス産業動向調査 調査結果結果の概要を月次調査と拡大調査でタブに分けて掲載しています。各タブをクリックしてご覧ください。2019年(令和元年)6月分(速報) サービス産業の6月の売上高は、32.0兆円。前年同月に比べ1.1%の増加で、32か月連続の増加。増加に寄与した産業不動産賃貸・管理などを含む「不動産業,物品賃貸業」前年同月に比べ4.8%の増加で、3か月連続の増加 情報サービスなどを含む「情報通信業」前年同月に比べ1.9%の増加で、3か月連続の増加 道路貨物運送などを含

2011年12月21日総務省★★フィードバック数:3マーケティング

総務省による情報通信業についてのまとまった調査です。

平成23年情報通信業基本調査の結果(速報)

報道資料平成23年情報通信業基本調査の結果(速報) 総務省及び経済産業省は、我が国の情報通信業全体を包括的に把握するための共管調査として「情報通信業基本調査」の第2回調査結果(速報)を取りまとめましたので、お知らせします。1 調査概要我が国における情報通信業に属する企業の活動の実態を明らかにし、情報通信政策の基礎資料を得ること統計法(平成年法律第号)に基づく一般統計調査情報通信業(通信業、放送業、情報サービス業、インターネット附随サービス業、映像・音声・文字情報制作業)を営む資本金額又は出資金額

2011年12月15日中小企業庁フィードバック数:18社会/政治

中小企業景況調査報告書

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

2011年12月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年10月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年12月1日国土交通省フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成23年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成23年10月分)について 平成23年11月30日民間工事は、運輸業、郵便業、サービス業等が減少したが、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業等が増加したため、対前年同月比7.1%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 総計は、前年同月比24.3%増加し、2ヶ月ぶりに増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設統計室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe

2011年11月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年9月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年10月14日経済産業省フィードバック数:26社会/政治

第3次産業活動指数(平成23年8月分)

 第3次産業活動指数は、第3次産業(非製造業、広義のサービス業)に属する業種の生産活動を総合的に捉えることを目的としている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2854)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2011年10月6日中小企業庁フィードバック数:18社会/政治

中小企業景況調査報告書

第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果を公表しました(平成31年3月28日)以下の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ