調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シェアリングサービス

「シェアリングサービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

シェアリングエコノミー経済規模は過去最高の2兆円超え。新型コロナウイルスで新たな活用の広がり、SDGsへも貢献。

シェアリングエコノミー経済規模は過去最高の2兆円超え。新型コロナウイルスで新たな活用の広がり、SDGsへも貢献。 〜シェアリングエコノミー協会「シェアリングエコノミー市場調査 2020年版」を発表〜 一般社団法人シェアリングエコノミー協会(代表理事:上田 祐司、重松 大輔、以下「シェアリングエコノミー協会」)は、株式会社情報通信総合研究所(代表取締役社長:大平 弘、以下「ICR」)と共同で、日本のシェアリングサービスに関する市場調査を実施しました。(*1)本調査により2020年度日本におけるシェ

2020年5月19日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

食品ロスに関するアンケート調査

■食品ロス関心層は7割弱。女性高年代層での比率が高く、男性30・40代で低い。「フードバンク」認知率3割強。食品・食材を食べられるのに捨てた場面は、「賞味期限が切れていた」が4割強、「鮮度の低下」が3割強。■値引きされていなくても購入するものは、「品質に問題はないがワケありの商品」が4割、「消費期限間近の商品」が3割弱。■食品ロスに関して意識して行っていることは「必要なもの以外は買わない・買いすぎない」が6割弱、「必要な分量だけ買う」が4割強、「食事を残さない」「食材・食品を無駄なく使う」が各3

2018年12月17日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

移動に関連するシェアリングサービス

20代以下の半数以上はシェアリングサービスの利用経験あり 使ったことがあるサービスは「カーシェア(BtoC)」が最多 パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「移動に関連するシェアリングサービス※2」に関するアンケート結果を発表いたします。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□調査結果トピックス① 移動に関連するシェアリングサービスで最も知名度が高いのは

海外出張時のシェアリングサービス利用について

[インターナショナルSOS] ,リスク サポート 海外出張 渡航 調査報告書 シェアリングサービス 安全配慮義務 Uber(ウーバー) Airbnb(エアビーアンドビー) 社内規定

2015年6月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

シェアリングエコノミーに関する調査

日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引? 拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引?自宅など、使わない期間やスペースをシェアしたい女性が2割超調査結果サマリーシェアリングエコノミー拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」これまでに家や自動車などを貸し出したことがある人に、今後のサービス拡大に向けて期待することを聞いたところ、「信頼性・安全性を高める認証制度」(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ