「シャープ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月22日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2016年6月6日~6月12日)

シャープの新「AQUOS」シリーズ発売、各販売ランキングに一挙登場:携帯販売ランキング(6月6日〜6月12日) シャープのAQUOSシリーズ最新端末「AQUOS ZETA SH-04H」、「AQUOS SERIE SHV34」、「AQUOS Xx3」が3キャリアから一斉に発売となり、ランキング全てに初登場。 総合ランキングの上位(1〜5位)は今週もiPhone勢に占められた形が続いている。下位は順位などが比較的大きく変化した。発売後4週目に入ったNTTドコモ「Galaxy S7 edge SC-

2016年1月8日ダイヤモンド社フィードバック数:0ビジネス

大手電機メーカー8社の働きがい、トップはソニー、最下位はあの企業

普段耳にするコトの多い大企業関連のニュース。一方であまり知ることのない大企業の社員による会社満足度。その声を聞くことで、明らかになりくい本当の会社の実態を知ることができます。今回の特集では、業界大手企業2社をピックアップし、ヴォーカーズに寄せられた社員クチコミからリサーチしていきます。 実際に働いてみなければわからない大手人気企業のリアルな姿を、「Vorkers(ヴォーカーズ)」に寄せられた社員・元社員のクチコミからリサーチ。社員満足度と社員による経営者への提言から見る会社の実態をご紹介します。

2015年6月17日BCNフィードバック数:0デジタル家電

4Kをきっかけに回復基調に乗り始めた液晶テレビ――けん引するのはソニーやシャープだが、その構造に大きな差

記事本文および記事中の画像・グラフ等の無断転載を禁じます。 また、各記事の内容は執筆時のものです。現在とは異なる可能性がありますが、ご了承ください。

2015年5月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「シャープ」取引企業、栃木県内実態調査

2015/5/18特別企画 : 「シャープ」取引企業、栃木県内実態調査「シャープ」取引企業、栃木県内で102社判明〜 同社の動向によっては大きな環境変化も 〜はじめに5月14日に発表された、「シャープ」の中期経営計画の中で、同社は栃木工場(矢板市)の存続を明言した。これにより当面は、生産拠点としての機能を保つ事になり、県内関係者は胸をなで下ろした。しかし、各マスコミの論調は決して安泰というものではなく、再建計画の中では成長戦略が見えてこないとの声も強く、今後に不安を残す内容といわざるを得ない。栃

2015年5月20日マイナビフィードバック数:0モバイル

ドコモの夏モデル、一番人気は? iPhoneも加えるとどうなる?

レポート ドコモの夏モデル、一番人気は? iPhoneも加えるとどうなる? - マイナビニュース調査 目次 NTTドコモは13日、2015夏モデルとなるスマートフォンやフィーチャーフォン全10機種を発表した。虹彩認証搭載スマホや、Android搭載フィーチャーフォンなど多種多様のモデルが用意されている。このなかで最も人気の機種を探るべく、マイナビニュース会員513人を対象にアンケート調査を行った。最新スマホを抑えてガラホが健闘ドコモの2015夏モデルとして発表されたのは、「Galaxy S

2015年1月27日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

メーカーランキングです。

マイボイスコム 白物家電ブランドのイメージ(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ『白物家電メーカーと聞いて思い浮かぶ』『信頼性・安心感がある』『環境(エコ)に力を入れている』は「パナソニック」が1位で「日立」「東芝」「シャープ」が続く 『品質・技術が優れている』は「パナソニック」が1位、「日立」「東芝」「シャープ」の順。「ダイキン工業」は2012年よりやや増加 『革新的・先進的』は「パナソニック」が最も多く、「シャープ」「日立」「東芝」が続く。2012年と比べ「シャープ」がやや減少 『価格が安い』は「ハイアール(ハイア

第57回:3年間に使った金額(電気製品)(2013)

ブランドなんでもランキング第57回:3年間に使った金額(電気製品)一人の顧客が特定のメーカーに使う金額の大小はそのメーカーのブランド力の大小を端的に反映していると考えられます。電気製品に私たちはどれくらいの金額を使っているのでしょうか。今回はソニー、パナソニック、シャープ、キヤノン、アップルの商品について過去3年間に使った金額について聞いてみました。実際に使った金額の一人当たりの平均(「0円」と「覚えていない/わからない」をのぞいてそれぞれ平均値を用いて算出)を出してみると最も高かったのはパナソ

2013年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 携帯電話・スマホの機種選択(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18314]携帯電話・スマートフォンの機種選択(第3回) 携帯電話のみ利用者は5割強。スマートフォンのみ利用者は4割弱で、2012年調査より増加。スマートフォン使用者の所有メーカー・購入意向メーカーは「アップル」が1位で、「シャープ」「ソニーモバイルコミュニケーションズ」が続く。携帯電話は「シャープ」「パナソニック」が上位2位 スマートフォン利用者が、携帯電話からスマートフォンに買い替えたときの機種は、「携帯電話と違うメーカー」が7割弱。

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3デジタル家電

マイボイスコム 白物家電ブランド(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ『白物家電メーカーと聞いて思い浮かぶ』『信頼性・安心感がある』『品質・技術が優れている』は「パナソニック」が1位で「東芝」「日立」「シャープ」も上位 『革新的・先進的』は「パナソニック」「シャープ」がトップ2。『環境(エコ)に力を入れている』は「パナソニック」が1位、「シャープ」「日立」「東芝」の順 『価格が安い』は「LGエレクトロニクス」「三洋電機」「ハイアール」が上位 広告・CMに最も好感が持てるのは「パナソニック」や、「日立」「シャー

2010年12月28日ビートレンド★フィードバック数:9モバイル

ビートレンドによる携帯電話/スマートフォンからのアクセス実勢調査です。

第15回 モバイルアクセス実勢調査

betrendサービス管理画面へのログインはこちらから行えます。 クラウド型モバイルマーケティングサービス『betrend』を提供するビートレンド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上英昭、以下ビートレンド)は、『betrend』を利用する3,300以上のアクティブアカウントの法人企業携帯サイトへ、どのような端末からアクセスされているかの調査を実施いたしました。(https://www.betrend.com/)一般に公表されている端末ごとのシェアは、IP接続をほとんどすることのない

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ