調査のチカラ TOP > タグ一覧 > シンポジウム

「シンポジウム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月2日ベイニッチフィードバック数:0キャリアとスキル

就活生の約7割が、SDGsについて認知 目標17のうち「ジェンダー平等の実現」へ関心集中

就活生の約7割が、SDGsについて認知 目標17のうち「ジェンダー平等の実現」へ関心集中 ベイニッチ、「21卒就活生の選社軸とSDGsの関係性」に関する調査実施、10/29「SDGsシンポジウム 〜企業が考えるSDGsとは〜」オンライン開催PRマーケティング事業を行う株式会社ベイニッチ(所在地:東京都港区、代表取締役:石川友夫、以下 ベイニッチ)は、東京在住で21~23歳の2021年春に就職予定の就活生109名を対象に「21卒就活生の選社軸とSDGsの関係性」に関する調査を実施いたしましたのでお

第101回 「学習基本調査」の結果を教育現場はどう読み解くのか ~「学ぶ意味と主体性」シンポジウムからみえてきた課題~

ベネッセのオピニオン第101回 「学習基本調査」の結果を教育現場はどう読み解くのか ~「学ぶ意味と主体性」シンポジウムからみえてきた課題~2016年04月22日 掲載 研究員 吉本 真代  当研究所では2016年3月6日に「『学習基本調査』を通して考える学ぶ意味と主体性~これまでの25年、これからの25年~」を開催した。 このシンポジウムは、小・中・高校生の学びに関する25年の経年調査「学習基本調査」を基点として、これまでの教育の25年を振り返り、最新の教育研究動向や学校内外の先進的な取り組みに

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

本研究ではアメリカや中国、韓国など、アジア太平洋地域の主要国におけるFTA(自由貿易協定)政策の動向を把握するとともに、TPP(環太平洋連携協定)交渉への対応を検討し、その政治的な背景を分析して、この地域の経済・外交の展開を規定する要因を明確化することによって、日本の対応の方向性を提示しました。 研究プロジェクト研究プロジェクト » 2014年度 » アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 AUTHORリサーチリーダー主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交

2014年8月3日NHKフィードバック数:0マーケティング

テレビの未来 ~変容するメディア空間で何が求められるのか?~

2014年春の研究発表とシンポジウム「テレビの未来 ~変容するメディア空間で何が求められるのか?~」東京オリンピック開催が決まり、4K/8Kを筆頭にテレビ新サービスをオールジャパンで進めていこうという気運は次第に盛り上がっているように見える。しかし、NHK・民放という放送の二元体制や、堅牢な無料広告モデルによって運営されてきた民放地上波システムという日本の特殊な枠組みを背負いながら、利害の異なる事業者間がどう協調し、また競合に伴う摩擦をどう乗り越えて新サービスの枠組みを作っていけるかについては、

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―2014-03-28 関連論文日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 日中関係、日韓関係、対米関係リサーチリーダー 主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授 研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交関係の中で、日本の通商政策のシナリオオプションを探る。研究内容今般、日中・日韓関係が混迷し対米関係にも影を落としていることに鑑み、政治学・国際関係論

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ