調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ジェネレーション

「ジェネレーション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月23日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版

米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』ジェネレーションZとミレニアル世代を合計すると、米国の人口のほぼ半分に達する。ミレニアル世代は、マルチメディアデバイスを保有し、定額制ビデオオンデマンドを利用している割合が最も高い。スマートフォンの利用はすべての世代で高い水準にある。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況

2015年11月25日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

クロスジェネレーションを求める新型50・60代

NEWS新大人研レポート No.21 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑤ クロスジェネレーションを求める新型50・60代 2015年11月18日若者世代とは交流・協力し、それだけでなく若者世代をサポートしたい。「大人世代と若者世代がお互いの良さを認め合いつつ、交流・協力し、新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」「大人世代が若者世代を応援して、若者世代から新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」が共に7割強に。年代が高くなるにつれ、この傾向が強くなっている。博報堂新しい大人文化研

2015年4月23日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

インフォメーション ジェネレーションに対する意識調査

EMCジャパン、インフォメーション ジェネレーションに対する意識調査結果を発表 世界のビジネス リーダーが、「デジタルの未来への準備ができていない」との見解を示す EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:)は、世界18カ国、3,600名のビジネス リーダー向けに実施した意識調査レポート『The Information Generation: Transforming The Future, Today』(インフォメーション ジェネレー

2014年4月8日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

アジア各国の15~18歳対象の調査です。

Z世代を対象に就職に関する意識調査

[アデコ] ,就職活動 Gen-Z Z世代 ジェネレーションZ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ