調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スキルギャップ

「スキルギャップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

CompTIA米国本部 テクノロジーとワークフォースに関する国際的な動向レポートを発表

CompTIA米国本部 テクノロジーとワークフォースに関する国際的な動向レポートを発表CompTIA米国本部 テクノロジーとワークフォースに関する国際的な動向レポートを発表 Global対Japan ITに対する調査比較 世界と比較すると、進行技術に対しまだまだ伸びしろもワールドワイドで世界100ヵ国以上の国と地域で取得されている認定資格を提供するCompTIA(コンプティア)日本支局[本部:米国イリノイ州/日本支局長 Dennis Kwok(デニス クォック)]は、2019年8月にテクノロジー

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに 新しいスキルセットと AI の重要性が高まる将来や、企業はデータがもたらす大きな可能性を業績拡大に活用できていないことが判明 サンフランシスコ発 – 2019 年 5 月 7 日 データの世界からアクションと成果を導き出す Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は本日、ダークデータ(未活用の潜在的な価値を持つデータ)に関する調査結果を発表しました。この調査から、企業幹部は社

ヘイズ グローバルスキルインデックス2013

ヘイズ、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2013」を発表グローバルな人材サービスを提供するヘイズ・グループでは、このたび、か国の人材市場効率、優秀な人材の供給能力を評価査定した日本の人材市場では高度な技能を有する人材が不足しており、依然として需要と供給の均衡が取れずにいます。高いスキルに対するニーズを満たせないかぎり、スキル不足が経済の回復を阻む可能性もあります。のスコア基準で評価を行い、スコアが高いほど企業による人材確保が困難であることを示しています。未満の数字はスキルは不足していない、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ