「スマホ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年1月13日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

2020年を表す漢字トップ3は「忍」「耐」「禍」  制限ある暮らしのなか「変化に対応できた」76.9%

2020年を表す漢字トップ3は「忍」「耐」「禍」 制限ある暮... 2020年を表す漢字トップ3は「忍」「耐」「禍」制限ある暮らしのなか「変化に対応できた」76.9%「作る」「育てる」趣味でイエナカの充実度はアップ?新型コロナウイルスの感染拡大で、毎日の暮らしにさまざまな変化が訪れた2020年。旅行や外食など外出の機会がグンと減り、おうちで過ごす時間が今までになく長い一年となりました。そこで「オレンジページくらし予報」では、国内在住の20歳以上の女性を対象に、「イエナカ」時間の過ごし方につ

2020年11月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

女性がタンパク質を意識する理由は、「美容」より「健康」

女性がタンパク質を意識する理由は、「美容」より「健康」 女性と高タンパク商品の消費に関する実態調査女性がタンパク質を意識する理由は、「美容」より「健康」外出先でのタンパク質摂取には、「バータイプのスナック」調査結果サマリー「タンパク質を意識して食品や飲料を購入」している女性に、その理由を聞いたところ、「健康」(76.4%)を挙げた人が最も多く、次いで「美容」(51.3%)、「筋肉増量」(50.8%)でした。※複数回答あり。■タンパク質摂取のための食品を選ぶ決め手は、「味」と「手軽さ」■タンパク質

「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」を実施 主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告

「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」を実施 主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告 角川アスキー総合研究所は、個人情報を適切に取り扱うために必要なプライバシーマークを取得しております。 セミナー情報や、リサーチに基づくレポートなど、普段は見ることのできない「角川アスキー総合研究所」の現場から最新情報を随時お届けします!ぜひご登録ください。 ※登録は無料です。

2020年9月24日ソニー生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの生活意識調査2020

ニュースリリース(2020年度)シニアの生活意識調査20202020年9月11日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2020年8月3日~8月4日の2日間、全国のシニア(50歳~79歳)の男女に対し、今年で8回目となる「シニアの生活意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要【シニアの楽しみ】 シニアの現在の楽しみ 1位「旅行」、旅行にかける金額は平均2.4万円/

2020年8月5日セコム★フィードバック数:0社会/政治

女性の「安全・安心」に関する意識調査

−「女性の『安全・安心』に関する意識調査」− 犯罪被害を経験した女性の6割が「何もできなかった」と回答 実際の被害は「痴漢」「ストーカー」「盗撮」が上位 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、10代以上女性(12-19歳50名、20-29歳100名(うち大学生58名)、30-39歳50名の計200名)を対象に、「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施しました。ネット・SNSのトラブルや悪用に関する項目も設定し、身近な犯罪被害の原因になり得る、ネット環境への意識について

親子間でのスマホ利用に関する調査 Part2

〜 親子間でのスマホ利用に関する調査 Part2 〜 約半数の子どもがスマホコミュニケーションについて親から叱られたことがあると回答 セントラル警備保障株式会社(本社 東京都新宿区、代表取締役執行役員社長 澤本 尚志)は、 東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)、東京都交通局(以下「都営交通」)、東京地下鉄株式会社(以下「東京メトロ」)と共同で提供する「子ども見守りサービス 『まもレール』」 のサービス提供エリアを2020年4月1日よりJR東日本管内246駅に都営交通と東京メトロを加えた首

2020年4月27日デルソーレフィードバック数:0ライフスタイル

“ながら食べ”はもはや当たり前?男女400名に調査して判明した「ワンハンドフード」の魅力とは

“ながら食べ”はもはや当たり前?男女400名に調査して判明した「ワンハンドフード」の魅力とは18歳〜29歳の男女400名を対象に「若者の朝食と健康に関する意識調査」を実施。その結果を発表いたします。TOPIC1:食事は「ボリューム」より「効率性」重視が多数派!食事に時間をかけないことが若者の価値観に若者が食事に求めるのは「量より質」か「質より量」か。ミレニアル・ポストミレニアル世代が食事に求めているものを調査したところ、1位「質やバランス」、2位「効率性」、3位「1日3食とること」、4位「ボリュ

around20のスマホの中身調査2020

はじめに 女子高生・女子大生の『ダウンロード必須アプリ』9選!アプリの配置にもこだわりあり! アプリ使用の参考は「友達の口コミ」、課金形態は「サブスク課金」と「ちょい足し課金」 寝落ちするまでスマホは手放さない!?最もスマホを使用するのは「寝る前」写真や動画の撮影や動画視聴、SNSのチェックなど、around20すべての行動において、今やスマホなしには考えられません。 今回はaround20のスマホの中身を徹底解説いたします。 ------------------------------

2020年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回)

モバイル決済に関するアンケート調査(第4回) ■直近1年間にスマホ決済アプリで支払った人は全体の4割強(スマホ主利用者の6割弱)。2019年調査から大きく増加。男性若年層での比率が高い傾向。スマートフォン主利用者のうち、「PayPay」利用者が4割弱、「楽天ペイ」が2割弱。「Apple Pay」はiPhone主利用者の1割強。■直近1年間のスマホ決済アプリでの週1回以上支払い者は6割弱。2019年より増加。直近1年間の支払い回数のうちスマホ決済で支払った割合が4割以下の層が、半数強。■直近

2020年2月19日LINEフィードバック数:0モバイル

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査)

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査) 今回はスマホ・モバイル決済サービスの認知、利用シーンや普及の状況について調査しました。ふだん使いできる利便性や増税施策である「キャッシュレス還元」の話題性などから、昨年はキャッシュレス化の波が一気に押し寄せてきた印象もあります。早速、調査結果を見ていきましょう。①マネー・決済系サービスの認知は全般的に上昇。スマホ・モバイル決済サービスは10ポイント増え8割弱に 金融関連の

2020年2月13日メルカリ★★フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円

メルカリ、「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態調査を発表フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円〜フリマアプリで最も流通量が多いファッションは年間約288億円の消費喚起効果〜メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師の山口真一氏と、全国の15~69歳を対象に「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態に関する共同調査を実施しました。2019年5月に経済産業省がまとめた調査※1によると

2019年11月6日ナイルフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査

キャッシュレス決済の利用実態を調査 普段の支払いに現金を使用する人は約半数! 前回調査との比較も(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ) ~キャッシュレス決済の利用頻度は増加傾向~ ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年10月11日から10月18日の期間中、無作為に選出された20代から70代までの男女1,075人を対象に、キャッシュレス決済の利用に関するアンケー

2019年11月1日マイボイスコム★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンに関するアンケート調査(第13回)

スマートフォンに関するアンケート調査(第13回) ■スマートフォン所有率は全体の8割弱で、過去調査より増加傾向。若年層で高く、10~40代8割強~9割。iPhone主利用者は2割強。iPhone主利用者では利用スマホに「満足」と回答した人の比率が他の層より高い傾向。■スマートフォンで利用している機能・サービスは「通話」が所有者の9割弱、「カメラ」が8割弱、「時計、アラーム」「スマートフォン用のWebサイト閲覧」「電卓」「Webメール、パソコンメール、フリーメールなど」「電話帳、アドレス帳」

2019年10月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上

約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)』~「5G」に最も期待するのは「ネット利用のしやすさ」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」EC利用者の4割以上が、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」調査結果サマリースマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者に、利用しているサービスを聞いたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次いで「PayPa

2019年7月22日LINE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットの利用環境 定点調査

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2019年上期)2019.07.18ALL 「スマホのみ利用」の増加傾向続く、全体で初の5割超え、10代は8割超が「スマホのみ利用」LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、インターネットの利用環境に関する調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2016

スマートフォンによる決済サービス利用者の実態把握調査

2019年06月27日 11:00スマホ決済の普及率が5ヶ月で2割増調査で判明!キャッシュレス社会を牽引している場所とは?! 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区/代表:山川進)が運営する、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究・調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)は、2019年1月に実施した「スマートフォン決済に関する調査」の後追い調査を2019年6月4日に実施しました。調査によって日常的にスマートフォンで決済をしている人の割合は、前回の

2019年6月24日ミュゼプラチナムフィードバック数:0ライフスタイル

「眠りが浅い」と答えた20~30代女性は44% 睡眠に関してF1層にリサーチ

「眠りが浅い」と答えた20〜30代女性は44% 睡眠に関してF1層にリサーチ 2019年1月、米国に本部を置く世界的シンクタンク「ランド研究所」は、「日本人の睡眠不足による経済損失は約15兆円」と発表しました。そこで、全国362万人(※)のミュゼプラチナム女性会員組織を活用し、F1層のマーケティングに特化したミュゼマーケティングが「睡眠」に関するアンケート調査を実施。理想の睡眠時間や、快眠・不眠で思い当たる自分の行動、愛用している入眠グッズなどについて、全国の有職者女性1,357名にリサーチし

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」時系列分析

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」時系列分析 メディア環境研究所2019年5月23日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を捉える「メディア定点調査」を2006年から行っています。接触時間やイメージなど時系列分析から見えてきたメディア環境の変化をご報告します。■「携帯/スマホ」と「テレビ」の増加により、メディア総接触時間は過去最高の411.6分、初の400分台。メデ

2019年5月8日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に お知らせ2019年4月23日NTTレゾナント株式会社スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に

2019年4月8日京セラ★フィードバック数:0モバイル

40代~60代の男性とスマホに関する調査

京セラ株式会社のプレスリリース/広報・PR情報 40代~60代男性のスマホ事情から見る、ダンディな振る舞いを検証。20代30代女性が回答!上司にはレスの早さを求める! 40代~60代男性の約4割がスマホに不満40代~60代男性のスマホ事情から見る、ダンディな振る舞いを検証。20代30代女性が回答!上司にはレスの早さを求める! 40代~60代男性の約4割がスマホに不満京セラ株式会社は、大人のためのスマートフォン「URBANO V04」の発売に合わせて、スマートフォンを使用している全国の20代30代

2019年3月27日マクロミル★★フィードバック数:0モバイル

スマホや携帯電話の学校持ち込み、賛成?反対?小中学生の携帯電話利用を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2019年2月26日ビデオリサーチフィードバック数:0社会/政治

シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む

ニュース シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む~Senior+/exサマリーレポート・オプションレポート発刊~シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む~Senior+/exサマリーレポート・オプションレポート発刊~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤讓)は、今回4回目となる「Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート」の最新データ版と、オプションレポート「シニアの"買い物"に関する変化 ~買い方、買い場、情報~」を発刊しました

2019年2月22日インサイトテック★フィードバック数:0ライフスタイル

「スマホ決済への不満」 実態調査

「スマホ決済への不満」 実態調査

2019年2月5日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

スマホのセキュリティ・マナー向上の検討No.4

スマホのセキュリティ・マナー向上の検討No.4

2019年2月5日エアトリフィードバック数:0デジタル家電

「旅先での撮影」に関する調査

旅先での写真撮影、81%が「スマートフォン」を主に利用すると... 旅先での写真撮影、81%が「スマートフォン」を主に利用すると回答。 一方、48.5%と「コンパクトデジタルカメラ」が根強い人気。 「アクションカム」4.3%や「ドローン」2.3%など新しいガジェットも浸透 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女1,140名を対象に

2019年1月22日日本美食フィードバック数:0大型消費/投資

「スマホ決済」に関する調査

【日本美食】 「スマホ決済」に関する調査 来場者、9割が「スマホ決済を使う」と回答! つくみイルカ島 オールキャッシュレスの⽇におけるアンケート調査を実施 インバウンド観光客に特化した飲食・旅行の「広告・予約・購入・決済」のオンラインサービス『日本美食(ニホンビショクhttps://www.japanfoodie.jp )』を運営する日本美食株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:董路〔ドン・ルー〕、以下「日本美食」) は、12月15日に開催されたつくみイルカ島オールキャッシュレスの日

2019年1月16日LINEフィードバック数:0マーケティング

インターネットの利用環境 定点調査(2018年下期)

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年下期)2018.12.18LINE 「スマホのみ利用」の増加傾向続くLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、インターネットの利用環境に関する調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2年前より半期に一度スマートフォン等でのインターネット利用に関

2019年1月16日オレンジページフィードバック数:0マーケティング

食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査

お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋... お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋菓子・スイーツ・アイス」スマホ派はSNSを見て、「即買い」する傾向あり!?「オレンジページくらし予報」では、国内在住の成人女性を対象に、食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査を実施しました。「今までにお取り寄せをしたことがある」と回答したのは全体の68.8%。取り寄せた品物は、「洋菓子・スイーツ・アイス」が69.6%と圧倒的な人気でした。スマートフォンやパソコン

2019年1月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】

“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」 20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」“ジム男子”の約4割が食事の糖質を意識。“非ジム男子”は2割弱調査結果サマリー“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」 現在、「フィットネスジム(以下、ジム)に通っている」人に、意識して鍛えている部位を聞いたところ、「腹の筋肉」と答えた人が最も多く(45.5%)、次いで「脚

2019年1月9日お金のデザイン★フィードバック数:0大型消費/投資

20-30代のお金と生活に関する調査

Skip to content20代、30代に聞いた「人生100年時代」の”生存戦略”とは平成育ちの20〜30代は『失敗しない』 『損しない』生き方を好む情報を駆使してより良い選択をすることが、現代を「生き抜く力」と回答「失敗したくない」「損しないために事前に調べたい」と答えた人は約7割現代を生き抜く必須アイテムBEST3は「お金」「スマホ・パソコン」「家族」人生100年時代の必須スキルは20〜60代の全世代共通で「情報検索・選択力」「柔軟性」が上位20〜30代は新しいサービスを積極的に活用し、

2018年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

ネットスーパーの利用頻度

週3日以上、ネットスーパーを利用する人が、過去5年で2倍以上に Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年10月度)週3日以上、ネットスーパーを利用する人が、過去5年で2倍以上にネットスーパー利用者の6割が、スマートフォンから注文調査結果サマリー週3日以上、ネットスーパーを利用する人が、過去5年で2倍以上に現在、「ネットスーパーを利用している」人は15.3%で、2013年4月度調査の18.8%から3.5ポイント減少しました。しかし、ネットスーパー利用者に利用頻度について聞いたところ、「週

2018年12月20日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年度情報セキュリティに対する意識調査

「2018年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2018年12月11日独立行政法人情報処理推進機構セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 様々なサービスがオンライン化され、スマートフォン(以下、スマホ)の世帯保有率も75.1%(*1)となるなど、多くの人がインターネットを生活の一部として利用しています。一方、インターネットサービス利用者の金銭や情報の詐取を狙い、その手口も巧妙化の一途をたどっています。その結果、利用者が思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれるケースも少なく

2018年12月20日GMOメディアフィードバック数:0キャリアとスキル

働くことに関する調査

10代女子に「働き方に関する調査」を実施 ~働くお父さん・お母さんに抱く印象は「忙しそう・大変そう」が最多~10代女子に「働き方に関する調査」を実施 ~働くお父さん・お母さんに抱く印象は「忙しそう・大変そう」が最多~ 2018.11.15約4割の子が「大学(学士課程)」を希望、希望する働き方は「正社員」が最多10代女子に「希望する最終学歴」を尋ねたところ、「大学(学士課程)(36.7%)」が4割近くにのぼり、次いで「専門学校(25.0%)」、「高等学校・高等専門学校(21.4%)」という結果にな

2018年12月20日マクロミルフィードバック数:0エンタテインメント

eスポーツは日本で浸透するのか?15~49歳1,000人調査

eスポーツは日本で浸透するのか?15~49歳1,000人調査(マクロミル調べ) 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をお届けしています。vol.159のテーマは「ゲーム」。「東京ゲームショウ2018」が今年も9月に開催され、来場者数が過去最高の約30万人に上りました(主催者発表)。また最近、観客の前で対戦型ゲームを競い合う「eスポーツ」がメディア

2018年12月18日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)

1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に約3割が「Google Pixel 3」をすでに認知調査結果サマリー1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に ジャンルに分けた1日あたりの平均的なアプリの利用時間を聞いたところ、10代では「ゲームアプリ」が83.5分、「動画アプリ」が96.2分、「SNSアプリ」が88.7分となりました。いずれも、20

大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019

大学スマホ・サイト調査、総合1位は東京工科、実用性では広島女... 大学スマホ・サイト調査、 総合1位は東京工科、実用性では広島女学院ー 今やスマホだけで主要情報にアクセスできる時代に ー「大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019」 10月26日発行・発売 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、使いやすさや実用性の観点から大学のスマートフォン・サイト(以下、スマホ・サイト)を評価する「大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019」の結果をまとめた

2018年11月13日GMOメディアフィードバック数:0モバイル

スマホに関する調査2018

【重要】「プリキャンティーンズラボ」サービス終了のお知らせ【重要】「プリキャンティーンズラボ」サービス終了のお知らせ いつもプリ画像をご利用いただき、ありがとうございます。このたび、2020年7月6日(月)15時をもちまして、「プリキャンティーンズラボ」のサービスを終了させていただきました。これまでご利用いただき誠にありがとうございました。なお、プリ画像は引き続きご利用いただけます。今後ともプリ画像をよろしくお願いいたします。いつでも画像が探せる!アプリならほしい時にすぐ画像を探せて、 同じテー

2018年11月12日ハルメクフィードバック数:0モバイル

シニア女性に聞いた「スマホ」に関する実態調査

【調査リリース】シニア女性に聞いた「スマホ」に関する実態調査/シニア女性の約7割がスマホを保有、ただし使いこなせているのは12% 使いこなしシニアは「メルカリやジモティーで取引。通話録音も!」 使いこなせていないシニアは「Facebookを見て、電話でいいね!」 シニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、読者(55~74歳のシニア女性)461名を対象に、「スマホ」に関する郵送アンケート調査を実施いたしました。(※)日

2018年11月12日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

スマホに関する調査2018

【重要】「プリキャンティーンズラボ」サービス終了のお知らせ【重要】「プリキャンティーンズラボ」サービス終了のお知らせ いつもプリ画像をご利用いただき、ありがとうございます。このたび、2020年7月6日(月)15時をもちまして、「プリキャンティーンズラボ」のサービスを終了させていただきました。これまでご利用いただき誠にありがとうございました。なお、プリ画像は引き続きご利用いただけます。今後ともプリ画像をよろしくお願いいたします。いつでも画像が探せる!アプリならほしい時にすぐ画像を探せて、 同じテー

2018年8月9日LINEフィードバック数:0モバイル

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年上期)

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年上期) 2018.07.19ALL 日常的なインターネットの利用環境で最多は「スマホのみ利用」、増加傾向が続くLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、インターネットの利用環境に関する調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2年前より半期に一度

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0キャリアとスキル

「働きやすさ」重視の会社員は3割強、「給与」重視は5割強

「働きやすさ」重視の会社員は3割強、「給与」重視は5割強 働き方改革に関する実態調査【イマドキの働き方編】「働きやすさ」重視の会社員は3割強、「給与」重視は5割強働きやすい環境づくりで最も重要なのは、「風通しのよさ」調査結果サマリー会社員の3人に1人が給与より「働きやすさ」を重視仕事をするうえで、「給与」と「環境や制度の整備といった働きやすさ」のどちらが重要かを聞いたところ、「環境や制度の整備といった働きやすさ」と答えた人は35.8%でした。一方、「給与」と答えた人は54.9%でした。※「重要で

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社2018年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所、株式会社博報堂の買物研究所、およびD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の広告技術研究室は、近年、コミュニケーションだけでなく動画などのエンターテインメント、さらには買い物の場として、目覚ましくその役割を広げる「

2018年6月26日ヘイズ・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

転職活動でのスマホ活用実態調査

転職活動でのスマホ活用実態調査 転職活動時にスマホを使って職探しをする割合はアジア各国で最も高い一方、応募時のスマホ使用はアジア各国で最も低い1割に留まる 外資系人材紹介会社ヘイズはこの度、転職活動時のスマホ使用について1349人にインターネット調査を実施しました。調査の結果、日本の求職者の多くは新しい仕事を探すときにスマートフォンを使うものの、実際に応募するときは従来の方法を好むことが明らかになりました。転職活動時にスマートフォンを使う割合が最も高かったのは日本(69%)次いでマレーシア(6

2018年6月13日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

全国ローカルラジオ聴取状況レポート第5回

ニュース ラジオ王国「沖縄」5年連続1位!スマホによる聴取は「東京」が1位! ~J-RADIO「全国ローカルラジオ聴取状況レポート」第5回発刊~ラジオ王国「沖縄」5年連続1位!スマホによる聴取は「東京」が1位! ~J-RADIO「全国ローカルラジオ聴取状況レポート」第5回発刊~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、全国のローカルラジオ聴取状況をまとめたJ-RADIO「全国ローカルラジオ聴取状況レポート」第5回を発刊いたしました。「J-RADIO」は全国47都道府県同一フレーム

2018年5月15日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

スマホ・ケータイの使い始め理由、約半数の保護者は「緊急時の連絡のため」

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

2018年5月15日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

あなたのスマホに防災アプリ入っていますか~驚きの結果!最もインストールしていたのはシニア層~

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

2018年5月14日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

スマホによる動画視聴は約8割が平均「1時間未満」、若年層ほど“じっくり”傾向

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

2018年4月18日アスカネットフィードバック数:0社会/政治

葬儀に関する意識調査 葬儀で困ったことの1位は「関係者への訃報連絡」

葬儀で困ったことの1位は 「関係者への訃報連絡」 約2割の人は訃報連絡に時間がかかると回答遺影写真作成・加工サービス国内トップシェアを誇る株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO 福田幸雄、以下 アスカネット)は、「葬儀」に関するアンケート調査を全国の40代~70代の喪主の経験がある、または近い親族を亡くされた経験のある男女500名に行いましたので、調査結果を発表いたします。 【調査背景】どんな人にもいつか必ず訪れるのが「お葬式」。特に、年齢を重ねると喪主として親族の葬儀

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ