調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマートフォン

「スマートフォン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月12日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

非接触IC型電子マネーに関するアンケート調査(第8回)

非接触IC型電子マネーに関するアンケート調査(第8回) ■直近1年間非接触型電子マネー利用者は全体の8割弱。そのうち、週1回以上利用者は5割強。「コンビニエンスストア」「交通機関」での利用が、直近1年間利用者の各60%台、「スーパー」が5割弱、「自動販売機」「ドラッグストア」「駅の売店」が各20%台。■店頭で支払う際「電子マネーのカード本体を端末にかざして支払う」は全体の5割強。スマートフォンで「店頭の端末にかざして支払う」は2割弱、「画面にバーコードを表示しスキャン」「店頭で表示されたQ

2019年10月7日IDCフィードバック数:0モバイル

スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し

27 Sep 2019スマートフォンの課題は2019年も続くが、2020年には5Gおよび新興市場によって市場成長率が持ち直す見通し Japan, 2019年9月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のスマートフォンの出荷に関する予測を発表しました。Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker の新しい予測によると、20

2019年6月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所 「消費1万人調査」調査結果を発表

NEWS博報堂生活総合研究所、「消費1万人調査」調査結果を発表 第一弾「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」編 2019年06月25日1位「携帯電話・スマートフォン」 2位「インターネット通販」 3位「パソコン」 “スマホ”の影響が大きい若年層、“社会・経済”の影響が大きい中高年層 博報堂生活総合研究所はこのたび、「消費1万人調査」を行いました。この調査では、全国の15~69歳の男女1万人に、買い物・消費に関する価値観や行動について聴取しています。個人間取引や中古品売買の増加、所有せずに定

2019年3月20日楽天★★フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリでシニアユーザー激増の背景は? キーワードは「スマホ普及」と「購入の楽しみ」

フリマアプリでシニアユーザー激増の背景は? キーワードは「スマホ普及」と「購入の楽しみ」 昨今、フリマアプリ「ラクマ」で急速に増加するシニアユーザー(60代以上)に対してアンケートによる意識調査を行いました。ポイント①ラクマを始めるきっかけは、「スマートフォンを持ち始めるとき」ポイント②ラクマを使う理由は、「安く商品を購入するため」ポイント③一番楽しみを感じることは「欲しい商品を見つけ購入すること」2018年12月、シニアユーザーの利用実態について調査したところ、ラクマにおけるシニアユーザーの

「AbemaTV」が若者のニュース接触態度調査を実施

サービスニュース 「AbemaTV」が若者のニュース接触態度調査を実施 毎日ニュースを見る若者は約70%、ニュース接触するメディアはインターネットが1位に~ニュースを毎日見る若者のうち、およそ5人に1人がAbemaTVでのニュース視聴経験あり~ 株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、15歳~19歳の男女1,000名にニュースの視聴態度や災害・緊急時の情報収集に関するアンケート調査を実施いたしました。「若者のニュース離れ」が

2019年3月15日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

2019年3月中高生のニュースに関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」、「両親・家族に聞く」、「友人・知人に聞く」 2022年4月1日の成人年齢引き下げ、91.4%が「知っている」 テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」

2019年3月8日MMDLabo★フィードバック数:0社会/政治

2019年3月 中高生のニュースに関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」、「両親・家族に聞く」、「友人・知人に聞く」 2022年4月1日の成人年齢引き下げ、91.4%が「知っている」 テレビ番組視聴中に「スマートフォンを操作する」のは78.4%、ニュースで知らないことがあったら「ネットで検索する」

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

クレジットカード市場は2017年度58兆円突破、2023年度には100兆円を超える見通し 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、クレジットカード市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況日本政府は経済産業省の「日本復興戦略」をはじめ、様々な場面でキャッシュレス推進の方針を打ち出してきた。2025年頃まで、日本国内で様々な国際イベントが開催される予定であり、インバウンド(訪日外国人客)対応の観点も含め、2027年までに国内におけるキャッシュレス比

2019年1月10日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化日本におけるIoT意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」。「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」は外出先で行いたい 家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エアコンのon/of

2019年1月7日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

指紋センサー世界市場に関する調査を実施(2018年)

2017年の指紋センサー世界出荷数量は11億1,150万個に拡大~デバイスの精度向上や生体認証システムの高度化によるセキュリティ強化等により、更なる採用拡大へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年のユーザーインターフェース(UI)デバイスの調査を実施し、指紋センサー世界市場規模推移と予測、需要動向、将来展望を明らかにした。 用途別指紋センサー世界市場規模推移と予測1.市場概況 スマートフォンやタブレット等の中小型モバイル端末を中心に、指紋や顔、虹彩、音声等の生体情

2018年11月6日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

動画共有サイトに関するアンケート調査(第6回)

動画共有サイトに関するアンケート調査(第6回) ■動画共有サイト閲覧者は7割、投稿者は約3%。週1回以上利用者は、動画共有サイト利用者の6割強。動画共有サイト利用意向は7割弱。動画共有サイト利用者では8~9割、非利用者では約7%。■動画共有サイトへのアクセス方法は「ノートパソコン」「スマートフォン」が利用者の各4~5割。「デスクトップパソコン」は3割、「タブレットパソコン」は2割弱。過去調査と比べ「スマートフォン」「タブレットパソコン」が大きく増加。女性10~30代では「スマートフォン」か

2018年10月30日野村総合研究所★★フィードバック数:0モバイル

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してないニュースリリース携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない~シンプルかつ透明な料金プラン・アンマッチの解消・販売手法の適正化が必要~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、本年7月、日本全国でスマートフォンのユーザーを対象に、携帯電話料金に対する意識調査を実施しました。7月上旬と下旬の2回にわたってアンケートを実施し、

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社2018年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所、株式会社博報堂の買物研究所、およびD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の広告技術研究室は、近年、コミュニケーションだけでなく動画などのエンターテインメント、さらには買い物の場として、目覚ましくその役割を広げる「

2018年7月4日モバーシャルフィードバック数:0マーケティング

スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』

スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』 モバーシャル調査2018年5月1日〜5月29日まで、20代〜50代の男女700名に対してアンケート調査を実施しました。調査の結果、スマホを「タテ向きのみ」にして動画視聴する人が32.6%(前回:

2018年5月23日消費者庁フィードバック数:0社会/政治

スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査報告書(概要)

スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査報告書(概要)

2018年5月18日MMDLaboフィードバック数:0デジタル家電

Bluetooth機能の利用経験は61.4%、実際に接続している機器の上位は「イヤホン、スピーカー、カーナビ」

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > Bluetooth機能の利用経験は61.4%、実際に接続している機器の上位は「イヤホン、スピーカー、カーナビ」 Bluetooth機能の利用経験は61.4%、実際に接続している機器の上位は「イヤホン、スピーカー、カーナビ」 MMD研究所は、スマートフォンを所有する13歳~49歳の男女570人を対象に2018年4月10日~4月11日の期間で

世界のスマートフォン市場は、2018年第1四半期も前期に続き前年同期比割れとなる

世界のスマートフォン市場は、2018年第1四半期も前期に続き前年同期比割れとなる 2018年第1四半期のスマホ出荷台数は前年同期比で3%減少し、前期の3%減少から減少傾向が継続中。中国市場では、XiaomiがOPPOに代わり第4位となり、iTelが初めてトップ10入りを果たした。 カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、Counterpoint社)は、2018年第1四半期の出荷は前年

2018年4月16日MMDLabo★フィードバック数:0社会/政治

家庭にある端末、「固定電話」が74.1%、「固定電話」を所有していない中高生の23.8%が「固定電話を使ったことがない」と回答

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 家庭にある端末、「固定電話」が74.1%、「固定電話」を所有していない中高生の23.8%が「固定電話を使ったことがない」と回答 家庭にある端末、「固定電話」が74.1%、「固定電話」を所有していない中高生の23.8%が「固定電話を使ったことがない」と回答 MMDLabo株式会社(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)が運営するMMD研究所(h

日本と海外における決済に関する調査

日本と海外における決済に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング 海外海外調査や国際比較を行った調査結果を掲載 現金以外の手段で決済を行うキャッシュレス化が国際的に進んでいます。クレジットカード、電子マネー、スマートフォン決済など、さまざまな決済手段が存在するなか、各国の生活者は決済に対してどのような意識を持っているのでしょうか。そこで今回は、18~64歳の日本、中国、アメリカ、ドイツそれぞれの都市部在住者を対象として、街なかでの買い物時の決済手段やその変化など、キャッシュレス化に

2018年4月10日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年4月3日アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインショッピングにスマートフォンを使用する頻度が低下してきていることが判明しました。スマートスピーカーとは、人工知

2018年3月29日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91.8%が週1回以上撮影

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91. 8%が週1回以上撮影 週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91. 8%が週1回以上撮影 モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD

2018年3月19日GfKフィードバック数:0モバイル

「GfK調べ:2017年第4四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」

「GfK調べ:2017年第4四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・2017年第4四半期のグローバルのスマートフォン販売台数は前年比1%増の3億9700万台。 ・平均価格は前年同期から10%上昇 ・2017年通年の販売は14億6000万台、4790億USドル 2017年第4四半期(10-12月)のグローバルにおけるスマートフォン販売台数は前年比1%増の3億9700万台となった。中東&アフリカが同8%増、中央・東ヨーロッパが同7%増と成長をけん引した。グローバルのスマートフ

2018年3月16日マイボイスコム★フィードバック数:0モバイル

モバイル決済に関するアンケート調査(第2回)

モバイル決済に関するアンケート調査(第2回) ■直近1年間にクレジットカード・電子マネーで支払った人は全体の8割弱。「スマートフォンや携帯電話のアプリ・機能」で支払った人は全体の1割強。■直近1年間にスマホのアプリ・機能等で支払った人のうち、「おサイフケータイ」利用者は6割弱。2017年調査と比べ「楽天ペイ」が増加。■直近1年間にスマホのアプリ・機能等で支払った人のうち「コンビニエンスストア」での支払い者が8割弱、「スーパー」が4割弱、「自動販売機」「ドラッグストア」「飲食店、喫茶店など」

2018年1月25日SBIライフリビングフィードバック数:0モバイル

2017年12月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング

ムスビー|2019年7月の中古スマホ人気ランキング 2019年8月1日更新2019年7月 ムスビー中古スマホ人気ランキング≪総合ランキング≫※ムスビーで実際に取引された平均価格、中古携帯のため1台ごとにコンディションが異なります。≪Androidスマートフォンランキング≫ Copyright © 2006-2019 Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved.株式会社ウェイブダッシュこのホームページの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。

2018年1月12日MMDLabo★フィードバック数:0マーケティング

QRコード決済の認知度は51.6%、利用者は1.9%、スマホ決済サービスの利用上位は「おサイフケータイ、LINE Pay、Apple Pay」

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > QRコード決済の認知度は51.6%、利用者は1.9%、スマホ決済サービスの利用上位は「おサイフケータイ、LINE Pay、Apple Pay」 QRコード決済の認知度は51.6%、利用者は1.9%、スマホ決済サービスの利用上位は「おサイフケータイ、LINE Pay、Apple Pay」 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフ

2018年1月5日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

フリマアプリに関するアンケート調査

■フリマアプリ登録者は全体の1割強、認知率は7割弱。登録者は女性20・30代では各3~4割。フリマアプリ登録者・経験者が直近1年間に利用したのは「メルカリ」が7割強、「ラクマ」「フリル」「ヤフオク フリマ出品」が各2割。■直近1年間フリマアプリ利用者のうち、直近1年間出品経験者は5割、購入経験者は6割強。女性20・30代では出品・購入経験者が各7割。■フリマアプリ選定時の重視点は「購入時の支払い手数料が安い・無料」が登録者・経験者の4割強、「購入・出品手続きが簡単」「販売手数料が安い・無料」「利

2017年12月25日矢野経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

AMOLED世界市場に関する調査を実施(2017年)

調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてAMOLEDパネル及びその主要部材の世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~10月2.調査対象:ディスプレイ用AMOLEDパネルメーカー、素子材料(発光材料、共通材料)メーカー、封止材メーカー、静電容量方式のタッチパネルメーカー、偏光板メーカー、基材メーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<AMOLEDパネルとは>本調査におけるAMOLEDパネルとは、Active M

2017年12月18日MM総研フィードバック数:0モバイル

2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況

2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況ーースマホは1,373.6万台(12.9%増)で上期では過去2番目 2017年11月15日■ 2017年度上期の総出荷台数は1,634.6万台(前年同期比7.6%増)でV字回復■ スマートフォン出荷台数は1,373.6万台(12.9%増)で上期出荷として過去2番目■ SIMフリースマートフォン出荷台数は20.4%増の144.6万台も想定を下回る■ フィーチャーフォン出荷台数は261万台(13.6%減)で過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3,740

2017年12月12日ニールセン★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~50歳以上のスマホ利用は拡大傾向にあり、ネット利用者の67%が利用情報検索をする際に最も利用されるのはスマートフォンで、10代は86%がスマートフォンメイン音声検索の利用者では、スマートスピーカーに対する期待が高く、64%が便利そうと感じている東京、2017年10月19日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、9月末

消費動向に関する定点調査(2017年10月度)

消費動向に関する定点調査(2017年10月度) | リサーチ・市場調査・マーケティング 消費動向現在の消費者の暮らしの状況を定点で調査したものを掲載 2017/11/21 消費動向に関する定点調査(2017年10月度)現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とし、2009年2月から2011年11月までは3カ月ごとに実施(※)、2012年からは年2回、4月もしくは5月と10月に実施しております。本調査においては、全国1,20

2017年11月21日CMerTV★★フィードバック数:0マーケティング

スマホ動画広告のCM効果を脳科学で検証!

【プレスリリース】スマホ動画広告のCM効果を脳科学で検証!2017年11月8日 ■11月8日(水)日経新聞朝刊に掲載されました!株式会社 CMerTV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:五十嵐彰、以下、CMerTV)と、株式会社 NeU(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川清、以下、NeU)は共同検証を行い、スマートフォン上のオーバーレイ動画 CM の呈示は TV での動画 CM の呈示に比べて、視聴者の脳活動が高いことを検証しました。これは国産高級車のトップブランド、レクサスインターナ

サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施2

プレスリリース サイバーエージェント、2017年国内動画広告の市場調査を実施2017年の動画広告市場は、前年対比163%成長の1,374億円に。 スマートフォン動画広告需要は190%成長を遂げ、市場全体の8割に達する見込み。 2019年に2,000億円、2022年に3,000億円を突破し、2023年には2.5倍の3,485億円に。 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)のインターネット広告事業が運営する、動画広告に特化した研

2017年11月9日GfKフィードバック数:0モバイル

「2017年 MVNOのSIMカードの販売動向と購買行動調査」- 1-9月では3割超の販売拡大

「2017年 MVNOのSIMカードの販売動向と購買行動調査」- 1-9月では3割超の販売拡大  GfK ジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、インターネット通販におけるMVNOのSIMカードの販売動向※1および、購買行動調査※2に基づくMVNOの利用状況を発表した。 【概要】・2017年1-9月の家電量販店、インターネット通販におけるMVNOのSIMカード販売数量は前年から35%増・フィーチャフォンからスマートフォンへの移行した人の内、約1割がMVNOを選択 【MVNOのSIMカードは

2017年10月26日ソフトバンク★フィードバック数:0大型消費/投資

普段のお買い物時の支払い方法に関する実態調査

<働く男女500名>普段のお買い物時の支払い方法に関する実態調査結果のご報告やはり、根強い現金主義!普段の支払いは「現金払い」が6割近くも…。一方で、「かさばる」「引き出すのが面倒」など不満を抱えているという結果に。<働く男女500名>普段のお買い物時の支払い方法に関する実態調査結果のご報告2017/10/11 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 日々の平均使用金額、半数近くが1,000円以上! 普段現金で払う人が半数以上だが、お金を引き出しは月に1回、引き出すのが面倒・小銭がかさばるな

2017年10月20日SBIライフリビングフィードバック数:0モバイル

2017年9月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング

ムスビー|2019年7月の中古スマホ人気ランキング 2019年8月1日更新2019年7月 ムスビー中古スマホ人気ランキング≪総合ランキング≫※ムスビーで実際に取引された平均価格、中古携帯のため1台ごとにコンディションが異なります。≪Androidスマートフォンランキング≫ Copyright © 2006-2019 Wavedash Co., Ltd. All Rights Reserved.株式会社ウェイブダッシュこのホームページの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。

2017年10月16日ビッグローブフィードバック数:0モバイル

格安スマホ/SIMに関する意識調査

プレスルーム今のスマホでSIMだけ替えて安くしたい!BIGLOBEが「格安スマホ/SIMに関する意識調査」を実施~「格安スマホ」は既に9割以上が認知、しかし実際にいくら安くなるか知っているのは3割程度~ビッグローブ株式会社格安スマホや格安SIMを提供するBIGLOBEは、「格安スマホ/SIMに関する意識調査」を実施しました。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマートフォンを利用しており、かつ3大携帯電話会社の通信サービスを利用する男女1,703名を対象にアンケート形式で実施しました。調

2017年10月5日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

親と中学生に聞く初めてのスマートフォン利用の実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 中学生のスマートフォンのフィルタリング利用率は48.5% 中学生のスマートフォンのフィルタリング利用率は48.5% MMD研究所は、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)と共同で、2017年8月7日~8月23日に、スマートフォンを所有する中学1年生~3年生の親845人とスマートフォンを所有している中学生323人

2017年9月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0デジタル家電

CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施(2017年)

CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施(2017年) ~2016年のCMOS/CCDカメラ世界市場は前年比109.8%の40億5,000万台~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界のCMOS/CCDカメラ、カメラ応用画像システム・機器市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~7月2.調査対象:カメラメーカ、カメラ応用画像システム・機器メーカ等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談及び、電話・e-mail等によるヒアリング、当社データベース他文献調査を併用

2017年8月31日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査(大手3キャリア編)

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 利用しているアプリのジャンルの上位は10~30代が「SNS、動画、ゲーム」 40代は「天気、動画、EC/オークション」、50~60代が「天気、ニュース、ナビゲーション」 利用しているアプリのジャンルの上位は10~30代が「SNS、動画、ゲーム」 40代は「天気、動画、EC/オークション」、50~60代が「天気、ニュース、ナビゲーション」

2017年8月28日シニアコム.JPフィードバック数:0モバイル

スマートフォンに関するアンケート

【アンケート】連載記事スマートフォンに関するアンケート携帯端末利用者の割合から「スマートフォンを使い始めた理由」や「利用したことがあるアプリ」「どんなSNSアプリを利用したことがある?」など「スマートフォン」に関することについて、シニアコム会員はどのような意識をお持ちなのかを調査しました。アンケート実施期間:2017年7月20日(木)~7月24日(月)の5日間有効回答数:636名(男性 401名 / 女性 235名)※グラフ画像はクリックするとさらに大きくなります。 (1) あなたが現在利用して

2017年8月26日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

中古品(リユース品)の売買に関する調査

『20代は中古品の購入に抵抗が少なく、売買頻度とフリマアプリ利用が他世代より多い結果に』中古品(リユース品)の売買に関する調査 2017年8月24日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「中古品(リユース品)の売買に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年7月26日(水)から7月27日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対

2017年8月22日モバーシャル★★フィードバック数:0マーケティング

スマホ端末で外出中に動画を視聴するか

「データ(パケット)通信量がかかる」などを理由に外出先でスマホ動画を見ないと答えた人7割!『モバーシャル調査』「データ(パケット)通信量がかかる」などを理由に外出先でスマホ動画を見ないと答えた人7割!『モバーシャル調査』 モバーシャル調査2017年4月18日〜4月25日まで、20代〜50代の男女700名を対象に、4月に実施したスマートフォンの動画視聴実態調査の追加調査を実施しました。6月19日に公開した「第4回スマートフォンの動画視聴実態調査」において、スマートフォンで Web 動画を視聴する環

2017年8月14日IDC★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測を発表 エンタープライズモバイルデバイス市場の2016年~2021年の年間平均成長率は2.5%と予測 画面サイズは、働き方改革などモビリティ需要の高まりから、タブレットやポータブルPCなどのミドルサイズ(9~13インチ)の製品の成長率が高まると予測 エンタープライズモバイルデバイス市場の中でWindowsは、2020年以降50%以下の構成比になると予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年8月13日勝手にランキングフィードバック数:0モバイル

スマホゲームは外ではやらない? プレイする場所は、どの年代も自宅が1位だった!!

>, , , , >スマホゲームは外ではやらない? プレイする場所は、どの年代も自宅が1位だった!!アクションからシミュレーション、ロールプレイングやパズルなど、様々なゲームジャンルが存在するスマホのアプリゲーム。携帯にダウンロードして、毎日コツコツ行っている人も多いのではないでしょうか?レアカードやアイテムがもらえるなどといったCMも見かけたりしますし、やはりスマホのアプリゲームは今、人気なのでしょうか?今日は、そんなアプリゲームについて見ていきたいと思います。やはり若い人からは人気2017年

2017年8月10日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施~半数以上が格安スマホは「よくわからない」、利用しない理由は使いにくくなりそう、料金プランがわかりにくい~10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施~半数以上が格安スマホは「よくわからない」、利用しない理由は使いにくくなりそう、料金プランがわかりにくい~ 2017.8.1<調査概要>調査テーマ 格安SIM/格安スマホに関する調査調査対象スマホを持っている10代女子調査期間2017年6月27日~2017年7月10日調査方法インタ

“スマホの画面割れ”がもたらす経済損失額

画面を割ると経済に影響を与える!? ゲオがスマホと経済の意外な関係性を算出! “スマホの画面割れ”がもたらす経済損失額は 『1,382億1,250万円』 2017.07.27 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、関西大学大学院会計研究科(会計専門職大学院)の宮本勝浩教授協力のもと、スマートフォンの画面割れによって生じる経済損失を試算した結果、総額『1,382億1,250万

2017年7月28日Criteo★フィードバック数:0大型消費/投資

新世代のデジタルトラベラーレポート

Criteo、新世代のデジタルトラベラーレポートを発表 ~旅行予約獲得をさらに促進させるデジタルマーケティングとは~ パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、この度、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、日本、シンガポール、韓国、台湾、およびベトナムの旅行商品をオンラインで検索または予約する1,900人の消費者を対象に2017年2月15日~2月18日の日程で調査を実施し、「新世代のデジタルトラ

2017年7月26日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

「こども20年変化」調査結果 続報

JAPANESE ENGLISH~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~「こども20年変化」 調査結果 続報を発表博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けてきました(1997年・2007年・2017年の3時点で実施)。今回は、6月に発表した調査結果の「続報」をご報告します。◆調査対象:小学4年生〜中学2年生の男女(1997年・2007年の調査概要はリリースPDF P.7参照)【1997年 → 2

2017年6月29日モバーシャルフィードバック数:0モバイル

スマホをヨコ向きで動画視聴する人が増加!タテ向き視聴者が減少!「大きい画面で動画を見たい」ニーズ根強く『モバーシャル調査』

スマホをヨコ向きで動画視聴する人が増加!タテ向き視聴者が減少!「大きい画面で動画を見たい」ニーズ根強く『モバーシャル調査』スマホをヨコ向きで動画視聴する人が増加!タテ向き視聴者が減少!「大きい画面で動画を見たい」ニーズ根強く『モバーシャル調査』 モバーシャルリリース調査2017年4月3日〜4月10日まで、20代〜50代のスマートフォンで動画見ると回答した男女700名に対してアンケート調査を実施いたしました。調査の結果、スマホを「ヨコ向きのみ」にして動画視聴する人が43.4%(前回:28.4%)と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ