調査のチカラ TOP > タグ一覧 > スマート家電

「スマート家電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年4月23日ノーリツフィードバック数:0ライフスタイル

共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査

共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査◎女性が誰かに任せたいトップ3は「おふろ掃除」「食後の洗いもの」「調理」 ◎25~34歳ミレニアル世代男性のおふろ掃除率は45~49歳より24.6ポイント高い ◎IoT家電を使いこなしてやりたいことは、男女ともに「自分の趣味」「子どもと遊ぶ」「睡眠を十分にとる」湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:國井総一郎、資本金億円、東証一部上場)は、万世帯となった共働き世帯(年度)の、おふろ掃除や調理を中心とした「家事

2016年2月23日GfKフィードバック数:0社会/政治

スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果

「スマートホームテクノロジーに関する調査-日本・中国・韓国の結果」 スマートホーム、アジアでアピール:中国では韓国や日本を上回る高い関心 GfKは7カ国で実施したスマートホームテクノロジーに関する消費者調査から、中国、日本、韓国の動向について発表しました。 【概要】 世界7カ国で、スマートホーム、3Dプリント、仮想現実など11の最新テクノロジーについて近い将来、生活に変化をもたらすかを尋ねました。その結果、中国では大多数が、スマートホームテクノロジーが近い将来、生活に変化をもたらすと考えて

2015年10月1日VSNフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IoT(Internet of Things)に関する意識調査

人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国・男女10~50代のインターネットユーザーを対象に、「IoT(Internet of Things)に関する意識調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は2015年9月11日(金)~9月14日(月)。計1,177名から回答を得ました。 調査結果のまとめIoTを理解できているのは全体の僅か11.1%「IoT」からイメージするのは…「スマートホーム」「スマート家電」既に活用しているIoT

2014年1月28日IEEEフィードバック数:0デジタル家電

CES:What's Next

IEEEが占う未来の家電 ~すべて機械まかせにするには時期尚... IEEEが占う未来の家電~すべて機械まかせにするには時期尚早!?~ IEEE(アイ・トリプル・イー)は、「CES:What's Next」と題した簡単なアンケート結果をまとめました。これはIEEEのエキスパートメンバーが予測した未来のヒット家電像に関して、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の来場者およびFacebookのファン3,000人から意見を集めたものです。多くの人が今後は機械制御やロボットの時代にな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ