調査のチカラ TOP > タグ一覧 > セールスフォース

「セールスフォース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表 店舗は依然として需要高、消費者は携帯端末に平均2つのショッピングアプリを保有 - 2019年ホリデーシーズンに向け日本人消費者の44%がオンラインショッピングを増やすと回答- 日本人消費者13%がホリデーショッピングの主なアイデアはInstagramからと回答 グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、消費

セールスフォース・ドットコム、ホリデーシーズン中の買い物において、初めてモバイルフォンが最も利用されるデバイスになることを予測

【抄訳】セールスフォース・ドットコム、ホリデーシーズン中の買い物において、初めてモバイルフォンが最も利用されるデバイスになることを予測 〜モバイルフォンがEコマースサイト訪問に利用されるデバイスの68%を占める見込み~ 〜AIによる製品レコメンド機能が全収益の35%に貢献~~サイバーウィークはシーズン全体のEコマース売上の40%を占める (2017年よりも8%増加)~~InstagramからのEコマーストラフィックは昨年のホリデーシーズンと 比較して51%増加~【米国リリース抄訳】2018年10

Salesforceエコノミーに関する最新調査レポート

【抄訳】セールスフォース・ドットコム、Salesforceエコノミーに関する最新調査レポートを発表 グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、IDC社によるSalesforceエコノミーが創出する経済効果に関する最新調査レポートの結果について発表しました。本レポートでは、セールスフォース・ドットコムと、お客様やパートナーで形成されるSalesforceエコノミーが、2

2009年8月12日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「今後利用したいベンダー」VMwareと米Googleが首位に並ぶ,セールスフォースは7ポイント低下

「今後利用したいベンダー」VMwareと米Googleが首位に並ぶ,セールスフォースは7ポイント低下

2009年5月19日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データセンター/SaaSの機能とサポートはセールスフォース,価格は米Googleが突出して高評価

データセンター/SaaSの機能とサポートはセールスフォース,価格は米Googleが突出して高評価

2009年5月11日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

「営業マンのモチベーションを保つ」日本型CRM構築を

SaaS専業ベンダーが支えた第3次CRMブーム IT調査会社のアイ・ティ・アールが2008年7月から8月にかけて調査した「ITR Market View:CRM市場2008」では、2009年度の国内CRM市場規模を約180億円、2012年には270億円規模に成長すると予測している。同社シニア・アナリストの甲元宏明氏によると、CRM導入のブームは過去3回あったという。 第1次CRMブームは1990年代後半、いわゆるITバブルのころで、Siebel Systems(現Oracle)、Vantive(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ