調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ソーシャルファイナンス

「ソーシャルファイナンス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地域経済の持続可能性について考える(2) 輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質”

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地域経済の持続可能性について考える②輸移出と自給率のバランスの上で問われる“成長の質” ◆地域の活性化をもたらす源泉として輸移出があり、輸移出の強化が地域活性化の起爆剤となり得る。◆一方、産業特化を通じた輸移出依存体質は地域経済のリスクを高める要素もある。地域の持続可能性の観点からは、地域の需要を地域の生産で賄えるかという“自給率”で捉えることも重要である。◆労働力不足にともなう地域の生産能力縮小は自

2015年2月19日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の省エネについてのレポートです。

家庭部門の低炭素化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家庭部門の低炭素化電力使用量削減の新たなステージへ ◆家庭部門におけるエネルギー消費量は40年間で2.1倍に増加した。2010年度以降、世帯・人口推移からみたエネルギー消費量は自然減に転じているが、家電ストック台数はなお増加傾向にあり、エネルギー消費を押し上げる一因となっている。快適性・利便性を享受しながらエネルギー消費の増加を食い止めるためには、家電ストックの高効率化(ハード面の対策)と高効率利用(

2015年1月6日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第10回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 見て、聞いて、ちょっと未来を考える 第10回木の校舎から学ぶこと~茨城県守谷市立守谷小学校~ 校舎は学びの場であるとともに、多くの時間を過ごす生活の場でもあるので、職場や工場などにも増して、リラックスした雰囲気が求められると思います。大きな火災や震災などを経験してきた我が国では、校舎の工法として、燃えにくく壊れにくい鉄筋コンクリー

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

求められるサイバーセキュリティの人材育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 求められるサイバーセキュリティの人材育成 ◆サイバー攻撃は、攻撃意図や対象が多様化するとともに手法も複雑化しており、特に経済・生活基盤への攻撃は被害が甚大になることもある。近年では国を越えたサイバー攻撃の例も見られるため、その脅威は世界中で警戒されている。◆日本では2014年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立した。国においてサイバーセキュリティを推進する体制が整備・強化されるとともに、国、地方公

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し サマリー版

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し 水素社会の兆し サマリー版水素社会の幕開け ◆化石燃料を中心とした世界のエネルギー消費量は増加を続けており、その安定的な確保や気候変動への対応が喫緊の課題となっている。水素を本格的に利活用する「水素社会」は、エネルギー供給におけるS+3Eを実現する取組みの一つとして、各国で進められている。日本でも、水素社会の実現に向けたロードマップが示されるなど産官

2014年11月6日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネス動向です。

環境短観で見る環境ビジネスの動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆環境省の「環境経済観測調査(環境短観)」によると、平成26年6月時点の環境ビジネスの業況DIは27、半年先予測は29、10年先予測は46であった。全ビジネスの業況DIはそれぞれ12、15、8であり、環境ビジネスの好調さがわかる。また、環境ビジネスを実施している企業のみに限ると、環境ビジネスの業況DIはそれぞれ22、24、27となっている。◆業況DIが高い環境ビジネスは、現在は「省エネルギー自動車」、

2014年11月5日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人についてのレポートです。

観光立国と日本の「稼ぐ力」(3)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 観光立国と日本の「稼ぐ力」③観光地域の広がり ◆ビジット・ジャパン事業をはじめとする官民一体となった取り組みにより、大都市圏以外の観光地域を訪れる訪日旅行者が増加している。再訪回数の増加や旅行目的の多様化に伴い、各地の空港や海路を利用する訪日旅行にも広がりがみられる。◆一方、訪日旅行者の宿泊地は偏りが大きく、大都市や知名度の高い京都府、北海道、沖縄県などへの滞在者が多い。訪日旅行の宿泊者数を増加させる

2014年10月9日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日観光についてのレポートです。

観光立国と日本の「稼ぐ力」(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 観光立国と日本の「稼ぐ力」②日本の魅力と価値の発信 ◆日本の名目GDPに占める国際旅行収入額の比率は0.2%程度に過ぎず、国際旅行の入国者数が多い国・地域に比べると、旅行者一人あたりの収入額は米国に次いで大きいが入国者数は少ない。観光立国実現に向けては、初訪者・再訪者を合わせた訪日旅行者数の増加が課題となる。◆訪日旅行者は、旅行前・旅行中ともにICTを有効活用して情報収集しており、いわゆる口コミ情報も

2014年9月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州電力が再エネ接続の回答保留を発表

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 九州電力は、再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答を、数か月保留することを発表した。平成26年度からの固定価格買取制度(以下、FIT)の価格改定や低圧敷地分割の設備認定中止措置により、平成26年3月の1ヶ月間で、それまでの1年分に相当する量(約7万件)の太陽光発電設備の接続契約申込みがあったという。その結果、7月末現在で太陽光・風力発電設備の接続量は、接続済分約390万kW、接続契約申込分

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会への期待と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 水素社会への期待と課題『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2013年9月に発表されたIPCCの報告書では、気候システムの温暖化について疑う余地のないことが示された。原因の一つとされる化石燃料に代わるエネルギー源として、水素の有効活用がある。日本では、2009年から世界に先駆けて家庭用燃料電池の普及が始まった。海外では日本に次ぐとされるドイツでも、実証事業による数百台の導入にとど

2014年7月29日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済の面から温暖化を見ています。

地球規模の経済リスクとしての気候変動問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地球規模の経済リスクとしての気候変動問題緩和(CO2削減)だけでは不十分。異常気象への「適応」が急務。 ◆世界の環境問題を考えるうえで、気候変動は今や世界的な課題となり、緩和(低炭素化)と適応(異常気象への対応)の両面の対応が求められている。しかし日本ではエコカーやスマートシティなど低炭素化は注目されているが、適応策はほとんど議論されない。◆科学的には2100年までに世界の地上平均気温は2.6~4.8

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州ガス市場の自由化と日本への示唆(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州ガス市場の自由化と日本への示唆②競争原理の導入と最終需要者の便益の向上(3ヵ国編) ◆今回の調査では、自由化のステージが異なっているイギリス、フランス、イタリアを対象にした。◆EU編において記述してきた通り、欧州各国では、ガス市場の自由化の進展とは裏腹に、近年、ガス料金は上昇してきた。自由化のステージが異なる上記3ヵ国においても、自由化に対する議論の進展が異なっている。◆イギリスでは、自由化の流れ

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州ガス市場の自由化と日本への示唆(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州ガス市場の自由化と日本への示唆①競争原理の導入と最終需要者の便益の向上(EU編) ◆欧州のエネルギー市場自由化の中長期の目的は、規制されてきたエネルギー産業における競争原理の導入による最終需要者の便益の向上である。この場合の便益の向上とは料金の低下、サービスの質の向上、安定供給の確保等を指す。◆今回の調査では、エネルギー・システム改革の進展と最終需要者の便益の向上について議論が活発化しており、各国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ