調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ソーシャルメディア

「ソーシャルメディア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月23日ジェーディーエスフィードバック数:4マーケティング

イノベーターのソーシャルメディア利用頻度は高い

イノベーターのソーシャルメディア利用頻度は高い

2013年7月22日トレンダーズフィードバック数:5大型消費/投資

現代女性の「ソーシャル」恋愛事情

~トレンド予測レポート~高収入・イケメンなどの“ハイスペック... ~トレンド予測レポート~ 高収入・イケメンなどの“ハイスペック男子”を恋人にする方法シンデレラストーリーはソーシャルの中に!? 「ソーシャル・シンデレラ」の実態に迫る! 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、「ソーシャル・シンデレラ」をキーワードに、現代女性の「恋愛」の実態についてレポートします。 グラフ ソーシャルメディアの普及にともない、男女の「出会い」の形にも変化が見られ

2013年7月2日鈴木寛事務所フィードバック数:3社会/政治

ソーシャルメディア論調分析第2弾 「アベノミクス」に関する話題量

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース ネット選挙最前線レポート Vol.13ソーシャルメディア論調分析第2弾 「アベノミクス」に関する話題量安倍内閣発足後、増加傾向。但し、否定的意見の割合が増える傾向2013年07月01日 14時30分 1:「アベノミクス」に関するソーシャルメディア上の書き込み件数推移(1月1日~6月8日)鈴木寛(すずきかん)事務所からのお知らせです。Crimson Hexagon社のソーシャルリスニング・プラットフォーム「ForSight(

2013年7月1日メタフェイズフィードバック数:6マーケティング

ソーシャルメディアに関するアンケート

株式会社メタフェイズ20代から40代の男女に行なった、ソーシャルメディアに関する調査結果ではFacebookなどを除く、企業の商品ページやニュースページで「いいね!」やツイートボタンを含むソーシャルボタンを押したことがあると回答した人は、60%以上。ある写真を見て気持ちを表現する質問には「いいね、いいよね」以外での言葉を回答した人が、全体の約90%という結果となりました。 Webサイト制作を手掛け、4,000サイト以上の実績を持つ 株式会社メタフェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:城野

2013年6月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年5月営業職採用動向

[] <要旨> 当月、書類通過・内定が多かったのは、システムソリューション営業職でした。採用要件には「業界不問」「経験年数不問」といったワードが多く、書類で実績を丁寧にアピールできれば、経験が浅いポテンシャル層でも面接まで進むチャンスが大いにあります。ターゲットにも偏りがなく、若手層から40歳以上のシニア層まで幅広い層が求められていました。書類通過者の年齢層もバランスよく、各社共に多様な人材を求めていることが窺えます。<今後の見通し> 新規求人では「Web広告」「ソーシャルメディア」が目立つよう

2013年6月14日MMDLabo★フィードバック数:19キャリアとスキル

ソーシャルメディア、スマートデバイスに注目しています。

就職活動に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ソーシャルメディアから就職活動に関する情報収集をしていた学生はわずか10% ソーシャルメディアから就職活動に関する情報収集をしていた学生はわずか10% MMD研究所は、2013年度入社の会社員487人を対象に、「就職活動に関する実態調査」を2013年5月31日~6月4日に実施しました。調査では、就職活動時のソーシャルメディアやスマートデバ

2013年5月21日トレンダーズフィードバック数:4マーケティング

仕事とソーシャルメディアに関する調査

~トレンド予測レポート「ソーシャルリスニング」~ 会社員アク... ~トレンド予測レポート「ソーシャルリスニング」~会社員アクティブユーザーの7割が、仕事中SNSをチェック期待高まる、ソーシャルリスニング・クラウドサービスとは!? 津田大介氏に聞く、ソーシャルリスニングの有効性 日に日に存在感を増すソーシャルメディア。それは、個人にとどまらず、企業にとっても同様です。FacebookやTwitterを通じて、企業が消費者に向けて情報発信をすることは、もはや当たり前の手法となっています。最近

2013年5月15日ジャストシステムフィードバック数:5マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度) スマートフォン利用率の伸びが停滞、4か月連続して42~43%台で横ばいモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年4月度)無料通話アプリは、「LINE」が他のサービスを大きく上回る調査結果サマリースマートフォン利用率の伸びが停滞し、4か月連続して42~43%台で横ばい無料通話アプリは、「LINE」が他のサービスを大きく上回る約6割が、3Dプリンタを認知。価格が5万円以下なら、関心層の過半数は購入に前向き株式会社ジャストシステム

2013年4月25日ネットエイジア★★フィードバック数:15マーケティング

旬な調査です。

テレビとソーシャルメディアの関係性

ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2013年4月25日 テレビとソーシャルメディアの関係性ネットエイジア株式会社/株式会社シタシオンジャパン共同調査テレビとソーシャルメディアの関係性〜テレビCMが届く、響く、拡がる、ソーシャルテレビ人〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)と株式会社シタシオンジャパン(本社/東京都中央区、代表取締役

2013年2月27日ITRフィードバック数:0マーケティング

ITR Market View:マーケティング管理市場2013

ITR Market View:マーケティング管理市場2013本レポートの販売は終了いたしました。本レポートは、マーケティング支援(メール送信、メール処理、マーケティング管理)、アクセス解析、ソーシャルメディア解析およびECサイト構築管理製品を対象に国内45ベンダーへの調査を基に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。メール送信市場:需要の拡大で2011年度市場は13.5%増、2012年度も高成長の見込みメール処理市場:2011年度は主要ベンダーの

回答者の13%は就職活動にLINEも利用しているそうです。

第2回「電通PRソー活調査」

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

2013年1月23日アイティメディアフィードバック数:19マーケティング

ソーシャルメディア市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。ソーシャルメディア市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション- ソーシャルメディア市場を眺めてみた。-消費者データから見るブランドポジション- 株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。Mac大好き。

2012年12月26日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2012年11月デザイナー職採用動向

[] <要旨>当月のデザイナー職の新規求人数は、前月比143%UPと大幅に増加しました。特にソーシャルメディア運営企業とサイト制作会社からの求人増が目立ちます。年始以降は新卒採用に注力したい人事部が、クリエイティブ系のヒューマンリソースの確保を年内に終わらせるべく集中採用を行っていることが要因でしょう。採用姿勢に関してはやはりソーシャルメディア系企業が積極的で、豊富なバジェットを駆使して人材獲得に力を入れています。こうした動きの中で苦戦を強いられている非ソーシャル系メディア企業は未経験者採用に活

2012年12月19日ニールセン★フィードバック数:11マーケティング

1年間のTwitter上の投稿について喜怒哀楽で分析しています。

2012年のソーシャルメディアを分析

2012/12/19 [データ] ニールセン、2012年のソーシャルメディアを分析 もっとも感動した話題は「なでしこジャパンメダル獲得」~オリンピックに感動し、原発再稼働に怒り、パンダ死去に泣いた一年~メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、ソーシャルリスニングサービスNielsen BuzzMetricsを使用し、ツイッター上で盛り上がった話題を感情ごとにまとめ、今年一年を振り返りました。それによると、今年、人々がも

歌手のソーシャルメディア影響力

NEWS【調査】ソーシャルメディアでの「歌手インパクトランキング」を発表AMNがソーシャルメディアでの「歌手インパクトランキング」を発表総合1位 広瀬香美、2位 宇多田ヒカル、3位 篠田麻里子(AKB48)男性1位はGackt~紅白出場歌手のソーシャル活用対決では、「紅組」に軍配~カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下「AMN」)は、このたびAMNが開発した複数のソーシャルメディアでのインパクトを横断的に測定で

2012年12月3日ニールセン★フィードバック数:19マーケティング海外

購買への影響を見ています。

中国、インド、イギリス、アメリカのソーシャルメディアの利用に関する調査結果

2012/12/03 [データ] ニールセン 中国、インド、イギリス、アメリカのソーシャルメディアの利用に関する調査結果を発表 ~中国、インドはイギリス、アメリカに比べ ソーシャルメディアが購買に与える影響が大きい~~テレビとソーシャルメディアの同時利用、アメリカとインドでは5割超~メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼CEO:福徳 俊弘)は、「ソーシャルメディアに関する ニールセン グローバルオンライン調査」の結果を発表いたしました。今回

2012年11月27日ニールセン★フィードバック数:11マーケティング海外

59%がモバイル端末で利用しているとのことです。

アジア太平洋地区のソーシャルメディア利用状況

2012/11/26 [データ] ニールセン、アジア太平洋地区のソーシャルメディア利用状況を発表~ ソーシャルメディアとモバイル端末がソーシャルメディアエンゲージメントを推進~シンガポール、2012年 11月 13日: 消費者が何を見て何を購入するかについての情報およびインサイトをグローバルに提供するニールセンが本日発表したレポートによると、モバイル端末を利用したソーシャルメディアへのアクセスは、グローバルのどの地域よりアジア太平洋で普及を見せています。・アジア太平洋の消費者の5人に3人がモバイ

企業のソーシャルメディア利用についてのまとまった調査です。

「企業活動におけるソーシャルメディアの活用状況」に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

ソーシャルメディアでの政治家インパクトランキング

NEWSAMNが政治家のソーシャルメディアでのインパクトランキングを発表AMNが政治家のソーシャルメディアでのインパクトランキングを発表~総合1位 橋下徹氏、野田首相はTOP100圏外~現職国会議員1位は民主蓮舫氏、自民河野氏渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下「AMN」)は、AMNが開発した複数のソーシャルメディアでのインパクトを横断的に測定できる「ユーザーチャート(userchart.jp)」を利用して、政治家のソーシャルメディア利用状況を調査し、政治家のインパクトランキングとして集計しました

時間別の利用状況を見ています。

ロンドンオリンピック開催期間中のスマートフォンユーザーのソーシャルメディア利用動向

五輪期間中のiPhoneユーザーの主要ソーシャルメディア利用率は、毎時平均で13.5%。男女サッカーなど注目度の高かった競技時間帯周辺で活発だった点を検証。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、スマートフォンによるインターネット視聴データサービス「Smart M3(iPhoneユーザー版)」の結果を中心に、この夏のロンドンオリンピック開催期間中のスマートフォンユーザーのソーシャルメディア利用

第4回「ソーシャルメディア活用企業」

NEWSAMNが第4回「ソーシャルメディア活用企業調査」を公開LINEやPinterestを含む12のソーシャルメディアを調査 AMNが第4回「ソーシャルメディア活用企業」を公開~ニコニコ生放送・ニコニコ動画の企業活用が4割超に増加~カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、このたび、日本企業におけるツイッターやブログ、mixiやFacebookなどのソーシャルメディア活用企業調査を行い、日本のソーシャ

2012年8月29日NTTアド★フィードバック数:19マーケティング

テレビとソーシャルメディアの相性についての調査です。

テレビとソーシャルメディアの併用実態に関する調査結果

テレビとソーシャルメディアの併用実態に関する調査結果

2012年8月22日インプレス★フィードバック数:99マーケティング

国内での各ソーシャルメディアの利用状況がわかります。

ソーシャルメディア調査報告書2012

Facebook利用者が24.5%へ急増、日本のソーシャルメディア人口は5060万人に 急成長するLINEは、男性10代や女性20代ではすでに半数近くが利用 『ソーシャルメディア調査報告書2012』 8月24日発行 Facebook利用者が24.5%へ急増、日本のソーシャルメディア人口は5060万人に 急成長するLINEは、男性10代や女性20代ではすでに半数近くが利用 『ソーシャルメディア調査報告書2012』8月24日発行 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事

ソーシャルメディアを利用しているスポーツ選手のランキングです。

スポーツ選手のインパクトランキング

NEWSAMNがスポーツ選手のインパクトランキングを発表AMNが 「ユーザーチャート」を活用しスポーツ選手のインパクトランキングを発表総合1位ダルビッシュ有、五輪代表1位丸山 桂里奈~ロンドン五輪出場選手の4割超がソーシャルメディアを活用~カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下「AMN」)は、AMNが開発した複数のソーシャルメディアでのインパクトを横断的に測定できる「ユーザーチャート(userchart.jp)

2012年7月30日WIPジャパンフィードバック数:2マーケティング

インドの消費者とソーシャルメディア―その1

[] グローバルビジネス支援サービスを提供するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦ジェームズ、以下、WIPジャパン)では、世界89か国・411都市という日本最大級の自社ネットワークをフルに活用して、海外進出や海外向けEコマースに必須の多言語マーケティング・サービスを提供。多くのお客様の海外進出を支援しています。いまやインドでは、ソーシャルメディアは市場戦略とは切り離せない存在になっています。現在、インドのFacebookユーザーは5120万人余りとなり、

2012年7月30日WIPジャパンフィードバック数:2マーケティング

インドの消費者とソーシャルメディア―その2

[] グローバルビジネス支援サービスを提供するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦ジェームズ、以下、WIPジャパン)では、世界89か国・411都市という日本最大級の自社ネットワークをフルに活用して、海外進出や海外向けEコマースに必須の多言語マーケティング・サービスを提供。多くのお客様の海外進出を支援しています。American Expressが行った最近の調査によりますと、インドのソーシャルメディアは「消費者が企業に意見を主張するためのプラットフォーム」

2012年6月21日マイボイスコム★フィードバック数:5マーケティング

更新されないブログが増えてきているようです。

マイボイスコム ブログ(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへブログ開設者は15.0%で過去調査より減少傾向。ブログをやめた理由は「更新が面倒「忙しい・時間がない」の他「飽きた」も多い ブログ開設者で1日1回以上更新者は2割弱、月1回以下は2割強 ブログ開設者のうちソーシャルメディア利用者は7割弱。「twitter」が半数弱、「mixi」が4割、「facebook」が4割弱 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2

スマートフォンからのネット利用が大きく伸びています。

メディア定点調査2012

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年6月13日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、生活者のメディア接触の現状を分析する「メディア定点調査2012」を行いました。東京地区の調査結果によると、生活者のマス4媒体とインターネット2媒体(パソコン、携帯電話*スマートフォン含む)を合わせた1日のメディア接触時間は、5時間51分(週平均)。2010年以降はほぼ同数値となっており、1日のメディア接触時間は生活時間の中で飽和状態になってき

大手SNSのブランド・ロイヤリティについての比較です。

世界9カ国のソーシャルメディアのブランド調査

世界9カ国のソーシャルメディアのブランド調査

2012年6月12日インプレス★★フィードバック数:32マーケティング

「日本のソーシャルメディア人口は5,060万人」など日本全体についての推計が行われています。

『インターネット個人利用動向調査2012』『インターネット白書2012』

日本のソーシャルメディア人口5060万人(前年比143%) スマートフォン所有者は昨年から倍増、ネット利用者の3割に 毎年恒例のインターネット利用動向の本年度の調査結果を収録した 『インターネット個人利用動向調査2012』『インターネット白書2012』発行日本のソーシャルメディア人口5,060万人(前年比143%)スマートフォン所有者は昨年から倍増、ネットユーザーの3割に毎年恒例のインターネット利用動向の本年度の調査結果を収録した『インターネット個人利用動向調査2012』、『インターネット白書2

2012年5月9日アイティメディアフィードバック数:35マーケティング

日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)- 日本の「ソーシャルメディア女子」を俯瞰してみました。 -データから見るペルソナ図鑑(7)- 株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。

2012年4月3日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

新卒採用について企業側の調査です。

2013年卒マイナビ企業新卒採用予定調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2013年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」結果を発表~ 不透明な経済状況下、採用予定数を「減らす」が3年連続の減少で、採用は回復傾向 ~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、「2013年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」の調査結果を発表しました。本調査は、企業の新卒採用に対する意識や採用活動全体の動向を把握することを目的に、2001年(2002年新卒採用予定調

企業のソーシャルメディア活用についてのデータです。

第3回ソーシャルメディア活用企業トップ50

NEWSAMNが第3回ソーシャルメディア活用企業トップ50を公開~第3回ソーシャルメディア活用企業調査~AMNが最新の「ソーシャルメディア活用企業トップ50」を公開震災で活用に変化32%、ソーシャルメディアの炎上が社会問題化するも活用中止は0社カンバセーショナルマーケティングを手掛けるアジャイルメディア・ネットワーク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 徳力基彦、以下AMN)は、このたび、日本企業におけるツイッターやブログ、mixiやFacebookなどのソーシャルメディア活用企業調査を行い、日本

2012年2月23日翔泳社★フィードバック数:104マーケティング

ソーシャルメディア白書の内容が一部開示されています。

企業のソーシャルメディア活用の実態は?『ソーシャルメディア白書2012』掲載データを公開!

企業のソーシャルメディア活用の実態は?『ソーシャルメディア白書2012』掲載データを公開! 一般消費者10,000人以上、上場企業および大企業400社の調査規模!!付属CD-ROMにはプレゼンや提案書にすぐに使える、『ソーシャルメディア白書2012』掲載の全グラフ334点を収録!刊行特集その2として、「企業のソーシャルメディア活用実態調査」についてご紹介します。本書の概要 日本では本格的なソーシャルメディアに関連したデータ集が圧倒的に不足しており、プレゼンの現場では海外調査データや簡易的なウェブ

2012年2月16日翔泳社★フィードバック数:260マーケティング

翔泳社によるソーシャルメディアについてのまとまった調査です。

ソーシャルメディア白書2012

日本のソーシャルメディアの「いま」を正確に示す最も信頼性の高いデータ集 『ソーシャルメディア白書2012』を刊行 一般消費者10,000人以上、上場企業および大企業400社の調査規模!!付属CD-ROMにはプレゼンや提案書にすぐに使える、本書掲載の全グラフ334点を収録!刊行特集その1として、本書の「消費者調査」についてご紹介します。本書の概要 日本では本格的なソーシャルメディアに関連したデータ集が圧倒的に不足しており、プレゼンの現場では海外調査データや簡易的なウェブ調査などが多数引用されている

ホテルの従業員を対象とした調査結果です。

ホテル業界におけるソーシャルメディア活用に関する調査

ご相談からご契約までの流れ新着情報2018年4月2日4月1日付 アビリタス ホスピタリティ株式会社の代表取締役社長に佐藤亮祐が就任2017年4月10日公式ウェブサイトをモバイルにも対応できるよう、リニューアルしました2016年7月19日オフィス移転のご案内 (本日より業務開始)

2011年12月26日PR TIMESフィードバック数:13マーケティング

ソーシャルメディア炎上に関する意識調査

[株式会社PR TIMES] ,調査 Twitter facebook mixi ソーシャルメディア 炎上

2011年12月6日ユーザーローカルフィードバック数:207キャリアとスキル

ソーシャル就職人気企業ランキング

日本でもっとも使われているソーシャルメディア解析ツール : ソーシャルインサイト SNSマーケティング分析・管理ツール Social InsightFacebook、Instagram、Google+、Twitter、YouTubeなどに対応詳しい製品説明資料、事例集を無料配布中 ソーシャルメディア運用に必須な3機能を網羅FacebookやTwitter、Instagramをはじめとするソーシャルメディア運用を支援する管理・解析ツールです。クチコミ分析、SNS効果測定、レポート作成、投稿配信と

2011年11月2日電通フィードバック数:82マーケティング

ソーシャルメディア上で友達登録100人以上を対象とした「SNS100友調査」を実施 ~  友達登録 平均256人、ミニブログでは6割と「ネットだけの交流」

ソーシャルメディア上で友達登録100人以上を対象とした「SNS100友調査」を実施 ~ 友達登録 平均256人、ミニブログでは6割と「ネットだけの交流」

ソーシャルメディアの利用状況です。

企業と個人のソーシャルメディア活用状況調査

南北アメリカヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA) EMEA:イギリス,ベルギー,フランス,ドイツ,オランダ,スペイン,アラブ首長国連邦 南北アメリカヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA) EMEA: (ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス) 企業と個人のソーシャルメディア活用状況調査 ~「売りたい」企業と「感想を共有したい」個人のギャップが浮き彫りに~ NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、法人ユ

2011年10月24日日経BPフィードバック数:113マーケティング

ソーシャルメディア利用に関するアンケート(一般ユーザー編)

一般ユーザーはTwitterに注目、業界関係者と大きなギャップ 「ソーシャルメディア利用に関するアンケート(一般ユーザー編)」から  一般のインターネット利用者が今、最も関心を寄せているソーシャルメディアはTwitter。1年後にユーザー数が最も多くなると予測するのもTwitter--。こうした結果が、本誌が実施した「ソーシャルメディア利用に関するアンケート(一般ユーザー編)」から明らかになった。 これと同じ時期に別途実施した、デジタルマーケティング業界関係者向け調査の結果(関連記事)と比較す

2011年10月21日シックスアパート★フィードバック数:3マーケティング

ソーシャルメディアの商用利用やキャンペーンについての調査です。

ソーシャルメディアの商用利用に対する意識調査結果

プレスリリースシックス・アパートのプレスリリースです。 シックス・アパートが、ソーシャルメディアの商用利用に対する意識調査結果を発表ソーシャルメディアを利用した企業のマーケティングやPR活動がインターネット先進ユーザーにどう受け入れられているかを調査ブログ・ソフトウェアおよびサービス大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:関 信浩)は本日、Twitter、Facebook、ブログなどソーシャルメディア利用の動向や意識を正確に把握し、ソーシャルメディアを活用した企業

2011年9月20日MMDLaboフィードバック数:53マーケティング

ソーシャルメディアの利用に関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ソーシャルメディアでの個人情報公開、62.1%が「抵抗がある」と回答 ソーシャルメディアでの個人情報公開、62.1%が「抵抗がある」と回答 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「ソーシャルメディアの利用に関する意識調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一

2011年9月4日インプレス★フィードバック数:6マーケティング

Impressのソーシャルメディア調査報告書2011の抜き出しです。

Webマーケッター必読! ソーシャルメディア調査報告書2011

トップへ 何か良い情報 ないかな? ○○の情報を 知りたい! セミナー・ プレゼント Web担に ついて メンバー »» Webマーケッター必読! ソーシャルメディア調査報告書2011Webマーケッター必読! ソーシャルメディア調査報告書2011 コーナーの記事一覧 このコーナーについて Twitter、Facebook、mixi、モバゲータウン、GREEなどの各ソーシャルメディアを個人ユーザーがどのような目的でどのように利用しているのか、実際にソーシャルメディアを利用している個人ユーザー105

2011年8月22日アイティメディア★フィードバック数:52マーケティング

ソーシャルメディアの企業利用についての調査結果です。

ソーシャルメディアの企業利用、浮かび上がるセキュリティ面の課題とは?

ITmedia リサーチインタラクティブ 第11回調査:ソーシャルメディアの企業利用、浮かび上がるセキュリティ面の課題とは? (1/3)ITmediaとITRはソーシャルメディアの業務利用に関する読者調査を実施した。マーケティング・広報目的に価値を見出す企業が多く、今後のさらなるビジネス上の効果を期待する傾向が高いことも分かった。また、情報漏えいにつながる可能性を恐れてソーシャルメディアの業務利用を控えるという実態も明らかになった。 ITmedia エンタープライズと調査会社のアイ・ティ・アール

2011年8月9日インターワークスフィードバック数:3マーケティング

全国の大学生・専門学生に対して「ソーシャルメディア利用と社会人基礎力」の調査

============================================================================『Facebook利用学生』は『ソーシャルメディア未使用学生』に比べて、主体性が9.1ポイント高い『Facebook利用学生』の社会人基礎力は『ソーシャルメディア未使用学生』に比べて、特に主体性(9.1点)、創造力(7.9点)、課題発見力(6.7点)、発信力(6.2点)が高い傾向があった。=============================

2011年8月2日インプレス★フィードバック数:40マーケティング

Impressがソーシャルメディアのユーザー調査の結果を発表しました。

ソーシャルメディア調査報告書2011

個人ソーシャルメディア利用者1059人の詳細な利用動向調査から ビジネス動向、日米中の事業者紹介、ソーシャルアプリ最新動向まで 『ソーシャルメディア調査報告書2011』 [市場動向/事業者紹介/ユーザー調査~クロス集計データ付属]発売 個人ソーシャルメディア利用者1059人の詳細な利用動向調査からビジネス動向、日米中の事業者紹介、ソーシャルアプリ最新動向まで[市場動向/事業者紹介/ユーザー調査~クロス集計データ付属]』発売 インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を

2011年7月6日ノボット★フィードバック数:19モバイル

ノボットによるスマートフォンユーザー調査です。

2011年6月度iPhone/Androidユーザーアンケート調査

ノボット、2011年6月度iPhone/Androidユーザーアンケート調査を実施 ~スマートフォン経由でのEC購入経験者、iPhoneでは約6割に~ スマートフォン向けアドネットワーク「AdMaker(アドメーカー)」を運営する株式会社ノボット(本社:東京都大田区、代表取締役社長:小林 清剛、以下 ノボット)は、2011年6月度のiPhone及びAndroidユーザー向けアンケート調査を実施し、その結果を発表いたします。 ユーザーの性別と年齢 <調査概要>今回の調査では、2011年6月10日

2011年7月6日MMDLaboフィードバック数:4モバイル

36.0%が「写真投稿・加工アプリを利用」、連動しているソーシャルメディアは約半数が「Twitter」

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 36.0%が「写真投稿・加工アプリを利用」、連動しているソーシャルメディアは約半数が「Twitter」 36.0%が「写真投稿・加工アプリを利用」、連動しているソーシャルメディアは約半数が「Twitter」 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「写真投稿・加工アプ

2011年5月19日日経BP★フィードバック数:40マーケティング

ITpro読者を対象としたソーシャルメディアの利用に関する調査結果です。

ソーシャルメディアは過半数に浸透、震災により信頼度が向上

ソーシャルメディアは過半数に浸透、震災により信頼度が向上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着データ

お知らせ