調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ソーシャルメディア

「ソーシャルメディア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2011年4月14日PR TIMES★フィードバック数:20マーケティング

ソーシャルメディアの利用状況です。

【調査レポート】~ソーシャルメディア間の利用者の乗り換え傾向が活発に!~ ソーシャルメディアの利用頻度が低下した理由、 約3割が「他のソーシャルメディアを利用することが増えたから」と回答

【本社オフィス】 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 ヒューリック南青山ビル3F【サテライトオフィス】 〒107-0062 東京都港区南青山2-23-8 外苑ビル3F 【PR TIMESの新規ご利用に関して】 tel:03-6455-5463 ※PR TIMESへの新規お申込み、サービス詳細のご案内など 【PR TIMESサポート&サクセスデスク】 tel:03-6455-4567 ※PR TIMESをご利用中のお客様、管理画面操作方法など 【Jootoに関して】tel:

2011年4月8日マクロミル★フィードバック数:75キャリアとスキル

マクロミルによる就職活動に関する調査結果です。

~就活生300人~就職活動における実態調査

2011年04月08日「ソーシャルメディア」を活用して就活を行う人は、約4割。'企業選びに知りたい情報'は、「社風・雰囲気」81%「職場の環境」64%就活で役立つのは「スマートフォン」「就活支援サイト」「大学の就職部の情報」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、現在、就職活動中の大学3年生・大学院1年生を対象に、「~就活生300人~ 就職活動における実態調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2011年3月8日(火)~3月1

2010年12月21日日経BP★フィードバック数:484マーケティング

ソーシャルメディアに関する調査結果です。

Twitter、mixi、2ちゃんねるにはどんな人がいる?~「ソーシャルメディア利用実態調査報告書」から(2)

日経BPコンサルティングでは「ソーシャルメディア実態調査」を2010年6月に実施した。さまざまなソーシャルメディアについて、誰・どういうタイプの人がどういうサービスを使い、どういうテーマで会話をしているのかなどを調べた。国内の29のサービスを対象とし、どれか1つでも利用したことがある20~60代の1200名に聞いた。(詳しい調査概要はこちら)。 前回の記事では、ソーシャルメディアの利用者像を知るために、サービスの使いこなしによって分類した「オンライン行動属性」、オフラインを含めた対人関係の考え方

2010年12月21日日経BP★フィードバック数:25マーケティング

ソーシャルメディアに関する調査結果です。

ソーシャルメディアで「記憶に残る」企業とは?~「ソーシャルメディア利用実態調査報告書」から(3)

2010年は、年明けからTwitterブームが本格化し、企業が公式アカウントを設けるケースが急増した。ミニブログ、SNSをはじめとするソーシャルメディアのサービスを通じて、企業と消費者のコミュニケーションがより生活シーンに密着したものになってきている。 企業と消費者の関係が変わりつつある今、ソーシャルメディアではどのような企業が記憶に残るのか。「「ソーシャルメディア実態調査」では、ソーシャルメディアで見かけた企業、製品、サービス名を記述してもらう形で回答を集めた。 その結果、よく想起された企業の

2010年11月24日MMDLaboフィードバック数:111マーケティング

ソーシャルメディア及びSNSなどのオンラインサービスの認知度及び利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ソーシャルメディア及びSNSなどのオンラインサービスの認知度及び利用実態調査 ソーシャルメディア及びSNSなどのオンラインサービスの認知度及び利用実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、モバイル・インターネットWEBによるオンライン調査にて、「ソーシャルメディア及びSNSなどのオンラインサービスの認知度及び利用実

2010年9月14日日経BP★フィードバック数:6マーケティング

BPがソーシャルメディアに関する調査結果を発表しました。

データで知るソーシャルメディアの利用者像

データで知るソーシャルメディアの利用者像

2010年5月17日MMDLaboフィードバック数:13ビジネス

ビジネスマンの外出時におけるインターネット利用に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ビジネスマンの外出時におけるインターネット利用に関する実態調査 ビジネスマンの外出時におけるインターネット利用に関する実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、自主調査として、「ビジネスマンの外出時におけるインターネット利用に関する実態調査」を実施致しました。 調査対象はMMD研究所登録ビジネス会員を中心に20~4

ソーシャルメディアに関する調査結果です。

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 前回のソーシャルメディアに関する調査では、ネットサービスの利用度合いと、ソーシャルメディア上の友人との付き合い方について調査した。この結果、約半数がソーシャルメディア上の友人を実際の友人にしても抵抗がないと回答した。その一方、ソーシャルゲームの課金に関しては90%の人がまだ抵抗感を持っている

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。前回の「ソーシャルメディアに関する調査」ではそれぞれのソーシャルメディアの利用具合と利用目的、得ていると考えている恩恵や効果についてまとめた。 今回のソーシャルメディアに関する調査(下)では、ネット上で利用されているサービスについてや、ソーシャルメディアとリアルのつながりなどについて尋ね

SNSに限らずソーシャルメディア全般に関するまとまった調査です。

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 ここ1、2年足らずの間に“ソーシャルメディア”という言葉を聞く機会が多くなり、広告出稿メディア、自社媒体(サイト)に次ぐもう1つのメディアの総称として、ようやく多方面から注目が集まるに至った。 ソーシャルメディアに関する定義はあいまいで、人によりけりとなっているが、ざっくり

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ