調査のチカラ TOP > タグ一覧 > タブレット端末

「タブレット端末」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年6月29日メルカリ★フィードバック数:0マーケティング

フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査

フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査フリマアプリでの売却比率が10%上がれば、フリマアプリ利用者が新品に支払える上限金額も上昇「メルカリ」での取引が多いジーンズで+約2,000円、タブレット端末で+約2,400円メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 山本晶准教授と共同で、20代〜30代のフリマアプリ利用者・非利用者1,648名を対象に、フリマアプリで売れる価格が新品の購買意思決定に与える影響を調査しました。2020年2月にメル

2017年6月2日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況

2016年度通期国内タブレット端末出荷概況――Wi-Fiタブレット苦戦で2年連続減 2017年05月25日■ 2016年度通期タブレット端末出荷台数は841万台(前年度比6.9%減)で2年連続減少■ Appleは335.6台で7%減少も、7年連続シェア1位(シェア39.9%)■ OS別台数シェアはAndroid 409.6万台(48.7%)が4年連続1位■ 2017年度は880万台(前年度比4.6%増)でV字回復と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月25日、2016年度通期(

2017年1月17日価格.comフィードバック数:0デジタル家電

パソコン・タブレット端末利用調査2016 -あなたの理想のパソコンは?-

価格.comリサーチ第96回は、「パソコン・タブレット端末」についてアンケート調査を行いました。まずパソコンの所有率については、98.2%が「持っている」と回答。約1年前の前回調査に引き続き、価格.comユーザーならではの高い所有率となっています。所有しているパソコンの種類については、デスクトップパソコンに比べ、ノートパソコンがやや多い結果となりました(図2-1)。前回調査と比較すると、ノートパソコンの所有率が微増していますが、所有台数に大きな変化は見られませんでした。次に、直近のパソコン購入時

2016年10月9日アイティメディア★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業のクライアント環境に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年5月30日から7月11日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業のクライアント環境に関する読者調査」を実施した。調査結果からは、クライアント端末の導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のクライアント環境の導入、検討、業務利用の状況について調査するため方法: Webによるアンケート調査対象:

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0デジタル家電

マイボイスコム タブレット端末の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへタブレット端末利用率は3割弱で過去調査と比べ増加傾向。画面サイズは「7〜8インチ」が利用者の6割弱、「9〜10インチ」が3割弱。使用周辺機器やアクセサリーは「ケース、カバー」「液晶保護フィルム」「充電器」などが利用者の各3〜4割 タブレット端末利用シーン・場所は「自宅でひとりでくつろぎながら」が利用者の8割弱、「自宅で、家族と過ごすときに」「自宅のベッドや布団」「時間つぶし」「旅行先」「自宅で、テレビやDVDなどを見ながら」「電車やバスなど

2016年4月14日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年タブレット端末に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 タブレット端末所有率は32.4%、昨年と横ばい MMD研究所は、20歳以上の男女6,497人を対象に「2016年タブレット端末に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ タブレット端末所有率は32.4%、昨年と横ばい■ タブレット端末所有者の3割が2015年に購入■ タブレット端末非所有者の購入意向減少傾向に・ 調

2016年2月1日GfKフィードバック数:0ビジネス

2015年の玩具販売動向

28.07.2015 「2015年上半期、 タブレット端末の販売動向および利用実態調査」 ​ ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(東京:中野区)は、個人向け市場におけるタブレット端末※1の2015年上半期(1-6月)の販売動向※2および、購入者属性調査※3の結果を発表した。 【概要】・携帯電話専門店(キャリアショップ等)でのタブレット端末販売が増加。個人向け市場に占める割合は57%に上昇・携帯電話専門店での購入者は「店頭でのキャンペーン」、「店員の勧め」、「自宅の近く」

2015年11月6日MMDLaboフィードバック数:0デジタル家電

iPad Proへの興味度調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 iPad Proへの興味度は23.9%、購入予定者は5.0%、18.7%は迷い中 MMD研究所は、20歳以上の男女2,203人を対象に「iPad Proへの興味度調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ iPad Proへの興味度は23.9%■ 購入予定者は5.0%、18.7%は迷い中■ 購入を予定している理由は「iPad

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之)は、スマートフォンユーザーおよびタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.09」を2015年10月中旬にリリースするにあたり、スマートデバイスユ

2015年9月28日価格.comフィードバック数:0デジタル家電

パソコン・タブレット端末利用調査2015 -使い方はどう変わった?-

価格.comリサーチ第86回は、「パソコン・タブレット端末」についてアンケート調査を行いました。まず、パソコンの所有率については、対象が価格.comユーザーということもあり、97.9%もの人が「持っている」と回答しました。なお、昨年調査では96.1%だったことから、全体としては所有率が若干上がっているものの、年代別では、わずかではありますが若年層ほど所有率が低い結果となっており、これは若年層ほど所有率が高かった昨年のアンケート結果(2014年7月実施)と逆の傾向を示しています。所有しているパソコ

2015年9月11日イードフィードバック数:0デジタル家電

タブレット市場を読み解く(1) 利用率が高いのは意外な層

タブレット市場を読み解く(1) 利用率が高いのは意外な層この数年、普及が進むタブレット。総務省が出しているデータを読み解くと、タブレット利用率が最も高いのは、意外な層であることがわかりました。また自主調査から、タブレット利用に関して、イメージと実態のギャップが浮き彫りになりました。 この数年、普及が進むタブレット型端末。この連載では、2回に分けてタブレット市場を読み解いていきたいと思います。今回は、総務省が実施している『通信利用動向調査』のデータと、イードが企画・実施した実態調査のデータを元に、

タブレット端末のビジネス利用調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング急速に進むタブレット端末のビジネス利用 タブレット端末のビジネス利用380事例・222.5万台、支援ソリューション270事例を調査。調査対象分野は、教育、小売業、金融・保険・サービス業など9分野。• 3年前に比べ、利用事例、支援ソリューションともに2倍強増加• iPad導入事例が7割、導入台数ではAndroidが7割強• 教育分野での利用多く、全導入台数の68%を占める• 支援ソリューションは43%がマルチディバイス対応 市場調査・コンサルティング

2015年5月27日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム 格安スマホ

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ格安スマホを「知っている」は4割弱、「名前を聞いたことがある程度」は5割弱、認知率は9割弱 格安スマートフォン・格安SIMカードいずれか利用者は2割弱。端末+SIMカードのセット販売は約5%、格安SIMを購入+所有スマホ、格安SIMを購入+新規スマホは各3%。主利用格安スマホ(端末とSIMカードのセット販売)の購入場所は、「インターネットショップ」「家電量販店」「携帯電話専門ショップ」が各2〜3割、「スーパー」が1割強 格安スマホ(端末とS

2015年4月23日マイボイスコム★フィードバック数:0デジタル家電

半数は7~8インチです。

マイボイスコム タブレット端末の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへタブレット端末利用率は2割強で過去調査より増加傾向。画面サイズは「7〜8インチ」が利用者の5割強、「9〜10インチ」が4割弱。使用周辺機器やアクセサリーは「ケース、カバー」「液晶保護フィルム」「充電器」などが利用者の各3〜4割 タブレット端末利用シーン・場所は「自宅でひとりでくつろぎながら」がトップ、「自宅で、家族と過ごすときに」「時間つぶし」「自宅のベッドや布団」「旅行先」「自宅で、テレビやDVDなどを見ながら」「電車やバスなど、交通機関

2015年4月10日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

電子書籍の利用についての調査です。

2015年4月電子書籍に関する利用実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 電子書籍を利用するデバイス「スマートフォン」が47.2%、「タブレット端末」が27.5% 事前調査において電子書籍を利用していると回答した20歳以上の男女335人を対象に「2015年4月電子書籍に関する利用実態調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】 ■ 電子書籍を利用するデバイス「スマートフォン」が47.2%、「タブレット端

2015年4月7日ITRフィードバック数:0企業情報システム

公立学校におけるタブレット導入のベスト・プラクティス

公立の教育機関がタブレット端末の導入に失敗しないポイントとは ― ITRが、公立学校向けにタブレット導入のベスト・プラクティスをまとめたホワイトペーパーを発行 ―2015年4月7日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、公立の教育機関においてタブレット端末の普及が進んでいる現状を受けて、導入および活用において考慮すべき事柄をまとめたホワイトペーパー『公立学校におけるタブレット導入のベスト・プラクティス』を発行、本日よ

2015年3月12日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

タブレットについての調査です。

2015年タブレット端末に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 タブレット端末の所有率は33.0%、昨年より8.1ポイント増 MMD研究所は、20歳以上の男女6,606人を対象に「2015年タブレット端末に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ タブレット端末の所有率は33.0%、昨年より8.1ポイント増■ タブレット端末シリーズシェア「iPad」が47.2%で最多、続いて「

2015年1月21日ライフメディア★フィードバック数:0デジタル家電

タブレットについての調査です。

タブレット端末に関する調査(2015年)

自主アンケート・調査結果のレポートサイトタブレット端末に関する調査(2015年)。タブレット端末を所有した理由「PCの代わりに使えるから」が最多。 タブレット端末に関する調査(2015年)。タブレット端末を所有した理由「PCの代わりに使えるから」が最多。2015年1月21日■テーマ:タブレット端末に関する調査(2015年)■有効回答:2400件■調査期間:2014年12月26日から2015年1月7日■対象者:10代から60代の全国男女■キーワード:タブレット端末,iOS,Android先週に続き

スマホ・タブレット向けサービスの市場展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマホ・タブレット向けサービスの市場展望 2020年までのスマホ・タブレット向けサービスの市場は、• スマートフォン市場の分化廉価版スマートフォン(*)が加入契約数で3,500万台、スマートフォン加入契約数全体の30%を占める• 注目サービス、伸長するサービスは、「廉価版スマートフォン」 「アプリストア」 「SNS系サービス」 「動画利用」「複数台利用」 「決済」 「Wi-Fi利用」 「アクセサリー」 など (*) 廉価版スマートフォン現行6万〜8

2014年10月10日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2014年シニア層のスマートフォンに関する調査 第二弾

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 シニア層(60歳以上)のタブレット端末所有率は24.1% MMD研究所は2014年9月19日~9月21日にかけてシニア(60歳以上)2,203人を対象に「2014年シニア層のタブレット端末に関する調査」を実施致しました。本調査は10月8日にリリースした「2014年シニア層のスマートフォンに関する調査」の第二弾としてタブレット端末所有に焦点をあてた

2014年10月2日NEC★フィードバック数:0ビジネス

ビジネスでのタブレット利用についての調査です。

タブレット端末の業務活用について

手軽なデバイスとして人気のタブレット端末。企業の導入目的、実際の導入状況、実際の活用実態、さらに効果や課題とは・・・。業務におけるタブレット活用を成功に導くヒントが、いま明らかに。 WISDOMメンバーズ Research&Reportは、NEC WISDOMメンバーズ会員を対象に、NECが実施した独自アンケート調査の結果レポートです。 アンケートテーマ:タブレット端末の業務活用について 有効回答数:683(調査実施時期2014年6月) 過半数を越える企業が、タブレットを導入済み。導入と一部

2014年9月30日Square★フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカード利用についての調査です。

クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014

[Square] ,クレジットカード タブレット端末 モバイル決済 店舗経営 iPad スマートフォン スマートフォン決済 Square

女性のスマホ利用についての調査です。

【女性】スマホ利用とアプリについてのアンケート(2014年/全国)

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ自主調査レポート【女性】スマホ利用とアプリについてのアンケート(2014年/全国) 自主調査レポート【女性】スマホ利用とアプリについてのアンケート(2014年/全国)【設問一覧】Q1.あなたはスマートフォンもしくはタブレット端末を持っていますか?...(SA)Q2.スマホやタブレット端末を利用している方に、主にどんなことに使っていますか? 下記の中から主な目的をいくつでも選んでください。...(MA)Q3.スマホと

2014年7月10日GABA★フィードバック数:0ライフスタイル

コミュニケーションについての調査です。

小中学生の教育とコミュニケーションに関する保護者調査

マンツーマンに特化した英会話スクールのGabaマンツーマン英会話。 英会話のGaba 「小中学生の教育とコミュニケーションに関する保護者調査」 〜〜小中学生のスマホ・タブレット保有状況と保護者の意識〜〜スマホ保有率 小学生高学年7.8%、中学生34.4%、タブレット保有率は中学生で17.1%“本当は持たせたくない” スマホ、タブレットともに持たせている保護者の4割以上スマホは“高校生になったら” 持たせていない保護者の4割強〜〜小中学生のSNS・メールアプリ利用状況〜〜小中学生が利用しているS

2014年7月1日イード★フィードバック数:0デジタル家電

タブレットについての調査です。

タブレットの使用実態とモバイルインターネットとの関係性に関する調査

News 2014年7月1日 タブレットの使用実態とモバイルインターネットとの関係性に関する調査 2014年7月1日 報道関係者各位 タブレットの使用実態とモバイルインターネットとの関係性に関する調査 株式会社イード 3キャリアが取扱いを開始したiPadや、SIMフリーモデルも人気のNexusシリーズ、ビジネス用途での強みを訴求するWindowsタブレットなど、タブレット端末の需要が拡大し、選択の幅も広がっています。そんな中、調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区 以下イー

2014年6月24日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年度 スマートデバイス需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 スマートデバイス需要動向調査■ スマートデバイスの出荷台数は、2013年度 3,679万台と過去最高に。■ 2015年度には、タブレット端末とノートPCの年間出荷台数が逆転する見込み。■ 今後は「法人向け」の存在感が年々増加。スマートデバイス市場拡大の原動力に。■ 2台持ち歩くなら、スマホ+タブレット(WiFiモデル)の組み合わせが一番人気。  株式会社 ICT総研 (東京都

2014年6月5日オプト★フィードバック数:0モバイル

子どものスマートデバイス利用についての調査です。

親子のモバイル事情調査

株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部 証券コード 2389、以下:オプト)は、18歳未満の子どもがいる親800人を対象に、子どものスマートフォンの利用について、その実態や親としての考え方、家庭内の決まり事などについて調査しました。調査結果の概要は以下のとおりです。《トピックス》 1 子どものスマートフォン等の使用状況携帯電話・スマートフォンの保有率は高校生93%、中学生45%「家族のものを使用する」も含めた『使用率』は幼児で20%、小学生で40%弱にの

スマートデバイスの周辺機器についての調査です。

スマートフォン/タブレットユーザーに周辺機器・アクセサリー購入動向を調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマートフォン/タブレットユーザーに周辺機器・アクセサリー購入動向を調査 ◆ 購入商品トップ5は、① カバー/ケース、 ② 画面保護フィルム、 ③ SDカード関連、④ イヤホン/ヘッドセット、 ⑤ USBケーブル。◆ 周辺機器・アクセサリーの購入先1位の家電量販店は、利用率が減少。一方、携帯電話ショップやネット通販、100円ショップなどが増加。◆ 今後伸びが期待できる製品カテゴリーは「充電」関連製品(モバイルバッテリー、ACアダプター、USBケーブ

2014 タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 2014 タブレット端末の市場動向とビジネス活用事例〜タブレット端末導入と支援ビジネスソリューション分析〜[本書のポイント]◆ iPad、Androidなどのタブレット端末の業務活用290事例、支援ソリューション210事例、計500事例を分析。✓ 業務活用290事例の総導入台数は192万台。教育分野が多い。✓ 支援ソリューション分野では営業支援、接客支援、管理支援が多い。◆ 活用分野別動向(教育機関、金融・保険、小売・卸

2014年3月18日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

タブレットの利用についての調査です。

2014年2月タブレット端末に関する利用動向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 タブレット端末所有者の常時携帯率は3割 MMD研究所は、2014年2月17日~2月19日にかけて、タブレット端末を所有している20歳以上の男女1071人を対象に「2014年2月タブレット端末に関する利用動向調査」を実施致しました。 本調査では、利用しているアプリ、タブレット端末の携帯率、購入したアクセサリ・周辺機器などを調査しています。調査結果及

2014年3月12日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

定点調査として実施されています。

2014年2月タブレット端末に関する定点調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 タブレット端末シェア「iPad」15.1%ダウン、「Nexus」6.3%アップ MMD研究所は、2014年2月17日~2月19日にかけて「2014年2月タブレット端末に関する定点調査」を実施致しました。本調査では、タブレット端末を所有している20歳以上の男女1,071人を対象に、所有しているタブレット端末、購入時期、購入場所、買い替え意向などを調

スマホユーザーに占めるNTTドコモのiPhoneシェアはどうなった?

スマホユーザーに占めるNTTドコモのiPhoneシェアはどうなった?〜2014年3月下旬リリースの「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.06」予備調査結果より〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2014年2月25日のプレスリリースに引き続き、スマートフォンユーザーおよびタブレット端末ユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握す

2014年2月26日イード★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイルデータ通信への注目が高まっているとのことです。

新生活のインターネット環境に関する意識調査

News 2014年2月26日 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」 「モバイルデータ通信」の利用意向はさらに拡大 「モバイルデータ通信」、今後利用したいサービス1位は3年連続「WiMAX」 今後、購入したいデバイス1位は「タブレット端末」 「通信速度制限」の認知度は約7割 2014年2月26日 各位 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」「モバイルデータ通信」の利用意向はさらに拡大「モバイルデータ通信」、今後利用したいサービス1位は3年連続「WiMAX」今後、購入したいデバ

スマートフォン、タブレットの所有状況です。

スマートフォン所有率は、2年前の2倍、過半数の54.0%に。僅かではあるが、はじめて女性のスマートフォン所有率が男性を上回る

スマートフォン所有率は、2年前の2倍、過半数の54.0%に。僅かではあるが、はじめて女性のスマートフォン所有率が男性を上回る。〜2014年3月下旬リリースの「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.06」予備調査結果より〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2014年3月下旬にリリースする、スマートフォンユーザーおよびタブレット端末ユーザーにおけるアプリや

2014年2月17日マイナビフィードバック数:0ビジネス

会社からタブレット端末もらいたい? いらない? - 実はいらない派が8割

会社からタブレット端末もらいたい? いらない? - 実はいらない派が8割 会社でタブレット端末を支給してほしいですか? パソコンがなくては仕事が成立しないという人も多いと思います。タブレット端末も浸透しつつあり、個人で持っている人も増えてきました。仕事でも活躍することが期待されているだけに、会社でも普及するのでしょうか。そこで、会社でタブレット端末を支給してほしいのか、マイナビニュース会員500名にきいてみました。Q.会社でタブレット端末を支給してほしいですか? はい 22.6%いいえ 7

2012年 データ復旧業界の市場規模についての調査

2012年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2013/12/262012年データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表~タブレット端末やスマホ普及、クラウドサービスの増加とともに、クライアントPC におけるデータ復旧件数は減少の傾向~HDD の復旧復依頼件数は74,000 台、復旧件数は59,200 台 サーバーやNAS といったストレージ系の復旧件数は逆に微増の見通しデータ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 理事長:濱田兼幸、以下、日本データ復旧協会)

2013年10月29日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

新Surfaceについての調査です。

Surface 2、Surface Pro 2 購入意向調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 Surface 2の購入意向は8.3%、Surface Pro 2は11.2% MMD研究所は、10月25日に国内発売が開始されたSurface 2、Surface Pro 2に関して、購入意向調査を実施しました。調査では、15歳以上の男女2,204人を対象にタブレット端末の所有状況、Surface 2、Surface Pro 2の購入意向につい

動画サービスの利用についての調査です。

スマートフォン・タブレット・PC 3デバイスでの動画サービス利用状況

スマートフォン・タブレット・PC 3デバイスでの動画サービス利用状況。ティーン層で活発な傾向。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2013年9月末に発刊した、スマートフォンユーザーおよびタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.05)」より、マルチデバイスでの主要動

2013年9月30日トレンダーズフィードバック数:0ビジネス

“カフェワーカー”に関する調査

~30%以上も効率UP!? 注目トレンド・“カフェワーカー”... ~30%以上も効率UP!? 注目トレンド・“カフェワーカー”~ LTE、テザリング、Wi-Fiスポット、… ネット接続環境の改善があと押しスマートな時間活用がウリ!“ノートPC&タブレット”で快適カフェワーク“モバイル性”と“立ち上がりの早さ”がポイント、オススメアイテムを紹介 利用者に電源や公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を提供する、カフェやファーストフード店が増加傾向にあります。Wi-Fiスポットを提供して

2013年9月19日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

シニア×タブレットです。

シニア層のタブレット端末に関する利用実態調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 シニア層、タブレット端末を所有してから変わったことは? MMD研究所は2013年9月5日~9月9日にかけてタブレット端末を所有している60歳以上のシニア(N=117)を対象に、「シニア層のタブレット端末に関する利用実態調査」を実施しました。 本調査では、シニア層がタブレット端末で利用しているアプリのジャンル、生活シーンの変化など全3問を聞いていま

2013年9月18日MMDLabo★フィードバック数:0デジタル家電

シニア×タブレットです。

シニア層のタブレット端末の所有率及び、購入意向に関する意識調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 シニア層のタブレット端末所有率は21.5%、1年前より6.8%増加 MMD研究所は2013年9月5日~9月9日にかけてシニア(N=543 60歳~64歳:268人、65歳~69歳:157人、70歳以上:118人)を対象に、「シニア層のタブレット端末の所有率及び、購入意向に関する意識調査」を実施しました。 本調査では、シニア層のタブレット端末所有率

スマートフォンの市場データです。

スマートデバイス所有者における機種メーカー別シェアや契約キャリア別シェア

スマートフォンのメーカー別シェアは、 「ソニー」がシェアを伸ばし「アップル」に次ぐ2番手に浮上。動向が注目されるiPhone。SoftBank版が全体に占める割合は19%、au版は16%。〜2013年9月末リリースの「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.05」予備調査結果より 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2013年9月5日のプレスリリースに引

所有状況の調査です。

スマートフォン所有率は、全体で49.2%。フィーチャーフォンの所有率をはじめて上回る

スマートフォン所有率は、全体で49.2%。フィーチャーフォンの所有率をはじめて上回る。〜2013年9月末リリースの「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.05」予備調査結果より 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2013年9月末にリリースする、スマートフォンユーザーおよびタブレット端末ユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握

2013年8月6日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測

■ 2012年度の法人向けタブレット端末出荷は79万台。2015年度には2.2倍に。■ 大企業向けが4割を占めるが、今後は中小企業向けが法人市場の伸びを牽引。■ 法人向けの伸びが、2013年度以降のタブレット端末市場全体の拡大の原動力に。■ 法人の所有台数ベースのOS構成比は、iOSのシェアが69%と高い。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は8月6日、法人向けタブレット端末の市場予測をまとめた。■ 2012年度の法人向けタブレット端末出荷は79万台。2015年度には2.2倍に。 2012

2013年7月4日D2C★★フィードバック数:21マーケティング

スマートフォン、タブレットの利用についての調査です。

マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査)

 プレスリリース 2013.07.04 マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査) ~スマートフォンユーザの比率は43.3%、タブレット端末の利用率は16.2%、 デバイスの併用、使い分けが進む~モバイル広告/マーティング会社の株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォン、タブレット端末およびフィーチャーフォンの利用動向調査を実施した。全国の15 歳~69 歳の男女、携帯電話・PHS・スマートフォン所有者3,096名を対象に

2013年6月11日ICT総研★フィードバック数:20モバイル

市場データです。

2013年度 スマートデバイス需要動向調査

■ スマートデバイスの出荷台数は2012年度3,448万台。2016年度には1.3倍に。■ 2016年度にタブレット端末とノートPCの出荷台数が逆転する見通し。■ ノートPCからの置き換えも進み、法人比率は6.7%から2016年度 12.9%へ。■ ドコモ版iPhoneがもし発売された場合の購入検討者は、27%から24%に減少。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は6月11日、スマートデバイス市場の調査結果をまとめた。スマートデバイスとは、スマートフォンとタブレットの総称と定義する。■ ス

タブレットの利用についての調査です。

タブレット端末で利用しているコンテンツは?

タブレット端末で利用しているコンテンツは? インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、スマートデバイスでのコンテンツ利用状況等を把握する調査レポート「SmartPhone Contents Report(vol.04)」をもとに、タブレット端末ユーザーの同デバイス上でのコンテンツ利用状況や、スマートフォンを含めたマルチデバイスでのコンテンツ利用状況をまとめました。<2013年2月時点のタブレット端

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:1デジタル家電

マイボイスコム タブレット端末の利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへタブレット端末利用率は1割強で2012年調査時より増加。「iPad、iPad2、iPadmini」が6.3%、「Nexus」が1.2%。「Wi‐Fi」でネット接続している人がタブレット端末利用者の7割弱で、2012年調査より増加 タブレット端末利用シーン・場所は「自宅でひとりでくつろぎながら」がトップ、「自宅で、家族と過ごすときに」「時間つぶし」「自宅のベッドや布団」が続く タブレット端末で使用している機能・サービスは「ウェブサイトの利用」

2013年4月25日ICT総研★フィードバック数:10デジタル家電

タブレットの市場データです。

2013年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査

2013年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査 ■ 2012年度のタブレット端末市場は489 万台、2016年度には1,000 万台市場へ成長■ 2012年度のiPad 国内出荷台数は260 万台、iPad の市場シェアは53%■ 世界のタブレット端末市場は2012年に1 億2,487 万台、2016年に3 億台を突破■ タブレット端末の中心は10 インチから7 インチに、今後はさらに形状の多様化も 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は4 月25 日、タブレット端末市場に関する調

2013年4月23日価格.com★フィードバック数:14エンタテインメント

スマートフォンを中心に見ています。

ゲームについてのアンケート! -最近のゲームプレイはスマホが中心!?-

まずは、今回の回答者全体に対し、現在どんなデバイスでゲームをプレイしているかを、複数回答で聞いた。意外に思われるかもしれないが、もっとも多かったのは「パソコン」で37.6%。その次が「プレイステーション3」で22.8%。次いで「Wii」(21.2%)、「ニンテンドーDS」(20.8%)といったところが上位にあがった。「パソコン」の比率が高いのには、コアなPCゲームをプレイするユーザー以外にも、ライトなブラウザゲームのプレイヤーも含まれるためと思われる。なお、「ゲームをしていない」という割合も24

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ