調査のチカラ TOP > タグ一覧 > チューハイ

「チューハイ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年11月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

家で飲むお酒に関するアンケート調査(第4回)

家で飲むお酒に関するアンケート調査(第4回) ■自宅でお酒を飲む人は全体の7割弱。一人で飲む人は飲用者の約56%。自宅での飲み代は月3000円以下が5割弱。週1日以上飲用者は全体の5割強、自宅での飲用者の約76%。直近1年間に自宅でお酒を飲む量が増えた人は自宅での飲用者の2割強、「変わらない」が6割強。■自宅で飲むお酒の種類は「ビール」が飲用者の6割強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「ワイン」が各4割前後。2015年調査、2018年調査と比べ「サワー、チューハイ」が増加。■自宅

2020年11月24日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ビールの利用に関するアンケート調査(第7回)

ビールの利用に関するアンケート調査(第7回) ■ビール飲用者は全体の5割強、過去調査と比べ減少傾向。そのうち週1回以上飲用者は6割弱。よく飲むアルコール飲料は、女性20~40代では「ビール」よりも「サワー、チューハイ」の方が多い。■ビール飲用場面は「食事中」が飲用者の6割強、「食事の前」「最初の一杯」「仕事や飲み会などのつきあい」「家族と一緒に」などが各20%台。ビールを飲む人のうち、ここ半年くらいに自宅で飲むことが多い人は8割弱。■ビール購入時の重視点は「味」が飲用者の7割強、「のどごし

2019年2月26日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

「お酒の種類別の飲む頻度」に関する調査

>> 日本人はビール好き! 83.9%が月に1回以上飲んでいる ~女性、若年層には「サワー/チューハイ」、シニアには「ビール」が人気~2019-02-172019-02-17 ・「ビール」が最もよく飲まれているアルコール。83.9%が月1回以上ビールを飲む・「サワー/チューハイ」「ワイン」「カクテル」は男性よりも女性に人気・若い世代は「サワー/チューハイ」、シニア層には「ビール」が人気 ワインバザールが先日公開したレポート「4人に1人が「まったく飲まない」。日本人のアルコール離れは進んでいる?」

2019年1月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回)

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回) ■お酒飲用者は全体の7割強、過去調査より減少傾向。週1日以上飲用者は5割強。好きなお酒は「ビール」がお酒飲用者の約65%、「サワー、チューハイ」「ワイン」が4割弱。女性20~40代では「サワー、チューハイ」が1位。最初の一杯が「ビール」の人は、お酒飲用者の5割強。■お酒を一人で飲む人はお酒飲用者の6割弱、男性での比率が高い。一緒に飲む人は、「配偶者(夫・妻)」「友人(同性同士)」が各3~4割。過去調査と比べ「配偶者(夫・妻)」が減少傾向。■お酒を

2018年12月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回)

お酒の飲用に関するアンケート調査(第4回) ■お酒飲用者は全体の7割強、過去調査より減少傾向。週1日以上飲用者は5割強。好きなお酒は「ビール」がお酒飲用者の約65%、「サワー、チューハイ」「ワイン」が4割弱。女性20~40代では「サワー、チューハイ」が1位。最初の一杯が「ビール」の人は、お酒飲用者の5割強。■お酒を一人で飲む人はお酒飲用者の6割弱、男性での比率が高い。一緒に飲む人は、「配偶者(夫・妻)」「友人(同性同士)」が各3~4割。過去調査と比べ「配偶者(夫・妻)」が減少傾向。■お酒を

2018年12月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ビールの利用に関するアンケート調査(第6回)

ビールの利用に関するアンケート調査(第6回) ■ビール飲用者は全体の6割。そのうち週1回以上飲用者は6割弱。よく飲むアルコール飲料は、女性20~40代では「サワー、チューハイ」が1位。■ビール飲用場面は「食事中」が飲用者の6割強、「食事の前」「仕事や飲み会などのつきあい」「最初の一杯(とりあえずビール)」などが各20%台。「食事中」「家族と一緒に、家族の晩酌のつきあい」などは女性での比率が高い。■ビール購入時の重視点は「味」が飲用者の7割強、「のどごし」「価格」が各3~4割。過去調査と比べ

2018年1月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 発泡酒の飲用(15)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 発泡酒の飲用 】に関するアンケート調査(第15回)発泡酒の飲用者は4割弱で減少傾向。購入時の重視点は「味」の他、「価格」「飲みやすさ」「のどごし」が上位 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、15回目となる『発泡酒の飲用』に関するインターネット調査を2017年9月1日〜5日に実施し、10,819件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 https://myel.myvoic

2018年1月5日ジーコムフィードバック数:0ライフスタイル

福岡県居住者のお酒に関する調査

独自調査「福岡県居住者のお酒に関する調査」結果レポート公開2017/12/11株式会社ジーコムアルコール飲用層に聞いた普段よく飲むお酒は「ビール」「発泡酒・第3のビール」「サワー・チューハイ」、最も好きなお酒は「ビール」「サワー・チューハイ」「ワイン・スパークリングワイン」の順。男性は「ビール」と「発泡酒・第3のビール」の合計「ビール・ビール系飲料」が49.3%とおよそ5割を占め、第2位の「芋焼酎」16.7%とは大きく差が開いた。自宅での年間平均飲用回数は90.7回、飲食店での飲用回数は14.1

2016年12月7日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ビールに関するアンケート調査(第5回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ビール 】に関するアンケート調査(第5回)宴席での最初の一杯にビールを飲む人は、アルコール飲料飲用者の7割強。男性40代以上では8割強 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『ビール』に関するインターネット調査を2016年10月1日〜5日に実施し、10,747件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■宴席での最初の一杯に「ビール」を飲む人は、アルコール飲

2016年11月7日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

誰かと過ごすなら「ワイン」で。デート中に飲むなら「ビール」よりも「ワイン」を選ぶと判明

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・自宅で一人飲みするなら、やっぱり「ビール」(42.7%) ・合コンで飲むなら、「ワイン」「カクテル」「サワー/チューハイ」を選ぶ傾向 ・レストランデート中に飲むなら、「ビール」よりも「ワイン」調査詳細シーンに合わせて飲むお酒の種類を選んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は家飲み、居酒屋飲み、そしてレストランやパーティーで飲むときに選ぶお酒の種類について調査してみました。・自宅で一人飲みするなら、やっぱり「ビール」(42.7%)自宅で飲

2016年11月4日雪印メグミルクフィードバック数:0ライフスタイル

家飲みにおけるおつまみチーズ×お酒のマッチング調査

【雪印メグミルク】あなたのお酒に合う、おつまみチーズは?~ ... 【雪印メグミルク】あなたのお酒に合う、おつまみチーズは? ~ 家飲みにおけるおつまみチーズ×お酒マッチング調査 ~ 11月11日はチーズの日 家飲みライフを華麗に彩るバイプレイヤー 雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、「家飲みにおけるおつまみチーズ×お酒のマッチング調査」を行ないました。ここ最近、家庭で気軽に楽しめる”家飲み”がブームになっています。その背景には消費者の節約志向やコン

2016年10月20日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

ワイン、なぜか四国で不人気。東北では焼酎がよく飲まれ、カクテルは好まれないと判明

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・日本人が飲むお酒は「ビール」(78.6%)、「サワー/チューハイ」(47.0%)、「ワイン」(43.7%) ・男性は「ビール」「日本酒」「焼酎」「ウイスキー」好き、女性は「ワイン」「カクテル」「チューハイ」好き ・「カクテル」「サワー/チューハイ」を好む20代 ・ワイン、なぜか四国で不人気だった調査詳細・日本人が飲むお酒は「ビール」(78.6%)、「サワー/チューハイ」(47.0%)、「ワイン」(43.7%)先日公開の調査で、お酒を「月に1

2016年10月20日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

年収1000万円以上はワイン好き? 「ワイン」飲みは66.7%

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・お金に余裕があるとお酒を飲むように? 年収が増えるほど飲酒の頻度アップ ・低年収層にも高年収層にも好まれる「ワイン」。高年収層は「チューハイ」を好まない?調査詳細WineBazaarでは、これまでに「お酒を飲む頻度」「飲むお酒の種類」「お酒種類別の飲む頻度」について調べた調査結果を発表してきました。今回はそうしたデータが、年収とどのような関係にあるのか、分析してみました。・お金に余裕があるとお酒を飲むように? 年収が増えるほど飲酒の頻度アッ

2016年8月4日JIONフィードバック数:0ライフスタイル

野外で飲みたいお酒に関する意識調査

BBQフェスの季節!100円ちょい足しで女子が喜ぶお酒の提供方法とは? [PR]夏は男女グループで野外飲みをする機会が盛りだくさん!そんな時に女性が飲みたいお酒を知っていますか…?今回JIONでは、BBQやフェス、キャンプで女性が飲みたいお酒と、モテる男性の特徴を徹底調査!BBQで周囲を気遣える男性ってかっこいい!女性の飲みたいお酒を把握して、簡単にモテる方法を教えちゃいます。 夏はBBQなど野外飲みが盛りだくさん!BBQ、フェス、キャンプなど夏は外飲みが増える季節! これから仲間と野外飲

2016年7月21日アイランドフィードバック数:0ライフスタイル

「餃子に入れてみたい食材」ベスト3

「みんなの暮らしを、もっと楽しく、わくわく、心地よく」ライフスタイルメディアカンパニー アイランド株式会社 女性1,200人に聞いた 「餃子に入れてみたい食材」ベスト3発表! ~1位えび、2位しそ、3位チーズ~ ニュースリリース女性1,200人に聞いた 「餃子に入れてみたい食材」ベスト3発表! ~1位えび、2位しそ、3位チーズ~アイランド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:粟飯原 理咲)は、日本最大級のお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」()と日本最大級のお取り寄せの口コミポータル

2016年5月18日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

マイボイスコム ノンアルコール飲料(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへノンアルコール飲料の直近1年以内飲用者は3割強。直近1年間に飲んだノンアルコールビール・カクテル・チューハイ・梅酒の銘柄は「アサヒドライゼロ」「オールフリー」「キリンフリー」が上位3位。「のんある気分」は女性20〜40代で1位 ノンアルコール飲料飲用理由は「車を運転するときでも飲める」が最も多く、「気軽に飲める」「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」「おいしい」「お酒が飲めなくても、お酒を飲む場に参加しやすい」などが続く。ノンアル

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 家で飲むお酒(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自宅でお酒を飲む人は7割弱。男性や高年代層での比率が高い。男性は一人で飲む人が多い 自宅でお酒を飲むシーンは「食事中」が最も多く、「食事の後」「食事の前」「くつろぎながら」「寝る前」「入浴後」などが続く。「食事の前」は男性や高年代層で多い傾向 自宅でお酒を飲む目的は「お酒自体を楽しむ」、「食事を楽しむ」が上位2位。「疲れを癒す」「ストレス発散」「楽しい気分になりたい」「会話を楽しむ」の順で続く 自宅で飲むお酒の種類は「ビール」が最も多く、「

2015年10月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お酒の飲用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへお酒飲用者は全体の7割強、過去調査より減少傾向。週1回以上飲用者は5割強で、高年代層での比率が高い。好きなお酒は「ビール」が最も多く、「ワイン」「サワー、チューハイ」などが続く お酒を一人で飲む人は酒飲用者の6割弱、男性での比率が高い。男性30代では「職場の同僚・上司」が上位。お酒を家で飲むことが多い人は8割弱、女性20代は外で飲むことが多い人の比率が他の年代より高い お酒を飲みたくなるシーンは「食事中」の他「誕生日や結婚記念日などのお祝い

お中元についての調査です。

お中元のご予定はありますか?

●分析お世話になっている方への夏のご挨拶として贈る「お中元」。最近はその習慣が減ってきているといわれていますが、実際はどうなのか、今回はお中元をピックアップ。贈る側・贈られる側、どちらのご意見も伺いました。Q1.今年、お中元を贈る予定はありますか? 今年、お中元を贈る予定は、半数以上の52.0%の方が「ある」とお答えに。減ってきているといわれる中、子育てファミリーの多くの方はお中元を大切にされていますね。「ない」とお答えの方は38.2%でした。Q2.Q1で「ある」とお答えの方にお伺いします。何件

缶チューハイについての調査です。

缶チューハイに関する3,100人アンケート

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜缶チューハイに関する3,100人アンケート〜好きな缶チューハイ1位は男女とも「キリン 氷結」!2位は男性「氷結ストロング」、女性「サントリー ほろよい」!価格・ブランドに加え、度数や味の珍しさが購入の決め手に」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜缶チューハイに関する3,100人アンケー

OL対象の調査です。

【OL】アルコール飲料に関するアンケート(2015年/首都圏)

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ自主調査レポート【OL】アルコール飲料に関するアンケート(2015年/首都圏) 自主調査レポート【OL】アルコール飲料に関するアンケート(2015年/首都圏)【質問内容】Q1.アルコール飲料を飲む頻度を「家飲み」「外飲み」についてそれぞれ教えてください。Q1の「家飲み」「外飲み」の両方もしくはいずれか一方で、「ほぼ毎日」~「月に数回程度」と回答した方にお伺いします。Q2.2~3年前に比べてアルコール飲料を飲む頻度は

2015年2月5日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

“お酒好き”へのアンケート調査から明らかになった、「果汁へのこだわり」

検索~ 2015年 トレンド予測レポート「高果汁トレンド」 ~ トレンドの背景は“甘酸バランス”と“味のマリアージュ” 人気の“高果汁のお酒”の楽しみ方とは!? 生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研では、2015年のアルコール飲料におけるトレンドとして、“高果汁トレンド”に注目しました。アンケート調査結果や味覚コンサルタント・菅 慎太郎氏、東京都渋谷のバー「Bar 石の華」のオーナーバーテンダー・石垣 忍氏への取材について報告します。 ■ レポート内容1. “お酒好き”へのアンケー

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ビールの利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへよく飲むアルコール飲料は「ビール」が5割強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「発泡酒」「ワイン」が各3割弱。女性20・30代は「サワー、チューハイ」が最も多い 飲み会や宴会などの最初の一杯でビールを飲む人は、アルコール飲料飲用者の7割強。男性50代以上では9割近い。「サワー、チューハイ」「カクテル」は低年代層、特に女性で多い ビール飲用者は全体の6割弱、週1回以上飲用者は3割強。いずれも2012年調査より減少傾向 ビール購入時の重

2014年7月25日価格.com★フィードバック数:0ライフスタイル

食べログの調査です。

「外食時の飲み物」に関する調査

[株式会社カカクコム] ,口コミ ビール ランキング チューハイ カクテル 飲酒 クチコミ アルコール カカクコム 食べログ

2014年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム おつまみ(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自宅でお酒を飲む人は7割弱、男性の8割弱、女性の6割強。「ほぼ毎日」が2割弱、週1回以上が半数弱 自宅でお酒を飲む人のうち、おつまみを食べる人は8割強、「必ず食べる」が5割。自宅でおつまみを食べながら飲むお酒は「ビール」の他、「発泡酒、新ジャンルビール」「チューハイ、サワー」「ワイン」などが上位 自宅でお酒を飲むときに、よく食べるおつまみで多いものは「チーズ」「スナック菓子」「ナッツ類」「枝豆」「刺身、たたき」「揚げ物(から揚げ、フライ、天

2014年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ノンアルコール飲料(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへノンアルコール飲料の直近1年以内飲用者は4割弱。直近1年間に飲んだノンアルコールビール・カクテル・チューハイ・梅酒の銘柄は「キリンフリー」「アサヒドライゼロ」「オールフリー」が上位3位。女性20〜40代では「のんある気分」が1位 ノンアルコール飲料飲用理由は「車を運転するときでも飲める」が最も多く、「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」「おいしい」「お酒が飲めなくても、お酒を飲む場に参加しやすい」「気軽に飲める」「カロリーが低い」

2014年2月7日サントリー★フィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイ/カクテル等のライトなお酒についての調査です。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014

No.11967 (2014.2.6) RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014 ― 世代を超えてますます浸透。40−50代の食中酒としても拡大傾向 ―― 性・年代による「甘さ」「アルコール度数」の選択傾向が顕著に ― I.RTD市場について2013年のRTD※1市場は、1億2,910万ケース※2(対前年105%)と伸長し、6年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長しました。今後も引き続き好調に推移し、2014年は1億3,260万ケース(対前年103%)に拡大するも

第438回 ママの飲酒事情調査 2009.11.12~2009.11.18

アルコールのことならハッピー・ノート.com! ●分析楽しい時間や席にあれば盛り上がるアルコール。「酒は百薬の長」ということわざがあるように、量をわきまえれば気分転換やストレス解消にも良いのですが、子育て中は控えているママが多いのではありませんか?そこで、今回は55192ママのお酒とのおつきあいについて、あれこれ伺ってみました! Q1.お子さまの年齢・状況は?(お子さまが2人以上いる場合は下の子の年齢で) 今回、回答いただいたママのお子さまの年齢・状況は、「3~6歳(34.5%)」「3歳

2012年12月21日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム 家で飲むお酒

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自宅でお酒を飲む人は7割。男性や高年代層で多い。一人または配偶者と一緒に飲む人が多い 自宅でお酒を飲むシーンは「食事中」が最も多く、「食事のあと」「くつろぎながら」「食事の前」「寝る前」「入浴後」などが続く 自宅でお酒を飲む目的は「お酒自体を楽しむ」、「食事を楽しむ」が上位2位。「疲れを癒す」「ストレス発散」「楽しい気分になりたい」の順で続く 自宅で飲むお酒の種類は「ビール」が最も多く、「サワー、チューハイ」「ワイン」「新ジャンルビール」が

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お酒の飲用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへお酒飲用者は8割弱で2009年調査時より減少。「ほとんど毎日」は2割、週1回以上は半数強。好きなお酒は「ビール」が最も多く、「サワー、チューハイ」「ワイン」が続く。「サワー、チューハイ」は女性20〜40代で1位 お酒をひとりで飲む人はお酒飲用者の6割弱、2009年調査時より増。「配偶者」が4割、「職場の同僚・上司」は2割。同性同士の友人3割、異性含む友人が2割弱 お酒を飲みたくなるシーンは「食事中」の他「誕生日や結婚記念日などのお祝いの席」

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ビールの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへよく飲むアルコール飲料は「ビール」が半数強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「発泡酒」「ワイン」が各3割。女性20・30代は「サワー、チューハイ」が最も多い アルコール飲料飲用者のうち、飲み会や宴会などで最初の一杯でビールを飲む人は7割強、「サワー、チューハイ」「カクテル」は1割以下。若年層、特に女性では「サワー、チューハイ」「カクテル」が多い ビール飲用者は6割強、週1回以上飲用者は3割強。2003年調査時よりも飲用者、飲用頻度

2012年6月14日ビッグローブフィードバック数:11ライフスタイル

BIGLOBEがアラフォー女性の家飲み事情を調査~最もワインを好むのはアラフォー女性、焼酎はアラフォー男性~

プレスルームNECビッグローブ株式会社 BIGLOBEは、美容・ライフスタイル情報を提供するアラフォー女性向けポータルサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」において、アラフォー世代(注1)の意識や動向を調べる『数字が教える アラフォー世代のスタンダード』の第八弾として、“アラフォー世代の家飲み事情”の調査結果を公開しました(注2)。回答者数は、アラフォー2,595名、アラサー2,344名、合計4,939名です。<ポイント>アラフォー・アラサー男女の中で最もワインを好むのはアラフォー女

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム ノンアルコール飲料

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへノンアルコール飲料の現在飲用者は4割。今後の飲用意向は3割弱 ノンアルコール飲料飲用理由は「車を運転するときでも飲める」が最も多く、「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」「味見としてためしに飲んだ」「気軽に飲める」などが続きく ノンアルコール飲料選定時の重視点は「味」の他、「価格」「アルコールがまったく含まれないこと」「のどごし」「お酒に近い」「カロリー」などが上位 ノンアルコール飲料飲用場面は「夕食時」が最も多く、「車を運転する

『お酒の飲み方』に関するアンケート

●“とりあえずビール!”・・・最初の一杯にビール類を飲む男性は8割超●男性は“いつものお酒” 女性は“気分で選びたい”インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「お酒」についてアンケートを行い、飲酒頻度、お酒選びのポイント、気をつけていることなどをまとめました。調査は2010年8月19日〜9月2日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター7,069人から回答を得ています。● 20代男性の半数は『週1回も飲まない』・・・飲酒頻度低い● “とりあえずビール!”・・・

2009年8月12日価格.comフィードバック数:6ライフスタイル

ビール、発泡酒、第三のビール -この夏飲みたいのは?

普段よく飲むお酒の種類を聞いた。もっとも多かったのは「ビール」で70.3%の割合を占めている。次いで「発泡酒」「第三のビール」が、ほぼ50%程度の割合で2位、3位となった。以上、3種類のビール系飲料は、男性・女性問わずよく飲むと答えた人の割合が大きいが、それ以降の順位となると、男性と女性での嗜好の違いが如実に表れる。まず男性で多いのは「焼酎・泡盛」で全体の42.2%。次いで「ワイン」(29.7%)、「チューハイ」(29.5%)となり、さらに「日本酒」(27.5%)と続く。これに対して、女性では、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ