調査のチカラ TOP > タグ一覧 > チューハイ

「チューハイ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お酒の飲用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへお酒飲用者は8割弱で2009年調査時より減少。「ほとんど毎日」は2割、週1回以上は半数強。好きなお酒は「ビール」が最も多く、「サワー、チューハイ」「ワイン」が続く。「サワー、チューハイ」は女性20〜40代で1位 お酒をひとりで飲む人はお酒飲用者の6割弱、2009年調査時より増。「配偶者」が4割、「職場の同僚・上司」は2割。同性同士の友人3割、異性含む友人が2割弱 お酒を飲みたくなるシーンは「食事中」の他「誕生日や結婚記念日などのお祝いの席」

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ビールの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへよく飲むアルコール飲料は「ビール」が半数強、「サワー、チューハイ」「新ジャンルビール」「発泡酒」「ワイン」が各3割。女性20・30代は「サワー、チューハイ」が最も多い アルコール飲料飲用者のうち、飲み会や宴会などで最初の一杯でビールを飲む人は7割強、「サワー、チューハイ」「カクテル」は1割以下。若年層、特に女性では「サワー、チューハイ」「カクテル」が多い ビール飲用者は6割強、週1回以上飲用者は3割強。2003年調査時よりも飲用者、飲用頻度

2012年6月14日ビッグローブフィードバック数:11ライフスタイル

BIGLOBEがアラフォー女性の家飲み事情を調査~最もワインを好むのはアラフォー女性、焼酎はアラフォー男性~

プレスルームNECビッグローブ株式会社 BIGLOBEは、美容・ライフスタイル情報を提供するアラフォー女性向けポータルサイト「Kirei Style(キレイスタイル)」において、アラフォー世代(注1)の意識や動向を調べる『数字が教える アラフォー世代のスタンダード』の第八弾として、“アラフォー世代の家飲み事情”の調査結果を公開しました(注2)。回答者数は、アラフォー2,595名、アラサー2,344名、合計4,939名です。<ポイント>アラフォー・アラサー男女の中で最もワインを好むのはアラフォー女

2012年5月7日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム ノンアルコール飲料

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへノンアルコール飲料の現在飲用者は4割。今後の飲用意向は3割弱 ノンアルコール飲料飲用理由は「車を運転するときでも飲める」が最も多く、「お酒が飲めなくても、お酒を飲む気分を味わえる」「味見としてためしに飲んだ」「気軽に飲める」などが続きく ノンアルコール飲料選定時の重視点は「味」の他、「価格」「アルコールがまったく含まれないこと」「のどごし」「お酒に近い」「カロリー」などが上位 ノンアルコール飲料飲用場面は「夕食時」が最も多く、「車を運転する

『お酒の飲み方』に関するアンケート

●“とりあえずビール!”・・・最初の一杯にビール類を飲む男性は8割超●男性は“いつものお酒” 女性は“気分で選びたい”インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「お酒」についてアンケートを行い、飲酒頻度、お酒選びのポイント、気をつけていることなどをまとめました。調査は2010年8月19日〜9月2日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター7,069人から回答を得ています。● 20代男性の半数は『週1回も飲まない』・・・飲酒頻度低い● “とりあえずビール!”・・・

2009年8月12日価格.comフィードバック数:6ライフスタイル

ビール、発泡酒、第三のビール -この夏飲みたいのは?

普段よく飲むお酒の種類を聞いた。もっとも多かったのは「ビール」で70.3%の割合を占めている。次いで「発泡酒」「第三のビール」が、ほぼ50%程度の割合で2位、3位となった。以上、3種類のビール系飲料は、男性・女性問わずよく飲むと答えた人の割合が大きいが、それ以降の順位となると、男性と女性での嗜好の違いが如実に表れる。まず男性で多いのは「焼酎・泡盛」で全体の42.2%。次いで「ワイン」(29.7%)、「チューハイ」(29.5%)となり、さらに「日本酒」(27.5%)と続く。これに対して、女性では、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

特集データ

お知らせ