調査のチカラ TOP > タグ一覧 > テクノロジー

「テクノロジー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年6月29日HENNGEフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果

ニュース企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2020年6月に緊急事態宣言下の企業におけるテレワークとVPNに関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。調査概要:企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査 有効回答:309件 調査日: 2020年6月8日〜6月9日 調査方法:インターネット調査(調査委託先:株式会社マクロミル) 調査対象:従業員数100名以上の企業で情報システム部門に従事される方 その他

2020年4月7日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランスと副業について調査した「企業の新しい働き方調査」の結果を発表

フリーランスと副業について調査した「企業の新しい働き方調査」の結果を発表 フリーランスと副業について調査した「企業の新しい働き方調査」の結果を発表 ~大企業の約4割が「フリーランスと働くことができる」と回答~「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」というビジョンを持つランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:秋好 陽介)は、全国の20-69歳男女を対象に、企業によるフリーランス・副業の制度についての実態を調査した「企業の新しい働き方調査」を実施しました。今回の調

年代別 副業の潜在ニーズに関する意識調査

NEWS副業を始めたい20代会社員は約7割!目的は「収入」に次いで「キャリア開発」の潜在ニーズが高い~年代別 副業の潜在ニーズに関する意識調査を発表~総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)のコーポレートベンチャーであるワークスイッチコンサルティングは、全国の会社員(20~59歳)を対象に副業の潜在ニーズに関する意識調査を実施。その調査結果を発表したことをお知らせいたします。■背景労働人口

2020年2月13日Accenture★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、 イノベーションの創出に苦戦 アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦2020/02/13テクノロジー活用で先行する企業の収益成長率は、出遅れた企業の2倍以上になることが判明【スイス・ダボス発:2020年1月21日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新グローバル調査によると、大多数の最高経営責任者(CEO)は、現在の自社ITシステムに対して強い自

2020年1月29日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 リスク管理部門の管理職は、AIやブロックチェーン、RPAの導入で想定外のリスクを発生させる可能性があると回答。72%は自身のスキル向上よりも速いペースで複雑なリスクが発生していると認識 【ニューヨーク発:2019年12月3日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、金融機関のリスク管理部門を率いる管理職の大多数が、自身が破壊的技術のリスクを適切に評価できる能力があるとは考えておらず、新たな脅威により効果

2019年11月28日SAS Institute★★フィードバック数:0マーケティング

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス

SAS、最新グローバル調査:2030年のカスタマー・エクスペリエンス2030年にはカスタマー・エンゲージメントの67%がスマートマシンによって処理されることが明らかに イタリア・ミラノ「SAS Analytics Experience 2019」発アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、Futurum Research社と共同で実施した調査「Experience 2030: The Future of Customer Exper

2019年9月19日レノボ・ジャパンフィードバック数:0モバイル

74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」

[プレスリリース]74歳以上のシニア、3人に1人が「スマホのおかげで若返る」 レノボ、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施 レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は本日、テクノロジーがもたらす年齢への意識について調査結果を発表しました。 レノボは、テクノロジーが日常生活と社会に与えるインパクトについて国際調査を実施しました。その結果日本では、74歳以上世代の3人に1人が、日ごろからスマホなどに触れていることで

2019年4月18日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング

サイカ、「平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング」発表編集部 2019/4/16 18:17 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区)は16日、オフライン広告領域における独自調査・研究レポートの第7弾として、「平成最後の春に向けたテレビCMタレントTOP10ランキング」を発表した。 春季の需要増加を見据えたテレビCM出稿が多くなる1~3月、関東地区の民放5局においてCM出演が多かったタレントをランキング形式でまとめたもの。 関東地区で最もCM出稿が多かったのは渡辺直美。出

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵、RPAの導入進捗に関する調査結果を

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵 RPAの導入進捗に関する調査結果を発表パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵RPAの導入進捗に関する調査結果を発表~未だ発展途上のRPA、導入・トライアル中の企業は42.0%、課題が顕在化、知識・人材不足を感じている企業は84.2%~総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は株式会社豆蔵(本社:東京都新宿

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表 ~未だ発展途上のRPA、導入・トライアル中の企業は42.0%、課題が顕在化、知識・人材不足を感じている企業は84.2%~ 総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は、株式会社豆蔵ホールディングス(証券コード:3756、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 浩

RPAの導入進捗に関する調査結果

パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵 RPAの導入進捗に関する調査結果を発表パーソルテクノロジースタッフ×豆蔵RPAの導入進捗に関する調査結果を発表~未だ発展途上のRPA、導入・トライアル中の企業は42.0%、課題が顕在化、知識・人材不足を感じている企業は84.2%~総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣、以下パーソルテクノロジースタッフ)は株式会社豆蔵(本社:東京都新宿

2018年8月1日デルフィードバック数:0ビジネス

女性起業家の育成能力が高い世界都市ランキング

デル、女性起業家の育成能力が高い世界都市ランキングを発表 東京は、昨年に引き続き50都市中39位、東京を含む10都市のブループリントも公開 当資料は、2018年7月16日に米国で発表されたニュース リリースを抄訳したものです。米国リリース原文: ・デル、女性創業企業が成長するため、都市の指導者、起業家、政策立案者に各種条件を改善するためのアドバイスを提言・テクノロジーを活用して資本へアクセスし規模を拡大する女性起業家が直面する問題点と機会に関する、詳細な分析を実施・10都市の、女性起業家のた

2018年5月30日Teradata★★フィードバック数:0マーケティング

アナリティクスのクラウド移行に関する企業調査

東京発 - Teradata Universe Japan 2018 – 2018年5月23日 - 世界の大企業の大部分(83%)は、クラウドがアナリティクスの実行に最適な場所であると認識しています。これは、クラウドベースのデータとアナリティクスのリーディング・カンパニーであるテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)からの依頼を受けてリサーチ会社Vanson Bourneが実施した最新の調査の結果です。多くの企業は、今後5年間で、2023年までにアナリティクスを全面的に

2018年2月15日Great Place to Work★フィードバック数:0キャリアとスキル

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表!2018.2.92018年2月9日、Great Place to Work® Institute Japan(東京都品川区、代表:岡元利奈子)は、 2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。 日本での発表は2007年より行われ、今回が第12回目となり、 全135社が日本における「働きがいのある会社」に選出されました。2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング各部門()の第1位~第3

2017年11月20日Genesysフィードバック数:0企業情報システム

象徴的存在になる 世界一流のブランドが、卓越した CX のために如何にして人材とテクノロジーをバランスさせるか

X機能機能コールセンター・ソフトウェアコールセンター・ソフトウェアいつでも好きなときに好きなチャネルで簡単に企業とコンタクトする手段を顧客に提供します。顧客を適切なエージェントに振り分けます。カスタマージャーニーにEメールを組み込みます。分類されたコールの検索と分類により、探し求めている会話を正確に特定することができます。新しいチャネルでカスタマーエクスペリエンスを向上させます。デジタルセールスとサービスの自動化デジタルセールスとサービスの自動化ウェブサイトを訪れたユーザーの人物像と動機を把握し

若者の理想の働き方調査

NEWS若者の理想の働き方調査を実施 若者の8割は「残業ゼロで成果を出すタイプ」が理想の上司~柔軟な働き方や、利用しやすいIT環境の導入が優秀な若手人材の獲得・定着に繋がる~総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社のコンサルティングカンパニーであるワークスイッチコンサルティングは、社会人1年目から3年目までの若者300人を対象に、理想の働き方に関する調査を行いました。昨今、「働き方改革」「休み方改革」が注目され、長時間労働を是正して労働生産性を上げる取組みや、テ

2017年8月9日フロスト&サリバン★フィードバック数:0大型消費/投資

eリテール、テレマティクスが促進する2017年の自動車アフターマーケットサービス

eリテール、テレマティクスが促進する2017年の自動車アフターマーケットサービス 中国・インドなどの新興市場をはじめ世界的に大きな成長へプレスリリース 2017年8月1日フロスト&サリバンは自動車アフターマーケットの2017年のグローバル市場トレンドをまとめ、テクノロジーの進化と活用に伴い、今後大きな成長が見込まれるとの見通しを発表しました。eリテール(電子小売業)やテレマティクス、複数のサービスを集約するテクノロジーにより、自動車アフターマーケットサービスのビジネスモデルはデジタル化やコネクテ

2017年8月4日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

グローバル企業経営層の関心事、トップは「政治リスク」と「テクノロジー」 A.T. カーニー

[] A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)のグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシル(以下、GBPC)は、2017年7月11日、グローバル企業の経営層を対象に実施した2017年「CxOの視点」調査について「Adapting to Disruption」というレポートにまとめ、結果を発表した。本調査によると、グローバル企業の経営陣は、今後12カ月にわたって、経済的および財務的な変動性が昨年よりも高まると見ている。90%以上の経営層は、最近の政治・経済面の環境変化を

2017年7月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2017年度の国内企業のIT支出は、大企業で「増加」が「減少」「変わらない」を上回る 引き続き「セキュリティ」が最優先のIT投資領域だが、2017年度計画ではAIにも注目 大企業を中心に、社内ITインフラ/システムの運用や開発の内製化が進行 大企業/中堅企業を中心に、ユーザー部門独自のAIやIoTに対する投資が活発化 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2017年5月17日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析

~ 新たなテクノロジーの理解がデジタルトランスフォーメーション実現への近道 ~国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析結果を発表 ユーザー企業は、ビッグデータインフラストラクチャ選定においてリスク回避を優先してきた 一方、特定用途に最適化したビッグデータインフラストラクチャのテクノロジーは増加傾向 ユーザー企業にとって、ビッグデータインフラストラクチャにおける新たなテクノロジーの理解は、DXエコノミーのリーダーになるかフォロワーになるかの分水嶺になる IT

歯並びと歯の残存数に関する意識調査

~ 4月18日は、よい歯の日 ~「若いうちから歯のケアをしておけば良かった」との声が多数 失ってから後悔したもの、第1位は “歯” 歯並びが良い人のほうが、悪い人よりも2本以上歯が残っているという結果に - 60代以上の男女400名を対象とした「歯並びと歯の残存数に関する意識調査」 -透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都品川区、代表取締役:福村敏夫)は、4月18日の“よい歯の日”に合わせて「歯並びと歯の残存数に関する

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

「世界を変革する新興テクノロジー トップ50」2017年版

Tech Trends 2017

デロイトによるTech Trendsレポートの発行は今年で8回目となる。とてつもないスピードで物事が変化する環境に対峙していく中で、広範囲にわたるテクノロジーの発展動向を長期間トラッキングしてきた経緯から、重要かつ連続性のあるいくつかのテーマを認識できることが、本レポートの魅力である。このTech Trends最新版を読み解くことで、どのような変化が目前に迫っているのかをより明確に理解する一助としていただきたい。ゲームのルールが今まさに変化しているのだ。 Tech Trends 2017 日

2017年3月3日ビッグローブフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「過去/未来30年のテクノロジー」に関する意識調査

プレスルームビッグローブ株式会社格安スマホや格安SIMを提供するBIGLOBEは、インターネット接続サービスを利用している会員の方を対象にBIGLOBE 30周年記念企画として「過去/未来30年のテクノロジー」に関する意識調査を実施しました。本調査は、BIGLOBEのインターネット接続サービスを利用する方のうち、全国の10~90代の38,200人を対象に、アンケート形式で実施しました。調査期間は2016年10月26日~11月25日、調査方法はインターネット調査です。また、同じく30周年を迎えるニ

企業のX-Techビジネスの取り組みに関する動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散|マーケティングオートメーション(MA)ならマルケトマルケトとは世界39か国・6000社以上の企業に導入されている Marketoのエンゲージメント・マーケティング・プラットフォーム 製品・サービスすべてのチャネルで一貫性のあるメッセージを届ける Marketoのエンゲージメントマーケテ

2017年2月14日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

Harnessing: Revolution: Creating the Future Workforce(未来のワークフォース:人材の活用と革命)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月2日アクセンチュアの最新調査:デジタル時代に人材のポテンシャルを引き出すため、企業経営者はスキル革命に着手すべき変化に適応できる人材を育成し、未来のワークフォースを創造するにはスキルの再学習が必要【スイス、ダボス発;2017年1月17日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、最新調査レポート「Harnessing: Revolution: Creating the Future Workf

2017年1月26日TUNE★フィードバック数:0マーケティング

2017年モバイルマーケティング業界のトレンド予測

検索2017年モバイルマーケティング業界のトレンド予測 2017年のモバイルマーケティング業界において注目すべき5つのトレンド 北米最大手のモバイル効果の測定・分析ソリューションを提供するTUNE(読み方:チューン)は、2017年のモバイルマーケティング業界において注目すべき5つのトレンドを発表しました。1. モバイルユーザーの獲得競争は一層激化昨今、数多くのマーケティングキャンペーンがモバイル上で実施されていますが、キャンペーンの対象となるモバイルユーザー数は限られています。巨大な広告在庫を保

第20回世界CEO意識調査

PwC、「第20回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐新たなリスクや不確実性にもかかわらず、CEOは自信を深める 自社の成長に対する自信は緩やかに回復52%が雇用拡大を計画過剰な規制や鍵となる人材の不足に対する懸念は過去最高水準グローバリゼーションは所得格差の解決にほとんど寄与していないと考える2017年1月17日PwC Japanグループ*本プレスリリースは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)開催に合わせ、PwCが2017年1月16日にスイスの

2016年12月15日Twitterフィードバック数:0マーケティング

2016年振り返りツイート(国内編)

2016年もTwitterをご利用いただき、まことにありがとうございます。 今年もTwitterの上にはさまざまなことが起こりました。今年の日本のTwitterについてをこちらに簡単にまとめました。一緒に今年を振り返っていただけますように。1: 日本のTwitterがもっとも盛り上がったのはこちらのタイミングでした。2: Twitter上でもっとも使われたハッシュタグはこちらでした。3: 今年もっともリツイートされた日本のツイートはこちらです。トップ15のツイートはこちらでご覧いただけます。4:

成功者に求められる“歯並び”に関する意識調査

[アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社] ,調査 歯 歯科 日米 見た目 歯並び マウスピース矯正 裏側矯正 歯列矯正 成功者

2016年11月3日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

生活者が選ぶ “2017年 ヒット予想” &“2016年 ヒット商品”ランキング

博報堂生活総合研究所 生活者が選ぶ “2017年 ヒット予想” &“2016年 ヒット商品”ランキングを発表2017年 ヒット予想は、1位「自動運転システム搭載車」2位「AI(人工知能)技術」3位「格安スマホ」…生活者が求めるのは、“生活者支援系テクノロジー”キーワードは【サンキュー・テック】 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ“2017年ヒット予想” をまとめました。本レポートは、今年、世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを生活者に提示し、「2017年以降、話

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

の日本のCEOが今後3年間の成長に非常に自信があると回答。世界全体(49%)を大きく下回る。 自社が成長する上で重要視する国は、調査史上初めて米国が中国(45%)を抜き首位に の日本のCEOが、ステークホルダーとの関わりおいて効果を発揮するテクノロジーとして「データアナリティクス」を挙げているが、世界全体(68%)に比べテクノロジーの活用が低い傾向 の日本のCEOが、人事戦略において「将来のリーダーの選定および育成」を最重要課題と位置付ける 調査結果世界最大級のプロフェッショナルフ

2016年3月7日ランスタッドフィードバック数:0キャリアとスキル

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 理系人材とテクノロジー

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 理系人材とテクノロジー日本人はデジタル技術の発展に適応できていない?総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック)は、四半期毎に世界34の国と地域の18~65歳を対象に、労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」を実施しています。今回は2015年第4四半期に実施した調査の中から、仕事とテクノロジーに関する結果を発表します。近年、産業界で必要とされる人材と、教育機

2016年2月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル時代の創造的破壊:成長の拡大(Digital Disruption: the Growth Multiplier)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――デジタル分野のスキルとテクノロジーを最大限活用することで、2020年までに世界で2兆ドルの経済効果がもたらされることが判明【ニューヨーク発:2016年1月16日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、デジタル分野のスキルとテクノロジーを最大限活用することで、2020年までに世界で2兆ドルの経済効果がもたらされる可能性があることが分かりました。また、世界の国内総生産(GDP)のうち5分の

第19回世界CEO意識調査

PwC、「第19回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐地政学的脅威の高まりとともに、世界経済の成長に対するCEOの自信は低下 世界経済への自信が10ポイント低下地政学的な不確実性への懸念が急拡大主要な経済圏では売上への期待が低下90%は顧客やその他のステークホルダーからの期待に応えるべく、テクノロジーを利用する手段を変革2016年1月20日PwC Japan*本プレスリリースは、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催に合わせて、2016年1

2015年12月2日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】

NEWS博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】発表  2015年11月26日1位「外国人観光客」2位「自動衝突回避システム」3位「進化するエコカー」 ※参考:生活者が選ぶ【2015年ヒット商品】1位「ラグビー・W杯日本代表チーム」 2位は「ドローン」「外国人観光客」「火花」(2位同点) 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】をまとめました。 本レポートは、生活者に今年世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを提示し、「2016

2015年12月2日オールアバウトフィードバック数:0エンタテインメント

本当に欲しいSF映画に出てくる未来技術ランキング

ホームプレスリリース2015年度【Intel × All About共同調査・未来予測レポート】映画好き男性 約2,000人に調査本当に欲しいSF映画に出てくる未来技術ランキングバック・トゥー・ザ・フューチャーの“空中走行型の乗り物”や、スター・ウォーズの“翻訳ロボット”、アイアンマン“空中映像投影機”などが上位に~欲しい理由は「仕事」「時間の節約」など、 テクノロジーで効率をあげたい人多数~ 【Intel × All About共同調査・未来予測レポート】 映画好き男性 約2,000人に調査

2015年12月1日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通総研『話題・注目商品2015』レポート

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研『話題・注目商品2015』レポート2015年11月26日「生活者が選ぶ話題・注目商品2015ランキング」 1位は「爆買い / インバウンド」 「生活者が選ぶ有望商品2016ランキング」 1位は「水素自動車」 _________________________

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見邦銀でテクノロジー分野に造詣の深い役員比率は7.5%、世界平均は上回るも米国16%との差が明確に当該分野の知見をもつ役員数では、50%の邦銀が2名以上を擁するも、約40%は不在と回答 【ロンドン発:2015年10月28日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が行った最新調査によると、世界の大手銀行において、テクノロジー分野の知見をもつ役員の必要性が明らかにな

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

2015年における日本でのフィンテック投資は堅調に推移、アジア・パシフィック地域における投資額は前年比4倍以上に急増の見通し

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――2015年における日本でのフィンテック投資は堅調に推移、アジア・パシフィック地域における投資額は前年比4倍以上に急増の見通し 日本におけるフィンテック投資は、2015年1月から9月の9か月間で約4,400万ドルに達し、アジア・パシフィック地域では約35億ドルに急伸 【東京/香港発:2015年11月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、アジア・パシフィック地域の金融テクノロジー(

2015年11月13日アバナード★フィードバック数:0企業情報システム

ビジネスのデジタル化に関する先進諸国の意識調査

グローバル調査:先進諸国の大手企業においても、本格的なビジネ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > グローバル調査:先進諸国の大手企業においても、本格的なビジネスのデジタル化には...グローバル調査:先進諸国の大手企業においても、本格的なビジネスのデジタル化には平均してさらに4年の歳月が必要ビジネスのデジタル化の重要性は浸透しつつあるもののコストが障壁となりテクノロジーの導入に足踏み ビジネス・テクノロジー・ソリューションおよびマ

「SNSの写真に対する印象」に関する意識調査

[アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社] ,写真 イメージ 歯科 笑顔 男女 SNS 印象 矯正 歯並び 良い歯の日

歯並びと笑顔の関係を“視線追跡”調査

調査内容 ■調査対象:20~50歳代の男女48名■調査方法:トビー・テクノロジー株式会社によるアイトラッキング調査■調査設計:・下記5パターンの女性の写真に対して、それぞれ 7秒間の視線の動きを調査・視線調査後、各写真への印象に関するアンケートを実施 「■調査方法:アイトラッキング (視線追跡)調査 アイトラッキングは、人が実際に「どこを」、「何を」、そして「どれだけ」見ているか (眼球がどこを向いているか)を測定することができる調査手法です。視線を可視化し、消費者の無意識を読み解くことができ、

デジタル広告業界関係者への業界動向に関するアンケート調査

◆ アドテクノロジーの定義に含まれるサービス、最も多く認識されているのは、DSPとDMP◆ 認識している“動画広告元年”、最も多いのは2014年◆ 2015年のスマートフォン広告市場の主なトレンドは、“ターゲティング広告配信技術の進化”、“広告主層の拡大”、“クロスチャネルトラッキングと最適化配信”◆ ネイティブ広告に対して感じている“新しさ”は一部、従来手法という認識が大勢を占める 株式会社シード・プランニングのデジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクト(本社:東京都文京

2015年4月26日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通による消費マインドの調査です。

【消費マインド調査】2015年3月レポート

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通が運営しているさまざまなプロジェクト、ビジネスソリューションを紹介します。一部社外企業・組織との共同プロジェクトも含まれています。プロジェクトアクティブラーニングこんなのどうだろう研究所ラーニングのアクティブ化のお手伝いをしている研究所です。 ULTRA PU

2015年4月23日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

インフォメーション ジェネレーションに対する意識調査

Press ReleaseApril 23, 2015EMCジャパン インフォメーション ジェネレーションに対する意識調査結果を発表 世界のビジネス リーダーが デジタルの未来への準備ができていない との見解を示すEMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:)は、世界18カ国、3,600名のビジネス リーダー向けに実施した意識調査レポート『The Information Generation: Transforming The Futur

2014年11月5日Verizonフィードバック数:0企業情報システム要登録

エンタープライズクラウド2014レポート

ご連絡ください。連絡先の詳細を見るには、国名を選択してください。 サポート自分のアカウントを管理、またはツールや情報を入手 ベライゾンと共に画期的なソリューションを構築 未来の可能性をベライゾンで現実のものに絶えず動向が変化する現代において、ビジネス推進を図るには、技術力と画期的なソリューションの両方を兼ね備えた強力なパートナーが必要です。現在のテクノロジーは、将来のテクノロジーの土台にすぎません。 適切なパートナーと提携すれば、将来の変化に受け身で対応するだけで

2014年7月30日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のICT活用についての調査です。

2014年アクセンチュアMobility Insight

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア、企業のモビリティ活用に関する最新調査結果を発表日本企業にとってモビリティはデジタル化のための最優先事項グローバル先進企業は全社戦略としてモビリティ活用を推進 【東京発、2014年7月30日】アクセンチュアが新たに実施した調査によると、多くの日本企業がデジタルテクノロジーにおける最優先事項を「モビリティ」であると考えている一方で、全社的モビリティ戦略を推進できていないことが明らかになりました。 「2014年アクセ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ