調査のチカラ TOP > タグ一覧 > テクノロジー企業

「テクノロジー企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年9月24日チェク・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測 ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)が実施した世界的な経済調査によると、マーケティング担当者たちは、日本においてオンライン広告詐欺における被害総額が680億円に上ると予測していることが分かりました。CHEQは、ボルチモア大学の教授であるエコノミスト、ロベルト・カバゾス氏に依頼し、最新の経済分

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年日本テクノロジー Fast 50」発表

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年日本テクノロジー Fast 50」発表1位は売上高成長率6,048%の株式会社エアークローゼット/売上高成長率1,000%以上の企業の受賞が増加し、全体の10%を占める 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast 50」を本日発表します。 20

2018年4月13日キャップジェミニフィードバック数:0社会/政治

キャップジェミニのワールド・フィンテック・レポート2018では、将来の金融サービスにおける成功の鍵として共生的コラボレーションに注目

キャップジェミニのワールド・フィンテック・レポート2018では、将来の金融サービスにおける成功の鍵として共生的コラボレーションに注目 利便性とパーソナライゼーションのための競争と顧客の要求は、金融サービスを変革し、フィンテック企業が従来型金融機関と協力する新たな機会を生み出している 【2018年2月27日、パリ、ニューヨーク発】 フィンテック企業(*1)の台頭により、金融サービスにおける顧客ジャーニーが活発化し続けています。しかし、多くの新興企業は、彼らが単独で成功するのに苦労することを認識し

2018年3月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

FJORD TRENDS 2018

FJORDTRENDSビジネスやテクノロジーデザインに影響を及ぼす7つのトレンド 原理原則の再考新たな成長の公式マネー・チェンジャー歩くバーコード流動的な人々知性のデザインデジタルダブル生命中心デザイン 概要資本主義が変化し、人々は自らの消費が他者や地球資源に与える影響についてますます意識するようになっています。 個人にとって意味があり、かつ、社会や環境にとっても有益な製品やサービスへの人々の欲求が高まるにつれて、金銭的利益のためだけの成長は過渡期を迎えています。 5Gテクノロジー

2018年1月15日Teradataフィードバック数:0企業情報システム

AIの活用に関する調査結

[2017年10月11日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です] テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、260社のグローバル大手企業を対象に、「AI」の活用に関する調査※を実施しました。その結果、回答企業の80%が現時点でAIに投資しているが、ビジネス・リーダーの3人に1人は、競合企業と同等の投資を維持するためには、今後3年間にさらなる投資が必要と考えていることが分りました。また、AI導入に関わる課題解決に戦略的に取り組むため、経営幹

ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表 2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに

2017年10月16日 ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに ピツニーボウズ、小包の発送に関する調査結果を発表 2014年以降、世界の小包の取扱量が48%増加したことが明らかに日本は中国、米国に次ぐ世界第3位の市場 2017年10月16日商取引を活性化させる革新的な製品とソリューションを提供するグローバル・テクノロジー・カンパニーのピツニーボウズは、過去2年間で世界の小包の取扱量が48%増加したと発表しました。これ

2017年4月9日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 『破壊的技術』に関するグローバル調査レポート『テクノロジー企業編』を刊行 『破壊的

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表平均売上高成長率は前年を158%ポイント上回る573%で2008年以来の最高水準 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2016年12月1日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表した。 平均売上高成長率は

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Fintech and the Evolving Landscape(フィンテック、発展する市場環境)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 フィンテック投資は、欧州とアジアが世界市場を牽引し、2016年も継続して拡大――アクセンチュア最新調査 フィンテック投資は、欧州とアジアが世界市場を牽引し、2016年も継続して拡大――アクセンチュア最新調査20

テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表成長率300%以上が受賞企業全体の4割、100%以上が9割 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去4決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第13回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を発表した。 ・成長率300%以上が受賞企業全体の4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ