調査のチカラ TOP > タグ一覧 > テレワーカー

「テレワーカー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

大阪府・京都府・兵庫県におけるテレワーク実施率の推移について

大阪府・京都府・兵庫県におけるテレワーク実施率の推移について パーソル総合研究所では、はたらくに関する調査研究機関としての社会的役割を果たすため、新型コロナ発生以降のテレワーク実施率について2万人規模の調査を4回行っております。今後、大阪府・京都府・兵庫県が緊急事態宣言の対象となる可能性があることを踏まえ、4回分の調査結果から抜粋し、同エリアにおけるテレワーク実施率の推移をお知らせします。また、併せて、北海道、愛知県、福岡県の推移も記載します。4回にわたる調査を担当したパーソル総合研究所の上席主

テレワークによる組織の求心力への影響に関する調査結果を発表

HOMEニュース パーソル総合研究所、テレワークによる組織の求心力への影響に関する調査結果を発表テレワーカーが抱く組織への愛着は出社者の約1.3倍であることが明らかにパーソル総合研究所、テレワークによる組織の求心力への影響に関する調査結果を発表 テレワーカーが抱く組織への愛着は出社者の約1.3倍であることが明らかにパーソル総合研究所、テレワークによる組織の求心力への影響に関する調査結果を発表 テレワーカーが抱く組織への愛着は出社者の約1.3倍であることが明らかに はたらく場所がどこであれ、企業の

20代のワークルールに関する意識・認識調査

連合調べ 「男性も育休を取得できる」 20代の正解率は87% 連合調べ「男性も育休を取得できる」 20代の正解率は87%~20代のワークルールに関する意識・認識調査~日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、労働に関する法律や制度に対する若者の意識を把握するため、「20代のワークルールに関する意識・認識調査」を2018年11月2日~11月6日の5日間でインターネットリサーチにより実施し、全国の20歳~29歳の男女1,000名の有効サンプルを集計しまし

2015年4月1日国土交通省★フィードバック数:0キャリアとスキル

国交省の調査です。

平成26年度テレワーク人口実態調査

「平成26年度テレワーク人口実態調査」について 平成27年3月31日国土交通省では、情報通信技術(ICT)を活用した場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークの普及・促進に取り組んでいます。この度、テレワークの実施状況やテレワーカー数の実態について、別紙のとおり調査結果をまとめたので、お知らせします。 ■在宅型テレワーカー数(別紙P5、P6参照)◯約 550万人(前年比約170万人減)◯8.5%(前年比2.6ポイント減)■全労働者数に占める週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワー

テレワークソリューション市場の最新動向と市場展望 2014

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ テレワークシリーズ第2弾!テレワークソリューション市場の最新動向と市場展望 2014〜スマートデバイスとクラウドによる次世代ワークスタイルの実現〜[本書のポイント]◆ テレワーク促進要因を整理して掲載◆ テレワークソリューション市場規模を当社独自に算出(2013年〜2020年)◆ 次世代ワークスタイル導入の現状、課題、販売ルート等を分析市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田

2014年3月28日国土交通省★フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークの実態です。

平成25年度テレワーク人口実態調査

「平成25年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要の公表について 平成26年3月28日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成25年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。調査の主な結果は以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。 1.テレワーカー率・テレワーカー数等の推計結果  ■テレワーカー率○在宅型テレワーカー率*1は11.1%(前年比3.1ポイント減) (P5参照)○狭義テレワーカー率*

2013年4月4日国土交通省★★フィードバック数:11キャリアとスキル

テレワークについての実態調査です。

「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要

「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要 平成25年4月3日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成24年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。調査結果の主なポイントは、以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。(1)テレワーカー率・テレワーカー数の推移1)テレワーカー率の推移○在宅型テレワーカー率*1は14.2%、狭義テレワーカー率*2は21.3%・在宅型テレワーカー率は、2011年か

2012年3月29日国土交通省★フィードバック数:16キャリアとスキル

テレワークについてのまとまった調査結果です。

「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要

「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要 平成24年3月28日 国土交通省では、この度、テレワークの実施状況やテレワーカーの意識・実態などについて調査した「平成23年度テレワーク人口実態調査」の調査結果の概要をとりまとめました。 今回は、東日本大震災の影響や新しいICTツールの普及等を要因として、狭義テレワーカー率、在宅型テレワーカー数とも、ここ3年の横ばい状態から、大幅に増加しています。 調査結果の主なポイントは、以下のとおりであり、調査結果の概要は別添のとおりです。・ここ3年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ