「デジタル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年5月13日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

Gartner、大半のCEOは「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測しているとの調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 Gartner、大半のCEOは「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測しているとの調査結果を発表 CEOの3分の1以上は、2021年の売り上げは2019年の水準まで回復するか、それ以上になると予測 米国コネチカット州スタンフ

2021年2月26日Yextフィードバック数:0マーケティング

ニューノーマル時代の企業のオンライン情報発信の動向をYextが調査

検索のクラウドプラットフォームを提供するYext(NYSE:YEXT、日本法人:株式会社Yext(イエクスト)、代表取締役会長:宇陀 栄次)は、コロナ禍での企業のオンライン情報発信の動向に関する調査を実施しました。Yextの検索ソリューションを自社の情報発信に活用する世界中の顧客企業のデータを基に調査し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行が企業のオンライン情報発信に及ぼす影響を明らかにしました。オンラインでの情報発信の主要な指標となるのが、企業がYextのプラットフォーム

2020年11月6日アクイアジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

カスタマーエクスペリエンス(CX)レポートを発表

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic, personalize content, and serve targeted advertisements. Read about how we use cookies and how you can control them by clicking "Cookie Settings." If you continue to use t

2020年10月23日SMN★★フィードバック数:0マーケティング

SMN、国内コネクテッドテレビ広告市場調査を実施

SMN、国内コネクテッドテレビ広告市場調査を実施~2020年の市場規模は102億円の見通し、2024年には、558億円規模と予測~ SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)は、この度、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下 智之)と共同で、国内コネクテッドテレビ広告の市場動向調査を行いました。■調査結果サマリー・2020年の国内コネクテッドテレビ広告市場は102億円、前年比1.6倍の見通し。・新型コロナウイルス感染拡大による外出

2020年9月4日りらいあデジタルフィードバック数:0ビジネス

チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用

チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用 〜採用企業では利用率や社内認知が向上した事例も〜 チャットボットにおけるキャラクターの採用比率調査を実施。国内チャットボットの約5割がキャラクターを採用 〜採用企業では利用率や社内認知が向上した事例も〜 この度、りらいあデジタルはチャットボットにおけるキャラクターの採用比率に関する調査をいたしました。チャットボットのユーザーインターフェース(以下、UI)には、企業ロゴや入力ボックスだけを表示す

2020年8月18日博報堂★★フィードバック数:0エンタテインメント

コンテンツビジネスラボ 「リーチ力・支出喚起力ランキング」

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」 ~「コンテンツファン消費行動調査2020」より~昨年に引き続き音楽コンテンツが好調 デジタルプラットフォームへの積極的展開を核に、多様な顧客接点を用意したコンテンツが上位に株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅)と株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」の2020年版を実施し、そ

2020年6月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンサルティングサービス市場予測を発表

15 Jun 2020国内コンサルティングサービス市場予測を発表 Japan, 2020年6月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ビジネスおよびITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測を発表しました。これによると2019年の同市場規模は前年比7.3%増の8,217億円になったとみられ、2024年に1兆円に達するとみられます。

2019年12月2日デジタルレクリムフィードバック数:0社会/政治

【アンケート結果】12/3は妻の日ですが...妻への感謝の形は何が一番?

検索【アンケート結果】12/3は妻の日ですが...妻への感謝の形は何が一番? 12月3日は妻の日ですが、デジタルレクリム株式会社(本社:東京都板橋区/代表取締役:中村匠吾)では、20~30代の女性(既婚者)向けで、夫からどのように感謝されるのが一番嬉しいのか、アンケートを実施いたしました。 妻の日が制定されたのは1995年(平成7年)のことで、凸版印刷によるキャンペーンで生まれたとのことです。年の最後の月である12月で、1年間頑張ってくれた妻に対して感謝するという意味合いで、サンクス(3日)を理

2019年11月13日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表 - デジタル・ビジネスを推進する上で特に注目すべきテクノロジと そのトレンドを明らかに 「Gartner IT Symposium/Xpo 2019」(11月

2019年10月11日IBMフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車業界の未来に関する調査 MaaS時代のブランド価値は車を取りまくデジタル体験へ

IBM調査:MaaS時代のブランド価値は車を取りまくデジタル体験へ 自動車業界のエグゼクティブの83%が、データの戦略的価値を理解しているものの、デジタル・データ・プラットフォームの運用は、現在のところ18%にとどまっている 2019年9月30日 [米国ニューヨーク州アーモンク - 2019年9月11日(現地時間)PRNewswire発]IBM(NYSE:IBM)が行った自動車業界の未来に関する最新の調査結果から、今後10年間で「車の所有」から「車の使用」へとユーザーの志向が変わること、そし

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表

11 Jul 20192019年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表 Japan, 2019年7月11日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内クライアント仮想化市場の動向について、ユーザー調査を分析した結果を発表しました。クライアント仮想化を導入した企業(550名)および導入を検討している企業(550名)の経営層、IT管理者、エンドユー

「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場規模調査を実施

プレスリリース 「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場規模調査を実施2019年の店舗集客型デジタル広告市場は昨対比約2倍の405億円に、2024年には2019年比約6.4倍の2,586億円に到達予測 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)※1」の市場動向調査を行いましたので、2018年の市場

2019年5月30日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

最新版メディアクオリティレポート(2018年下半期)

IASがアドフラウド、ブランドセーフティ、 ビューアビリティに関する最新の調査レポートを発表ビューアビリティが改善し5割超え、新たな指標タイムインビューでも1秒以上の伸び広告業界の透明性を高め、場所やデバイスを問わず消費者への広告効果を最大化させるテクノロジーとデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(日本オフィス:東京都品川区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年5月22日、最新の「メディアクオリティレポート日本版(以下MQR)」の調査結果

2019年3月25日MCEI東京支部★★フィードバック数:0マーケティング

今、注目の「デジタルマーケティング」、マーケティング実務家はどう実感し、どう活用しているのか?

今、注目の「デジタルマーケティング」、マーケティング実務家はどう実感し、どう活用しているのか? 約8 割の企業が既に開始しているが、本格的な取り組みはまだこれから!AI の活用や、デジタルとアナログの組み合わせがポイント! 最近、欠かせない取り組みが「デジタルマーケティング」。また経団連がAIについて、準備から実用化までの進捗状況を企業が自己採点できるチェックシートを作ったと報じられる今日この頃。●実際の業務・ビジネスの中での取り組みはどの程度進んでいるのか?●果たして本当に有効なのか?●その中

2018年11月2日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポート

IAS、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表新たな評価指標「タイムインビュー」でデジタル広告の総合的なエンゲージメント評価が可能にインテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2018年上半期の「メディアクオリティレポート(以下 MQR)」の調査結果を発表しました。同レポートはIASがグローバルで年2回実施している調査で、世界全体で発生する膨大なインプレッションとマーケットを取り巻くさまざまな環境要因をあわせて分

2018年9月28日マンダム★★フィードバック数:0ライフスタイル

出会いとデジタルコミュニケーションに関する調査

出会いとデジタルコミュニケーションに関する調査

2018年9月7日Appierフィードバック数:0企業情報システム

企業のAI活用に関する調査レポート「日本版 アジア太平洋地域でのデジタル変革の促進における人工知能の重要性」

最新のAI、マーケティング、広告インサイトや最適な施策の情報を入手しましょう。 最新のAI、マーケティング、広告インサイトや最適な施策の情報を入手しましょう。

2018年3月13日iProspectフィードバック数:0マーケティング

マーケティングビジネスとそのトレンド予測「Future Focus 2018」

アイプロスペクトのウェブサイトは、コンテンツのカスタマイズ、ソーシャルメディア機能を提供、トラフィックの分析にCookieを使用しています。 また、サイトの使用に関する情報をソーシャルメディア、広告、分析パートナーと共有します。Cookieの使用に同意する場合は、引き続きWebサイトを使用してください。 Cookieの設定を変更する場合、詳細については、Cookies ポリシーをご覧ください。 機械とテクノロジーがマーケティングや広告に与える影響はより顕著になり、シームレスな顧客経験と国を超え

2018年2月15日F5 Networksフィードバック数:0企業情報システム

2018年版 アプリケーションデリバリの状況

ビジネスを推進するアプリケーションを支える アプリケーションにより管理・統制される時代では、組織にとって、その重要なアプリケーションが常に利用でき、予期せぬ脅威から保護されるだけでなく、世界中でシームレスに拡張できることがかつてないほど重要になっています。ITリーダは、アプリケーション サービスを利用して、進行中のデジタル変革プロセスがもたらす課題および機会に対処しています。この状況を詳しく調べるため、アジア太平洋地区における業界、企業規模および役職を問わず約2,000人の回答者を対象とし

2018年2月5日F5 Networks★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年版 アプリケーションデリバリの状況

ビジネスを推進するアプリケーションを支える アプリケーションにより管理・統制される時代では、組織にとって、その重要なアプリケーションが常に利用でき、予期せぬ脅威から保護されるだけでなく、世界中でシームレスに拡張できることがかつてないほど重要になっています。ITリーダは、アプリケーション サービスを利用して、進行中のデジタル変革プロセスがもたらす課題および機会に対処しています。この状況を詳しく調べるため、アジア太平洋地区における業界、企業規模および役職を問わず約2,000人の回答者を対象とし

2018年1月12日アイレップフィードバック数:0マーケティング

2017年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

ホーム ニュースアイレップ SEM総合研究所 渡辺隆広が選出 2017年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表アイレップ SEM総合研究所 渡辺隆広が選出2017年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表 プレスリリース 平成29年12月27日 株式会社アイレップ 株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)SEM総合研究所※は、2017年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表いたします。20

2017年12月25日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明 アクセンチュア最新レポート――国をまたぐデータ流通などへの規制が企業成長を阻害することが判明2017/12/25【ニ

デジタル自動車レポート2017

デジタル自動車レポート2017 - 急速に発展する「ロボコノミー」における自動車メーカーの戦略の再構築 PwCネットワークの戦略コンサルティングを担うStrategy&では、このたびグローバルで発行された『デジタル自動車レポート2017』の日本語版を作成しました。本レポートでは次のような内容をご紹介しています。モビリティ市場は2.2兆ドル規模へと成長する見通しです。2030年までに移動距離の最大37%はシェアードカーと自動運転車になり、シェアードモビリティ市場は現在のEコマースの世界市場

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

グローバル調査により「キャッシュレスシティ」がもたらす経済的恩恵が浮き彫りに 2017年10月11日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ — Visa Inc.(NYSE:V)は本日、Visaが委託し、Roubini ThoughtLab(ルビーニ・ソート・ラボ)が独自に調査した、世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響の結果を発表しました。本調査では、調査を実施した100都市において、カードやモバイルといった電子決済の利用拡大により年間で最大4,700億米ドルの純便

2017年8月8日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査(第2回)

動画広告ユーザー調査 内容を最も覚えているのはソーシャルメディアの動画広告!? ~第2回 マクロミル×デジタルインファクト共同調査~動画コンテンツを視聴するサービスは、「YouTube」が97.8%、「ニコニコ動画」、「Facebook」が追随ユーザーが視聴した内容を最も覚えているのは、ソーシャルメディアのタイムライン上に表示される動画広告動画広告を見て不快に思った経験があるのは、全体の約6割YouTube上で、動画広告を非表示にする機能に対してお金を支払ってもよいという回答は全体の17.9%

日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかに

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちらピュア・ストレージがグローバル調査を発表-日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかにビジネスクリティカルなワークロードのパブリッククラ

2017年7月12日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

第1回 「デジタルマーケティング100」

2017年6月21日日経デジタルマーケティング 第1回 「デジタルマーケティング100」を発表 ・「デジタルメディアを効率的に業績に結びつけている」トップ100社をランキング・1位は無印良品、2位はマクドナルド、3位はユニクロ、という顔ぶれに 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)は2017年6月21日、デジタルマーケティングの専門誌「日経デジタルマーケティング」が実施した第1回「デジタルマーケティング100」を発表しました。これは国内のどの企業や商品ブランドがデジタルメディアを効果的に

2017年5月30日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内コンサルティングサービス市場予測

~「デジタル」が全てのビジネス領域に浸透~ 国内コンサルティングサービス市場予測を発表 国内コンサルティングサービス市場は2016年~2021年の年間平均成長率 3.9%で成長し、2016年の6,792億円から、2021年には8,238億円に 国内ビジネスコンサルティング市場は2016年に前年比7.0%増の3,625億円に拡大 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援がビジネス課題の全領域に浸透。「デジタル関連」コンサルティング市場は2016年に前年比40.3%増の1,200億

日本の若者は、未来に最も影響するテクノロジとして人工知能(AI)に期待

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 日本の若者は、未来に最も影響するテクノロジとして人工知能(AI)に期待 [2017年5月9日]Posted by: コーポレートコミュニケーション本部デジタル化が進展する世界で、新しいテクノロジが人々の生活、仕事、遊びに破壊的変化を与えようとしています。マイクロソフトが公開した調査結果によれば、日本の若者

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者3.調査方法:郵送アンケート調査、および当社専門研究

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明日々の生活に密着したネットを介したソリューション、太陽光発電、およびデジタル関連サービスが最大の関心事項アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、エネルギー関連の新しい商品やサービスに対する消費者の関心は特にミレニアル世代(18〜34歳)を中心として高く、エネルギー事業者にとっての将来的な

企業の経営幹部が「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに

Navigation ジュニパーネットワークスのグローバル調査で、企業の経営幹部が 「デジタル・ディスラプション」に備えていないことが明らかに― NFV技術とSDN技術のメリットが実証された一方で、スキルギャップの深刻化による課題が浮上 ―ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、2,700人以上のITおよびビジネスの意思決定者を対象に実施したグローバル調査の結果を発表しました。それによると、企業は今後避けることのできない「デジタル・ディスラプシ

2016年1月28日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

デジタル トランスフォーメーションの実現におけるハイブリッド クラウドの重要性が明らかに

Press ReleaseJanuary 27, 2016 抄訳リリース EMC 最新の調査結果を発表 br デジタル トランスフォーメーションの実現における br ハイブリッド クラウドの重要性が明らかにハイブリッド クラウド導入企業は、デジタル ビジネスとインフラの実現準備において進んでいるマサチューセッツ州ホプキントン発 - January 27, 2016 -EMCコーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 CEO(最高経営責任者):ジョー・トゥッチ、NYSE略号:

2016年1月20日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態

広報の仕事 大予測2016「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態企業の広報・PR活動に関する調査 業界により導入状況や社内理解度が異なるウェブ・デジタルPRの業務。2016年は、広報として企業・事業のコンテンツ発信をいかに設計するかが課題に。どうなる?ソーシャルメディア●Facebookの影響力低下?Facebookの運用に関して、企業ページ増加とFacebookのアルゴリズム変更に伴いリーチ数が減った。また、そもそもFacebookへの関心の低下を感じる(IT・情

2015年5月15日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 営業パーソンの名刺管理満足度、デジタル管理の人は6割、アナログ管理は3割が満足と回答 MMDLabo株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:吉本浩司)とキングソフト株式会社(東京都港区、取締役社長:馮達)は共同で「営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に

2015年5月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -

Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、世界60カ国・3万人のデジタルに関する考え方や行動に関する調査結果をまとめた『グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -』を発表2015/05/14 [データ] ニールセン、世界60カ国・3万人のデジタルに関する考え方や行動に関する調査結果をまとめた『グローバル デジタル・ランドスケープ レポート - SCREEN WARS -』を発表- 76%の消費者がいつでもどこでもインターネットに接続できる自

2015年2月2日PR TIMES★フィードバック数:0マーケティング

PR TIMESの調査です。

マーケター8割が「デジタルPR」に注目

[株式会社PR TIMES] ,広告 PR マーケティング 調査 デジタル 宣伝 戦略 マーケター

2015年1月13日アイレップフィードバック数:0マーケティング

検索エンジン順位変動と動向(2014年12月)

こちらのコンテンツはアイレップ運営のWebメディア「DIGIFUL(https://digiful.irep.co.jp/)」に移転しました。 今後はDIGIFULでコンテンツの更新を行います。検索エンジン順位変動と動向(2014年12月) 2015年1月13日株式会社アイレップ2014年12月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均業界別変動状況 各業界別順位変動状況については下記を参照 2014

2014年10月23日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年5月度)

印刷業定点調査 各地の声(2014年5月度)2014年5月の売上高は△2.6%と増税後2カ月連続のマイナス。4月の△6.8%に比べてマイナス幅は縮小した。地域別には、名古屋圏をけん引役として中日本が早くも回復した。大阪圏も名古屋圏ほどの力強さではないが、回復傾向が見られる。 東日本は依然として落ち込み幅が大きい。首都圏は全国平均を下回るだけでなく、首都圏以北は10%以上の大幅な落ち込みである。業種・業態別には、商業印刷の落ち込み幅が一番大きく、増税後の需要回復が最も遅れ、首都圏の落ち込みに影響し

2014年9月11日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革

新型コロナウイルス(COVID-19):今すぐやるべきこと、次にやるべきこと​エラスティック・デジタル・ワークプレイスによる不確実な時代のビジネス生産性 ―柔軟なデジタル・ワークプレイスがどのように役立つかをご覧ください。 知見/レポート ―データ・アクション・成果― 「人間×テクノロジー」がビジネスに革命を起こす―AI活用の最先端を、第一線の識者、先進事例の取材から徹底解剖。 事業転換すべき領域を、どのように企業が選択していくべきかについてご説明します。 ポストデジタル時

2014年7月10日アイレップフィードバック数:0マーケティング

検索エンジン順位変動と動向(2014年6月)

2014年7月10日株式会社アイレップ2014年6月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。 順位変動観測指標の説明についてはこちら※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均2014年6月 検索エンジン動向■米Google 、サイト移転方法の手順をまとめたヘルプを公開 米Google は2014年6月6日(現地時間)、サイト移転に関する手順や推奨事項、注意点をまとめたヘルプを公開しました。「URLの変更を伴わないサイト移転」「URLの変更を伴うサイト移転」の2パターンに分けて解説さ

2014年5月22日エヌプラスフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年 ビジネスパーソンの働き方に対する意識調査

【2014年 ビジネスパーソンの働き方に対する意識調査】 起業に関心をもつビジネスパーソンが考える起業力・信用力とマネースタイルに関する調査 デジタルマーケティングの株式会社エヌプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 祐介)は、全国の20代~50代の男性ビジネスパーソンを対象に、「起業に関心のあるビジネスパーソンが考える起業力・信用力とマネースタイルに関する調査」をインターネットリサーチにて実施しました。【株式会社エヌプラスについて】企業の価値や顧客との関係を創出する、デジタルマーケテ

2014年1月23日スパイスボックス★★フィードバック数:0マーケティング

DMPにフォーカスしています。

マーケティングにおけるデータ活用の実態調査

人が人に想いや考えを伝えるストーリーテリングは、かつてない影響力を持つようになりました。 ソーシャルコミュニケーションの時代に、 何を、どう語るべきか。 先史から続く人間のコミュニケーションの本質を追求し、企業が伝えたいストーリーを、世の中に届けるために。 スパイスボックスは、独自の「ソーシャルリスニング」によって、ソーシャルメディア上のトレンドを抽出。 より多くの人に “語られる”コンテンツと情報流通経路を設計し、 企業と生活者との間につながりを生み出すコミュニケーションを構築します。ポテンシ

2013年12月22日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模(2013年度版)

スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模(2013年度版) 2013年12月20日■スマートフォン・タブレットのアクセサリ/周辺機器市場規模は2,026億円(12年度比31.0%増) ■外部デジタル機器・他を含む広義のアクセサリ/周辺機器市場規模は2,561億円(30.9%増) ■スマートフォン・タブレット共に「ジャケット・ケース」「画面保護シート」の利用率が高い ■2017年度には狭義の市場規模:2,544億円、広義の市場規模:3,929億円に拡大と予測  MM総研(東京都・

2013年8月26日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

2013年上半期 Tokyo SOC 情報分析レポート

信頼できるビジネスとテクノロジーのパートナーとしてデジタル変革をご支援します クラウド・ジャーニーを加速し、デジタル・エンタープライズへの進化をご支援します IBMはビジネスとテクノロジーの最適なパートナーです。最先端のテクノロジーとIBMの先進的な開発研究所を統合することで、お客様のビジネスをデジタル・エンタープライズへと変革します。IBMは、お客様がビジネスの世界で差別化を図るための持続的な価値をご提供します。コストとリスクの削減、コンプライアンスの達成、市場投入スピードの加速、新たな

2013年7月10日D2C★★フィードバック数:8マーケティング

スマートフォンを中心としたモバイル広告についての調査です。

2013年企業のモバイル広告利用動向調査

 プレスリリース 2013.07.10 2013年企業のモバイル広告利用動向調査 日経BP社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長田 公平)の「日経デジタルマーケティング」、株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志)は、日本国内で1億3200万台(2013年5月TCA調べ)普及している携帯電話について、企業のモバイル広告の利用動向調査を共同で実施した。日本国内の上場企業および有力未上場企業の計4,229社を対象に、2013年5月にアンケートを実施し、542社から回答を

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は?

子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? | ニッセイ基礎研究所 子どもでもスマホが拡大、デジタル・ネイティブを持つ親の心得は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 携帯電話の売上げはボーナス時期と3月に伸びる1。3月の伸びは子どもの進学・進級にあわせて親が買い与えるケースが多く、この時期、携帯電話会社は学割

2013年3月14日ニールセン★フィードバック数:0ライフスタイル

生鮮食品の購買について、インドネシア、ベトナム、日本、アメリカを比較しています。

生鮮食品に関するグローバル調査

|INSIGHT|「サービス内容の認知」「ブランドイメージ形成」は有料動画サービス成功の鍵ニールセン発表 消費者の動画コンテンツと動画広告に関する最新視聴動向レポートが明らかに 詳しくはこちら |PRESS RELEASE|ニールセンスポーツがスポンサーの満足度を評価する新サービスを開始 ベンチマーク比較による客観的な評価モデルを開発 詳しくはこちら |PRESS RELEASE|デジタル広告視聴率の計測対象にLINEを追加 日本の主要メディアを網羅したデジタル広告のリーチ計測が実現詳しくは

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ