調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタルコンテンツ

「デジタルコンテンツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊 一般財団法人デジタルコンテンツ協会(会長:河口 洋一郎 東京大学名誉教授)は 『デジタルコンテンツ白書2019』(監修:経済産業省 商務情報政策局)を9月1日に発刊いたしました。当協会では2001年より毎年、国内のコンテンツ産業の市場規模の調査を行っております。本白書ではその市場規模の詳細データを掲載すると共に、マンガ/アニメーション/映画/音楽/ゲーム/オンラインゲーム/ライブエンターテインメントなどのコンテンツ分野別動向や、ソーシャルメディア/

2019年8月30日矢野経済研究所★★フィードバック数:0エンタテインメント

デジタルコンテンツ市場に関する調査を実施(2019年)

デジタルコンテンツにおけるQRコード決済の活発化 ~顧客データの利活用による高度なマーケティング施策の展開も~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、デジタルコンテンツ(電子書籍、音楽配信、動画配信、SNS、EC、インターネット広告、情報配信サービス)市場を調査し、市場概況、主要企業動向を明らかにした。ここでは主に電子書籍の流通構造を取り上げる。1.調査結果概要電子書籍の流通構造は図のようになっている。電子書籍ストアで電子書籍を販売した際には、販売金額(売上上代)の約40~約5

ECサイトにおける決済手段の利用実態調査

当社では決済代行会社として、ネットビジネスに導入可能なクレジットカード決済やコンビニ決済などの20種類以上の決済サービスにはじまり、実店舗向けにもクレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応している「店舗向け決済サービス」をご提供しております。 目的や方法から探すサービス、業態・ニーズ、セキュリティ、ショッピングカート、課金方式・接続方式など、事業者さまのさまざまな目的に合わせて、最適なサービスを検索・ご確認いただけます。 当社は、物販、デジタルコンテンツ販売、会員制サイトなど、

2019年3月13日アドビ システムズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発

アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表 商品購入にあたり、オンラインショッピングサイトが、実店舗やブランド企業のwebサイトのより多く利用されていることが明らかにアドビは、消費者のコンテンツに関する意識調査「2019 Adobe Consumer Content Survey」の結果をもとに、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表しました。この調査は、米国、オーストラリア、インド、日本の4カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、P

2018年12月4日MMDLabo★★フィードバック数:0マーケティング

2018年11月中高生のデジタルコンテンツの利用と消費調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 無料のデジタルコンテンツが有料化した場合、83.2%が「他の無料のコンテンツを探す」フリマアプリやネットオークションを使ってお金を稼いだ経験があるのは17.8%、 そのうち、11.1%が「1か月に10,000円以上稼いだことがある」と回答 無料のデジタルコンテンツが有料化した場合、83.2%が「他の無料のコンテンツを探す」フリマアプリやネ

デジタルコンテンツのダウンロードに関する調査 2017年

お問い合わせ資料一覧Login サービスに関するお問い合わせ050-3628-1545ライムライトが選ばれる理由サービス紹介問題解決業種別事例ニュース/イベント すべての資料ライムライトの最新技術情報・ホワイトペーパー・データシートなどはこちら 導入事例を見るソフトウェア/デバイスメーカー向けソリューション

デジタルコンテンツの課金技術、特許総合力トップ3はソニー、パナソニック、QUALCOMM

デジタルコンテンツの課金技術、特許総合力トップ3はソニー、パナソニック、QUALCOMM 弊社はこのほど、2015年12月末までに日本の特許庁に出願された「デジタルコンテンツの課金技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年、映画や音楽、ゲームなどさまざまなデジタルコンテンツの配信が活発化しています。本ランキングでは、これらデジタルコンテンツ全般の課金技術について調査することを目的とし、関連特許5,787

2016年2月4日ジェムスタンダード★フィードバック数:0マーケティング

2015年の動画配信(VOD)市場をSVOD/TVOD/EST別の推計結果

2015年の動画配信(VOD)市場規模は前年比27.9%増、 2020年には2015年の1.6倍の2,531億円になると予想2016/02/022015年の動画配信(VOD)市場をSVOD/TVOD/EST別の推計結果を発表。3つのシナリオで2020年までの動画配信の市場規模を予測した「動画配信(VOD)市場5年間予測(2016-2020年)レポート」を2016年1月31日に発行しました。消費者調査結果を元に推計した2015年の動画配信の市場規模は、前年比27.9%増になると見込まれます。一般社

デジタルえほん(子ども向け デジタルコンテンツ)に関するアンケート

国際デジタルえほんフェアのニュースをお届けします! 「デジタルえほん(子ども向け デジタルコンテンツ)に関するアンケート」調査結果について国際デジタルえほんフェア事務局は、2015 年 8 月 29 日・30 日に開催した「国際デジタルえほんフェア 2015」において、来場者(主に保護者)を対象にアンケートを実施いたしました。調査結果は下記URLをご確認ください。

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 自己啓発(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ自己啓発・自己学習を「現在行っている」は2割弱、今後行いたい人は4割弱。2010年調査に比べ、行っている人、行いたい人のどちらも減少。頻度は「ほとんど毎日」「週2〜3日」「週1日程度」。1ヶ月あたりの費用平均は「〜3,000円」「〜5,000円」「〜10,000円」 自己啓発・自己学習活動実施者のうち「語学」を学習している人が最も多く、「パソコン・IT・デジタルコンテンツ」「音楽・アート」「スポーツ」などが続く 自己啓発・自己学習活動の目的

財団法人デジタルコンテンツ協会によるゲームを含むコンテンツの市場調査です。

国内デジタルコンテンツ市場調査

国内デジタルコンテンツ市場調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ