調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタルテクノロジー

「デジタルテクノロジー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

世界の調達責任者を対象にした調達領域の課題と現状認識に関する調査結果

「Global CPO Survey 2019」日本版発行世界の調達責任者を対象にした調達領域の課題と現状認識に関する調査結果 調達においては景気低迷や貿易戦争など外部環境に起因するリスクが増加する一方、内部環境に起因するリスクも上位に。対策として調達における一層のデジタル変革が求められる 2020年3月30日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、世界38か国の企業における調達責任者(CPO:Chief Procurement Officer)を対象に、調達領

2020年2月19日Accenture★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表 アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表2020/02/18“ひと”の期待に沿ってテクノロジーを活用し、信頼関係を最優先とすることがビジネスの成功に不可欠【ニューヨーク発:2020年2月12日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 202

2019年8月28日avanade★★フィードバック数:0社会/政治

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査2019年5月28日 - シアトル発マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタル・イノベーターであるアバナードは、最新Trendlines(トレンド予測)レポートの中で、倫理的責任をおろそかにする企業は顧客や従業員の信頼を失い、結

2018年10月31日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 「Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査」日本語版を刊行 「Ha

2018年4月3日フロスト&サリバンフィードバック数:0企業情報システム

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表

フロスト&サリバン:2018年ヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表 2018年以降、デジタルテクノロジーのヘルスケア分野での活用がさらに進化フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年1月19日フロスト&サリバンは、2018年のヘルスケア業界の8大トレンド予測を発表しました。2018年はデジタルヘルスの普及が進み、AI(人工知能)、テレヘルス、IoMT(Internet of Medical Things:ヘルスケア分野のIoT)、ビッグデータ・アナリティクス、ロボティクスと

2017年2月14日Comexposium Japanフィードバック数:0マーケティング

2017年のマーケティングトレンド予測

2017年のマーケティングトレンド予測1. AI活用のさらなる広がり昨年は、AIボットによる顧客との対話サービススタートなど、様々な業界において「AIの導入」がニュースとして取り上げられた。今年は、そうした先進的にAI導入に取り組んできた企業の効果・成果に関する情報が出てくることになる。そこには、新たな取り組みについていかに承認を得ていったのかという「社内承認プロセス」に関するものも含まれる。それを受けて他の企業が導入に動くことになる。またAIに何を学ばせるのか、何を導き出すためにAIを活用する

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Digital Disconnect in Customer Engagement

Skip to main content Skip to Footer2016年4月27日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――人間による顧客対応へのニーズが高まる中、米国企業は顧客を失う恐れがあることが判明 デジタルテクノロジーへの適切な投資によって、人間味の無い対応による顧客離れの回避が可能 【ニューヨーク発:2016年3月23日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、米国の消費者の83%は顧客窓口での対応を受ける際、デジタルではなく人間による人間味のある対応を求めてい

2016年5月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠

Skip to main content Skip to Footer2016年4月21日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――消費財メーカーがアジア市場における3,400億ドルの成長機会を捉えるには、デジタル能力強化が不可欠 消費財メーカーがどのように成長機会を捉え、消費者との関係を維持すればよいかが明らかに【シンガポール発:2016年2月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、消費財メーカーはデジタル・コマースを全面的に活用しなければ、アジア・パシフィック地域にお

ADKによるデジタルメディアの利用に関する調査結果です。

ADK「デジタルメディアと生活者2010」調査レポート

いま、ADKがお届けしたいホットなトピックです。 ADKマーケティング・ソリューションズクライアントのあらゆる課題に向き合い、マーケティング領域における総合的なソリューションを提供します。 ADKクリエイティブ・ワンコミュニケーション戦略の企画・制作・実施までをワンストップで実現する高品質&最適なソリューションを提供します。 ADKエモーションズ先駆者としてのDNAを継承し、デジタルテクノロジーを活用して日本アニメの新たな潮流を創出します。 ADKの運営する、社会の既成概念をじわじわ融

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ