調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタル化

「デジタル化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年1月7日ハンモックフィードバック数:0ビジネス

製造業『営業部門のデジタル化ツール導入』~実態調査レポートを公開~

製造業『営業部門のデジタル化ツール導入』~実態調査レポートを公開~ 2021年度に導入した営業・マーケティング支援ツール第1位は「SFA(営業支援ツール)」 法人向けソフトウェアを提供する株式会社ハンモック(本社:東京都新宿区、代表取締役:若山 大典、以下 ハンモック)は、営業活動に課題を感じている従業員数100名以上の製造業の経営者304名を対象に、「営業・マーケティング支援ツールの導入」について実態調査を実施いたしました。 ▼本内容は調査結果を一部抜粋しております。調査全文はこちらから無料ダ

2021年4月16日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

コロナ対策やテレワーク推進の影響で、約9割が2020年度に会社全体のデジタル化が進んだと回答

9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「総務の2020年度の振り返りと2021年度の展望に関する調査」を実施し、139名から回答を得ました。 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約9割の総務が2020年度は仕事の内容が変化した 2020年度を振り返り、コ

2021年3月15日コンカーフィードバック数:0ビジネス

大学の業務のデジタル化に関する調査

【大学の業務のデジタル化に関する調査】大学の事務作業のDX「進んでいない」が約半数 コロナ禍でオンライン講義が浸透するも、事務作業は「従来の慣習」を理由に紙業務が多く残る 出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗)は大学に勤める教員・職員412名を対象に、大学の業務のデジタル化に関する調査を実施しました。 大学の講義はオンライン化が定着するも、事務作業はアナログのまま大学に勤める教員・職員を対象に「あなたの主な業務について、デジタル化

2021年2月19日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【デジタル教科書】小中学校への本格導入に「賛成」は38.3%

/ / 【デジタル教科書】小中学校への本格導入に「賛成」は38.3%【デジタル教科書】小中学校への本格導入に「賛成」は38.3%「デジタル教科書」の本格導入について、あなたはどう思いますか?文部科学省は、「デジタル教科書」の本格導入に関する中間まとめの骨子案を有識者会議に示しました。小学校教科書が次に改訂される2024年度を、デジタル教科書本格導入に向けた最初の契機と捉えるべきだとし、骨子案には「紙とデジタルの併用とする」など5案が盛り込まれています。全国の皆さんは、小中学校への「デジタル教科

2021年1月12日日本財団★フィードバック数:0大型消費/投資

日本のデジタル化「遅れている」38.1% デジタル庁創設「期待する」39.1%/18歳意識調査「デジタル化」

日本のデジタル化「遅れている」38.1% デジタル庁創設「期待する」39.1%/18歳意識調査「デジタル化」 コロナ禍によりデジタル化が一層加速する中、日本財団(会長 笹川陽平)は「デジタル化」をテーマに32回目の18歳意識調査を11月中旬に実施しました。その結果、日本のデジタル化に対する評価は「遅れている」38.1%「遅れていない」31.2%と意見が割れています。 ▼調査結果ポイント・日本のデジタル化 「遅れている」38.1%「遅れていない」31.2%・デジタル化を進めてほしいもの「オンライ

2020年Chief Digital Officer(CDO)調査:COVID-19の影響によるデジタル化の加速

2020年Chief Digital Officer(CDO)調査:COVID-19の影響によるデジタル化の加速 Strategy&が日本国内において実施した2020年CDO調査は、企業のデジタル化に関する取り組み内容や組織についての調査で*、2016年、2018年に続き第3回となります。レポートでは、本調査の結果をご紹介しながら、本格的なデジタル化の推進のために経営陣とCDOが取り組むべき課題と対応について、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も含めて考察を行っています。

2020年12月16日マーケライズフィードバック数:0マーケティング

製造業界の営業・販促におけるデジタル化に関する調査

製造業界の営業・販促もデジタル化へ オンライン展示会への出展企業は約40% オンライン商談やメールマガジン活用は約70%が実施 製造業BtoB企業向けに独自開発した唯一のマーケティングオートメーションツール「MRC」を展開する株式会社マーケライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 晴元)は、製造業界の営業・販促におけるデジタル化に関する調査を2020年11月に実施いたしました。 ■オンライン展示会への出展状況:39.6%が「出展したことがある」、60.4%は未出展と回答新型コロナウイル

2020年7月31日CyberZ★フィードバック数:0エンタテインメント

国内デジタルライブエンターテインメント市場に関する市場動向調査

デジタルライブエンターテインメント市場規模は急拡大。2023年に700億円超、2024年には約1000億円へ株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内 隆裕)、株式会社OEN(読み:オーイーエヌ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤井琢倫)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内デジタルライブエン

2020年7月29日シスコシステムズ★★フィードバック数:0社会/政治

シスコ、中小企業のデジタル化により、アジア太平洋地域は2024年までに景気回復と予測

Skip to contentコーポレートシスコ、中小企業のデジタル化により、アジア太平洋地域は2024年までに景気回復と予測 ~日本のGDPは、44兆6,260億円から、最大52兆2,580億円拡大~<ニュースサマリー>アジア太平洋地域の中小企業の94%が、新型コロナウイルス感染症の流行下において、ビジネスを継続するために、テクノロジーの活用を強化7割近くの中小企業が、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、ビジネスのデジタル化を推進デジタル成熟度の高い中小企業は収益性が高く、生産性の向上によ

2020年4月24日エイトレッドフィードバック数:0ビジネス

緊急事態宣言下でも稟議申請・決裁は31.4%が「紙」で実施

> 緊急事態宣言下でも稟議申請・決裁は31.4%が「紙」で実施 ~テレワークによる上司不在で、承認までに何日もかかるケースも~緊急事態宣言下でも稟議申請・決裁は31.4%が「紙」で実施 ~テレワークによる上司不在で、承認までに何日もかかるケースも~ 〜テレワークによる上司不在で、承認までに何日もかかるケースも!ワークフロー総研「テレワーク時の稟議の実態」に関するアンケート調査を実施〜 テレワーク導入企業における稟議申請・決裁の実態把握を目的に、弊社が運営する「ワークフロー総研」を通じて東京にある

2020年3月5日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表2020年2月27日デル株式会社EMCジャパン株式会社デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表中堅企業のDX化に向けて、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)との共同講座および9つの領域でのパートナー23社との協業ソリューション「共有」「学習」「育成」「実践」「支援」施策を実施2020年2月27日、東京

2018年Chief Digital Officer調査

PwC Strategy& 日本における「2018年Chief Digital Officer調査」の結果を発表 PwCの戦略コンサルティングサービスを担うStrategy&は4月17日、「日本企業のデジタル化の成功に向けて:2018年Chief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー:最高デジタル責任者、以下CDO)調査」を発行しました。日本国内のCDOに関し、企業に属する3,781名に対しスクリーニング調査を実施し、そのうち「自社はデジタル化を推進している」と回

2018年1月13日JETROフィードバック数:0企業情報システム

欧州企業のIoT活用事例調査(2017年12月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州では、ドイツのインダストリー4.0に代表される産業デジタル化イニシアチブがEU

2017年8月17日NEC LAVIE★フィードバック数:0ライフスタイル

思い出写真の管理方法と閲覧頻度の関連について

調査リリース:思い出写真の管理方法と閲覧頻度の関連について 2017年8月8日NECパーソナルコンピュータ株式会社 写真を実家に放置している問題発覚!思い出に触れる際に欲するもの1位は断トツ「写真」。しかし、「実家など離れた場所にある」という理由で約40%の人が紙で保管している写真を見返すことなく放置している!今年のお盆帰省で問題を解決する方法とは? NECパーソナルコンピュータ(本社・東京都千代田区、代表取締役 執行役員社長 留目真伸)は、この度、記録媒体に関する調査アンケートを全国の20

日本企業のデジタル化とCDO

2016年、グローバルでCDO(Chief Digital Officer)を設置している企業は19% PwCネットワークのStrategy&は、グローバルおよび日本のChief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー、以下CDO)に関する調査を行い、『日本企業のデジタル化とCDO』と題するレポートを発行いたしました。CDOはデジタル化に対応するための全社的な変革を担当し、そのミッションは企業の現状を揺り動かし、変革を実現するものです。グローバルおよび日本の調査から

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析・考察しています。課題今後5年間の主な課題として、日本とグローバルともに、「優位性を維持するためにイノベーション

2017年5月4日FULLERフィードバック数:0エンタテインメント

デジタル化に成功したマンガ業界。マンガアプリ利用が2年で約1.5倍!専用端末を必要とせず気軽に楽しめる漫画アプリが成功のカギか。かつての「集める」から「消費へ」。ニーズの変化にも対応

デジタル化に成功したマンガ業界。マンガアプリ利用が2年で約1.5倍!専用端末を必要とせず気軽に楽しめる漫画アプリが成功のカギか。かつての「集める」から「消費へ」。ニーズの変化にも対応。 フラー株式会社では、スマートフォンで使用されているアプリの実際の起動回数・時間を調査・分析するサービス「App Ape(アップエイプ)」を提供しています。近年低迷する印刷業界にもれずコミック誌も印刷部数を落としていますが、マンガジャンルではアプリが2014年からの2年間で1.5倍になっていることがわかりました。

2017年2月8日ランスタッド★★フィードバック数:0ビジネス

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 職場におけるデジタル化の重要性に対する意識

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査 職場におけるデジタル化の重要性に対する意識「職場におけるデジタル化の重要性」に対する意識、日本人は世界最下位の結果!総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO: ジャック・ファン・デン・ブルック)は、四半期毎に世界33の国と地域の18~65歳を対象に、労働者意識調査「ランスタッド・ワークモニター」を実施しています。2016年第4四半期に実施した「職場におけるデジタル化」に関する意識調査では、日本人が

2017年1月26日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査結果

デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査-デジタルマーケティングで成果を挙げている企業は37.0%に留まり、今後に期待-インターネットやスマートフォンの普及により、ビジネスのデジタル化が進み、産業構造を激変させる「デジタル・ディスラプション(デジタル化による破壊的変革)」が起き始めた。クラウドの利用が広がっているICT業界や、デジタルコンテンツが普及し始めたメディア業界では、すでにビジネス変革が始まっている。今後5年間で、あらゆる産業のトップ10企業の4割がランク外に追いやられるとの

インダストリー4.0: デジタルエンタープライズの構築

PwC、企業のインダストリー4.0に向けた投資額は 年間9,000億米ドル超、2020年まで続くと発表 2016年4月21日PwC Japanグループ*本プレスリリースは、2016年4 月13日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。PwCのグローバル調査によると、製造業各社はインダストリー4.0への対応により、コスト削減、効率性向上、利益拡大など大きなメリットを得られると期待しています。半数以上の企業が2年以内に投資額を

2016年3月9日アバナードフィードバック数:0ビジネス

Global Study on Smart Technologies and Digital Ethics in the Workplace

グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエ... グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエクスペリエンス、従業員満足度の向上に大きく貢献ビジネスのデジタル化に伴い、新たな役割や役職の設置、研修の機会が発生する。経営幹部は「スマートテクノロジー」のさらなる活用に伴い、新たな倫理課題への取り組みが必要となると予測。 アバナード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下アバナード)は3月3日(木)に、機械学習や人工知能、IoTを含むスマートテクノ

2016年2月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル時代の創造的破壊:成長の拡大(Digital Disruption: the Growth Multiplier)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル分野のスキルとテクノロジーを最大限活用することで、2020年までに世界で2兆ドルの経済効果がもたらされることが判明 アクセンチュア最新調査――デジタル分野のスキルとテクノロジー

2015年12月21日オレンジページフィードバック数:0大型消費/投資

年賀のデジタル化はゆっくり。毎年「ハガキ」89.8%、「メール」27% デジタルVSアナログ、もらってうれしいのは「年賀ハガキ」69.8% 「年賀ハガキは残したい」59.1%、虚礼は減り「心のやりとり」は残る!? オレンジページ

年賀のデジタル化はゆっくり。毎年「ハガキ」89.8%、「メー... 年賀のデジタル化はゆっくり。毎年「ハガキ」89.8%、「メール」27% デジタルVSアナログ、もらってうれしいのは「年賀ハガキ」69.8% 「年賀ハガキは残したい」59.1%、虚礼は減り「心のやりとり」は残る!? 年の瀬も次第に押し迫ってきて、年賀状が話題に出ることも多いこの時期に「オレンジページくらし予報」が調査したのが、その年賀状の現状。最近は、企業で虚礼廃止の傾向があることや、SNSやメールでのあいさつも増え、年賀状

2015年11月13日アバナード★フィードバック数:0企業情報システム

ビジネスのデジタル化に関する先進諸国の意識調査

グローバル調査:先進諸国の大手企業においても、本格的なビジネ... グローバル調査:先進諸国の大手企業においても、本格的なビジネスのデジタル化には平均してさらに4年の歳月が必要ビジネスのデジタル化の重要性は浸透しつつあるもののコストが障壁となりテクノロジーの導入に足踏み ビジネス・テクノロジー・ソリューションおよびマネージドサービスプロバイダであるアバナード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安間 裕、以下アバナード)は米国時間7月20日(月)にビジネスのデジタル化に関する先進諸国

2015年3月24日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア・デジタルデンシティ・インデックス

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が進むことにより、世界上位10カ国のGDP総額は2020年に1.36兆ドル増加することが判明 アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が進むことにより、世界上位1

PwCのレポートです。

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道

Insurance 2020:デジタル化の加速‐デジタルフロントランナーになるための近道 PwCは2014年5月に先進国および新興国を含む生命保険市場の9,000人以上の消費者に対してデジタルにかかわる調査を行いました。さらに同時期に日本の2,000人以上の消費者に対して保険のネット販売に対する意識調査も実施しました。この2つの調査から明らかになった、デジタル技術にかかわるメガトレンドとメガトレンドに対応するためのリスクおよび市場の先頭を行くために必要となるオペレーション上の戦略的要素に

2014年4月10日大阪府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

デジタル化イノベーションによる産業の変化-印刷関連業での動向から積層造形関連分野の今後を見通す-

デジタル化イノベーションによる産業の変化-印刷関連業での動向から積層造形関連分野の今後を見通す-

2013年7月2日NHKフィードバック数:0ライフスタイル

多様化進む教室のメディア環境と教育コンテンツ

多様化進む教室のメディア環境と教育コンテンツ~2012年度NHK学校放送利用状況調査から~「NHK学校放送利用状況調査」は,NHK放送文化研究所が1950年から定期的に実施してきた調査(現在は隔年で実施)である。全国の学校現場におけるメディア環境の現状を把握するとともに,放送・ウェブ・イベントなどNHKの教育サービス利用の全体像を調べ,今後の教育サービスを検討する際の基本資料としている。本稿では,完全地デジ化後初の調査として,2012年度に全国の小学校・中学校・高等学校を対象に実施した調査の結果

2011年7月7日価格.com★フィードバック数:9デジタル家電

価格コムが地デジについての調査結果を発表しました。

地デジ化、94.9%が対応済!うち約4割は一部未対応も 受信機別の状況、「テレビ」で92.1%対応済も、「録画機器」では55.8% DVD・ブルーレイレコーダーは今後も買い替え需要あり

デジタル放送への対応状況を聞いた。調査時点での対応割合は全体の94.9%。テレビ放送受信機※(以下、「受信機」に省略)自体を持っていないという1.0%を除くと、まだデジタル放送への対応を行っていない世帯は4.1%ということになる。なお、すでに対応しているという世帯でも、すべての受信機のデジタル化が終わっているとしたのは55.7%で、残る39.2%は未対応の受信機もまだ残っているという結果になった。※テレビ放送受信機…テレビ放送を受信するためのチューナーを搭載した機器。ここでは、一般のテレビのほか

デジタル新聞・デジタル雑誌の市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングデジタル新聞・デジタル雑誌の市場規模予測がまとまりました。 ◆ デジタル新聞*1 の市場規模は2010年12億円、2016年には350億円に◆ デジタル雑誌*2 の市場規模は2010年6億円、2016年には265億円に◆ 成長要因はスマートフォン、タブレット端末の普及、広告ビジネスの本格化*1 新聞をデジタル化して紙面レイアウトをインターネット配信によって表示するサービスのこと。*2 雑誌をデジタル化して誌面レイアウトをインターネット配信によって表

2010年11月16日キングジムフィードバック数:2ビジネス

名刺に関する意識調査

「名刺に関する意識調査」レポート 株式会社キングジム(東京都千代田区)は、2010年8月6日に発売した、デジタル名刺ホルダー「ピットレック」の売れ行きが好調なことを背景に、 20~49歳の営業職の男性500名に「名刺」に関する意識調査を実施いたしました。◆調査期間:2010年10月10日~13日 ◆調査対象:20~49歳 男性 500名(営業職)◆調査方法:インターネット今までに貰った名刺数 平均1,173枚! 40代では平均2,074枚にも! まず、「1ヶ月でもらう名刺の枚数」を聞いたところ

2015年のデジタル新聞市場は130億円、デジタル雑誌市場は105億円と予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2015年のデジタル新聞市場は130億円、デジタル雑誌市場は105億円と予測 電子閲覧端末登場で注目の市場を調査・ 新聞・雑誌デジタル化の動向と今後の予測・ デジタル新聞、デジタル雑誌の市場規模の推移と今後の予測・ 新聞・雑誌市場と新聞・雑誌デジタル化市場の推移市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、電子閲覧端末の登場で注目を浴びるデジタル新聞、デジタル

2009年9月30日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

購入したことがある音楽配信サービスは?

日経クロステック トップPCそこが知りたいアンケート購入したことがある音楽配信サービスは? 購入したことがある音楽配信サービスは?ネットユーザー1000人に聞きました!ライター、gooリサーチと日経パソコンによる共同企画調査  前回のアンケートでは約1000人のネットユーザーに、音楽をどのように聴いているか聞いた。今回は音楽に対する好みを世代別に見てみよう。 音楽を聴くときに利用する機器は、年齢が若いほどパソコンの割合が高い。10代(69人)は88.4%、40代以上(404人)では59.4%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ