「デバイス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月19日オロ★フィードバック数:0マーケティング

音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー

2019年08月19日(月)音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー ※本記事は下記の記事を翻訳し、一部修正を加えたものです。 https://www.semrush.com/blog/voice-search-study/ 音声検索を単にSEOにおけるバズワードとして片づけてしまうのはあまりにも過小評価な気がしますが、いかがでしょう。ほとんどのデジタルマーケターが動向を注視していますが、業界全体としてはまだこの生まれたばかりのテクノロジーに対して試行錯誤

2018年10月26日MMDLaboフィードバック数:0エンタテインメント

音楽とゲーム機に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、 中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」 音楽聴取時に利用しているデバイス、各年代で異なる結果に 小学生は「ゲーム機」、 中学生~30代は「スマートフォン」、40代~50代は「パソコン」 MMD研究所は、株式会社レコチョクと共同で、20

2018年9月20日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:グローバル意識調査-1>インターネットへの依存度とオフラインが原因のトラブルを分析

<Kaspersky Labレポート:グローバル意識調査-1>インターネットへの依存度とオフラインが原因のトラブルを分析 ~4人に1人は、スマホなどのインターネット接続機器なしで外出するよりも、公共の場で服を着ない方がましと回答~ [本リリースは、2018年8月23日と9月4日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labは、日本を含む世界15か国11,250人を対象にインターネット調査※を実施し、インターネットへの依存度とオフライン状態

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト利用者の4割超が「InstagramやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」調査結果サマリー「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が、SNS上に「商品購入ボタン」があったら使いたい 2017年9月度調査において、SNSを週1回以上利用する人に、それぞれのSNS上に商品購入ボタンが設置され

2018年1月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

米国で18歳以上のゲーマーに調査

HOME ネットの安全 米国で18歳以上のゲーマーに調査 ゲームのサイバーセキュリティも強化を米国で18歳以上のゲーマーに調査 ゲームのサイバーセキュリティも強化を 年々人気が上昇するオンラインゲーム。多くの人にとってゲームはストレスの多い日常や新たな試練から自分を解き放つためのものですが、インターネットに接続されている他の経路同様、オンラインゲームでもユーザーは様々なサイバーセキュリティのリスクにさらされる可能性があります。そこで、サイバーセキュリティとゲームの関連を調べるために、アメリカに住

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超える 動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超えるスマホで動画コンテンツを視聴する人の3割が、「ポケットWi-Fiを所有」調査結果サマリー動画コンテンツを視聴するデバイスとして、「スマートフォン」が「テレビ」の利用を超える9月に最も長時間、テレビを含む動画コンテンツを視聴したデバイスとして回答が多かったのは「スマートフォン」(29.8%)でした。次いで、「パソコン」

2017年2月18日アクセンチュア★フィードバック数:0モバイル

Dynamic Digital Consumers

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月9日アクセンチュア最新調査――スマートフォン、今年は消費者需要に回復の兆し 人工知能(AI)を活用したサービスの普及が進む半面、 価格とセキュリティへの懸念からスマートウォッチとフィットネストラッカーの需要は低迷【ニューヨーク発 2017年1月4日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、2016年に過去3年間で最低水準にまで落ち込んだスマートフォンに対する消費者需要が、セキュ

ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016

シトリックス、「ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016」の結果を発表大企業の従業員は柔軟な働き方を理想としており、5年後には働き方の柔軟性が向上、 IT環境はモバイルおよびクラウドなどをより利用すると予想 シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都千代田区、以下、シトリックス) は本日、「ワークスタイルとデジタルトランスフォーメーションに関する意識調査2016」の結果を発表します。この調査では、従業員数1,000名以上の国内企業に勤務

2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

ホームページ » Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加 Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加調査に対し500名を超えるITセキュリティプロフェッショナルが回答「セキュリティアップデートの随時適用は、どの組織においてもリスクを低減するための最も効果的な方法です。しかし、いまだに多くの企業の課題となっています。導入されるデバイスの多様化が進むにつれ、アップデートの入手や管理はさらに難しくなります。組織はインシ

2016年10月3日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

2016年5月11日MMDLaboフィードバック数:0エンタテインメント

VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > VRデバイスの認知度は45.4%、購入・申し込みに至ったのは3.7% VRデバイスの認知度は45.4%、購入・申し込みに至ったのは3.7% MMD研究所は15歳以上59歳以下の男女2,204人を対象に「VR(バーチャルリアリティー)に関する意識調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ VRデバイスの認知度は45.4%

2016年3月29日イードフィードバック数:0デジタル家電

「PSVR」価格に関する読者アンケート

ソニー・コンピュータエンタテインメントは3月16日に、PS4向けVRデバイス「PlayStation VR」(以下、PS VR)の価格や発売時期、搭載される機能やスペックといった詳細を発表しました。2016年は“VR元年”とも言われており、この理由のひとつが「PS VR」の登場です。ゲームファンを中心に「PS VR」への関心が集まり、また期待を高める動向なども続いたため、詳細に関する発表を多くの方が待ち焦がれていました。また、ゲーム開発者をはじめとする業界人も、熱い視線を送っています。 幅広い層

2015年12月14日シマンテック★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Apple デバイスの人気上昇に合わせて脅威の出現数も上昇中

Apple デバイスの人気上昇に合わせて脅威の出現数も上昇中

2015年11月21日モバーシャルフィードバック数:0マーケティング

インバウンド(訪日観光客)の実態調査

“食”と“文化”が2大キーワード!?訪日経験のあるアメリカ人の“5つ”のネット動画閲覧実態が明らかに! 『モバーシャル調査』“食”と“文化”が2大キーワード!?訪日経験のあるアメリカ人の“5つ”のネット動画閲覧実態が明らかに! 『モバーシャル調査』 モバーシャル動画活用事例調査2015年11月2日から11月6日まで、20代〜50代の訪日経験のあるアメリカ在住の男女1,007名を対象に、訪日前および訪日中の日本の情報を収集する方法や、ネット上の動画閲覧動向について調査を実施しました。調査の結果、訪

2015年10月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

スマートフォンで家族や友人とコミュニケーションし、パソコンで情報収集や買い物商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流ただし若年層ではスマートフォンからの購入が主流SVODでの動画視聴はパソコンからが最多。セットトップボックスからの利用も多い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、販売を開始した消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015 (ニールセン・デジタル・コンシューマ

企業内のネット利用状況を調査

トップトピックス Web広告研究会、企業内のネット利用状況を調査 「多様な顧客ニーズへの対応が求められる」 Web広告研究会、企業内のネット利用状況を調査 「多様な顧客ニーズへの対応が求められる」掲載日:2015年9月16日(水)委員会・ワーキンググループ:コーポレートブランド委員会 公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会(東京都中央区銀座、代表幹事:本間充)では、このたび「第6回 企業内Web閲覧環境に関する調査」を実施、本調査の報告セミナーを開催いたします。この調査は、企業内

国内動画メディアの接触率調査

プレスリリース 10代におけるスマートフォン動画の接触率は80%でテレビと拮抗50歳未満の半数以上がPC動画を視聴~全国の15歳~69歳の男女30,000人を対象に、国内動画メディアの接触率調査を実施~ 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、全国の15歳~69歳の男女30,000人を対象に、国内動画メディアの接触率調査を実施しました。近年、スマートフォンの急速な普及を背景に、ユーザーのオンライン動画視聴の機会が増え、オン

2015年7月28日ニールセンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デバイス毎のインターネット利用状況

2015/07/28 [データ] ほぼ毎日インターネットを利用する人は5,610万人~ ニールセン、デバイス毎のインターネット利用状況を発表 ~- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフォンからほぼ毎日インターネットを利用する人は3,996万人でPCの2倍- 10代のスマートフォンからのネット利用者のうち約半数がスマートフォンのみでネットを利用- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフ

2015年6月29日エリクソン★★★フィードバック数:0モバイル

グローバルでのモバイルについてのレポートです。

エリクソン・モビリティレポート: 2020年までに世界人口の70%がスマートフォンを使用

{ Markettagged:True , MatchedLanguageCode:True }Press releaseエリクソン・モビリティレポート: 2020年までに世界人口の70%がスマートフォンを使用 2020年には先進のモバイルテクノロジーが世界中に広がり、70%の人々がスマートフォンを所有、モバイルブロードバンド網の人口カバレッジは90%にスマートフォン加入は2020年までに現在の2倍を超えて61億件に到達、新規加入のほぼ80%はアジア太平洋、中東、アフリカ地域で占める2020年ま

2015年6月17日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「MEMS・マイクロマシン・組込システム」市場

MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)は、半導体製造技術やレーザ加工技術など各種の微細加工技術を応用し、微小な機械要素やセンサ、アクチュエータ、電子回路を、概ね1㎝角以下のシリコンやガラス、有機材料などでできた一つの基板上に集積化したデバイスを指す。加速度センサやジャイロセンサなどの各種センサ類、インクジェット・プリンタヘッド、自動車のエアバッグ、プロジェクタなどの調光マイクロミラーデバイスなどに用いられている。1台のスマートフォン

2015年5月17日Yahoo!フィードバック数:0マーケティング

スマートフォン向け広告によるコンバージョンの盲点とは?

Yahoo! JAPANの最新マーケティング情報 スマートフォン向け広告によるコンバージョンの盲点とは? 2015年05月13日 スマートフォンの所持率は半数を超え(※注1)、いまや幅広い層に浸透しています。通勤や通学における待ち時間、その他の移動時間で閲覧される以外にも、自宅でテレビを視聴する際や就寝前などにもスマートフォンは頻繁に利用されているようです。スマートフォンは、一日を通してさまざまなシーンにおいて利用されることから、幅広いTPOにおいてカスタマータッチポイントを生み出すことが可能

2015年5月12日Good Technologyフィードバック数:0モバイル海外

2015 Q1 Mobility Index Report

IoT(モノのインターネット)は、現代の最も重要な新しい開発の 1 つとなっています。 企業に接続されている IoT デバイスは、IT によって保護、管理、有効化される必要があります。集合的には、これらのエンドポイントは「モノの企業」(Enterprise of Things)であり、ビジネスの変革を新しいレベルに押し上げます。データ侵害やサイバーセキュリティの脅威は、「モノの企業」のすばらしい可能性を実現する上で障害となっています。BlackBerry Secure は、企業全体のエンドポイン

2015年5月6日Yahoo!フィードバック数:0マーケティング

あなたのターゲットは「いつ」「何で」検索していますか?

Yahoo! JAPANの最新マーケティング情報 あなたのターゲットは「いつ」「何で」検索していますか? 2015年04月30日 近年、PCだけでなくスマートフォン・タブレットなど、さまざまなデバイスの普及により、オフィスや自宅ではノートPCやタブレットを、移動中などはスマートフォンを利用するという形で、個人が複数のデバイスを使い分けるライフスタイルが浸透してきました。「マルチスクリーンデバイスのいま」(当ブログ 2015年2月9日)」 や「スマホのみ利用が1.6倍、スマホのみ検索キーワードが

2015年4月29日セガフィードバック数:0モバイル

アプリ利用実態調査

お知らせ15~49歳のスマホ保有者の6割がスマホゲームをプレイその利用個数は1人平均4個セガネットワークス ゲームスタイル研究所 「アプリ利用実態調査」発表 株式会社セガゲームス セガネットワークス カンパニー(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:里見治紀、カンパニーCOO:岩城農、以下 セガネットワークス)は、10代後半から 40代をスマートフォン利用の中心年齢層と捉え、同年齢層の男女1,400人を対象にスマートフォン利用動向を調査した「アプリ利用実態調査」を発表します。 本調査は、スマ

2015年4月3日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに

IBM提供の調査から、モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに TOKYO - 03 4 2015:2015年4月3日IBM提供の調査から、モバイル・アプリケーション開発者が セキュリティーに投資していないことが明らかに 最新のIBM Mobile Threat Managementテクノロジーがモバイル・マルウェア対策を支援[米国ニューヨーク州アーモンク - 2015年3月19日(現地時間)発]IBM(NYSE:IBM)セキュリティーとPonemon I

2015年4月2日オリコンフィードバック数:0エンタテインメント

アニメ視聴に関する意識・実態調査

日本が世界に誇るカルチャーとしてすっかり認知されたアニメーション。生活のルーティンの中にアニメ視聴を組み込んでいるユーザーを多いが、近年はスマホの普及でその視聴方法も多様化してきているようだ。さらに身近になったアニメカルチャーの“未来像”を考察していこう。スマホの普及で、これまでの視聴スタイルに変化の兆し今回、ORICON STYLEでは10〜40代の男女709名を対象にアニメについての意識調査を実施。現在、ユーザーがアニメを視聴するにあたって利用するのはどんな機器が多いのだろうか? 『アニメを

2015年3月8日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

インフォグラフィックです。

マルチスクリーン時代 デバイスのいま

【業界情報】インフォグラフィックと動画で見るマルチスクリーン時代 デバイスのいま更新日:2015.03.12 スマートフォン、タブレット、パソコンやテレビなど、さまざまなメディアに囲まれる「マルチスクリーン」時代。インターネットユーザーは、それぞれのデバイスとどのように接しているのでしょうか。マルチスクリーンの環境下におけるデバイスの利用動向や、使い分け・同時利用の実態を探る意識調査の結果をまとめたインフォグラフィックの画像と動画をご覧ください。まとめ回答者の41%が毎日2台以上の、種類の異なる

2015年2月9日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

動画レポートもあります。

マルチスクリーン時代 デバイスのいま

Yahoo! JAPANの最新マーケティング情報 マルチスクリーン時代 デバイスのいま 2015年02月09日 複数のデバイスからインターネットにアクセスすることは、インターネットユーザーにとっては当たり前のことになってきています。マルチスクリーンの環境下で、インターネットユーザーはどのようにデバイスと接しているのでしょうか。マルチスクリーン時代のデバイスの使われ方について分かりやすく、インフォグラフィックでご紹介します。 関連記事

トーマツの調査です。

デジタルメディア利用実態グローバル調査 2014

「デジタルメディア利用実態グローバル調査 2014」の結果を発表日本のスマートフォン普及率は 56%に伸張するが、タブレット・ラップトップも所有する割合は米国の半分 日本のスマートフォン普及率は 56%に伸張するが、タブレット・ラップトップも所有する割合は米国の半分。ニュースを知る手段の 27%がポータルからとなり、新聞の電子版を挙げたのは他国の半分以下の 4%。 2014 年 9 月 17 日 有限責任監査法人トーマツ(東京都港区 CEO兼包括代表 天野太道)とデロイト トーマツ コンサ

2014年12月11日オプト★★フィードバック数:0マーケティング

スマートデバイスの利用、メディアと広告についての調査です。

スマートデバイス時代の情報・広告意識調査

オプトとグルーバー、 「スマートデバイス時代の情報・広告意識調査」を実施①~ スマートデバイスによる情報行動と変化が求められる広告・メディア ~  株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)と株式会社グルーバー(本社:東京都千代田区、代表取締役 千島航太、以下グルーバー)は、スマートフォン/タブレットをふだん使用している20~69歳の男女1,000人を対象に、スマートデバイス時代の広告と情報に対する人々の意識・行動について

2014年11月12日Good Technologyフィードバック数:0モバイル海外

Good Technology Mobility Index Report Confirms Soaring Growth in Enterprise App Activations

IoT(モノのインターネット)は、現代の最も重要な新しい開発の 1 つとなっています。 企業に接続されている IoT デバイスは、IT によって保護、管理、有効化される必要があります。集合的には、これらのエンドポイントは「モノの企業」(Enterprise of Things)であり、ビジネスの変革を新しいレベルに押し上げます。データ侵害やサイバーセキュリティの脅威は、「モノの企業」のすばらしい可能性を実現する上で障害となっています。BlackBerry Secure は、企業全体のエンドポイン

2014年10月28日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

Home > ニュース > ニュースリリース > パソコンはオンラインショッピングで大きな役割を担う~ニールセン Digital Consumer Databaseを基に消費者のマルチスクリーン利用状況を分析~2014/10/28 [データ] パソコンはオンラインショッピングで大きな役割を担う~ニールセン Digital Consumer Databaseを基に消費者のマルチスクリーン利用状況を分析~- 商品を購入するために利用するデバイスはパソコン。スマホ、タブレットを大きく引き離す- スマホ

2014年8月26日楽天リサーチ★フィードバック数:0マーケティング

「M1/F1層」、「ミドル/シニア層」、「消費プレミア層」の比較です。

今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関する調査

今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関する調査 今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関する調査 2014年8月25日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、今後注目すべきキーセグメントにおけるライフスタイルに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2014年7月25日から7月29日の間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、関東(1都6県)および近畿(2府4県)に居住する20歳から69歳の男

2014年5月27日マイナビフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

300人に聞く、Google Glassにはプライバシー面で問題があると思う?

レポート 300人に聞く、Google Glassにはプライバシー面で問題があると思う? - マイナビニュース調査 新しいメガネ型デバイスとして注目されている「Google Glass」だが、一方でカメラ機能を備えたメガネ型デバイスには、盗撮などプライバシー面で懸念点がある。では、実際にGoogle Glassはプライバシー面で問題があると、考えている人はどのくらいいるのか。マイナビニュース会員300名に聞いた。Google Glassなどのメガネ型デバイスは、プライバシー面で問題があると思

BYODについてのアンケートです。

私用端末の業務利用(BYOD)動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報を

2013年11月21日アイシェア★フィードバック数:0モバイル

経営層を対象とした調査です。

現代企業のスマートデバイスの業務活用実情調査

[株式会社アイシェア] ,セキュリティ コスト 経営者 MDM リテラシー クラウド スマートデバイス スマートフォン 成長企業 WEB電話帳

2013年11月12日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

デバイスの同時利用に着目しています。

生活者のマルチスクリーン利用動向を分析~テレビ視聴中にスマートフォンで行われているのはゲームやチャット

Home > ニュース > ニュースリリース > ニールセン、生活者のマルチスクリーン利用動向を分析~テレビ視聴中にスマートフォンで行われているのはゲームやチャット2013/11/12 [データ] ニールセン、生活者のマルチスクリーン利用動向を分析~テレビ視聴中にスマートフォンで行われているのはゲームやチャット・複数デバイスを保有するユーザーの6割が同時利用を経験。特に10代、20代は8割が同時利用・スマートフォン保有者の半数がテレビ視聴中にスマートフォンを利用。若年層でこの傾向が強い・テレビ視

2013年11月7日マイナビフィードバック数:0デジタル家電

メガネ型デバイス「Google Glass」、欲しい人は2割

レポート メガネ型デバイス「Google Glass」、欲しい人は2割 - マイナビニュース調査 Googleが開発を進めるメガネ型デバイス「Google Glass」。メガネをかけるように顔に装着して様々な機能を使う姿は、SF映画を見ているかのよう。そんなデバイスが2014年に一般販売されるとの話もあるが、世の人はGoogle Glassをどう思っているのか。関心はどの程度のものなのか。いくらならまでならお金をだせるのか、Google Glassをつけたまま出社するのはアリなのか。マイナビ

2013年6月14日カスペルスキーフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

34%の企業が職場へ持ち込まれた私物デバイスを管理しないことによりデータ漏えいのリスクにさらされている

34%の企業が職場へ持ち込まれた私物デバイスを管理しないことによりデータ漏えいのリスクにさらされている

2013年2月13日Yahoo!フィードバック数:0マーケティング

デバイス別検索キーワードTOP50

デバイス別検索キーワードTOP50

提言型レポート。楽・視・場・直・定・伴・公・裏が新・スマート八景とのことです。

「スマート・マス」の台頭により生まれる8つの新しい生活シーン「新・スマート八景」

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所、 スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者を「スマート・マス」と名付け、 「スマート・マス」の台頭により生まれる近未来の生活シーン「新・スマート八景」を発表 博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月11日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者像を「スマート・マス」と名付け、「スマート・マス」の台頭により生まれる8

2012年11月19日内閣府★★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

電子部品・デバイス製造についてのまとまったレポートです。

我が国の電子部品・デバイスの生産動向

我が国の電子部品・デバイスの生産動向

2012年8月13日総務省★フィードバック数:12企業情報システム

ICT関連各製品についての日本のシェアです。

平成24年版ICT国際競争力指標

報道資料平成24年版ICT国際競争力指標の公表 総務省では、我が国のICT産業の国際競争力の強化に資するため、平成20年からICT国際競争力指標を策定しています。今般、5回目となる平成24年版ICT国際競争力指標を策定しましたので、公表します。1 ICT国際競争力指標の構成平成24年版ICT国際競争力指標は、各種調査会社による2011年(平成23年)実績値(入手困難な場合は2010年(平成22年))を活用して、(1)日本企業の世界市場における競争力(企業競争力)の観点から、各製品・サービスの品目

2012年6月25日ICT総研★フィードバック数:1モバイル

スマートフォンをはじめとした各種デバイスのニーズ調査・出荷台数予測です。

スマートデバイス需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2012年度 スマートデバイス需要動向調査■ ドコモ版iPhoneがもし発売された場合、回答者の27%が購入を検討■ スマートデバイスの出荷台数は2016年度にPC市場の2.8倍の4,210万台へ■ 2011年度スマートフォンの出荷台数は2,352万台、2016年度には3,290万台に■ スマートデバイスの法人比率は、2011年度4.9%から2016年度は12.6%へ  株式会社 ICT総

2012年5月30日ガイアックスフィードバック数:161マーケティング

【図表】Facebookのウォール投稿タイミングを決める前に見たい7個の調査結果|ユーザーはいつ?どのデバイスで?どういう使い方をする?

SNSマーケティングに関する最新情報をご紹介します >>>【図表】Facebookのウォール投稿タイミングを決める前に見たい7個の調査結果|ユーザーはいつ?どのデバイスで?どういう使い方をする?【図表】Facebookのウォール投稿タイミングを決める前に見たい7個の調査結果|ユーザーはいつ?どのデバイスで?どういう使い方をする?Facebookのウォール投稿や写真投稿コンテストの告知は、ユーザーが反応してくれやすい時間に投稿しよう!先日の『覚えておくと役立つウォール投稿の3つの解析視点|ここを

2012年1月20日ダイヤモンド社★フィードバック数:102マーケティング

情報メディア利用実態調査2012です。

スマホ、タブレットはどう利用されている? 「メディアの間取り図」から見える生活者の実態

インターネットや携帯電話の普及に対応して、多くの情報メディアは、この10年あまり「デジタル化」を追求してきた。しかし、2011年7月に、一部地域を除いてテレビ放送のデジタル化が完了したことで一つの区切りをつけ、この次の10年は「スマート化」へ舵を切りつつある。 なお、ここでいう「スマートデバイス」の「スマート」とは、「インターネットによる通信機能と拡張機能を併せ持つことで、さまざまなコンテンツをクラウド的に提供するサービス」のことである。 このようなメディア環境の変わり目において、メディアやデバ

2011年10月25日eパートナーフィードバック数:13デジタル家電

電子書籍を利用したい理由としたくない理由

電子書籍を利用したい理由としたくない理由寄稿:冬狐洞隆也氏電子書籍を利用したい理由(1) わざわざ書店に行かなくても済む。(2) いつでも買えて、ダウンロードすればすぐ読める。(3) 紙の書籍よりも値段が安い。ただ中古本より高い可能性もある。(4) 書棚は必要ないし、置き場所にも困らない。(5) 端末機に保存し、多くの本を持ち歩くことができる。(6) 書籍の検索が容易である。(7) 膨大の数の書籍が電子化されていくので在庫切れとか絶版が無い。(8) ファイルそのものは永久的に保存可能である。但し

2010年11月4日シスコシステムズフィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

オフィスは本当に必要なのか? シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答

オフィスは本当に必要なのか?シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答 オフィスは本当に必要なのか? シスコのグローバル調査で、世界中で働く人の60%がオフィスにいなくても生産的な業務を行えると回答3人中2人が私物または会社支給のあらゆるデバイスで会社の情報にアクセスすることを希望 — 給料アップよりも、場所、時間に縛られずに働きたい 2010年10月26日 米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ