「デロイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

「自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019」発表8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ ・8割の市町がIT技術を活用した新たな住民参画の手法に関心を持つ・住民参画の手法の課題は「参加者の年代の偏り」(8割)、「参加人数の確保」(6割)・過半数の市町で18歳未満の住民が地域への意見表出する場がなく、意見収集が困難 2019年7月8日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成、以下トーマツ)は、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、岩田崇氏

「Tech Trends 2019日本版」発表

「Tech Trends 2019日本版」発表個別テクノロジーの活用から複合的活用による真のデジタルトランスフォーメーション実現へ サイバーリスク、NoOps、次世代コネクティビティ、人とAIが協働する組織、進化するマーケティング:顧客体験の再考など8つの最新トレンドと企業のデジタル戦略の在り方を解説 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、デロイトがグローバルで毎年まとめているレポートに日本独自の動向と見解

企業の不正リスク調査白書JapanFraudSurvey2018-2020

本レポートでは、上場企業3,653社を対象に「社内外コミュニケーションや不正の実態」、「不正への取り組み」という2つの側面からアンケート調査を行い、303社から得た回答より結果を分析。また調査結果に言及した有識者のインタビューや、不正リスク対策分野に詳しい第一人者による対談を収録しています。 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社と有限責任監査法人トーマツは、全上場企業を対象に企業の不正リスク調査を行い、303社より回答を得ました。本調査では、不正リスクに対する社内外コミ

「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2017年版

「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2017年版の結果を公表国内で最も優先すべきリスクは「地震・風水害等、災害の発生」(35.9%)で2年連続トップ 日本に本社を構える上場企業に対して、リスクマネジメントならびにクライシスマネジメントの認識や、その準備・対応策の現状把握を目的に調査を実施し、454社から有効回答を得ました。 国内で最も優先すべきリスクは「地震・風水害等、災害の発生」(35.9%)で2年連続トップ「過労死、長時間労働等労務問題の発生」が国内で最も優

世界モバイル利用動向調査 2017

「世界モバイル利用動向調査 2017」は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーによって実施されたグローバル調査です。本レポートはグローバル調査をもとに日本のテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが作成しています。レポートではデバイス所有状況、携帯電話事業者、店舗利用状況、携帯電話を利用したコミュニケーション、携帯電話の利用習慣、携帯電話に搭載されたテクノロジーについて分析しています。 世界モバイル利用動向調査20172017年は、PCやスマートフォンによるオンラ

『日本における事業ポートフォリオ管理』に関するアンケート調査

『日本における事業ポートフォリオ管理』に関するアンケート調査結果~事業ポートフォリオ管理の有効性については、改善向上の余地あり~ デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、Acurisの出版部門であるAcuris Studiosと共同で、日本の100人の企業経営者に対し、2017年4月~5月に事業ポートフォリオ管理に関するアンケート調査を行いました。 有効性に欠ける事業ポートフォリオ管理自社の事業ポートフォリオ管理プログラムについてプロセス全体が「有効」とした回答企業は

働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~

『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 今回が3回目の実施となる『働き方改革の実態調査~Future of Workを見据えて~』では働き方改革の取り組みの状況や内容について多面的に調査したほか、「生産性の向上とエンプロイー・エクスペリエンスの改善」の成果を収める企業の特長をより詳細に分析しています。 2017年9月5日 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、『働き方改革の実態調査2017~Future of Wor

企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査

「企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査」2016年版の結果を公表最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多 日本の上場企業におけるリスク・クライシスの認識や、その準備・対応策の現状把握を目的にアンケートを実施し、435社から回答を得た。 ・最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多・マネジメントプランの策定は国内本社で8割弱

日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)

日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)の結果について(平成27年10月実施分) 2016年3月に一般社団法人 日本投資顧問業協会は、日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)の結果について公表しました。 「方針の策定(原則1、2)」はじめに一般社団法人 日本投資顧問業協会(以下、「投資顧問業協会」)は3月、日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第2回)*の結果について(平成27年10月実施分)を公表した。本

クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016

「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を公表増加傾向のクライシスに備え上場企業の6割が全社的プランを策定・検討し、また訓練まで実施 有限責任監査法人トーマツは、「クライシスマネジメントに関する企業の実態調査2016」の結果を本日公表する。この調査は、日本の上場企業におけるクライシスマネジメントの認知・認識とその準備・対応策の現状を把握することを目的に実施し、440社から回答を得た。その内、247社については海外子会社に関しても回答を得た。 2016年3月23日 有限

中小企業の人材育成に関する調査研究

中小企業の人材育成に関する調査研究の結果を発表中小企業の人材育成は「経験マネジメント」がカギ、「屋根瓦式の人材育成」をいかに実現するかが課題 経営者・人事担当者・管理職およびその部下となる若手・中堅社員(社会人歴2年以上10年未満)の4つの層について多層的・立体的に、日本の中小企業の人材育成の実態に関する日本初の調査研究を実施しました。中小企業の人材育成に関する「通説」は科学的に検証ができないこと、また「経験マネジメント」を通して「屋根瓦式の人材育成」をいかに実現するかが課題であることが分かり

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性 2020年に東京オリンピックが開催されることが決定したことも後押しする形となって、昨今関係者等によるインフラ整備や都市開発の検討が活発になっている。都心部における都市開発計画には、ホテルを含む複合施設の開発案件が複数あることを踏まえ、本稿では複合開発におけるホテルの機能とブランドの重要性について考察したい。 1.はじめに (直近の国内ホテルマーケット状況について)国内主要都市のホテルマーケットが好調だ。アジアの経済成長に伴うアジア発の海外旅

世界のM&A事情 ~台湾~

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の駐在員から、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介します。今回は台湾です。 台湾のM&A状況日本の経済産業省にあたる台湾経済部(商業司)が公表するM&A市場の統計データによれば、国内のM&A(合併、買収、株式交換、会社分割を含む)は件数ベースで直近5年間は200件弱で推移している。一方、金額ベースでは2009年にリーマンショックの影響で急落したM&A市場は2011年には2008年のピーク時に近い水準まで回復

Industry Eye 第12回 テレコム(通信)業界

Industry Eye 第12回 テレコム(通信)業界 香港の情報通信業界にみる今後の日本の通信業界への示唆 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各業界を取り巻く環境と最新のM&A動向について解説する「Industry Eye」。今回は、今後の日本の情報通信産業の課題と市場動向の変化を予想する上で、香港の情報通信産業の現状と動向について分析しています。 Ⅰ. はじめにテレコム業界では、ソフトバンクによるSprint買収(2013年7

Industry Eye 第11回 メディア(後編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来

Industry Eye 第11回 メディア(後編)M&Aが切り拓く日本のメディア企業の未来 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。前回に引続き今回も、インターネットの発達により今もなお大きく変化し続けているメディア業界を取り上げます。国内外のメディア企業の事例や、業界のM&A動向を踏まえ、メディア企業の抱える課題とその解決策としてのM&A戦略につい

トーマツの調査です。

第2回コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート

第2回コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート適用初年度の開示時期に関する企業の意識は? デロイト トーマツ グループでは、【緊急セミナー第2弾】「東京証券取引所によるコーポレートガバナンス・コードに関する上場規則改定案の解説及びコードを通じたガバナンス推進支援セミナー」を各地区で開催し、参加者に実施したアンケート結果をまとめています。 アンケート概要デロイト トーマツ グループでは、1月~2月にかけて各地区で開催した第1弾コーポレートガバナンス・コード対応セミナーに引き続き

Industry Eye 第10回 メディア(前編)

Industry Eye 第10回 メディア(前編)|サービス:M&A has been added to your bookmarks. Industry Eye 第10回 メディア(前編)|サービス:M&A has been removed from your bookmarks. An article titled Industry Eye 第10回 メディア(前編)|サービス:M&A already exists in the bookmark library I

企業の不正リスク実態調査 2014

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社と有限責任監査法人トーマツは、全上場企業を対象に企業の不正リスク実態調査を行い、402社の企業の皆様から回答を得ました。本調査では、発生した不正の実態および対応の実態、不正防止および早期発見への取り組みという2つの側面からアンケート結果を分析しています。 前回調査(2014年3月末時点)から2年余りが経過しました。その間においても、多くの企業で不正が発生しております。また、その内容は多岐にわたるとともに、企業の運命を大きく左右する場合

トーマツのレポートです。

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~

わが国における物流の近代化(その1)~“より大量に”から“より早く、より便利に”へ~ 大量生産・大量消費社会の終焉とともに、わが国の物流には、単にモノを運ぶだけの「作業」から運ぶ行為によって新たな価値を提供する「サービス」への変革が求められています。 筆者 公認会計士 渡邊 徳栄 1、時代の変遷と物流に求められる役割の変化物流は、産業や生活の基盤であり、経済社会にとって不可欠な機能です。このため、時代の変遷に伴う産業構造の転換や経済社会の変化に応じて、物流に求められる役割も変化してきました

コーポレートガバナンス・コードへの対応についての調査です。

コーポレートガバナンスコードの企業意識調査レポート

コーポレートガバナンス・コードの企業意識調査レポート13のKeywordにおける企業の対応状況は? デロイト トーマツ グループが2015年1月~2月に開催した『金融庁・東京証券取引所におけるコーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方に関する解説セミナー<第1弾>』で、参加者に実施したアンケート結果をまとめています。 アンケート概要デロイト トーマツ グループでは、1月~2月にかけて各地区で開催したコーポレートガバナンス・コード対応セミナー<第1弾>において参加者に、コーポレートガバ

トーマツによる調達についてのレポートです。

Global CPOサーベイ2014

Global CPOサーベイ2014調達部門は今こそビジネス加速のギアにチェンジすべき 世界25ヶ国、239名に及ぶ最高調達責任者(Chief Procurement Officer)や経営者の意見を反映した2014年のCPOサーベイでは、改善が続くクローバル経済において、調達部門は事業を加速させるための貢献が求められていることが分かった。調達部門は部門内でコスト削減に取り組むだけでなく、新製品開発、技術革新、M&Aといった領域に関与することをますます強く求められている。 2014年度C

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ