調査のチカラ TOP > タグ一覧 > データ活用

「データ活用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月29日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

データ分析関連人材規模に関する調査を実施(2019年)

2019年度の国内データ分析関連人材規模は63,400人の見込、2022年度には116,000人に達すると予測 ~データ分析の戦略的な活用に伴い関連人材規模は急拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、データ分析関連人材規模を調査し、現況やデータ分析関連人材職種別の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況各種センサーやスマートデバイス等の普及により膨大なデータを収集できる環境にあるなか、収集したデータを整理・分析することで、これまでにない知見を含めた課題解決方法への

2019年5月27日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表全社的にデータを利活用している企業は20%、データの利活用からビジネス成果を十分に得ている企業は全体のわずか3%という現状が明らかにガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、

日系・外資で認識に差!ビジネスにおけるAIとデータ活用の実態 Vol.1

AIの存在感が強まる現代。日系、外資でAIに対する認識に差はあるか?2018年6月、経済産業省は、民間事業者等がデータの利用等に関する契約やAIを活用したソフトウェアの開発・利用に関する契約を結ぶ際の参考として「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を発表しました。契約上の主な課題・論点や契約条項例などがまとめられており、当事者間の認識や理解のギャップによって生じる課題を解決することが期待されています。技術革新が進み、ビジネスにおけるAIの重要性が増してきたことが当ガイドライン作成の背景と

人手不足はAIでカバーできる?ビジネスにおけるAIとデータ活用の実態 Vol.2

Vol.1では、国内と外資系企業のAIに対する認識の差についてご紹介してきました。普段からAIを意識して使用している人が多い外資系企業の方が、業務上のデータを活用できている割合が高く、反対に国内企業ではデータの活用が不十分だと感じている企業が多い結果となりました。規模の小さい企業ほどそのような傾向が強く、原因のひとつとして、人員の不足が考えられます。Vol.2では、これからどのような分野で人手不足が懸念されているか、そして人手不足をカバーするための打ち手として考えられる業務効率の改善にAIがどの

2018年11月20日Qlik Technologies★★フィードバック数:0マーケティング

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに

Qlik、世界初となる「データリテラシー指数(Data Literacy Index)」を発表、データリテラシーが5億ドルの企業価値増につながることが明らかに Qlikが依頼しウォートン・スクールおよびIHS Markitが調査を実施データリテラシー・スコアの高い組織は企業価値が最大5パーセント高いことが判明データリテラシーの高い従業員の重要性を企業の意思決定者のほとんどが認識しながらも、部下に対してデータスキルを高めるよう奨励している上長は2割弱日本企業のデータリテラシー指数は54.9スコアで

2018年1月29日Comexposium Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、広告予算を増加する予定する企業は36.6%(前年比8.5%増)。「キャリアアップ」「社外データ活用」「オウンドメディア」に関心あり マーケターアンケート2018 コムエクスポジアム・ジャパン

2018年、広告予算を増加する予定する企業は36.6%(前年比8.5%増)。「キャリアアップ」「社外データ活用」「オウンドメディア」に関心あり マーケターアンケート2018 コムエクスポジアム・ジャパン

2017年5月17日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析

~ 新たなテクノロジーの理解がデジタルトランスフォーメーション実現への近道 ~国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析結果を発表 ユーザー企業は、ビッグデータインフラストラクチャ選定においてリスク回避を優先してきた 一方、特定用途に最適化したビッグデータインフラストラクチャのテクノロジーは増加傾向 ユーザー企業にとって、ビッグデータインフラストラクチャにおける新たなテクノロジーの理解は、DXエコノミーのリーダーになるかフォロワーになるかの分水嶺になる IT

2017年2月12日Comexposium Japan★フィードバック数:0マーケティング

マーケターアンケート 2017

NEWS RELEASE2016年 1 月 30 日報道関係各位2017 年、28.1%の企業が広告予算を増加予定「イ ンターネット動画広告」 や「オウ ンドメディア」に注力「マーケターアンケート 2017」集計結果を発表マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施するコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 武富正人)は、同社が主催するマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech」「iMedia Summit」に参加したブランド企業に「2017年の取

2016年8月20日日本自動車研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」2016年版

「ITS産業動向に関する調査研究報告書」2016年版 一般頒布価格 10,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊6,000円 (消費税別) JARI賛助会員価格 5,000円(消費税別)、5冊以上一括購入の場合は1冊3,000円(消費税別) 各方面でご活用いただいている「ITS産業動向に関する調査研究報告書」の2016年版日米欧の自動走行の取組みを網羅的に紹介、セキュリティやビッグデータ、新たなモビリティサービス等の最新の動向も分析 ITS関連企業へのアンケート調査により

2016年1月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

小売業のビッグデータ活用に関する調査結果 2015

小売業のビッグデータ活用に関する調査結果2015 ~課題とは認識しつつも、遅れている小売業のビッグデータへの取り組み~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の小売業者のITやビッグデータに関する取り組み状況について調査を実施した。1.調査期間:2015年11月~12月2.調査対象:国内の大手小売業者3.調査方法:電話によるヒアリング調査<小売業のビッグデータ活用に関する調査とは>日本国内の売上高上位の小売業者(百貨店、スーパーマーケット、専門店、生協等)を対象として、電話による

2015年2月3日アイレップ★フィードバック数:0マーケティング

アイレップのレポートです。

IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法

IoT時代に向けたデジタルマーケティングのデータ活用法 2015年2月3日株式会社アイレップIoT (Internet of Things:モノのインターネット)時代を控え、データに基づく企業活動が益々重要になっていく中で、各社の戦略/マーケティング部門の知識や専門用語を知ることは、円滑なデータ活用を進めるために不可欠です。 下記の全5章を通じて、企業が利用できるデータの変遷とトレンド、活用事例、さらにこれからのIoT時代に向けたマーケティングとデータについて解説します。 【第1章】 デジタル

2014年11月13日大阪商工会議所フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ活用に関する調査

ビッグデータ活用に関する調査

2014年10月1日General Electric★フィードバック数:0ビジネス

GEによる経営者調査です。

2014年GEグローバル・イノべ―ション・バロメーター

2014 Geグローバル・イノベーション・バロメーター~イノベーションに関する世界の経営者の意識調査~ 「不安から行動」へ、「破壊的なイノベーション」に向けた準備は完了グローバル規模でイノベーションを生み出す競争に勝つために、経営層は新しい人材や技術、パートナーを積極的に探す意向知的財産の侵害や優れた人材の引き抜きなどのリスクはありながらも、多くの経営層は他社とのコラボレーションのメリットやその価値を評価「ビッグデータ」は経営者の70%がその重要性を理解するも、活用するために対策をしているのは、

2014年8月4日日立製作所★フィードバック数:0企業情報システム

生活社側の不安やメリットについての調査です。

第二回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 2014年8月4日株式会社日立製作所株式会社博報堂「第二回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を日立と博報堂が実施個人の生活に関する情報の利活用に対する生活者の期待や不安などの意識について調査 株式会社日立

2013年9月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「製造業にビッグデータ活用の専門家は必要か」の結果速報

日経ものづくりでは2013年8月下旬から9月上旬にかけて、「製造業版ビッグデータの活用」というテーマでアンケート調査を実施しました(関連記事)。アンケート結果の詳細は、本誌2013年10月号「数字で見る現場」に掲載します。ここではアンケート結果の一部を速報として紹介します。設問は、「製造業にビッグデータ活用の専門家(いわゆるデータ・サイエンティスト)は必要か」というものです。「絶対に必要」(18.1%)と「いた方がよい」(42.5%)を合わせた「肯定派」が60.6%に達し、「全く必要ない」(2.

2013年9月25日日本政策投資銀行★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ活用についてのレポートです。

ビッグデータ活用による競争力強化 -課題と対応策-

ビッグデータ活用による競争力強化 -課題と対応策-

2013年5月27日日立製作所★フィードバック数:9マーケティング

データを使われる側の期待と不安についての調査です。

ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 2013年5月27日株式会社日立製作所株式会社博報堂日立と博報堂、「ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施両社協働プロジェクトであるマーケット・インテリジェンス・ラボによる第1回調査 株式会社日立製作所(

2012年1月31日アイティメディア★フィードバック数:24企業情報システム

TechTargetによるビッグデータについての調査結果です。

「大規模データ(ビッグデータ)活用」に関する調査リポート

TechTargetジャパンは会員を対象に「大規模データ(ビッグデータ)活用」に関するアンケート調査を実施した。ビジネスインテリジェンス(BI)の導入意向を中心にデータ活用動向を調査した「BI導入」に関するアンケート調査(2010年11月)では、「BI導入の目的」「BI導入に関する課題」「BIで行いたいと考えている分析・管理」などを中心に尋ねた。今回は、2011年から注目を集めている「ビッグデータ」に関して、読者は実際のところビッグデータをどのようなデータと認識しているのか、そしてビジネスに活用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ