調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ドライバー

「ドライバー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月26日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

35%が完全自動運転車を利用したい 完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」

【パーク24】35%が完全自動運転車※1を利用したい完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」 【パーク24】35%が完全自動運転車※1を利用したい 完全自動運転車でやってみたいことトップは「睡眠」 パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※2の会員を対象に実施した、「完全自動運転車」に関するアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果トピッ

2018年1月10日GfKフィードバック数:0社会/政治

「ドライブレコーダーの需要変化と危険運転の実態調査」 - 10月以降販売が急伸。非保有者の半数が今後の購入を検討

「ドライブレコーダーの需要変化と危険運転の実態調査」 - 10月以降販売が急伸。非保有者の半数が今後の購入を検討  GfKジャパン(東京:中野区)は、販売実績調査※1に基づくドライブレコーダーの需要変化と危険運転に関する消費者調査※2の結果を発表した。 【概要】・ドライブレコーダーの販売台数は10月以降、前年同月の2.5倍前後に急伸。・運転中にあおられた経験があるドライバーは約9割。・危険運転の自衛策としてドライブレコーダーに最も求める機能は「前方・後方の両方にカメラが付いていること」【ド

クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2017

実は危ないクルマの汚れに新常識。運転中に「ゴーストを見た。」...| TOP > プレスリリース一覧 > 実は危ないクルマの汚れに新常識。 運転中に「ゴーストを見た。」は8割超え? “ゴ...実は危ないクルマの汚れに新常識。 運転中に「ゴーストを見た。」は8割超え? “ゴースト汚れ”を見たら、5人に1人がヒヤリハット!クルマの汚れと交通事故に関する意識調査201750年以上の歴史を持つ「クリンビュー」ブランドを展開する、株式会社イチネンケミカルズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒田 雄

2017年10月9日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

カー用品のインターネット購入実態調査

「カー用品のインターネット購入実態調査」 - 3割のドライバーが1年以内にインターネットで購入  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,901名に対し、カー用品※1のインターネット購入に関する調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ 1年以内にインターネットでカー用品を購入したことのあるドライバーは29%。・ 1年以内にインターネットで購入した人の87%が価格比較を実施。・ 1年以内にインターネットで購入した人の購入品目トップは「タイヤ・ホイール」。「バッテ

2017年9月19日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年冬タイヤの購買行動調査

「2017年冬タイヤの購買行動調査」 - 所有率は上昇傾向 GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,830名に対し、冬用自動車タイヤ(以下「冬タイヤ」)の購買行動調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ 冬タイヤの所有率は首都圏を中心に上昇傾向。・ 3割のドライバーが3年以内に冬タイヤを買い替え。・ インターネットで冬タイヤを購入した半数は価格を重視。 【冬タイヤの所有率 】12,830名のドライバーに冬タイヤの所有について尋ねたところ、所有率は55%であった

2017年7月26日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

洗車に関する消費者調査

「洗車に関する消費者調査」 - 1カ月に1回洗車する人は4人に1人  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,795名に対し、洗車に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ 主要な洗車場所は、「ガソリンスタンド」と「自宅の駐車場・庭」で二分。・ 年代が上がるにつれ「自宅」洗車派が増え、「ブラシ」「ワックス」の所有率も高まる。・ 洗車頻度は「1カ月に1回」と「3カ月に1回」で過半。運転の好き嫌いで洗車頻度に差。 【洗車の場所】全国のドライバー約11

2017年7月9日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車用エアコンフィルターの交換経験に関する調査

「自動車用エアコンフィルターの交換経験に関する調査」 - 交換経験は57% GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー9,986名に対し、自動車用エアコンフィルター(以下、エアコンフィルター)の交換経験に関する調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・ドライバーの約6割にエアコンフィルターの交換経験あり。・購入場所のトップは「カーディーラー」。5割弱が、車検や点検時の交換推奨をきっかけに交換。 【エアコンフィルターの交換経験】約1万人のドライバーにエアコンフィルターの交換

2017年5月24日プラネット★フィードバック数:0社会/政治

宅配便に関する意識調査

50代女性の9割超がネット・通販での買い物で「宅配便」を利用 〜再配達の理由に “指定時間に帰宅できなかった” “インターホンの音に気づかなかった”も〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第61号として、宅配便に関する意識調査の結果をご紹介します。 バックナンバー  宅配便の利用シーン1位はやはりインターネットや通販でのショッピング 購入

2017年5月5日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

カー用品のレンタル意向に関する調査

「カー用品のレンタル意向に関する調査」 - 3割弱のドライバーに「冬タイヤ」のレンタルニーズあり  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー11,665名に対し、カー用品のレンタル意向に関するインターネット調査を実施し、その結果について発表した。 【概要】・「冬タイヤ」のレンタル意向率は全ての年代で最も高く、全体では27%に。・「冬タイヤ」レンタル意向率は、首都圏、近畿、東海では30%以上に。 【カー用品別レンタル意向】全国のドライバー11,655名にカー用品レンタルサービスで何

2017年4月12日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

運転代行サービスの利用に関する調査

東北、北関東、北陸では半数近くが利用経験あり  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,733名に対し、運転代行サービスの利用経験に関するインターネット調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・運転代行サービスの利用経験は23%、東北および北関東、北陸では50%近くに。・利用経験者の46%が過去1年間で1回以上利用。年代が低くなるほど利用頻度は上昇 【運転代行の利用経験】全国のドライバー約10,700名に運転代行サービスの利用経験を尋ねたところ、23%がこれまで利用し

2017年4月10日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

自動車タイヤのパンクに関する調査

約4割のドライバーが夏タイヤでパンクを経験  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー10,689名に対し、自動車タイヤのパンクに関するインターネット調査※を実施し、その結果について発表した。 【概要】・夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%のドライバーがパンクを経験・タイヤ購入からパンクまでの平均期間は、夏タイヤが33.0カ月、冬タイヤが29.8カ月 【パンクの経験率】全国のドライバー約10,700名に自動車タイヤのパンク経験を尋ねたところ、夏タイヤでは40%、冬タイヤでは9%のドライ

2017年3月8日UBER★フィードバック数:0社会/政治

データで見る交通プラットフォームがフランス経済に与える影響

New Uber logoAllows a user to select different languages for the siteToggles the location overlayToggles the search overlayIcon used to display drive with Uber ctaIcon used to display ride with Uber ctaストーリーデータで見る交通プラットフォームがフランス経済に与える影響米国における Uber の影

2017年1月17日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コネクテッドカーに関する調査

「コネクテッドカーに関する調査」 - 完全自動運転の必要性は運転の好き嫌いで変化  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,745名に対し、コネクテッドカー(近未来の自動車)に関するインターネット調査を実施した。調査結果より、自動運転の必要性や未来の車に必要なテクノロジーについて発表した。 【概要】・自動運転レベル3(システムが要請した時のみドライバーが対応する)の必要性を感じているドライバーは6割。・自動運転レベル4(人間が運転操作しない完全自動走行)を必要としたのは4割

クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016

【クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016】年末年始は...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 【クルマの汚れと交通事故に関する意識調査2016】 年末年始はフロントガラスの汚れに注意警報発令!? フロントガラスが汚れていると、事故リスクは3倍に… しかも、約6割のドライバーが危険汚クルマで走行中! 50年以上の歴史を持つ「クリンビュー」ブランドを展開する、株式会社イチネンケミカルズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒田 雄彦)は、マイカーを所有する全国の20

2016年9月21日ウェブクルーフィードバック数:0大型消費/投資

【2016年シルバーウィーク】交通事情と渋滞事情がわかるインフォグラフィック

車の専門家が相場分析!初心者にもやさしい車買取・車査定のコツや売却体験談が満載! 【2016年シルバーウィーク】交通事情と渋滞事情がわかるインフォグラフィック 【2016年シルバーウィーク】交通事情と渋滞事情がわかるインフォグラフィック株式会社ウェブクルーが、「シルバーウィークの帰省・旅行と交通渋滞に関する意識調査」というインターネットアンケートを実施。9月の連休の過ごし方や交通機関の利用状況を調査し、インフォグラフィックにまとめました。 調査結果の概要は以下の通りです。 ■シルバーウィークの休

2016年5月10日カウネットフィードバック数:0ライフスタイル

Katazuk引出し付机上台のモニターレポート

コクヨの通販カウネットが運営するお客様の声をかたちにするコミュニティサイト Katazuk引出し付机上台のモニターレポート 2016年04月27日カウネットの注目商品を実際に皆さんにお試しいただく、商品モニターレポート。今回は、カウネットのオリジナル商品「カウコレ」プレミアムから「Katazuk引出し付机上台」のレポートをご紹介します。●Katazuk引出し付机上台 商品番号: 4247-5392●受付にPCがあるのですが、PC用のスペースが限られており高さが低く見にくいです。

インフォグラフィック:2025年のクルマ

Cars今後10年間で、自動車業界は大転換期を迎えます。クルマ、自動車メーカー、消費者は大きく様変わりします。技術革新によるこの変革には4つの大きな潮流があります。2025年の車は… 環境に優しい気候変動を懸念する消費者や規制当局は、二酸化炭素の排出量を削減するよう自動車メーカーに圧力をかけています。出典: 経済産業省 運輸部門が排出する世界の温室効果ガスの割合 (%) 出典: 経済産業省 利便性世界の都市の交通渋滞は深刻化しています。 車の稼働率は5%にもかかわらず、所有コストは上昇してお

2015年5月10日日通総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバー不足問題の要因と対応について

研究レポート 日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。 ロジスティクスレポート No.21トラックドライバー不足問題の要因と対応について はじめにトラック輸送の現場では、「募集してもトラックドライバー(以下、「ドライバー」とする。)が集まらない」という声が日増しに高まっている。実際に、自動車運転の職業の有効求人倍率は「1」を超える状況が続いており(図表1)、輸送需要の増減にかかわらず、「ドライバーは募集しても集まらない」状況が継続している。 しかし、多くの物流現

2015年4月9日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場調査です。

2014年度普通トラック市場動向調査

ニュースリリース- 2015年04月09日2014年度普通トラック市場動向調査について一般社団法人 日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2014年度に実施した『普通トラック市場動向調査』の結果をまとめた。この調査は、普通トラックの保有・購入・使用実態、輸送ニーズの変化と対応や、物流を取巻く市場環境の変化を時系列的に捉え、隔年でアンケートを実施しているものである。今回はユーザー・荷主双方の視点により実施し、また以下の把握も併せて行った。燃料費の節減への取り組みドライバー確保状況と今後の見込み安全

2015年3月9日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

「電気自動車」に関する意識調査

【パーク24】ドライバーが考える電気自動車の航続距離は50km以下実際の航続距離と大きな差が! 【パーク24】ドライバーが考える電気自動車の航続距離は50km以下 実際の航続距離と大きな差が! パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関する意識調査」についてのアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果ト

統計分析事例です。

自動車保有に関する調査 <因子・クラスタ分析>

プレスリリース「自動車保有に関する調査 <因子・クラスタ分析>」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 自動車保有に関する調査 <因子・クラスタ分析> 報道関係各位平成27年3月2日株式会社クロス・マーケティング 保有自動車ジャンル別 ユーザーの潜在意識国産・軽自動車オーナーは「クルマ嫌いで節約重視」-自動車保有に関する調査 <因子・クラスタ分析>-株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する18歳~69歳の男女を対象に、「自動

2014年11月25日日本自動車連盟フィードバック数:0大型消費/投資

シートベルト着用状況全国調査(和歌山県)

[一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】] ,調査 シートベルト 着用率 ドライバー 和歌山 後席

2014年8月26日日本自動車連盟★フィードバック数:0大型消費/投資

JAFの調査です。

ドライブ旅行に関するアンケート

ドライブ旅行で負担に思うもの、 1位「高速道路・有料道路通行料」、2位「ガソリン代」JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)は、「ドライブ旅行に関するアンケート」を実施し、その集計結果をまとめました。 このアンケートは、本年7月28日〜8月17日の期間、JAF会員を対象としてインターネットにより実施したもので、1万2826件(有効回答数)の回答が得られました。 中でも、ドライブ旅行の際に負担に思うものについて聞いたところ、1位が「高速道路・有料道路通行料」(76.2%)、2位が「ガ

2013年12月24日常盤薬品工業フィードバック数:0大型消費/投資

年末年始のドライブ時におけるストレスの原因

眠眠打破委員会【分析レポート】年末年始のドライバー“あるある... 眠眠打破委員会【分析レポート】年末年始のドライバー“あるある川柳”からみえる ストレスの原因は長距離?渋滞?いや、助手席の○○○!川柳の投稿期間:2013 年12 月9 日~16 日 / 投稿数:1,283 件 出典:『眠眠打破』×J-WAVE 「GROOVE LINE Z(番組名:MINMINDAHA STRESS 575)」 頑張る人を応援するドリンク『眠眠打破(清涼飲料水)』と、FMラジオ局J-WAVE「GROOVE

2013年12月9日日本自動車連盟フィードバック数:0大型消費/投資

油種間違いによるトラブルは2ヶ月で258件、JAF全国調査

油種間違いによるトラブルは2ヶ月で258件、JAF全国調査結果「軽自動車には軽油?」「セルフスタンドでうっかり」 JAF(一般社団法人日本自動車連盟、会長小栗七生)は、燃料の給油間違いによるトラブルの状況を把握するため、2013年9月1日から2013年10月31日の2カ月間にわたり、燃料の給油間違いによる救援依頼について全国調査を実施しました。その結果、258件のトラブルが発生していたことが分かりました。これは、前回の調査結果(期間:2012年5月1日〜6月30日、件数:256件)とほぼ同数の結

2013年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米金利上昇は株高ドライバーのはず

米金利上昇は株高ドライバーのはず

運転に関する意識調査

ドライバーの2人に1人が事故を経験!運転中の「ヒヤリ」も約9... ドライバーの2人に1人が事故を経験!運転中の「ヒヤリ」も約9割が体験約95%が「ぶつからない」運転支援システムを期待~ 運転に関する意識調査 ~株式会社ネオマーケティングは、自動車免許を保有している全国の20代~40代の男女600名を対象に「運転に関する意識調査」を実施いたしました。 グラフ1 ■ドライバーの2人に1人が事故経験者!ヒヤリ体験者(事故になりかけた経験のある人)まで含むと、なんと約9割!自動車の運転は楽しい

2012年4月25日価格.com★フィードバック数:6大型消費/投資

価格コムが自動車についての調査結果を発表しました。

車の購入意識調査!-電気自動車、ハイブリッド…注目されているのは!?-

まずは1世帯で所有している乗用車の台数を聞いた(【図1-1】)。全体的に見ると「1台」という世帯がほぼ半分の49.6%で、次に「2台」が4分の1強の28.1%となり、この2つだけで全体の4分の3を占めている。「乗用車を所有していない」と回答した割合は全体の1割程度の10.7%となった。なお、乗用車の利用状況は地域差が大きく出るため、地域ごとにこの結果をまとめたのが【図1-2】だ。これを見ると、大都市圏を擁する関東、近畿などの地方では、全体的に乗用車の所有台数が少なめであることがわかる。特に関東地

2011年10月18日ブリヂストンフィードバック数:2大型消費/投資

ブリヂストン タイヤの安全に関する調査結果

会社情報 企業理念・経営の考え方テクノロジー ブランドコミュニケーション CSRブリヂストングループのCSRへの 取り組みをご紹介します。 ~ブリヂストン タイヤセーフティーレポート~“タイヤの空気圧がクルマの燃費を左右する”認知率は9割以上自分のクルマの適正「空気圧」を知らないドライバーは約5割~ブリヂストン タイヤの安全に関する調査結果~ <参考資料>[ ブリヂストン タイヤセーフティーレポート ] 株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は2011年3月1日に創立80周年を迎えたことと

2011年9月9日ブリヂストンフィードバック数:8大型消費/投資

タイヤの安全に関する調査結果

会社情報 企業理念・経営の考え方テクノロジー ブランドコミュニケーション CSRブリヂストングループのCSRへの 取り組みをご紹介します。 ~ブリヂストン タイヤセーフティーレポート~タイヤの“偏摩耗”知らないドライバーは4割以上~ブリヂストン タイヤの安全に関する調査結果~ <参考資料>[ ブリヂストン タイヤセーフティーレポート ] 株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は2011年3月1日に創立80周年を迎えたことと、一般社団法人日本自動車タイヤ協会(JATMA)等が推進する「タイ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ